FC2ブログ

犯罪者名鑑 北九州監禁殺人事件 4

ふとし


 指名手配


 平成4年の8月、詐欺容疑で福岡県警に指名手配された松永は、一度石川県に逃亡した後、7歳で柳川市に引っ越すまで家族で暮らしており、僅かながらも土地勘のあった北九州小倉に潜伏先を選びました。

 最大の課題は逃走資金の捻出。指名手配犯という立場になり、贅沢をするためではなく、生活をするための詐欺を始めた松永の犯罪頭脳はますます冴えわたっていきました。 

 まずターゲットになったのは、ワールド時代の従業員の男性でした。松永に日常的に暴力を振るわれ、実母に送金を依頼するようになりました。金の工面ができなくなるとますます過酷な暴力を受けるようになり、「このままでは殺される」と、三か月後には逃亡しました。

 二人目の被害者は、松永の元交際女性でした。20歳ごろに松永と付き合いがあり、当時はすでに家庭を持っていましたが、松永に頼み込まれて金銭を提供するようになりました。

 焼け木杭に火が着いたのか、女性は十数年ぶりに再会した松永に急速にのめり込んでいきました。やがて夫や姑への不満を松永に口にするようになり、「それなら僕と一緒に暮らそう」と言われて、本当に3人の子供を連れて家出をし、夫と協議離婚してしまいます。

 それが地獄の始まりでした。態度を豹変させた松永は、女性に三人の子供の養育費を理由に元夫や親に金を無心するように強要し、女性は言われるまま1180万円を松永を貢ぎました。夫と別れ、実家との関係も悪化し、逃げる場所もなくなった女性は、あるとき大分県の別府湾に身を投げて自殺してしまいます。

 自殺の直前には、すでに元夫や親からの送金は途絶えていました。そのときには松永から激しい暴力を受けていたことは間違いなく、限りなく他殺に近い自殺でした。

 次々と人を陥れる松永の傍には、常に純子の存在がありました。

 純子の詐欺行為への加担は、幼稚園での勤務を辞めて「ワールド」で働くようになったときから始まっていました。

 あるとき、知り合いの女性の家に突然現れた純子は「いまワールドという会社で働いているんだけど、キャンペーンをやっているの。おばちゃん、カードだけ作ってくれない?」と頼み込んでカードを作らせましたが、後日、女性の口座からは勝手に100万円が引き落とされていました。

 女性が慌ててワールド社ビルに純子を訪ねると、社長の松永が対応し、女性の話を親身に聞いて「私が責任を持って純子を処分します」と約束しましたが、純子は女性を再びワールド社に呼び出し、女性を狭い部屋に押し込めて「私は松永から叱られたのよ!おばちゃん、どういうつもりなの!」と詰め寄りました。

 純子と一緒にいた若い男からも「殺すぞ!」と脅された女性は一目散に逃げ出し、以後、女性は純子とは二度と関わりたくないと連絡を断ち切りました。

 こうしたことで警察は動かないのかと思ってしまうエピソードもありますが、それだけ松永の暴力による支配は完璧だったのでしょう。「通報してもいいが、刑務所を出たら必ず殺す」くらい言ったのかもしれません。

 純子はワールド時代、この手の詐欺を何度も行い、それによって親しい人との関係を断ち切られていきました。松永の指示によって純子は孤独化し、そしてますます松永しか頼れなくなるという悪循環に陥っていったのです。

まつながふとしwsws


 出産

 日常的に暴力を受け、犯罪の片棒まで担がされる。それでも純子には、松永から離れられない理由がありました。指名手配のキッカケとなった詐欺事件の直前、純子は松永との子供を出産したのです。

 最初は堕ろすように勧めていた松永ですが、やがて子供を純子を支配する道具として用いるようになりました。「自分たちが捕まって犯罪者の子どもになるくらいなら逃げた方がいい」と言われたことで、純子は自首するよりも犯罪を繰り返しながら逃亡することを決めてしまいました。

 指名手配を受けて潜伏生活をしている間も、松永は純子を「お前と子供のせいで俺は自由になれないんだ。お前たちのせいで迷惑しているんだ」という理屈でいつも責め立てており、純子は松永に申し訳ないという思いから犯行に加担していたといいます。

 もと幼稚園に勤めていた純子は大の子供好きで、自分の子供への愛情は深いものがありましたが、松永と純子が逮捕され救出された松永の長男は、純子はずっと冷たかったと語っています。もちろん、子供が懐いて純子の立場が強くならないよう、松永が純子にそう接するように強制していたのは言うまでもなく、松永にとっては、子供はあくまで道具にしか過ぎませんでした。

まつながダウンロード


 服部清志


 そして松永は、小倉に来てから「金主」としてもっとも相応しい人物、服部清志を発見しました。

 清志は松永が小倉に住居を構えるときに応対した不動産会社の営業マンでした。昭和36年生まれで松永、純子とは同年代。21歳で結婚し、事件のキーパーソンとなる少女、恭子をもうけましたが、六年後に離婚して自ら引き取りました。松永、純子と知り合った当時は内妻と同居しており、内妻の連れ子と6人、北九州門司区のマンションで暮らしていました。

 清志は良くも悪くも人を疑うことを知らない人物で、「田中」と偽名を名乗って応対した純子が、松永の愛人の名義で六ケ所もアパートやマンションを借りるのに何もうるさいことを言わず、便宜を図り続けました。前述の被害者となった女性が水死体で発見され、捜査の手が伸びるのを恐れて転居する際にも、退去点検には清志が立ち会い、純子に言われるがままに手続きを取りました。

 この一件で、「こいつはもっと利用できる」と確信した松永は、清志を本格的に「金主」とする計画を立てました。

 まず純子が清志を喫茶店に呼び出し、架空の投資話を持ち掛ける。すると清志は、詳しい内容も確認せずに快諾し、数日後に現金30万円を持ってきました。

 試しに持ち掛けた稚拙な詐欺に清志が乗ってくると、松永は自ら清志に会うことを決めました。

 「この前の30万円は配当が出るのに時間がかかるので、別のいい話を紹介する」

 純子にそう言わせて清志を呼び出した松永は、「宮崎」を名乗り、東大卒のコンピュータ技士を装って、一緒に競馬予想会社を作ろうと清志に持ち掛けると、清志はすぐに乗ってきました。そればかりか、事業の必需品である最新式のコンピュータの購入まで容易く引き受けてしまいます。この日から、松永と清志は純子も交えて連日のように飲み歩くようになり、松永は清志を「所長」と呼ぶようになりました。

 清志の内妻は大手企業の系列社員で、二人の収入を合わせれば生活費に困ることはなく、休日には家族でよく旅行に出かけていました。内妻の連れ子も清志によく懐き、洗濯、掃除など家事にも積極的で、運動会や授業参観にも必ず出ていました。 

 内妻も、清志と出会ってからの3年間は本当に幸せだったと語っていますが、松永と知り合ったころから、清志の生活は激変します。

 清志にはもともと金にだらしないところがあり、松永と知り合ったときにも借金がありました。その上に架空の投資話の30万、最新式のコンピュータ代の70万を払うというので、内妻は仕方なく自分の貯金を切り崩しました。

 毎日朝まで松永と飲んでいるために帰りが遅くなり、顔も土気色になっていきました。肝心のコンピュータはというとずっと放置されて埃をかぶった状態で、松永と清志が真剣に事業に取り組んでいる様子はありませんでした。

 睡眠不足による怠慢勤務から減給され、些細なことで苛立つようになり、清志はとうとう内妻と口論になり、恭子を連れて家を出てしまいます。初めは自分で借りたアパートで恭子と二人で暮らしていましたが、どう言いくるめられたのか、恭子は純子と純子の長男の暮らすアパートで生活するようになり、「養育費」として清志は20万円を請求されるようになります。

 そんな大金が毎晩の酒盛り代すら松永に請求されていた清志に払えるわけもありません。毎朝5時まで松永の酒盛りに付き合わされていた清志がまともに働けるはずもなく、会社も退職に追い込まれ、収入すら途絶えてしまいます。社宅に住むこともできなくなった清志は、皮肉にも自らが契約を交わした松永のアパートで、純子と純子の長男、恭子との共同生活を送り始めます。

 これが後の一家殲滅事件へと繋がる、松永と純子による最初の本格的殺人事件の幕開けでした。

 
 

 

 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

純子は松永と共に詐欺に加担することによって周りの人間関係を断ち切られてしまったのですね。
相手を孤立させ逃げられないようにして自分の味方は松永しかいないように仕向けるという松永による支配は恐ろしいですね。
松永は純子の人の良さに付け込んで子供を利用したり罪悪感を抱かせたりマインドコントロールが巧みすぎますね。
純子からすればもう松永に従うしかないという状況になってしまいますね。
清志もそうですが人を疑わない親切な人が松永のターゲットになってしまっているのが悲劇です。
松永を少しでも怪しいと思えば良かったのでしょうが相手をすぐに信用してしまう性格の人は松永の話術をかわすのは難しいのでしょうね。
松永と関わってからの清志の生活は自分の意志がなくなり松永からの指示に従ってしまったのでしょうか。
最終的に松永のアパートで共同生活させるというのが目的だったのですね。
幸せだった人をここまで変えさせてしまうというのは本当に恐怖ですね。

No title

seasky さん

親しい人を騙すことによって関係を断ち切られ、ますます松永しか頼れなくなる→松永にとっては利益を得るのと、金主が自分に依存していく一挙両得が成立してしまっているので、この悪循環は本当に恐ろしいですね。才能と、人として一線を越える覚悟があればここまでのことが出来てしまうということが恐ろしいと同時に、人間の脆弱さを痛感させられます。

猜疑心がありすぎるのも問題ですが少しは人を疑う心がないとどこまでも付け入られる結果になってしまいます。しかし女や子供、老人だけでなく成人の男までも暴力による支配下に置いてしまう松永は本当に巧みですね。


No title

あっさり信じさせてしまう松永の話術もさることながら、あからさまな嘘っぽい話を、服部はなぜ信じ込んでしまったのでしょうか。

まあ服部もお人好しでカネにだらしのない所があったように、むしろそうした人間を選択できる松永の観察力の鋭さなのかもしれません。

No title

GGI さん

 嘘をつくのがうまい人というのはすべてをウソで固めるのではなく真実とウソをうまくブレンドさせるといいますがこの件に関してはすべてをウソで固めた松永に被害者がまんまと騙されている感じですね。人によりけりというかここまで容易く騙される人も珍しい。借金があって現状から救われたいという思いと上昇志向につけこまれたのはわかるのですが、数十万をポンと出すという行為にはやはり境界線があると思います。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR