凶悪犯罪者バトルロイヤル 第185話

「午後の現場の家族は、俺の親だった。俺を追い出したアイツらだけど、俺が頑張っている姿を見たら、家に迎え入れてくれるかもしれないと思っていた。だが、アイツらは俺を無視しやがった。確かに、散々暴れて迷惑をかけたのは事実だ。だが、そもそも俺が苦しむことになったのは、アイツらが俺をこの世に生み出し、まともに育てなかったせいだ。それなのに、自分たちには一切責任がないような態度をとりやがって・・・。もう許さねえ、ぶち殺す」

 反抗期は誰にも訪れるものだが、生活の中でストレスを抱えやすいADHDの子供は、特にその傾向が強い。物事へのこだわりが強い彼らに親の考えを押し付けようとするのは逆効果で、火に油を注いでしまう結果になりかねない。ADHDの子供を持つ親には、鉄の忍耐と適切な対策が求められるが、シゲユキくんの両親に、それはできなかったようだ。

「思っていることを、全部話してごらん。その後にやるというなら、僕は止めはしない」

 かつて、米国のコロンバイン高校で銃乱射事件が起こったとき、犯人の少年二人がファンだったという大物ミュージシャンは、「事件前日に戻れるとして、少年二人にかける言葉はあるか?」という、マスコミのおそらくは悪意のある質問に対し、次のように答えた。

――何もない。ただ黙って、彼らの話を聞く。誰一人としてそれをしなかった。

 頭ごなしに正論を押し付けるだけで、人が変わることはない。犯罪を犯そうとまで思いつめている人間にとっては、正論そのものが敵になってしまっている場合もあるのだから。

 まずはすべて吐き出させる。空っぽになった器にしか、新しいものは入らないのだ。

「どいつもこいつも、俺に我慢我慢と言いやがってよ。我慢して我慢して、じゃあ、俺の幸せはいつ来るんだよ。我慢するだけで一生が終わっちまったらどうすんだよ。俺さえ我慢してれば、みんなが幸せだってか?ふざけんなよ!」

 堪え性のないADHDには、「我慢」という言葉が降り注ぐ機会が実に多い。しかし、ADHDの人生は挫折、失敗の連続である。二つの要素が変な具合に混ざり合うと、こうした歪んだ解釈にもなりかねない。

「社会的に成功したいとかは、別に望まねえよ。それどころか、人並みに勉強や仕事ができるようになりたいとも望まねえ。だけど、友達や恋人くらいはできたっていいじゃねえか。それさえあれば、どれだけ仕事で罵倒されたって耐えられるんだ。でも俺にそれはできねえ。神は俺に、生きる糧すら与えないのかよ」

 彼の悩み自体はごくありふれた、人が満たされて当たり前の欲求である。しかし、「何事も努力の思し召しのままに」の努力教国家である日本では、そういう悩みを打ち明けても、「いいから勉強しろ」と一蹴してしまう人も多い。それはまだいい方で、凄いことに「友達や恋人を作ること」すら、努力の枠内に押し込めて語り、説教の口実にしようとする人さえいる。

 「悩む」ことは悪である。一歩でも躓いて、社会のレールから脱落したらもうアウト。二度と這い上がれない。こんな世の中では、若者は生きづらくなるだけだ。

「タダで死んでたまるか。このままじゃ犬死にだ。どうせなら、最後に自分の想いをぶちまけて、でかいことして死んでやる。宅間みたいにでかいことしてから、死んでやるんだ」

「・・・・・もうじき日の出だ。続きはうちで聞こう。駅までおいで。迎えに行くから」

 シゲユキくんが一しきり自分の思っていることを語り終えたとみて、僕は「生き続ける」側に水を向けた。シゲユキくんはしばし考えた後に了承し、始発を待って僕の家に来てくれた。

「あっ・・・・」

 玄関を開け、室内に招じ入れたときにはまだ血走っていたシゲユキくんの目が、急に穏やかとなる。クロと対面したのである。

「なんだよ、アパートで猫なんか飼っていいのかよ。はは・・・可愛いな」

 凶悪犯罪者の生い立ちを調べてみると、どこかで動物を虐待していたという実例が見つかるケースが多い。やがてエスカレートし、人間に危害を加えるようになるのである。裏を返せば、動物を愛することができるなら、その人は根っからの悪人ではない。少なくともその可能性は高い。

「僕はもう寝るから。シゲユキくんも、休むといい」

 大会の規則では、一般人と同棲することは禁じられているが、一晩くらいならば、委員会もうるさいことは言ってこないだろう。今回は非常時でもある。少なくとも、ただちに僕を失格処分するといった話にはならないだろうという確信はあった。

 床に就き、昼頃起きて見ると、シゲユキくんはまだクロと戯れていた。シゲユキくんの膝に乗ってじゃれつくクロ。さっきよりも格段に、親密度が深まったようである。

「こいつ、本当にかわいいなあ。名前はなんていうんだい?」
 
「クロだよ」

「そっかあ。クロかあ。おい、クロ。楽しいなあ」

 弾けるようなシゲユキくんの笑顔とクロの姿を見て、僕に一つの提案が浮かんだ。

「シゲユキくん、クロを飼ってみるかい?」
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この回を読んで


「ただ聞くだけ」「聞き流すだけ」それがお互いにベストな時があるのは事実だと思います。
そして、「聞くだけ」に徹する。「聞いても他言せず、聞き流す。」って難しいです。

精神的に疲れてる時に相手にとっては下らない話題も聞き流してくれる存在がいるのは、下手な心療内科に行くより良い時もあるとつくづく思います。

この回を読んで思いました。

品飛び飛びですが、他の作品も地味に読ませていただきます。

「黙って話を聞く」
↑ 難しい
「他言しない」
↑ さらに難しい

我慢をできない人間や発達障害的な性格にはどちらも難易度が高い
自分が友達ができなかったのもこれが原因のひとつだ
秘密にしろ言われて約束したことは他言しないが
それ以外は口が軽い方だ
もっとも今は他人の秘密を知る機会すらないのである意味平和だが

No title

>>地味な読者さん

僕もブログの中で「説教厨」と散々バトルを繰り広げてきましたが、何か主張したいことがある人に自分の意見を押しつけるのはただの逆効果になります。それがこちらの主張を聞いたうえでの意見であれば耳を傾ける気にもなりますが、僕に説教してきた人って大体、今まで僕が書いてきた記事をガン無視してるんですよね・・。具体的な方法論ではなく、陳腐な精神論しか吐けない人は大体、人の話を聞きません。


一昔前のテレビドラマで、籠城犯に向かって刑事が陳腐な説教を垂れるようなシーンがよくありましたけど、ああいうのは完全な逆効果というのは常識になってきましたね。専門のネゴシエーターでも、犯人目線に立たない交渉はありえないです。

未分類記事の方に頂いたコメントも読ませて頂きました!単純に、面白いといって頂くのはうれしいものです。これからも私の作品をよろしくお願いします。


>>MSKSさん

う~んその辺は女性にしかわからない話かもしれません。
確かに中、高時代を思い返してみると「○○ちゃんが、私が秘密にしてほしいことをバラした!」と騒いでる女子を何度か目撃した気がしますが、僕はいつも「秘密にしてほしいなら最初から誰にも言うなよ」とボソッと呟いていた気がします。

「苦しい自分を他人に知ってほしい、慰めてほしい。辛いけど、そんな自分にちょっと酔っている」

こういうのは女の子の方がやっぱり多いです。だから他人にホイホイ悩み相談をします。男は自分の弱さを他人に知られたくないと思うもので、上記のトラブルは起こりにくいです。男の自殺が多いのはそうやって一人で抱え込む傾向も関係してそうですが・・・。



 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 津島さん

>>地味な読者さん

成功者ほど自分の価値観を人に押し付けたがる傾向はあるでしょうが、底辺職だろうとホームレスだろうと、説教する人間は見ますけどね・・。自分の人生が正しかったと証明したくて仕方ないのでしょう。こんなアホな社会で正しいとされる人生にどんなすばらしさがあるのかと思いますが。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR