FC2ブログ

親と子


 ある少年がお母さんに「死ね」という言葉を吐いたところ、お母さんが本当に自殺して死んでしまったというヤフーニュースの記事を目にしました。

 この少年は多分、誰がどんな言葉をかけても立ち直れないと思う。お母さんは元夫からのDVの被害で鬱状態に陥っていたそうですが、それでも、やはりこんな早まったことはするべきではなかった。思春期の少年が親に「死ね」と口走るなどよくあることで、それでこんな重い十字架を背負ったのではたまったものではありません。

 すべての基本となる親子関係が破綻していると人間は歪みます。犯罪者のルーツを辿っていくと、親子関係に問題があるケースがあまりにも多い。だからこそ、酒鬼薔薇の親や宅間の親のような、客観的に見てそこまで問題があるとは思えない親がマスコミにあることないことを書かれ、毒親扱いされることもある。

 親となるために必要なのは経済力や教養もそうですが、何より心の優しさと心の強さだと記事を読んで思いました。元はといえば優しさにかけた父親がDVを働いていたのがいけないのですが、強さに欠ける母親に育てられたのも不幸だった。

 山路悠紀夫の人生は母親を殺害した時点で事実上終わっていました。それ以前に、父が血まみれになって死ぬところを目の当たりにしたところから実質的に狂っていたと思う。親は何があっても、子供にトラウマを与えるべきではない。

 翻って、私自身は融通が利かない部分もあれど常識的で、平均を少しこえる経済力を持った親の庇護のもとで二十代後半までを過ごしていた。妻を傷つけたこともあるし、若い頃には他人を傷つけたこともある。動物好きではありますが、動物をちゃんと思いやれたかといえば疑問符がつく行動がある。ニート経験も、人を殺すことも考えたことのある、資質的に欠陥のある私が結婚も就職もできたのは、環境に恵まれたお陰であったことはまったく否定できません。

 産まれたことそのものをあまり嬉しく思っていないので、親に全面的に感謝できるかといえば答えはノーになりますが、あの親のお陰で最低の人生にはならずに済んでいるとは思っています。

 人の親となることは私には考えられません。自分の人生にも十分に責任が持てるとはいえない人間が他人の命を背負うことなどとても。

 責任感のあるちゃんとした親も見てきましたが彼らのようにはとてもなれませんし、子供がいるにも関わらず人から金を騙し取るようなとんでもない親も見ており、彼らのようにはなりたくない。

 まず自分自身が生活に足りる金を稼ぎ、余力の中から執筆の時間を捻出し、自分の本当の人生を手に入れていきたいと思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

誰しもが親になるための資質を備えているわけではないですよね。
愛情の欠落した親の元に生まれてしまった子でまともに育つことなど出来るのでしょうか。
ある程度良い環境で育たないと常識的な人間にはなれないと思います。
環境の良し悪しで犯罪者になるかならないかが決まってしまう所はありますね。

No title

すべての原因が家庭環境とは思いませんが、大きな影響を与えるのは事実だと思います。

山地などはある程度まともな親ならそれなりの人生を歩めたかもしれません。現に人間関係は構築できていた部分もありましたから。

ある種宅間や酒鬼薔薇などはどうしようもなかったと言う見方もできるかもしれません。

本人の資質+家庭環境と見ることもできるかもしれません。

No title

seasky さん

 今年一番衝撃を受けた記事でしたね。あぁ、一歩間違えれば、自分もこんな重い十字架を背負っていたのか、と。DV夫が一番悪いのですが、お母さんも子供のことを思うならなんで死ぬんだと・・。これじゃあ虐待親の方のほうがマシなぐらいですね。

 これまで、まともな環境で生きられなかった人間の受け皿の役割を果たしてきたヤクザが締め付けられて、そんな人間はどうやって生きればいいのでしょう。

No title

GGI さん

 思うのは昔であればヤクザやヤンキーのようなコミュニティがあって疑似家族的な役割を果たし、最後の最後で一線を越えなかったり、堅気の衆にまで迷惑をかけないようにしてきた部分もあったと思うのですがそんな連中を徹底的に排除した結果どうなったのかってことですよね。

 山地などは一時期、アングラの組織に属していたこともありましたが、そんな連中を追いやって追いやって追いやった結果、一般社会にどんな影響が出るのかってことですよね・・。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR