FC2ブログ

犯罪者名鑑 北九州監禁殺人事件 6


まつながダウンロード


 解体

 完全犯罪。

 予期せず死んでしまった清志を見て初めて思いついたのではなく、おそらく初めからそれを狙って清志を弱らせていった松永は、清志の遺体を、アパートの一室という人工的な空間で細かく刻み、自然に還すことを計画していました。

「バラバラにして捨てるしかないが、あんたたちが解体しろ」

 松永のこの言葉で、純子と清志の実娘、恭子による清志の解体作業が始まりました。

 遺体の腐敗はまず血液から起こるため、純子と恭子は、まずすべての窓を目張りすると、清志を風呂場に運び、清志の首と手首を切って血抜きを行いました。恭子ははじめ嫌がっていましたが、松永の指示を受けた純子に無理やり包丁を握らされ、父親の首を切りました。

 血抜きを終えると、純子と恭子は包丁に加えてノコギリも使って、清志の四肢を切断し、内臓を取り除きました。純子は松永から「清志の死因を調べろ」と言われていました。後々、罪を逃れる材料を探していたのでしょうが、医学の知識のない純子に検死解剖などできるわけもなく、そもそも清志が死んだのは松永に与えられた数々の精神的肉体的なストレスと栄養失調のせいに決まっているため、何の意味もない命令でした。

 遺体の解体というのは、完全犯罪を目指す輩が必ず考える手段のようです。埼玉愛犬家連続殺人の主犯、関根元などは、肉はサイコロステーキ状に細かく切り刻んで河川に流し、骨は自宅敷地内でドラム缶で一本一本、灰になるまで焼却するという方法で人間を「消して」いました。建築会社と関わりを持っているヤクザならば、練りたてのコンクリートに混ぜてしまうということもできますが、逃亡犯という立場であり、住宅街のアパートで暮らしている松永は、それとはまた違う方法を考えました。

 松永はまず、切り刻んだ遺体を家庭用の鍋に入れて煮込むよう、純子と恭子に命じました。少しでも料理の経験があればわかりますが、肉というのは長時間煮込むとホロホロに柔らかくなります。

 臭い対策のネギやショウガと一緒にクタクタに煮た肉や内臓をミキサーにかけて液状化し、いくつものペットボトルにつめて、公園の公衆便所などに流させました。骨はハンマーで叩いて粉にし、味噌で団子状に固め、クッキー缶に入れて運び、夜更けにフェリーの上から海上に散布しました。

 解体に使ったノコギリや包丁は川に捨て、アパートを入念に洗浄し、清志の衣服もシュレッダーで刻んで捨てて、約一か月をかけて、一人の人間が生きていた痕跡を徹底的に抹消しました。

 こうしてみるとわかる通り、松永はアパートの外において、純子や恭子の単独行動をかなりの範囲で許していました。純子は外出中もこまめに松永に連絡を取ることを義務付けられ、トイレに行くにも報告が必要だったといいますが、警察署や交番の近くを通ることもあったはずで、逃げようと思えばいつでも逃げられる状況だったはずです。にも拘わらず、彼女たちが逃げようとしなかったのは、このサイトでも紹介した栃木リンチ殺害事件の被害者と同じ「学習性無力感」状態に陥っていたため、また、松永から繰り返し「警察に捕まる、拷問され酷い目に遭わされる」など、共犯意識を植え付けられていたためでしょう。

 人を殺すという大胆な行為を綿密な計画と繊細なこだわりで成功させる。洗脳を徹底的に行った後は、ある程度自由な行動を許す。何ごとも中途半端が一番ダメで、すべてを徹底的に行えば物事は成功するという見本とはいえますが、根本的に間違っているのではどうしようもありませんでした。

ひでyといし


 独演会
 
 以上が服部清志殺害事件の顛末ですが、法廷で松永の口から語れらた事件のあらましは大きく異なりました。

 まず松永は、初めに清志を詐欺にかけた競馬予想事業についてはデタラメなどではなく、「データを使ってちゃんとやれば、今でも儲かると確信している」と言い切りました。それほど自信のある事業をなぜ頓挫させてしまったのかという当然の質問については、出資者である清志の内妻にコンピュータを取り上げられたからだと主張していましたが、純子の弁護士が、松永が酒代として毎月20万30万もの金を使っていたことを指摘し、「数か月お酒を我慢すればまたコンピュータを買えたではないか」と言うと、松永は次のように返しました。

「それは先生みたいに着実にやっていける人間の言うことで、私たちみたいに酒が好きな人間は、そういう目的があっても、ついついお酒に金を使ってしまうんですよ。だらしないと言われればそれまでです」

「確実に儲かるというなら、誰がどう考えてもお金を溜めてコンピュータを再購入して事業を始めるのではないですか」 

「先生みたいに頭のいい方はそう考えても、お酒が好きな人間はお酒に使ってしまうんです。それは弁解のしようがありません。私は逮捕されて留置場に入って、ようやく酒をやめられたくらいです。理屈ではわかっていてもやめられないのが、酒飲みの性分じゃないでしょうか、先生」
 
 ああ言えばこう言う、まさに口先から生まれたような人間とは松永のことでしょう。確かにユーモラスな男であったことは間違いなく、犯罪史上に残る凶悪犯であるにも関わらず、松永の答弁では傍聴席から笑いが起こることもあったそうです。

「恭子ちゃんを預かる前から、飲んでいるときに清志さんは、私たち親子は絆が強いんだ。普通の親子より仲が良いんだ。と自慢しているふしがありました。どういう絆なのか聞くと、恭子ちゃんとエッチなことをしているという内容の話を始めました。あんまり自慢げに話すので、本当のことだと思いました。私が、それは仲が良いのとは違うんじゃないですか、と言っても、清志さんは、いやあなたにはわからない、ととくとくと述べていました。こんな場面を目撃したこともあります。飲酒の席で清志さんが、おい、触れ、と言うと、恭子ちゃんが清志さんのちんちんを触り始めたのです。自分はびっくりして、きょとんとして、凄いですね!と言いました。純子はそのとき台所で料理を作っていました。また、恭子ちゃんからも打ち明け話を聞きました。私が、清志さんに反省させないで放っておいたら、もっとひどくなる。いかんことはいかんとわかってもらうために、一筆書いてもらおう、と言うと、純子も賛成してくれたので、説得して書いてもらいました。清志さんは不満を言わず、さばさばしていました」

「私が清志さんに行った通電は、虐待ではなく、秩序型通電と言います。秩序とは、共同生活をするにあたって、返事をするとか、挨拶をするとか、タオルなどの日用品は自分のものを使う、人の物を取らない、冷蔵庫を勝手に開けないなどのことです。そして、エレクトロニクスを扱っている自分たちは、暴力の代わりに通電を行って秩序を守るんです、と説明して納得してもらい、清志さんに通電デビューしてもらったのです」

「その後、清志さんがルール違反をしたときに私は、今度で一本!と言いました。はじめに注意をして、また同じことをしたら通電をしますという警告です。清志さんが、普通、三度じゃないですか。仏の顔も三度までと言うでしょ、と言うので、いや、私は仏ではないから、二度目から通電しますよ、と言って納得してもらいました」

「栄養満点スペシャルメニューとして、カロリーメイトを与えていたことはあります。清志さんが、豚のように太ってもいいから栄養があるものを食べさせてくれ、と文句を言うので、栄養があってバランスがあると宣言しているカロリーメイトを食べてもらうことにしたのです。清志さんも納得して食べていました。清志さんは三箱から五箱を一度に食べていましたが、三種類の味があるので全然飽きなかったみたいです」

「清志さんが水シャワーを浴びていたのは事実です。冬の寒い時に冷たいシャワーはひどいと思われるかもしれませんが、水を全開にし、お湯を全開にして、それが混じって、温度が高めの水になる。要するに、温かい水になる。それを使っていたので、おお冷たい、という水ではありませんでした。清志さんは、かかっているときは冷たいけど、洗った後は身体が温もります、と納得していました」

「清志さんの大便の回数を制限していたのは事実です。制限しないと、あの人は一日に四、五回もトイレに行かせろと言うので、一日二回にしてもらいました。トイレを掃除するのは純子の役目なので、私は文句を言いました。純子も愚痴を言っていました。でも三回以上、トイレに行っても制裁はしませんでした。便座を使うのを禁止していたのも事実です。清志さんが大便をすると、勢いが強いので、便座の後ろや蓋に大便がついていました。あんなに勢いよく大便をするなら掃除が大変ですから、しばらく便座を使わないでください、と言ったら、はい、わかりましたと清志さんは納得していました」

「清志さんに大便を食べさせたことはあります。浴室内に大便らしきものがあったので、これは大便じゃないですか、と聞くと、違うと言い張るのです。じゃあ、食べれるということですね?と言うと、うん、食べれますよ、とさらに意地を張って、本当に清志さんはそれを食べました。大便かどうかは今ではわかりませんが、私が指示したのではなく、清志さんは自分で食べたのです」

 松永はこのように言い回しを面白おかしくしながら、清志への虐待にはすべて意味があった、清志も納得していたということを強調しようとしていました。すべてがこのような調子だったので、検察官は松永の反対尋問を控えるようになっていきました。松永版ストーリーとでも言うべき事件のあらましは考察するだけ無駄というもので、ここでは松永の発言を紹介するだけにとどめます。

 松永という男は確かに一面魅力的であり、まるで豊臣秀吉のような人たらしの才能はあったのでしょう。秀吉ほどではなくとも、社会で成功する人間はそういう要素を必ず持っているのかもしれません。秀吉はズルさと同じくらい誠実さも持っていために大成功しましたが、それが致命的に欠けた松永は、ただの詐欺師、殺人鬼として社会に害をなすだけの人間になってしまいました。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

法廷での松永の弁論術は冴え渡っていますね。
弁護士と臆せず普通に渡り合えるというのは凄いと思います。
凶悪事件の裁判で傍聴席から笑いが起こるというのはあり得ないことですよね。
実際傍聴していた人達は裁判というより演劇を観ているようで面白かったかもしれません。
松永はテッドバンディに似ている所がありますね。
テッドバンディも法廷で自分の無実を訴えていましたね。
容姿も良く魅力的で能力もある人間が凶悪犯罪者というギャップが興味深いです。

No title

seasky さん

 端正な容姿と話術で女をたぶらかし、殺人を行い、法廷で雄弁に語った松永とバンディは似ていますね。犯行を重ねるにおいて様々な書物を参考にしていた松永ですから、もしかしたら意識していたかもしれません。

 常に脳が刺激を求めるのがサイコパスですから、法廷で弁舌を振るうのも松永には退屈しのぎの一つだったかもしれませんね。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR