サイト開設当初から 考え方の変化 1



sadadadadsa.png


 このサイトを開設した当時と、今の私の中で考えが変わったことについて、シリーズでお送りしていこうと思います。予定では五回くらいに分けて書こうかと思っています。今の状況ですから多くは望みませんが、連載を続けるのに、一回につき最低3コメントは欲しいかなと思っています。3コメント以下になったら、そこで静かに打ち切らせてもらおうと思います。ご協力のほどお願いします。

 8月に、警備員時代の私小説を読み返したのですが、当時の自分とは、だいぶ考え方が変わったなと感じました。

 変に悲観しなくなった。自分に蓋をしなくなった。無駄なところで劣等感を抱かなくなった。社会で上を目指すにおいて、無駄な思考の切り捨てができてきたと思います。

 このサイトを立ち上げた当初の私は、社会というものを激しく憎み、反社会的ということを運営のテーマに掲げ、自分の書くエネルギーの一つにしていました。

 26歳。今からまともな企業に就職を目指すには、ちょっと厳しい年齢。野口のようなけったいな頭としょぼくれた顔をした女に、ただフラれるだけではなく散々コケにされ、「お前にはまともな容姿の女と恋愛するのは不可能である」と言われているも同然の仕打ちを受け、人としての喜びを否定された。仕事といえばしょうもない非正規の派遣労働しかなく、そこですら、自己愛性人格障害者に付きまとわれ、精神的に大きなダメージを受け、長くは続かない。

 こっちだって最低限の努力はしているはずなのに、「健康で文化的な最低限度の生活」を送るだけの収入も得られず、「健康で文化的な最低限度の女」すら得られない。

 あの当時の私が社会を憎むのは、まったく正当。逆に、あの境遇で、「全部自己責任だ」とかいって、真面目に頑張る方がどうかしていると思います(そっちの方が圧倒的大多数だったとしても)。

 あれから、様々な状況の変化がありました。

 26歳。まだ、新しいことを始めるのに、遅すぎない年齢。これまで、必ずしも真剣に取り組んではいなかった小説を、本気で自分の生業にすべく活動を始めた。何度もくじけそうになりながらも3年間サイトの運営を続け、固定の読者さんも付いた。文学賞の方でも選考を通るようになってきた。少しサイトの運営に依存し過ぎた面もありますが、じっくりと下積みができたことで、自分のスタイルというものを確立でき、「量産体制」に入る準備ができた。

 私生活では、私も妻を持つ身となり、家族との関係も改善。仕事は相変わらず非正規の派遣労働しかありませんが、警備員時代のように病んだりするようなこともなく、うまくやっていると思います。

 まだまだ、不満を述べてもいい立場であるとは思います。こんなところで満足するのは、偉い人間でもなんでもなく、ただ単に志が低いだけの人間です。ここは私のゴールではない。こんなところで「あーよかったな、と納得しろ」という人の意見には、一切耳を傾ける必要はない。

 ただ、客観的冷静に見て、明らかに、小学校や秋葉原に突っ込むような位置にはいない。「健康で文化的な最低限度の」生活を送れている以上、社会を恨んだり、ねだったりしているばかりではどうしようもない。これ以上の生活は、自分が努力して掴み取るものである。

 もう、「反社会」というのは、人生のテーマから外してもいいのではないか。最近はそのように考えています。

 社会批判をやめるということではない。社会の方がおかしなところもいっぱいあるのは紛れもない事実であり、すべて自己責任で片付けられるのはもってのほかである。ただ、スタンスを変えてみる。これからは、社会に対して反逆を考えるのではなく、より良い社会を目指す社会の構成員として、社会の平和と発展を願って、意見を唱えていくということです。そのために、私が過去、社会に復讐を考えるところまで行った経験が役立つこともあるはずだ。

 最近になって突然、そう思ったわけではなく、まだサイトの定期更新を行っていた一年半ほど前から、段々このように考え方は変わってきていたのですが、決定的となったのは、「偽善の国のアリス」を書いたことで、もう自分は正社員の地位を望んでいないという意思確認が、はっきりとできたことです。正社員になるつもりもなく、正社員を羨ましいとも思わない以上、非正規の派遣である自分の立場を呪うのもおかしな話である。

 非正規の派遣でいまだにシンドイ思いをしているならともかく、折茂のような異常者に付きまとわれたりもしておらず、人を人とも扱わないような馬鹿大集合の職場からは逃げることも覚え、そこそこに働ける職場を見極める目もできて、今はそれなりにやっているのだから、それはそれでいいではないか。もちろん、これで一生終わるというのではいけませんが、必ずやより良い生活を手に入れると決意して活動しているのだから、今はそこに劣等感を抱く必要はない。

 結果論にすぎないとはいえ、ある意味、「宿敵」神山や金澤のお陰といえなくもない点で、「偽善の国のアリス」を書き上げた、今のところ唯一の、実利的な意味といえるかもしれません。もっとも、社会に対する復讐心は消えても、神山や金澤に対する個人的な復讐心が消えたわけではないのですが・・・。

 そして、このことをわざわざ記事に書こうと思った直接のキッカケは、先日、連休中に実家に戻った際、電車の中でノートパソコンを忘れ、それが無事に、自分の手元に戻ってくるという出来事があったからです。

 こういうのは、日本社会の大きな美点だと思います。日本人にはそれが当たり前だと思っている人もいますが、ほかの国では、まずこれは考えられない。パソコンにはパスワードが設定されており、何も知らない他人が拾ってもうまく利用できるものでもないですが、とりあえず持って帰るというのが、日本に訪れたことのない外国人の思考です。

 パソコンの中には、私の小説のデータも入っていました。そんな大切なものを、電車の網棚に上げておくなというのは正論なのですが、パソコンを電車で実家にまで持って帰ろうと思ったのは、私が実家でも執筆活動を頑張ろうと努力しようとしていたからです。これがなくなるのは、私の努力が否定されるのと同じことである・・・。まったくの自業自得ながら、私が社会を再び恨むキッカケにも成りえた出来事でした。

 あまりオカルト的に考えるのは好きではないのですが、「社会が自分の活動を後押ししてくれている。明らかに、自分は社会から拒絶されていない」。パソコンが戻ってきた瞬間、私がそう感じたのは事実でした。

 第一回はここで終わります。連載の継続望まれる方いらっしゃいましたら最低3コメントご協力お願いします。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人の素晴らしいところはこうした礼儀正しさだと思いますね。海外では「落とし物は全世界の人の物」と言うのが根付いていますから。日本に来た外国人はよく、「落とし物が帰ってくることに感激した」と言いますが、最近は悪い意味での日本人の「国際化」が目立つような気がします。

津島さんの言うこともわかりますが、ただ3コメント以下でもできたら継続を望みます。個人的には津島さんの心変わりを見てみたい気がします。
お願いします。

No title

GGIさん

 日本人の人情美が薄れつつあるのは私も感じています。ネットの中に限ったことかもしれませんが、行方不明の子供を必死で探すお母さんが、見た目がチャラいとか、深夜徘徊を許すお前の教育が悪いからだとか叩かれるのなんて、海外でもなかなか考えられない酷いことだと思います。

 まぁ私も人のことは言えませんが。落とし物が戻ってくるような感動的な体験を定期的にしないと、社会や周りの人間に対する感謝の気持ちというのはなかなか維持できないものですね・・。



 いつもコメントを返してくれる常連の読者さんが二名いらっしゃいますので、なんとか3コメント稼いで、こちらの連載を成り立たせることはできると計算はしています。

 が。ちと、こちらのサイトへの依存が復活しつつある自分が心配になってきています。今の状況で、あまりこっちの方に気持ちと時間を持っていかれるのはキツイ。どうせなら期間を区切って、その間はこっちの方もちゃんとやりたいと思います。

 いまのところまだ常連の読者さんの存在確認が取れないので、あくまで予定の話ですが、大体11月いっぱいを目安に、この考え方が変わったシリーズを完結するとともに、犯罪者名鑑を少し更新し(栃木リンチを完成させたい)、またこのサイトから少し離れようかと考えています。どうかそれまでは、GGIさんにもお付き合いいただけるようお願いします。

私もスマホを2回なくして二回とも戻って来ましたね。
世の中、結構いい人いますよね。
でも、もし私がスマホやパソコンならスルーですね。財布を拾ったらおそらく現金をパクると思います。
金にゆとりがあるなら届けると思いますがいつも金欠ですから…
津島さんは年々、私生活が向上してるようでなによりです。
私は現状維持も難しくじり貧状態です。
宅間や加藤みたいな事をしようとは流石に思いませんが…
津島さんも前よりも良くなってるとしてもまだまだ現状に満足してるとは思わないので専業作家目指し頑張ってください。
他の人はどうか知りませが私は津島さんがプロの作家になれると確信してます。
まぁ〜私みたいな底辺労働者が確信していても全く励みにもならないと思いますが…
津島さんの考えの変化、興味あるのでぜひ最低三コメント達成で連載、読める事願ってます。

No title

まっちゃんさん

 正確にいうと、網棚にあげた荷物が終着駅まで届いて、忘れ物センターに集荷されて私の手にまで戻ってきたという形ですね。でもこれも海外ではほぼ考えられない話ですよ。

 忘れた当日は食事も喉を通らないほど落ち込みましたが、忘れ物センターにデータが登録されるのは翌日になるので、翌日に問い合わせるまでは気を落とさないようにと、忘れものをした人にはアドバイスしたいです。

 生活は向上していますが牛歩の歩みといったところですね・・。正社員と違い、私の場合は、小説が認められなかったらもうここから先はありません。とにかく、気力の続く限りはやっていくしかないです。

 いや応援して頂いて本当にうれしいです。そこに立場は関係ない。私を応援してくださるなら超絶リア充でもニート引きこもりでも嬉しいですし自信になります。逆に、私にまったく見向きもしない人間なら、みんなに愛されるいいヤツだろうが、孤独なメンヘラーで毎日薬を飲んでいようが、等しく死ねばいいと思います。私は私を支持してくれる方の味方です。

 大体、こういう言葉のやり取りだけじゃ、相手の立場なんかわかりゃしませんし・・。自慢話を聞かされたりするのでない限り、私が読者さんの立場でどうこう思うことはありません。

 3コメントは普通に計算できると思っていたんですが、いつも即日にレスポンスをくださる常連さんがまだお見えにならないので、ちょっと微妙な状況になってきましたね。ほかの方でもいいのであと一つ入れば、犯罪者名鑑はともかく、こちらの連載は続けようと思うのですが・・・。

コメント遅くなってしまい申し訳ありません。
ノートパソコン戻ってきて良かったですね。
心ある人が見つけてくれたのでしょう。
これは感謝以外何物でもないですね。
このような感動的な出来事に出会うことで反社会的な思いは遠退くのではないかと思っています。
サイトを開設してから色々な出来事があり反社会的な思考が徐々に消えていったのですね。
考え方の変化が良い方向に向かうことは生きるうえで本当に大事なことですよね。

No title

seaskyさん

 おそらく終点まで行って車掌に回収されたものと思われますが、帰ってきて本当に良かったです。人を立ち直らせるのは「説教」などではなく、そういう感動的な体験の積み重ねということですね。

 もう少しで、自分の今までの過去をすべて納得し、新しいステージに踏み出せるときがきていると思います。あと必要なのは結果、結果、結果。それだけを純粋に求めていきたいと思います。


 コメントは催促したみたいになってすみません、こうなってくると私もちょっとマズいですね・・・。やはりしばらく、サイトから距離を置いた方がいいみたいです。サイト運営は私にとって麻薬やギャンブルのようなものです。一応修行にはなるというところが違いますが、いかんせん効率がよくない。

 「アリス」補足と、運営していく中でどうしてもムカついた読者について書けて、ひとまず私の気は済みました。 seaskyさんが毎回迅速なコメントしてくれて本当に励みになりました。その感謝と、今回のお詫びというわけではないですが、最後に犯罪者名鑑の方を少し更新したいと思います。11月いっぱいを目安に、栃木リンチと、麻原の第四章を完結できればいいと思っております。それまでどうぞ、よろしくお願いします。

No title

犯罪者名鑑の更新嬉しいです。
麻原名鑑を最後まで書くのはかなりの時間がかかってしまいそうですね。
もし余力がありましたら畠山もお願いします。

No title

seaskyさん

 鈴香まではちょっと厳しそうですね。あと2回、3回は必要になってくるので・・・。いつかは完結させたいですが。

 資料収集からまた始めないといけないので、11月半ばくらいからUPしていこうと思います。よろしくお願いします。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR