FC2ブログ

犯罪者名鑑 市橋達也 8 (2009年11月)

itihasi.png


 終わりの始まり

 大阪の飯場を出た市橋は、名古屋で眉間を高くする整形手術を受けることを決めました。

 美容を目的とした整形手術は健康保険の対象外であり、当時は身分証明書なしでも受けられたようで、実際、福田和子をはじめとする逃亡犯は、整形して人相を手配写真とかけ離れたものとすることで長期間の逃亡を可能としていました。

 名古屋で受ける整形手術を最後にしよう・・そう決めていた市橋ですが、しかし、市橋が最後に手術を受けた名古屋の病院の医師は偶然にも、市橋が取り上げられたテレビのバラエティ番組を観ていました。医師は術前に市橋がかつてほくろを取り除いた跡を見つけて疑問を抱き、手術が終わった後に警察に通報したのです。

 そして手術前と手術後の比較写真が掲載されたあのポスターが刷られ、全国の交番に貼り出されました。名古屋の病院を出た市橋は、自分で抜糸を行い、ビジネスホテルやネットカフェを泊まり歩いていましたが、自分が名古屋の病院で整形手術を受けたという報道を目にすると恐怖に青ざめ、沖縄のオーハ島を目指して南下を始めました。

 何とか鹿児島までたどり着きましたが、市橋はフェリー乗り場の近くまで来てあることに気づき、フェリーに乗ることを断念しました。

 市橋は複数のネットカフェの会員証を持っていましたが、偽名はすべて同じものを使用していました。警察は手当たり次第にネットカフェを当たっているはずで、市橋の偽名はすでにわかっており、途中、福岡のネットカフェで沖縄行きのフェリーの出航時間を検索した履歴を調べられているかもしれない。また、市橋は名古屋で手術を受けたときから服を変えておらず、監視カメラからおおよその居場所を突き止められているかもしれないという判断でした。

 市橋は鹿児島から沖縄に渡ることを諦め、熊本へと向かいました。

オーハ島


 逮捕

 行くあてもなく熊本を彷徨う市橋は、携帯販売店の前にパソコンを発見しました。これなら警察に検索履歴を調べられることなく、沖縄に行くための情報が得られるかもしれない。市橋は店員に頼み込んでパソコンを使わせてもらいました。

 調べてみると、沖縄行きのフェリーは九州からだけではなく、神戸からも出ていることがわかりました。

 大分県の別府から神戸行きのフェリーに乗り、神戸から那覇へと向かう算段を立てた市橋は、その晩はホテルに泊まり、翌朝から、熊本から大分に向かって線路沿いを歩き始めました。

 昼過ぎまで無心に歩いていると、「こんにちは」と声をかけられ、後ろからポンと肩を叩かれました。振り向いたところに立っていたのは、一人の制服警官でした。

 市橋は一目散に逃げ出しました。後ろから「どこに行ったって捕まるぞ」と声が聴こえましたが、振り返らずに走り続けました。逃げる途中に上着を失いましたが、構わず走りました。

 川を泳いで渡り、土木作業員の作業服とヘルメット、放置自転車を盗み、有刺鉄線を乗り越え、工場に忍び込み、自動車教習所に忍び込み、疑似道路を横切って、市橋は逃げました。トウモロコシ畑の中に四時間も隠れ、腹が減るとトウモロコシを生のまま齧り、民家に忍び込み、スーツを盗み、自転車をまた盗んで、市橋はさらに逃げました。

 熊本駅までたどり着いた市橋は、新幹線の博多駅を目指しました。途中、路線を間違え、終電がなくなってホームで一夜を過ごすアクシデントもありましたが、二日間かけて博多駅に到着し、神戸に向かう新幹線に乗ることに成功しました。

 新幹線の中は警官が巡回していましたが、頻繁に服を盗んで姿を変え、このときはベレー帽とサングラスをかけていた市橋は気づかれることはありませんでした。

 新神戸で新幹線を降りた市橋は、新聞で自分についての記事をチェックすると、コインランドリーで持っていた服を洗濯し、着替えをしました。ニット帽、サングラス、グレーのパーカー、ジーンズ、ブーツ。逮捕時に着ていたあの服装でした。

 なんとかしてオーハ島に渡り、島の風に吹かれながらひっそりと餓死する。市橋はそのことだけを考えていました。死ぬのは構わない。ただ、逮捕してさらし者にだけはなりたくありませんでした。

 大阪千里中央駅に、硬貨を入れればインターネットが使えるパソコンがあることを知っていた市橋は、そこで神戸発那覇行きのフェリーの時間を調べ、フェリーターミナルに向かいましたが、出航日を勘違いしていたらしく、ターミナルには船も人もいませんでした。

 市橋は予定を変更し、大阪の港にむかいましたが、沖縄行きのフェリーが出るまでには時間がありました。市橋が大阪の飯場で働いていたことはすでに報道されており、繁華街には警察が大勢いるはず。時間まではターミナルで待っているしかありませんでした。

 ベンチに腰掛け、フェリーの到着を待つ市橋の傍に、二名の警察官が近づいてきました。「あきらめなさい」直感がそう言っている気がしました。

 死に場所が変わっただけだ。

 警察官に「名前きかせてくれよ」と言われた市橋は、偽名ではなく「市橋達也です」と、自分の本当の名前を答え、逮捕されました。

西成


 別の未来

 こうして市橋の2年7か月に及ぶ逃亡生活は終わりを告げました。死体遺棄の時効の3年を過ぎたとしても、容疑を殺人に切り替えて捜査が継続されることは確実だったでしょうが、方法を間違えなければ、市橋の逃亡はまだ続いていたのでしょうか?

 市橋が逃亡にあたって選択した、人口の少ない離島に潜伏するというアイデアはよかったと思います。しかし、市橋がオーハ島に滞在していたのは意外に短い期間で、彼はオーハ島の存在を充分に活かしきれていなかったように思います。環境面など厳しいところもあったのでしょうが、もし市橋がオーハ島に隠れ住むことをもっと本気で考えていたら、結果は違ったものになった可能性もあります。実際に、月に一万円ほどの現金収入だけで、沖縄の離島に何十年も住み着いているホームレスもいます。

 人相を手配写真とかけ離れたものにするというのは長期の逃亡を可能にするうえで有効な手段であり、整形手術を受けるという選択は間違いではないですが、結果的にはそれが仇になり、市橋は逮捕されました。もし市橋が整形手術を受けず、稼いだ金を食料や道具を買うことに費やして、オーハ島に長期滞在していれば、彼の逃亡生活はまだ続いていた可能性もあります。

 もちろん性別や体力、性格などによっても違うでしょうが、市橋が体力のある若い男性であったことを考えると、やはり飯場労働でお金を貯めて沖縄のオーハ島に長期滞在する、というのが、逃亡を長期にわたって継続するにあたりベストな手段であったように思います。

 また、言うまでもないことですが、そもそも殺人事件など起こさなければ、逃亡生活など送る必要はありませんでした。
 
 逃げている間、感謝ってどういうことなんだろうって、ずっと考えていた。事件を起こすまで、僕は親や周りの人たちから沢山のチャンスをもらってきた。でもそのことに気付かなかった。それが恵まれた状況だということを、僕は考えようともしなかった。

 感謝、という言葉の意味を知っていれば、自分はあんなことはしなかったのではないか。


 と本人は語っていますがその通りだったでしょう。市橋が20代だったときは今より就職が厳しかった時代ですが、医者の家に生まれ、高身長に悪くない顔立ち、能力も普通以上にある市橋には、客観的にみて洋々たる前途が拓けていました。

 人の好意を無碍にしたり、つまらぬプライドからチャンスを棒に振ったりということは誰しも覚えがあることではあり、特に若い頃はそういうことには気づきにくいものですが、殺人という罪を犯してからようやくわかるというのはあまりに遅すぎました。

 市橋が犯したのはけして許されない罪であり、本人も自らの行為を深く悔やんでいることでしょうが、第三者の立場からみると、市橋の逃亡劇は一風変わったロードムービーのようであり、平凡な日常を送る人間がけしてしないような体験や、けして考えないであろうことを考えた彼の2年7か月はある意味で光を放っており、市橋はこの2年7か月のために生まれたのではないかという気もします。

 1979年生まれの市橋は現在41歳。現在の無期懲役は事実上の終身刑として運用されていますが、身元引受人のいる受刑者には僅かに釈放の可能性があり、もし両親が生きながらえていれば、市橋は60~70歳くらいで刑務所を出てくる可能性もあります。

 
 犯罪者名鑑 市橋達也 完
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

名古屋で整形手術さえしなければおそらく今でも逃亡生活を続けていたでしょうね。
整形外科医が市橋のテレビ番組を観ていたというのもツキに見放された感はありますね。
ポスターが交番に貼り出されてからはもう逃げられない雰囲気になっていますね。
それでも諦めずに何とか逃げ切ろうとする市橋は捕まって恥をかきたくないという一心だったのでしょうね。
逃げ切ってオーハ島で死ぬことを最終的には望んでいたのですね。
2年7か月の逃亡生活は本当に濃い時間だったでしょうね。
このような経験をしたのは市橋ぐらいしかいないでしょうね。
若かったとはいえ市橋は自分がどれだけ恵まれた環境にいたということを逃亡生活をしなければ気付けなかったのかもしれません。
市橋がもしそのことに早く気付くことが出来ていれば犯罪とは無縁な人生も送れたと思います。
市橋は2年7か月の日々を思い出しながら刑務所生活を送っているのでしょうね。

植松聖の生い立ちをやって欲しいです
真相究明に至らない所があるのでやって欲しいです

No title

seasky さん

結果的には整形手術があだとなり、市橋の逃亡生活は終わりを迎えました。市橋から手術料金を受け取った上に国からも情報提供料を受け取った医師が事件でもっとも得をした人物になりましたね・・。

 オーハ島で死ぬことではなく、オーハ島で生きることをもっと真剣に考えていれば、と思います。必要なのは衣類や調理器具、インスタントラーメンなどの食料品。100万円も貯めて海を渡れば、数年は暮らせた気はするのは素人考えなのでしょうかね・・。

 6月からはマイペースで小説を書いていこうと思います。コメントがくればこちらの方でもUPしていきたいです。

No title

犯罪者名鑑を書くなら植松は上位候補ですね。
北九州監禁事件など書いてみたい事件は他にもありますが検討していきたいと思います…

No title


実家は医者で、顔も頭も悪くない。そんな彼が何故あそこまで落ちぶれたのか。

彼は人殺しにまでならないと分からなかったのでしょうか。

それなりに恵まれていただろう彼が人生の大半を刑務所で過ごすとは、自業自得とは言え哀れかもしれません。

No title

僕は親や周りの人たちから沢山のチャンスをもらってきた。でもそのことに気付かなかった。それが恵まれた状況だということを、僕は考えようともしなかった。


私にとって考えさせられる文章です
私は市橋ほどのハイスペックではありませんがそれでも今まで周囲の人間から与えられた沢山のチャンスを何とも思わずに悉く無碍にしてしまったように思えます
豊かで恵まれた環境に産まれるというのは素晴らしい事ではあるけれど始めから全てが揃っているが為に周囲から受ける加護や援助に気が付くことが出来ないという弊害があります
その弊害を克服するには当たり前に存在しているものが如何に大切な存在かを気が付く必要がありますが失ってからではないと分からない物なのが厄介です

No title

からあげの さん

自分自身と比較して反面教師とする目的でも犯罪者の人生を調べることはいいと思います。

つまらぬプライドからチャンスを棒に振ることは誰にでもありますが、普通の人間は殺しなどはせず、不満を抱えながら一生を暮らすのがせいぜいですから、これは市橋の後先を考えない衝動性の強さが招いた結果でもありますね。

著書の中で市橋は、自分には趣味と呼べるものがなかった、とも書いています。酒に女に賭博は刺激も強い分トラブルも多いですからそれ以外の健全な趣味を見つけることも大事なのでしょうね。

No title

GGI さん

大多数の人間は落ちぶれはしても人殺しまではしませんから、刑務所に入ったことは同情できないでしょうね。
せめて弱音というものが吐ければ違ったかもしれませんね。

まだ更新してたことに驚きました
昔どハマりして全記事読み漁ったのはいい思い出です
これからも続けてください!

No title

書く意欲が残っている限りは更新します。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR