FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の予定について



きんが

 新年あけましておめでとうございます。

 最後の最後で、長らくコメントされていなかった方がコメントをしてくださるようになり、ようやく書いていて報われた実感が得られてきたかな、という気持ちになっています。

 まだ、いつもコメントを下さる方が全員お越しになっていない状況ですので、もう少しコメントは貰えるのではないかと思います。「HAKEN--異物混入」の最終回はラッキー7ということで「7」、もしくは末広がりの「八」コメントは届けばいいなとは思っていますが、強制はしません。今までは違うぞ、コメントが来てなかっただけで読んでいる人はちゃんといるぞ、ということがわかってきたので、一月からまた新しい作品をこちらの方でUPしていこうと思います。

 欲を言えば新規の方にも、過去記事も含め作品にコメントしていただき、新たな常連さんになって欲しいなという風に思っています。

 何度も申し上げていることですが、読んでいる人からのコメントがなければ、私がここで創作発表をする意味はまったくありません。

 12月は創作発表の他に、通常のブログ形式で、自分の今思っていることも記事にしてきました。その中では、みなさんからのコメントを求めるような記事を書きながら、これからコメントをしようとする人を牽制するようなことも書いてきました。新規の方の中には、もしかすると、あれを読んで怖気づいてしまった方もいるかもしれませんが、それも計算のうちです。

 そんなに、難しいことは言っていないと思います。私の言っている「十分な信頼関係のない人間に、いきなり説教をしない」「相手の話に何の関係もない自分語りをいきなりしない」というのは、ネット以前に、人としての常識です。それをせずにコメントをすることは、別に難しくはないと思います。私にも客を選ぶ権利というものがあり、そういう「読者」の勘定に入らない人とは、会話をしたくはないと思っています。 

 さらに、私は「仮に説教、(私の話す内容に何の関係もない)自分語り」をしてしまっても、もう一度私の書いたものに関する感想コメントをくれるなら大歓迎」ということも書いています。多少、不本意なコメントでも、「読者」のコメントなら、そこまで気にはなりません。もし、悪気はなかったけど、普通に感想を書こうとしたらそうなってしまったということであれば、懲りずにまた感想コメントをくだされば、私はいつでも歓迎します。

 私はここを、私のサイトを通じて、「自分は心がキレイな正しい人間である」ことをアピールし、私に偉そうにしたいだけの人、私のことをホストか何かだと思って、自分のことばかり語られる人ではなく、「読者」と会話をする場としていきたいと思っています。

 「読者」ではない人ばかりがコメントしてくる、もしくは、「読者」が十分な数に達しないというのであれば、私はもうこちらの更新は二度とせず、自分の活動から切り離していきたいと思っています。

 新しい作品についてですが、自分の中で「飽き」というものの対策もしていきたく、二本の作品を交互に書いていこうかなと思っています。以下に簡単なあらすじを書きます。

 1 party people

 鬱屈した生活を送る派遣社員、青木の人生が、破天荒な男、影沼との出会いにより変わっていく。人生の充実を妨害する「ココロキレイマン」との戦いを生涯のテーマに定める影沼の、「リア充」とはまったく違う魅力に、徐々に惹かれていく周囲の人間。影沼は青木の人生に、煌々と光る星を示した。しかし、青木にはどうしても譲れないもう一つの星があった・・。

 2 屍晒せ

 格闘家としてのキャリアの黄昏時を迎えたカルロス斎藤。「死に場所」を探して地下格闘技のリングに上がっているが、完全燃焼の実感を得られず、清掃の仕事をしながら、悲鳴を上げる肉体を追い込み続ける。

 そんな中、カルロスの周囲で殺人事件が起こっていく。カルロスは過去の暴力行為から、マスコミに容疑者扱いされ、プライベートまで追い回されるが、カルロスはその状況を逆に利用し、「死に場所」を追い求めて、大晦日のイベントに出場することを画策する・・。

 

 新しい作品はまた、最低4コメントのノルマで連載していきたいと思います。ご協力の方、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。
今年もサイトの更新を継続されるということなので嬉しいです。
新しい作品は2作品とも雰囲気が違いますね。
party peopleは影沼の存在が気になりますね。
屍晒せは格闘技と裏社会の繋がりを描いた物語になりそうですね。
新作小説の連載楽しみにしています。

楽しみです。

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年も更新継続、ありがとうございます。

party peopleはナンセンス・ブラックコメディっぽい感じがしますね。今までの作品とは少し一線を画したような気がします。注目は影沼の存在でしょうか。

逆に屍晒はHAKENのような匂いがします。

party peopleはスゴく面白そうなので読んでみたいです。

新作、期待してます。

No title

seasky さん

 両方とも一人の人物の視点で進めていく予定で、400枚以内には収めたいですね。過去に書いたものの直しなども平行して行いながら一年以内には二作とも書き上げたいです。もちろんその間にデビューをしていることが理想ですね・・。

No title

GGI さん

 party peopleは低賃金の派遣生活をいかに享楽的に生きるかという話ですね。ブラックだったり、エッチだったり、グロだったり、自分なりの持ち味を最大限に発揮していきたいです。屍晒せの方は格闘技をテーマに扱ったミステリー作品でparty peopleよりはかたい感じになると思います。

 過去の直し作業などやっていると、「こんなものを人に読ませていたのか」と恥ずかしくなることもあります。しかし、過去は振り返らず、とにかく前に進んでいこうと思います。よろしくお願いします。

今年もサイトの更新していただけるそうで、ありがとうございます。
Party peopleのほうは派遣の世界の物語のようですね。
周囲の人間が引かれていく影沼の人格に興味が持て、青木のどうしても譲れない星と言うのも気になりますね。
屍晒せのほうは格闘の世界の物語のようでカルロスがどん底迄、落ちて一発逆転を狙う物語ぽいですね。
最終的に上手くいくかわかりませんが、その過程が楽しみです。
新作、どちらも楽しみです。


No title

まっちゃん さん

 こちらで創作発表をしていなかった昨年一昨年、色々試してきましたが、やはり自分の良く知っている世界を書くに限るという結論に達しました。デビュー後は取材をするということもできますが今は名前もノウハウもない状態ですので・・。

 新作は世界観を自分でつかむまでは筆を進めるのが大変で案の定難航していますが、何とか今月末には第一話を上げられそうです。過去の作品の直し作業などと並行して進めていくことになりますが、どうにか月一で更新していきたいと思います。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。