サイト開設当初から 考え方の変化 2

ふこう


 本当に、余計な劣等感を抱かなくなった。

 サイト運営初期において、私は、自分の「不幸」「ダメ人間」ということを全面に押し出していました。

 自分は軽度の発達障害があり、性格も歪んでいる。とてもではないが、社会に適応できそうもない。まともに働くこともできない――。自分の弱みをあえて積極的に晒し、それで客を集めようとしていました。

 不幸を売りにしていたことは、メリットもデメリットもありました。メリットとは、女性が優しくしてくれたことです。

 初期において、私はブログとは別に、とある動画配信サイトを利用していたのですが、そのとき、私の放送によくコメントをくれる女性がいました。私より2つ3つ若い子で、二人の坊ちゃんを一生懸命育てているシンママさん。一度、写真を見せてもらったことがあったのですが、色白で非常にかわいらしい女の子でした。小説の方にもたまに感想をくれて、随分勇気づけられました。

 ほかにも、そっちの動画配信サイトの方で親しくなった女の子とSkypeのやり取りもしていました。結局、会うまでに至ったのは現在の奥さんだけで、他の女性とは恋とかセックスとかいうところには発展しなかったので、「モテ期」というのも憚られるのですが、あの不幸を売りにしていた時期、女性が私に好意的に接してくれたことと、不幸色を弱めて以降、(彼女がいると公言していたこともあるかもしれませんが)そういう話がまったくなくなったのは事実です。

 デメリットというのは、私があえて自分の弱みを晒け出したことで、俺がこいつを「説教」して、正しい道に導いてやらなければならないと思う人たちが集まってしまったことです。

 説教する人は、自分は正しい道を歩む、「漢の中の漢」であると思っているのでしょう。「漢の中の漢」たちは、私を「爽やかで、強い心を持ち、お友達をとっても大切にする、キラキラキレイな好青年」にしたがりますが、私はそんなものには、まったく憧れを持っていません。

 憧れというか、そういう男らしい男にならねばいけないと思っていた時期はありました。「偽善の国のアリス」の時代ですが、男らしい男にならなければいけないと思っていた私に与えられたのは、好きになった女からの侮辱だけでした。

 男らしい男は、女にモテるのではない。男らしい男は、女にいいようにされるだけである。少なくとも、私の場合はそうでした。私は、女にモテもしない「漢の中の漢」になど、なりたくもありません。 

 私を元気にさせるのは、「漢の中の漢」の説教などではなく、可愛いお姉ちゃんの優しい言葉です。

 私に優しくしてくれた女性の筆頭は言うまでもなく私の奥さんですが、説教厨は、自分は大したことをしてないくせに、勝手に奥さんのことを持ち出してきて、ちゃっかり、奥さんを使って、「津島を変えた男」の称号を掴もうとしてくる。とんだ「漢の中の漢」もいたものです。本当に腹立たしいやつらです。

 発達障害ADHDに関しては、パソコンをなくしたりなど今も失敗は多く、困ることもあるのですが、サラリーマンになろうとしているわけではなく、小説で身を立てようと決意しているのだから、もうそこにコンプレックスを抱く必要はないと、完全に割り切っています。

 性格は今も別に良いわけではありませんが、神山や金澤と違って、それを表に出している分マシではないかと思っています。「アリス」時代、私を散々愚弄してきた「稲生」を私が憎みきれないのは、ヤツは裏表がないという長所はあったからです(裏も表もない馬鹿というのが玉に瑕ではありますが)。

 劣等感を否定はしないが、余計なところで劣等感を抱いても仕方がない。小説を書くため、そういうところに劣等感を抱いていた「記憶」だけは残して、今の生活からは切り離しています。

 不幸、ダメ人間を売りにするのをやめたのは、前述のように、サイトの状況がよくなり、生活が上向いてきただけでなく、2015年の中ごろ、とあるブログを見つけて、自分の考えの甘さに気が付いたからです。
 
 45歳司法浪人で検索すればトップに出てくると思うのですが、いやはや凄まじい経歴の持ち主である。

 45歳、童貞。20年以上の月日を司法浪人生という名のニートとして過ごしてきた。現在の職は底辺の仕訳バイトで、月収は55000。精神年齢は高校生で止まっており、今も男子高校生が夢見るような日常に憧れている。

 中卒で父親が性犯罪者、自身も前科持ちで、たった一人、自分を愛してくれた女性に暴力を働き、一年で同棲を解消したという、芥川賞作家の西村賢太と同等かそれ以上の経歴の持ち主といえるでしょう。

 マイナスの経歴だけで人の注目を浴びるというのはこういうレベルである。私は自分の本を世に出したいと思いますが、その夢のためだけに、司法浪人のブログ主や、西村賢太のような境遇になりたいかと言われたら、答えはノーです。

 特異な経歴もなく、破滅的な人生を送る覚悟もない以上は、ひたすら能力に磨きをかけるしかない。それは私だけでなく、夢を持つ人間ならみんながやっていることであり、努力がまだ結実していないのも私だけではない以上、私はけして「不幸」ともいえない。今現在、私の中では、「不幸」「ダメ人間」を売りにするという考えは消えています。

 ただ、私が自分を不幸だと思っていた時代に感じていた、「世間の連中は、できる人間の視点から、できない僕にモノを言ってくる」という被害者意識、これは小説を書く上だけではなく、社会人としても、いつまでも忘れてはいけない感情ではないかと思っています。

 気づけば私も、「できる人間の視点から」、上から目線でモノを言う人間になってしまっているかもしれない。早い話が、サイトを運営するうえで必要不可欠な、読者のコメントのこと。

 私がサイトからカウンターや拍手ボタンを撤去し、ただただ、コメントだけを頼りにサイトを運営するようになった経緯は、すでに説明しました。とにかく、読者さんの方にいっさい労力がいらない「読んでいる」というだけで偉そうにされ、説教されるのは、私には納得できないところである。そういう、人に偉そうにできるハードルが極めて低い「説教厨」の出現を防ぐには、これしか手段はありませんでした。

 コメントを求める上で、私はいつも、2、3行でいいから、私の書いたものに関する感想が欲しいと言っていました。これがないと、私としては読者が自分の文章を読んでくれたかもわかりません。また、コメントをしてもらうときは、簡単なHNも付けてほしい。やはり名無しとか、あまりに適当過ぎるHNで書き込む方は、荒らしまがいのコメントをされる率が高い。

 という二つのお願いを、私は一昨日、新規の読者さんにさせていただきました。新規の読者さんは、書き込むときいつも名無しで書き込まれ、「更新期待してます」といったことは言ってくれるのですが、私の文章への具体的な感想は、まったくと言っていいほど書いてくれなかったからです。

 しかし、その読者さんは、まずHNの意味がわからないと言う。読んではいるが、どうしてもうまく感想が書けないのだという。

 HNで検索すれば、意味を説明しているサイトはすぐ出てきますし、そうでなくとも、普通に文脈でわかるかと思ったのですが、その方はHNの意味がわからないと強固に主張し、私が怒っていると決めつけられて(丁寧に対応したつもりだったのですが)「もうここには来ません」と、去っていかれてしまいました。

 少し前の記事で紹介した、自己完結の読者と同じ態度であり、そういう態度で来られるのなら、私としても、どうしようもありません。私はその方のコメントを削除してしまったのですが、少なくともその方は荒らしの類ではなく、私の方がもう少し気を配っていたら、お互いにとって、もっといい結果になった可能性もあります。

 少し前の記事で、私は、「私の作品への感想をまったく書かず、自分語りばかりをされる読者」「書けない理由を長文で延々と語る読者」を、一方的に叩いてしまいましたが、それは、文章の修行をしているお陰で、普通の人よりは書く力はある私の思い上がりではなかったか。

 世の中には、2,3行の感想も本当に書くことができない方もいるのかもしれないし、個人のサイトにコメントをするときはHNを付けるという常識もない方もいるのかもしれない。わからなければ検索するという発想もない方も、本当にいるのかもしれない。感想をうまく書けない読者が、なんとか自分が読んでいることを伝えようとした結果が、「自分語り」だったのかもしれない。

 馬鹿にしているわけではなく、そういう方にもっと配慮する方法はなかったのかと、後悔と反省をしています。もう少し、「できない人間」の視点に立つことはできなかったのだろうか。ただ、どうしても、コメントの代わりになるものがないというのは、紛れもない事実でもあります。

 いや、たった一つ、あることはあります。それは私の最終目標です。

 それは、私の口からは要求できないことです。いくら私でも、そこまでの図々しさはない。それをこっちから要求するのは、今までコメントで成り立ってきた私と常連さんたちの関係も破たんしかねない、危険な行為である。読者の方から言ってもらえれば嬉しかったのですが、3年間のサイト運営で、私にそれをくれた読者さんは、ただ一人の方だけでした(諭吉5人もくれた)。

 ちょっと私との感情の行き違いがあり、いまはもうコメントもされなくなり、私的な連絡も取っていないのですが、その方に対する感謝は、今も消えていません。

 なんにしても、もう少し私の方がうまくやっていたら、3年間のサイト運営期間はもっと充実したものになったのかもしれないと思うと、慙愧に耐えません。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

サイトを運営していくことは読者と友好な関係が築ければ充実したものになるのでしょうが抉れてしまうとなかなか大変なのですね。
人は自分が出来ることは他の人も出来るはずだと思いがちですよね。
これが行き過ぎると説教ということになってしまうのかもしれません。
出来る人の視点ではなく出来ない人の視点から物事を見ることは大事な習慣だと思います。
弱点などない完璧な人間になることは到底できないことですからね。

No title

seaskyさん

 できない人間の視点で考えることは、すべてにおいて重要なことだと思います。私もコメントに関しては毎回でなくてもいい、2,3行でいい、と言っていたのですが、それすらもできない人もいるかもしれない。

 そういう人たちでも気兼ねなく読めて、私の方にも何か返ってくる手段が、なにかあればよかったんですが・・・。

 説教に関しては考えたんですけど、ただ関係が拗れただけじゃそこまでいかないと思うんですよね。その証拠に、説教してくるヤツは、何の前触れもなく、いきなり初コメから説教してきますから。

 自分に対しての過剰な自信があるだけでなく、最初から相手をダメ人間と決めつけて、コイツには何言ってもいいんだと思ってないとできない行為だと思います。そういう意味で、私が最初、自分の「不幸」「ダメ」を前面に押し出していたことの弊害だったんじゃないかな、と思っています。

自分の弱い部分をさらけ出し出来ない人間を売りにすると一部の女性から確かにモテるかもしれませんね。
赤の他人に説教してただしい道に導こうなんてとんでもない奴ですね。私なら自分の身内に説教されるのも納得できないのに他人に説教されたら全くの逆効果ですね。
だいたい今の時代男らしい男なんて女に利用されるだけですね。とくに底辺では…
今の派遣先では男女の差別が酷く男が重労働するのが当たり前で女が軽作業するみたいな環境になってますね。
同じ派遣で給料が全く同じなのに…
バカな男が多く積極的に重い物とか持っている奴結構いますから…
目的は多分派遣の女に男らしい所を見せモテたいのだと思います。
女の方は自分のことは棚にあげ派遣で働いてる男なんか軽蔑してるのに…
確かに出来ない人のことを考えて物事を言う事は大切な事ですね。
人間、不得意がありますからね。

No title

まっちゃん さん

 途中で存在確認がとれなくなった読者はネタにすることもありえますが、今回はいい例でのネタですね。いくらいなくなった人でも、普通に応援してくれた人なら悪く言ったりはしません。可愛い子だったり、金をくれた人だったら猶更ですね。

 今回紹介した司法浪人のブログも説教で溢れかえっていますが、有名人で金持ちのヤツにするならともかく、何もチャンスに恵まれない人間に説教するというのがどういう行為か、なんで想像できないのか不思議になりますね。そういうヤツは弱いヤツにだけ勇ましく、有名人で強いヤツには何も言えないタイプでしょうね。

 適材適所で仕方ないところもありますが、給料が同じなのに明らかに負担が違うのなら文句を言いたくなるのは当然ですね。まあ同じ男同士、女同士でも、部署やラインによって仕事のキツさが違ったりしますし、その辺は運もあると割り切るしかないかもしれません。底辺にいけばいくほど女上位というのはその通りですよ。女ならいざとなりゃ身体ひとつで金になりますしね。

 まあ派遣同士でカップル成立することもあるので、女がみんな見下してるとまでヒネた見方はしなくていいと思いますが、いまどき男らしい男がモテると思ってカッコつけるのはただのアホですね。

 できない人間の視点で考えるのは大事なことですが、だからって提供する側がじっと我慢してればいいかというとそういう問題でもないですからね・・(説教厨はそれを言ってきますが)。乞食がコンビニに来たら黙っておにぎりを渡せばいいかといえば絶対違いますから。 言うのは簡単ですが、本当に難しいテーマですよ。

コメントが何よりの励みですよね。確かに弱さを前面に出せば何か私にできることがあれば、という気持ちになる人はいそうですね。生放送見てみたかったです。私も津島さんが頑張っているのを見ると応援したくなります。説教厨を排除するにはどうしたらいいか気になりますね。

できない人間の視点…
これは特に非正規雇用などの底辺の仕事にこそ必要だが
現実にはそういった現場でできない人間の立場で考えることができる人間などめったにいない
10年以上前、当時の職場で同じ非正規のオッサンに
「仕事が遅いから帰れ!」
と言われて派遣会社に電話されて本当に帰らされたことがあった
このオッサンは自称作家だった
底辺の仕事は本業じゃないと思っているらしくいつも謎の上から目線で周りに接していた
しかし過去に本を出したことがある話を詳しく聞いた結果
自費出版詐欺にあっていたらしい
それがわかってからはこのオッサンに言い返したりするのはやめた
今もその職場では底辺同士の無駄な争いが繰り返されているかどうかは知らないが
できない人間の立場で考えることは簡単じゃない…

No title

かなえさん

 お久しぶりです。運営期間中は多数の感想コメントありがとうございました。まだチェックして頂いてありがとうございます、励みになります。

 先日、静岡の大道芸ワールドカップを観に行ってきました。現在の平均月収は15万程度ですが、私も約4000円くらいのお金を投げ銭として返させてもらいました。
 
 磨いた芸を見せてくれるパフォーマーさんに投げ銭を返すというのは、観ているこちらの方も気持ちがよくなることだと思うのですが、「タダでみせてるんだから、タダで見るのは当然だ」とばかりに、最初から最後まで観ていたにも関わらず、パフォーマンスが終わるとササーッと行ってしまう人も大勢いて、私もなんか残念な気持ちになりました。

 私のサイトでも、たぶんそういう人が大勢(そっちの方が多かった)いたのでしょう。 そういう人たちを振り向かせるために私がなんか言うと、逆上して「説教」をしてくる人がいる。本当に大変な日々でした。

 実は、「頑張ってるから」という理由で応援されるのはあんまり嬉しいことではないのですが、私も一昨年も行ったワールドカップに来ていたパフォーマーさんがもう一回来てくれていたら応援したくなりますし、けして収入面に恵まれているわけではない(ギャラはそこそこあっても、小道具などの支出でボーンと消えていくらしい)パフォーマーさんを助けたい気持ちもあります。そういうのも確実にあるし、プロになっても大事なことだと思います。

 私の場合、投げ銭ではなくコメントをもらいたいということを言っていたのですが、それは書く能力のない人や、コミュニケーション力のない人には、ある意味お金以上に難しいことだったのかもしれない(そういう人はお金を振り込むのもたぶん無理でしょう・・・)。皮肉なことに、コメントをしたがために、私と諍いがあって、読むの自体をやめてしまわれた方もいる。

 現実的に説教厨をブロックする方法はこれしかなかった(私に対して偉そうに接するためには、少なくともコメントを書いていないといけなくなる)と思うのですが、読者さんが私に何かを返せて、私の方も満足感を得るために、何か別の方法はなかったのか・・・という反省もあります。

No title

MSKSさん

 工場で使う機械にもポカミスよけがついていますし、出来ない人間に合わせていくというのは本当に大事な考え方だと思います。それができる職場ほどいい職場ともいえる。簡単なことじゃないですけど、長い目で見ればできるようになる人を、我慢できずに簡単に切るような職場もありますからね。そういう面で、やはり派遣は弱い立場ですし、社会の側が変わっていかなきゃいけないところだと思います。

 自費出版詐欺はまぁこの道を目指す人間にはありがちな話ですね。少ない成功例だけを華々しく語ってその気にさせ、70万、80万のカネをだまし取っていく。被害に遭った方のブログを読むと、そこそこ書ける人だったりもするんですけど、まぁ酷な言い方をするなら、そういうところでリスク管理、自己防衛できないようなら、端から成功はなかったということになりますかね・・。

No title

サイトの運営は思ったよりも難しいようですが、津島さんの考え方と犯罪者名鑑とかその他の続きが是非読みたいです。
津島さんの都合もあるのでしょうがよろしくお願いいたします。

No title

GGIさん

 申し訳ありませんが、こちらの方は3コメント以下の場合、絶対に更新はしません。コメントの内容は問いませんが、私の書いた内容に対する感想がまったく書かれていない、本当に読んでくれたのかわからないレベルの場合、ノーカンとさせて頂きます。なかなか書くのが難しいという方もいらっしゃるのでしょうが、コメントに代わるものが現状思いつかず、読者の方からも提案して頂けない以上、致し方ありません。

 更新望まれる場合、できるだけ早い段階で、感想コメントお願いします。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR