FC2ブログ

犯罪者名鑑 市橋達也 5

福田和子


 福田和子

 後半に入る前に、市橋以外に世間で大きな話題となった逃亡犯の紹介していきます。

 福田和子は1948年に愛媛県松山市で出生。高校中退後、タイル工の男と同棲を始めますが、そこで悪の道に染まり、18歳のときに国税庁宅に強盗に入って逮捕されます。

 福田が収監された松山刑務所では、地元のヤクザが刑務官を買収して様々な不正行為を働いていました。所内を自由に出歩く、飲酒、喫煙、賭博、果ては女子受刑者へのレイプまで行われており、うら若き福田もその被害者でした。

 この松山刑務所事件は国会でも取り上げられ問題となりましたが、当局は福田ら被害者に圧力をかけて告訴を取り下げさせるなどして事件のもみ消しを図りました。責任者の自殺もあって有耶無耶となり、結局、公訴時効によって事件そのものがなかったことにされました。

 出所した福田はホステスとして働き、鉄工所経営者と結婚して4人の子供をもうけますが、見栄っ張りな性格が災いして金に困るようになり、同僚のホステスに借金を申し込みます。人気ホステスに対する嫉妬もあったのか、借金の申し込みを断った同僚を殺害した福田は、あろうことか家財道具一式を盗み出してから、夫とともに山で遺体を処理しました。

 しかし、目撃情報から福田の犯行はすぐに発覚。警察に捕まる直前、福田は60万ほどの資金を手に逃走しました。福田の夫は自首を勧めていましたが、松山刑務所でのことがトラウマとなっていた福田はそれを断固として拒否し、逃亡生活を送ることを選びました(夫は死体遺棄罪で逮捕)。

 逃亡先に石川県の金沢を選んだ福田はそこでもホステスとして働き、和菓子店経営者の客と懇意になると、内妻として店の厄介となることに成功します。

 逃亡中に美容整形を繰り返していた割には、それほど美人とはいえない福田でしたが、濃厚な「房中術」でも持っていたのか、店主と福田の間は仲睦まじかったようです。福田も店のために甲斐甲斐しく働き、商品にもアイデアを出すなどして老舗をの和菓子店を繁盛させます。

 二年ほどそんな暮らしが続き、気持ちにはゆとりが出てきましたが、募ってきたのは自分の実の子への思いでした。犯罪者とはいえ福田も人の親。特に、長男に対する溺愛ぶりは半端ではなかった福田は、大胆にも愛媛に帰って長男と会い、そのまま金沢に連れ帰り、甥だと偽って和菓子店の従業員にしてしまいます。

 福田は和菓子店に溶け込んでいるようでしたが、福田がいつまでも店主と籍を入れないこと、甥ということになっていた福田の息子の免許証に記されていた住所が松山市となっていたことから、徐々に疑いの目を向けられるようになり、通報される直前に逃亡しました。

 その後の福田は8年間、同じ場所に3か月以上とどまらないようにしながら全国を転々としました。20以上もの偽名を使い分け、ラブホテル清掃員、葬儀屋の手伝いなどをしながら収入を得ていたようですが、生活は困窮を極めていたようです。

 当時の殺人の時効である15年が近づくと、テレビで福田の報道が増えていきました。当時、福井県に潜伏していた福田は何を思ったのか、行きつけのおでん屋で「私、福田和子に似ているでしょ」と漏らし、まさかと思った店主が通報。ビール瓶に残されていた指紋が証拠となり逮捕、福田の逃亡生活は終わりを告げました。
 
 取り調べにおいて、福田は共犯者にでっち上げた死亡済みの男に罪を擦り付けようとしますが、警察は執念の捜査で共犯者のアリバイを証明し、福田の容疑は確定。裁判で無期懲役の判決を受けた福田は、刑務作業中にくも膜下出血により息を引き取りました。

 逮捕の直前、おでん屋で自分の素性を打ち明けるようなことを言ったのは、罪の意識からでしょうか、はたまた別人を装って逃げることに疲れ果て、本当の自分を知って欲しかったからでしょうか。

 いずれにしても、福田和子は犯罪者でありながら豊かな人間味も持ち合わせる人物で、その数奇な生涯がドラマ化もされ話題を呼びました。

 金沢の和菓子屋店に潜伏していた時期には、小学生だった石川県出身の大打者、松井秀喜とも交流があり、松井は「きれいで感じのいいおばさんだった」と当時の印象を語っています。


おいこいけ



 小池俊一、菊池直子、高橋克也


 「おい、小池!」のポスターで有名な小池俊一は、2001年に徳島県でパチンコ仲間の男性を殺害、4000万円の預金が入った通帳を奪って逃亡します。

 人まで殺したにも関わらず、預金を引き出すことはできなかった小池は各地を転々とした後、岡山県で一回りも年上(小池自身が逃亡時40代)の女性の家に転がり込み、ヒモ生活を送るようになります。

 2012年に居候先のアパートで病死。死亡時の小池は逃走生活のプレッシャーからか、五十代後半という年齢に比してかなり老け込んでおり、手配写真とはかけ離れていたようで、同居女性は小池が逃走犯であったことは知らなかったそうです。ポスターを見て寄せられた情報は4400件を越えましたが、何一つとして逮捕に結びつくことはありませんでした。

 1995年に地下鉄サリン事件に関わったとする容疑で指名手配された菊池直子は、97年まで高橋克也らほかのオウム幹部と同じアパートに潜伏していましたが、やがて一般人として社会に溶け込み、2007年からは介護ヘルパーをしながら、オウムとは無関係の一般の男性と一緒に生活していました。

 同居する男性は菊池に結婚を申し込み、対して菊池が「自分はオウムの菊池だ」と正直に打ち明けても警察には通報せず、同居も解消しませんでした。勤務先での評判も良く、女子会にも参加するなど、普通とまったく変わらない暮らしを送っていたようです。

 2012年に提供された情報を元に逮捕。裁判では無罪判決を受け、17年間の逃亡はまったくの無意味だったという結果になりました。ちなみに、菊池が無罪でも同居男性の犯人隠匿罪は変わらず、懲役1年6か月、執行猶予5年の判決を受け、事件でもっとも割を食った人物となってしまいました。

 高橋克也は櫻井信哉の偽名で住民票まで取得し、川崎市内の建築会社などで働いていました。

 ある時期までは菊池直子と二人きりで生活しており、性行為の強要もあったなど生々しい話も伝わっていますが、菊池同様、一般社会に溶け込んで普通に暮らしていたのは間違いないようです。

 先に逮捕された菊池の証言をもとに、蒲田のネットカフェにいるところを逮捕。裁判では無期懲役が確定しました。教団に元気があった頃から入信を後悔し始めていた菊池と違い、高橋は潜伏中も教団や麻原への強い信仰を抱き続け、取り調べ中にも麻原のことを「尊師」と呼んでいたそうです。

 それにしても、菊池にしても小池にしても、よく身元も確かでない人間と一緒に住みたいという人が見つかるものです。内に何かを秘める人物には魅力があるということなのでしょうか?

 小池、高橋、菊池ともに、長期間の逃走を可能とした理由に「手配写真がまったく似ていなかった」ということが言え、それを考えると、市橋が整形に拘ったのも一概に間違いとは言い切れないかもしれません。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

逃亡犯は殆ど誰かに匿ってもらって生活していますね。
市橋のように単独で逃げ続けた犯人は珍しいのですね。
一人で逃げ続けるのも精神的に厳しいものがあるでしょうが素性を隠しながら誰かと生活するのも疲れてしまいそうです。
福田和子や小池俊一と暮らしていた人達は彼らがミステリアスで魅力的な人物に見えたのでしょうね。
菊池直子と高橋克也はオウム関係者が匿ってくれたでしょうからすぐには逮捕されませんでしたね。
逃亡犯は外国に高飛びするというイメージが強かったのですが普通に国内にいて長期間逮捕されないというのが驚きです。

やっぱり誰かに匿ってもらったほうが、逃げ切れる確率は高いのでしょうね。衣食住に加えてセックスまで付いてくるわけですから。小池に至っては小池だと気づかれなければそのまま火葬されて永遠に逃亡犯のままでしたね。

ここには書いてありませんが、同じオウムの逃亡犯として、平田信がいましたね。彼もオウムの元女性信者に匿ってもらって生活していました。外に出ることは滅多に無かったようですが、レンタルDVDを鑑賞したり、ペットのウサギを可愛がったりと普通の暮らしを送ってたみたいですね。

前回も書いたのですが、市橋が単独での潜伏を選んだのは、ちょっと意外でした。誰かに匿ってもらうのは、仮にバレた場合通報されるリスクが高かったことを考慮したのでしょうが。

確かにあの容貌なら女性も好感を持つかもしれませんし、犯行時も彼女がいたり、逮捕後にはファンクラブができたりと、女には不自由無かったのだろうなーと思います。仮に市橋と身分を明かしたとしても、何と言うか「特別感」を抱いてしまった女性なら………と思います。

No title

seasky さん

通報のリスクもありますが、身分証も持たない人間が衣食住を整えるにはやはり誰かに匿ってもらうというのが手っ取り早いでしょうね。特に若い女であれば出会いの機会はあるでしょうから・・。
貯金があれば物価の安いタイやフィリピンに行って数年間身を隠すという手もありますね。偽造パスポートを用意するには裏社会とのコネが入り、出国管理局を通るときにリスクはかなりありますが。

No title

GGI さん

平田信のうさぎへの溺愛といい、逃亡犯には心のよりどころが必要なのでしょうが猫をあまり可愛くなかったといい、あっさり手放した市橋にはそれもありませんでしたね。それにしてもオウム事件は関わった人物が多数だけに様々な見方、切り口がありますね。

市橋は被害者と交流を持ったキッカケもナンパだったように対人的な強引さはある人物だったようですが、若い女であればともかく、男が家に住まわせてくれるほどの異性を見つけるのはカンタンではないでしょうけどね。ゲイバーで働いて、ゲイに匿われているなんて話もありましたが・・。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR