スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第二十二話

 戦闘訓練のため早退した加藤智大と入れ違いに「スカーフキッス」に入ってきた松永太は、モニターでフロアーの様子を確認していた。

 今夜もアツコ、リノ、ミナミのテーブルは大盛況である。三強の地位は、当分は盤石となりそうだ。その他のキャストも、開店以来変わらぬ勢いを保っている。やはり全国から選りすぐった精鋭たちだけあり、層は厚い。

 意外だったのは、未経験組のNである。この四日間、そこらのネクラな図書委員でも連れてきた方がまだマシとも思える最低の接客を見せており、今日にでも引導を渡そうと思っていたのが、見違えるような動きを見せている。三強のような華やかさはないが、しっとりと染み込んでくるような、魔性の魅力を放っている。いったい何があったのかは知らないが、このまま成長を続ければ、三強を脅かす台風の目となるかもしれない。

 携帯電話が鳴った。この一か月間で、メモリーの件数は早くも40件を超えている。

「松永さん?ちょっとお話、よろしいかしら?」

 声の主は、元連合赤軍トップ、永田洋子である。永田とは一週間前に同盟を締結しており、歌舞伎町でビジネスを展開するうえで軍事的な支援をすることを約束させた。こちらからの見返りは、毎週150万円の資金援助である。

「どうしました?」

「今度、うちの軍団が、小林正の軍団に襲撃をかけようと思っているの。そこで、ちょっとあなたの軍団から援軍を寄越してほしいんだけど・・。もちろんタダでとは言わないわ。来月の資金援助は二週間ごとにするって条件で、お願いしたいのだけど・・」

「随分思い切った決断をされましたね。勝算はあるのですか?」

「戦力比は7:3でウチが勝っているわ。奴らが降伏してくればそれでよし。従わないようならば、叩き潰して資金を奪いとるまでよ」

 松永は笑った。好戦的な性格で、頼もしい女だ。

「わかりました。尾形さんを送ります。ちなみに資金の方は、今まで通り毎週送金させていただきます。遠慮なく受け取ってください」

「ほんと?ありがとう、助かるわ。それじゃ、作戦が決まり次第、また連絡するわね」

 永田の弾んだ声音を聞いて、終了ボタンを押した。あの女には、大いなる利用価値がある。今の時期の勢力拡大に役立つのもさることながら、重信房子との対立状態に陥ったときのことである。

 永田が京浜安保闘争でトップを張っていた時代、重信は日本赤軍の幹部として活動していた。後に両団体が併合されて連合赤軍となったときには、重信は日本赤軍のトップ森忠夫と対立してパレスチナに渡っていたため、二人が同じ釜の飯を食うことはなかったのだが、確実に交流はあったものと思われる。

 二人の間にどういった交流があったのかはわからない。が、永田は重信を快くは思っていないようである。理由はイデオロギーの違いか、あるいは、女の嫉妬か――。ともかく、いずれ重信を始末するときに、永田の力が必要になるのは間違いない。来たるべきその日のため、ここで恩を売っておいて損はない。

 永田との電話を切った松永は、再びモニターに目を移した。今度は、ボーイの二人の動きを追った。松村恭造、尾形英紀。いずれも、バトルロイヤル参加者である。

 松村は犯行当時25歳、金銭目的で親族を殺害した男である。法廷では反省の態度をまったく見せず、被害者に対し「ざまあみろ」と言い放った。年齢が比較的近いこともあり、加藤智大とは気が合うようである。加藤とのコンビで、戦闘面での活躍が期待される。

 続いて、尾形英紀。犯行当時26歳。知り合いを殺害した際、目撃した一般人女性三名をも、現金を奪って殺害した男。短絡的で制御の利かない性格。他の参加者で近いタイプを探すなら、バドラ麻原軍に所属する関光彦か。行き当たりばったりの、どうしようもない男ではあるが、なんとかと鋏は使いようという言葉がある。何はなくとも、若くて身体はよく動く彼が、役に立たないはずはない。

 バドラに潜り込ませた正田昭からも、連絡が入っていた。伝え聞くのは、公園での戦闘の際に見せた連携。そして、ゆるい運動部のような、アットホームな雰囲気。

 恐怖でも尊敬でもない、親しみを持って人を従わせる統治法。自分にも重信にもできない芸当だ。どうやら最大のライバルになりそうな男が、はっきりしたようだった。

「松永さん、大変です!」

 尾形英紀が社長室に、ノックもせず飛び込んできた。

「どうしました?」

「あの・・あの・・すぐにホールに来てください!」

 尋常ではない尾形の様子に、一応警戒しながら、松永はホールに出た。受付に、とんでもない男が立っていた。

「よう、開店祝いに来てやったぞ。大盛況じゃないか」

 八木茂――。バトルロイヤル参加者にして、池袋で自分と同じキャバクラ、「IKB48」を経営する実業家。自分は歌舞伎町に「スカーフキッス」をオープンするにあたり、八木にも一応、援助を申し入れていたが、すげなく断られていた。その八木が、何の用でこの店に現れたのか?それも、大将自らが、直々に・・。この男はよほどの大物なのか、それとも馬鹿なのか。

「・・・偵察ですか?それとも、戦争ですか?」

「人聞きの悪いこと言うな。遊びに来てやったんじゃないか。ほれ、さっさと席に案内せい!」

 松永は思案した。この場で殺すべきか?だが、八木の隣に影のように寄り添う男の存在が、指示を躊躇わせていた。

 都井睦雄。津山三十人殺し、短時間での殺人数の日本記録の持ち主。犯行当時24歳。顔にはあどけなさが残っているが、肺病も完治しているであろう今の彼の戦闘力は折り紙つきである。尾形や松村の手に負える相手ではない。加藤がいたとしても、まだこの時期には戦いたくない相手である。

「ど・・・どうするんですか?松永さん」

 尾形が目をきょろきょろさせて尋ねてくる。蛇に睨まれた蛙のようである。

「・・席に案内して差し上げなさい」

 決断を下した。今はまだ、矛を交える時期ではない。

 八木は閉店までたっぷり三時間、豪遊していった。ご祝儀にと、高い酒を次々と注文して。

「いやあ、遊んだ遊んだ。いい娘を揃えたじゃないか、松永さん。質では完敗だな、うちは。なあ都井よ」

 世辞ではなく、本心であろう。八木の店は店名の通り48人のキャストを揃えているが、完全に数で勝負に出ているため、キャストの外見や接客術は、渋谷辺りを歩く女子大生に毛が生えた程度である。その代わり時給は居酒屋バイト並みだから、収支は合うのだが。

「ただ・・一人、ジョーカーが混じっているようではあるがな。Nといったか。あの娘は、ちょっと調べてみた方がいいぞ」

 N。急成長株の未経験組。そういえば、血なまぐさい人間を嗅ぎ分ける嗅覚に優れる前上博も、似たようなことを言っていた。八木は前上のような快楽殺人者ではないが、元スナックの経営者であり、女の鑑定眼に優れている。その八木が警戒するN。脛に傷持つ身ということか・・?

「本日はどうもありがとうございました。タクシーをご用意いたしましょうか?」

「それには及ばんよ。それより、今度ウチの店にも遊びに来てくれ。たっぷりサービスさせてもらうよ」

「謹んでご遠慮します。あなたも、今後ウチの店の敷居をまたぐのは遠慮していただきたいですね」

「はっはは。ならせいぜい、塩でも撒いておくんだな。それじゃ、失礼するよ。また、いつかな」

 八木茂は都井睦雄を引き連れ、店を出ていった。
 
 また、いつか―――。松永にはその言葉が、遠くない将来、現実になる気がしてならなかった。自分と同じ種類の男。煮ても焼いても食えない人間。磁石の同じ極同士は、常に反発し合う運命にある。
 
 死闘の予感。松永は、麻原以上の強敵になるかもしれない男の、恰幅のいい後姿を、殺意の宿った冷眼で見据えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シロナ(Nちゃん)の正体わかりました
本名もN
あだ名もN
のつく人ですね
しかしこの人は検索すれば顔写真出てくるのに
関光彦の顔写真は出てこない(*_*)

No title

>>1番コメさんコメントありがとうございます!

正解ですねw
同じ名前で娑婆に出ることはないでしょうが、
一応今後も実名は伏せさせてもらいます。

Nちゃんの写真はぼやけたのしかないのが残念ですね~。
くっきり写ってるのはコラっぽいです。

関光彦は起こした事件のインパクトを考えればマイナーなんですよね。他にも相当な凶悪犯なのになぜか有名でない犯罪者が結構います。凶悪さと知名度が比例しない。堅気の世界と一緒ですね。

えっっ!!!???正体全然分からなかったたでししすっ!!!!・!!!!すごっ!??!!?。? ?????!。
う~ーん・・・・・?。??
まさかのまさかのNちやんんはカッターが武器のあの・・・・・・・・!!?!??????!。
ういいいあああああああ・・・・・・・・・((o(^∇^)o))((o(^∇^)o))((o(^∇^)o))((o(^∇^)o))ああああああいああああああああ((o(^∇^)o))((o(^∇^)o))((o(^∇^)o))((o(^∇^)o))
熱い展開になっってきまたね・・・・・・!!!!!!!

No title

>>フムフム草さんコメントありがとうございます!

あえて考えないというのも手ですw
物語は第二章に入りました。
出し惜しみせず大物をバンバカ投入していきますのでお待ちください!
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。