犯罪者名鑑 麻原彰晃 23


みっつのぼひょう



 遺棄


 実行犯グループの6人は、富士総本部道場に戻ると、少し休憩をとった後、ドラム缶に詰めた坂本弁護士一家の遺体を埋めるために、一路北陸へと向かいます。

 警察の捜査をかく乱するために、三人の遺体は、それぞれバラバラの山に埋めるという作戦が取られました。六人のうち、指揮をとっていたのは、村井、早川、岡崎の年長者三人組で、若くて体力のある端本と中川が穴掘りを担当、新實が見張りを担当というのが、主な役回りでした。

 今回の記事は、ベストセラーのノンフィクション作家、佐木隆三氏の著書「三つの墓標」を元に書いていますが、坂本弁護士一家を遺棄しに北陸へと向かった6人のやり取りは、一種のロードムービーのようでなかなか味わいがあります。

 私が特に気に入っているのは、鳥取県の美保湾で実行犯の一人、中川智正が、現場にプルシャを落としたのをみんなに打ち明けた場面です。

 ここで、チクリ屋で嫌われ者の村井は、自分が現場に土足で入ったり、手袋をつけ忘れたのを棚に上げて、中川をネチネチと追い詰めていた一方、求道者的な新實智光は、「あまり気にするな。現世では、うまくいかないこともあるよ。チベットの仏教だって、うまくいっていないじゃないか。また転生して、やり直せばいいんだ」と前向きに励まし、建設現場の親方のような気風で慕われていた早川は、最初に中川をどやし付けたものの、すぐに、「ワシとマンジュシュリー大師も手袋を忘れた。中川くんを責める権利はないんや」と庇い、「中川くんも出家して早々、こんなことに巻き込まれて、辛かったやろうなあ」と慰めるなど、メンバーの性格の違いが現れており、同じオウムの幹部でも、それぞれ個性がまったくバラバラであったことがうかがい知れます。

 中川智正はまだ27歳という年齢で、出家して日が浅いにも関わらず、幼い瀧彦ちゃんの命を奪い、現場にプルシャを落とすというミスをしたことで、精神的に鬱状態になっていました。程度の差こそあれ、他の5人も落ち込んでいたのは同じだったはずで、そんな彼らが、「真理のために」と、お互いに励まし合いながら臨んだワークは、新實に言わせれば、「幹部みんなの心が一つになって、本当に団結できたのは、坂本弁護士事件が最初で最後だった」そうです。

 弁護士一家を遺棄するワークは、6人にとって、精神的にも肉体的にも重労働だったでしょうが、いつも一日一食、粗末な食事しか取れないところを、食べたいものを腹いっぱい食べることができ、(坂本弁護士の遺棄現場では、カニヤ横丁で買ってきたカニを食っていた)風呂にも一週間は入れないところを、サウナで「命の洗濯」ができるなど、いいリフレッシュになった面もあったのかもしれません。

hitora-.png



 三十歳

 自分で書いた麻原の記事を読み返すと、犯罪者名鑑全体の方向性が固まっていなかったこともあり、随分余談だらけだなあという感想を抱きますが、どうせすぐには終わらない企画ですので、今回も余談を挟ませてもらいます。

 私が今回話題にしたいのは、麻原が挫折の連続を経て、ようやくヨガの行者として頭角を現し始めた、「30歳」という年齢についてです。

 麻原彰晃は日本史上最悪の犯罪者であり、狂気の独裁者という評価は覆ることはありませんが、一方で、彼が社会の中で一定の成功を収めた人物、「勝ち組」であったことも否定はできません。麻原という怪物が完成し、「ビクトリー・ロード」を歩み始めたのが、30歳という年齢でした。

 ほかの宗教家でいえば、3章で紹介したジム・ジョーンズの人民寺院が世にその名を知られはじめたのが、ジョーンズ32歳のとき。チャールズ・マンソンのファミリーが異様に膨れ上がり始めたのも、マンソンが30代前半のときでした。麻原がライバルと目していた大川隆法(麻原と違い、高学歴ですが)が幸福の科学の主宰者になったのも、30歳のころです。

 もっとスケールの大きな人物でいえば、かのアドルフ・ヒトラーが野戦病院から帰還し、軍の命令を受けて、調査員として潜り込んだはずのナチの集会で、たまたま演説を振るったのを褒められ、ナチに入党したのがちょうど30歳のときで、それから彼は瞬く間に頭角を現し、ドイツの指導者を飛び越え、欧州全体を支配する独裁者へと成長していくことになりました。

 どうも、「30歳」という年齢は、「学歴も、過去にこれといった栄光もなく、挫折まみれの半生を歩んできた男」が、人を統べるカリスマを表す最初の時期のようなのです。

 ちょっと違うタイプでいえば、当時木下姓を名乗っていた豊臣秀吉(低学歴であるが、人の下に就いている)が、織田家の高級将校として初めて文献に名前が登場し始めたのも、やはり30代前半のころ。世界で一番有名な革命家であるチェ・ゲバラ(カリスマではあるが、高学歴)がキューバ革命を成功させたのは、30歳直前の29歳のときでした。

 なぜに今回、こんな記事を書こうと思ったかといえば、私自身が、あと半年で30歳という年齢を迎えるからです。栄養状態や医療の発達、定年の引き上げにより、日本人の体感年齢は年々若くなっているともいわれています。麻原の時代の30歳と比べても、今の時代の30歳は、自分のことも、他の30歳のことも、「若い」と思っている。それを考えると、私にはもうちょっとチャンスがあるともいえます。

 世の中の人には、独裁者と聞いただけで嫌悪感を示す人もいますが、正直、私は自分がなれるものならなってみたいと思います。犯罪を起こすのがダメなのであって、独裁者自体が悪いわけではない。実現するかどうかはともかく、夢を見るぐらいは自由でしょう。

 今回名前を挙げた中で、ヒトラーとゲバラの成功は麻原とは桁が三つも四つも違いますが、彼らは私利私欲の塊のような麻原とは対象的にストイックで、女性との浮いた噂もほとんどありませんでした。ここが一教祖で終わった麻原との差なのでしょう。

 どちらに憧れるかと言われたら、私はあんなむさ苦しい髭面の豚親父の癖に、女性教徒100人と性行為に及んだという麻原の方に憧れます。ヒトラーやゲバラのように世界史にまで名を遺すのはすごいことですが、そのために、味わおうと思えばいくらでも味わえる快楽を捨て、自分の存在を国家と同一に考えて己を律するのも大変そうです。今回名前を挙げた中でいえば、天下を取ったうえで、己の欲望も満たした秀吉が最高かもしれません。

 「30歳」がひとつのターニングポイントなのは確かなようですが、ただし、30歳ごろに開花した独裁者たちには皆、栄光を掴むまでに、苦難の半生がありました。

 麻原彰晃は、幼いころから弱視でコンプレックスに苦しんでいました。そんな彼が、二十代半ばから始めた宗教の勉強、修行は本物といえるもので、間違った道を突き進みはしましたが、彼は確かに努力家ではありました。ジョーンズも若いころから、宗教活動には熱心に取り組んでいました。ヒトラーも実科学校を成績不良で退学になるなど、少年時代は劣等生で、20代では絵画の修行や読書の日々、従軍経験など、濃密な体験をしています。無学なマンソンにしても、人生の半分を矯正施設で過ごすという波乱万丈の人生を歩んでいました。

 「30歳」が、カリスマを売りにする独裁者にとってのターニングポイントであるのは間違いないようですが、まともな人生を歩んできた20代、何もやってこなかった20代が、30歳でいきなり開花するということはなさそうです。

 コンプレックスに塗れた10代と、血反吐を吐く努力をしてきた20代。不謹慎とは知りつつも、麻原、ヒトラーと似た人生を歩んできた私は、自分が「独裁者」となる未来を妄想するのを、抑えることはできません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

麻原の「ポアしろ」という言葉でこれ程までの凶悪事件を起こしてしまった幹部達は精神的に相当追い詰められてやるしかなかったのでしょうね。
オウムが特殊すぎるのですが一般的な宗教団体の信者とは一線を画していますね。
個性的な面々で癖のある幹部を纏めていた麻原の組織力は並みではないですね。
事件現場でしか満足な食事や自由な生活ができなかったというのは辛いものがありますね。
オウムの道場で過酷で無意味な修行をするより刑務所で暮らした方がまだマシかもしれません。
麻原もヒトラーのように若い頃のストイックさを生涯維持できておけばまた違っていた展開になっていたでしょうね。
そうは言っても小さなヨガの会からあそこまでの巨大な宗教団体に広げていっただけでも常人からすれば正直凄いなと思ってしまいますね。
30代は人生で大きな分岐点になるのは間違いないようですね。
20代までに経験した苦労や培った努力を活かせるように出来る年齢が30代だと思います。
それを超えると気力や体力が落ちてきて色々と難しくなっていきそうですね。

坂本弁護士事件に関わったオウムの連中は高学歴な割にドジな奴が多いですね。
村井は本当に嫌な奴ですね。
新實は本当にいい奴でオウムに出会わなければ人生の勝ち組になれたかもしれませね。
この犯人グループの中で皮肉にも一番幸せなのは性格が最悪な村井ですかね。
麻原の醜態を見る事なく最後までオウム、麻原を信じて死んでいったのだから…
普段、美味い物とか幹部クラスでも食えなかったのですね。風呂を1週間に1回しか入れないなんて務所より酷いですね。
30才付近はあらゆる意味で何かのキーポイントになるみたいですね。
私は独裁者にはなりたくないですね。
独裁者になると周りが信用出来なくなり常に狙われているのではないかと妄想に怯えていると聞いた事有りますから…
北朝鮮の金何とか言う奴も周りが信用出来なく結構、側近の奴殺してますから…
それより金持ちになり金の力で人を操りたいですね。
独裁者みたいに全てを操れないだろうけどある程度人間を自由にできると思いますから…

No title

seasky さん

 今回麻原のことをあまり書きませんでしたが、麻原は現場で多数のミスを犯した幹部のことをあまり責めたりはしませんでした。6人がワークに臨んでいある間はあまり口うるさいことを言わず、カニを食うのも許してあげる。この辺のおおらかさが人を纏める秘訣かもしれません。

 麻原が出てきたのはバブルの最盛期でしたから、時代に恵まれた面もあったでしょうね。禁欲主義が必ずしも良いとは限りませんが、麻原の場合は羽目を外し過ぎて堕落しましたね。中途半端よりは好き放題やった方が後々悔やむことはなさそうですが・・。

 自分に置き換えて考えたとき、大物まではなれなくとも、30代で何らかの結果が出てないと地道に修行を続けるのは無理そうです。ピコ太郎みたいに40過ぎまで底辺のまま粘るのはちょっと考えられないですね。
 

No title

まっちゃんさん

 ここで全文を紹介できないのが残念ですが、村井の言葉攻めは読んでいて本当に嫌な気持ちになりましたね。私が記事に書くまでもない細かい質問を連発して、一人をネチネチといたぶる。顔だけ見ると優男で美声の持ち主でもあるんですが、性格は相当悪いヤツだったんでしょう。

 新實はいいヤツですがかなりの変人という印象で、いわゆる会社勤めは難しかったように思います。個性が強すぎて一般社会からはじかれるような人間が収まれる部分があったのはオウムのいい面だったのかもしれません。

 オウムだと肉類のような脂質が多い食べ物は食べられませんでしたから、意外と風呂に入らなくてもそこまで問題じゃなかったのかもしれません。とはいえ夏場は相当キツイでしょうが・・。

 人を疑う独裁者といえばスターリンですね。いくら権力を握っても、常に誰かに寝首をかかれる心配におびえなくてはいけないのは精神的につらいですね。とはいえ警戒心がなさすぎると信長みたいにあっさりやられるし、トップになるというのは本当に大変なことだと思います。程度にもよりますが、人に頭を下げる人生を歩んだ方が気持ちは楽でしょうね・・。

No title

釈迦、キリストも大体その位の歳で出家してますねー。
電脳山養心寺ってサイトにも書いてありました。

No title

 すみません、名無しだと変な名前になるように設定しています。 次回コメントされる際、簡単なハンドルネームつけてください。

 ああ、一番肝心な人たちを忘れていましたね。それぐらい昔になると、今でいえば45歳くらいの感覚だったと思いますが、やっぱり30歳という年齢が、男にとって一つのターニングポイントになるという確信が深まりました。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR