不定期更新3 「見る目があった」という欺瞞

高畑雄太



 先日、有名女優のドラ息子が熟女を強姦して逮捕された事件が話題になりました。

 それについて、事件の少し前に放映されたバラエティ番組にて、ドラ息子が橋本なんとやらという女のタレントに告白し、「友達としてもあり得ない。触れられるのも嫌」という言葉を投げかけられて、こっ酷く振られたということがあり、それで傷ついたドラ息子が、自棄になって事件を起こしたのではないかと推測する記事を目にしました。

 テレビでの企画の一環だったので、橋本なんとやらもウケ狙いのつもりだったのかもしれません。こういうバラエティでのことを、一般人の間にあった恋愛トラブルと同じに考えるのはオカシイと思います。ドラ息子がレイプ事件など起こしたのは、橋本なんとやらに振られたこととは一切関係なかったはずですし、あったとしてもそれが本人だったらともかく、別の女性に危害を加える理由には全然ならないのは百も承知ですが、ちょっとヤフーのコメント欄で書かれていた意見で、私の書いた作品とこじつけて語れる部分があったので、記事にさせてもらいます。

 私が気になったのは、「橋本なんとやらは高畑の異常性を見抜いていた。見る目があったんだ!」という意見です。「偽善の国のアリス」を読んでいただけた方なら、私がこの意見を気になった意味はわかっていただけると思います。
 
 偽善の国のアリス本編でも同じような説明をしましたが、橋本とやらの「辛辣な言葉」が「高畑の異常性を見抜いていたから」というのは絶対におかしいことです。本当に警戒していたのなら、むしろ相手を刺激するような言葉は使わないはず。「大人の対応」で、やんわりと断っていたはずです。

 「こういうタイプにはキッパリ言わないとダメなんだ!」という意見もありましたが、それは何度もしつこくされてからのことでしょう。一番最初の最初に好意を見せた段階、まだ男が何も悪いことをやっていない段階で、男の人格を否定するような言葉を吐くのは、逆に女の人格の方に問題があったはずです。そんな段階で相手を見抜くことができるとしたら、洞察力云々ではなく「エスパー」である。こういうことをする女には、男を愚弄し、侮辱し、自分の優越感を満たす目的があるはずです。

 「神山」のように。

 後出しで「最初からわかっていたんだ」などと言うだけだったら、バカにでもできます。結果論だけでしか物事考えられない人間は、すべての出来事を一方が悪いとするための材料にしようとする。犯罪など起こせば、なにがあっても擁護することはできないというのは一理ありますが、だからといって、「見る目があった」などと、傷つけた側が称賛されるように言われるのはいかがなものか?

 「大河原」卒業以来、当時の連中とは会っていないのですが、私が反社会的な問題を取り上げたサイトを立ち上げたことで、もしかしたら飲み会の席などで、神山のバカが「見る目があった」などと持ち上げられるようなことがあったかもしれないと思うと、憮然とした気持ちになってしまいます。

 コメント欄を見れば、私は自分の記事をしっかり読んでくれ、私を応援してくださる読者さんには誠実に対応していることはわかると思いますし、奥さんと仲睦まじく生活し、職場でもトラブルなど起こさず、周りと仲良くやっています。そういう人間を自殺寸前にまで追い込んだのが、神山のやった行為です。私も自分がすべて正しいとは思っていませんが、アイツが100%の被害者面するのは絶対に間違っている。そもそも、中尾や金澤が自分を馬鹿にしていたことも知らずに、どぶ臭いマンコをいじくってアイツらの写真とかでオナニーしてる神山に、「人を見抜く力」などあったはずはない。神山は見る目があったのではなく。、ただ単に格差の下にいる男を愚弄してストレスを発散していただけである。

 ドラ息子のようにレイプ事件など起こしたら何を言われても仕方がないかもしれませんが、私はただ単に、世の中のおかしな風潮に疑問を持っているというだけです。それが悪だというなら悪でもいいですが、だったらそれこそ私も「後出し」「結果論」で、「神山に不当に貶められたりしなければ、悪になどならなかった」と主張します。

 サイトの定期更新を中断してから、4か月の歳月が過ぎました。サイトの定期更新を中断してから、4か月の歳月が過ぎました。常連の読者さんは、「アリス」の話はもういいよ・・・と思われるかもしれませんが、正直、自分の書いた作品とのこじつけでもないと、まだ更新する動機を見いだせないというのが現状です。犯罪者バトルロイヤルなど、未完に終わった作品のことは、ずっと心に残ってはいるのですが、サイトの方にあまり比重を置きすぎてしまうと、文学賞応募という今のメインの活動がおろそかになってしまいます。

 定期更新を再開するとしたらプロになってからということになると思いますが、プロになってからも壁にぶち当たることはあると思いますし、そうなったら私のような人間はまた愚痴などを書いてしまうかもしれません。そのときに寄せられる「説教」の数は、アマチュアだったときの比ではないでしょう。それに一々反応していたら炎上してしまうかもしれない。だったらいっそ、サイトというかSNSなんてやらないほうがいいのかもしれない。

 定期更新の再開のビジョンはなかなか見えてきません。あるとしたら、有料のブロマガという形でしょうが、そんなのでまともに稼げるのはプロの中でもごく一部でしょう。私が神山の悪夢を振り払えるレベルに設定する「年収400万レベル」ではたぶん無理だと思います。それこそ、普段本を読まない人でも名前を知っているレベルにまでいかないと難しいと思いますが、私がそこまで上がれるのかどうか・・。

 なんにしても、暗い道を抜け、未来への扉をこじ開けられる日が来ることを信じたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

この事件は驚きましたね。
割と知名度のある若手俳優でバラエティにもよく出演していたようですね。
親が有名女優という恵まれている環境で仕事もありこのままいけば長く続けられそうだったのにとても残念としか言いようがないですね。
罪状が性犯罪ですから実刑も免れないでしょうね。
社会的地位のある人でも一回の性犯罪で人生がおじゃんになることもありますから全く理解できないとは言えないですね。
人は後出しなら何とでも言えますよね。
特に犯罪者に対してなら尚更でしょう。
いつかするだろうと思っていたという結果論コメントもよく見られますね。
後出しは卑怯だなと思ってしまいますね。
文学賞に関してなのですが受賞すればプロと思いますが候補でも執筆の依頼が来てプロとして認められるのでしょうか?
候補に何回か残らないと認められないのでしょうかね。

No title

seaskyさん
 
 あまりテレビを見ないので高畑のドラ息子のことは知らなかったのですが、率直に思ったのは、イケメンでボンボンなのにいい趣味してんなってことでしたね。熟女好きはお母ちゃんに対して複雑な感情を抱いているケースが多いという話ですが・・・。

 本当に、後出しで言うだけなら馬鹿にもできることです。結果論はいいんですけど、「私は最初からわかっていた」ようなことを言い出す奴には気を付けたほうがいいです。そういう発言は、それをいつ言ったかに着目しないとまったく意味ないですね。

 賞のカテゴリや枚数超過など応募規定に合わなかったという理由で一次や二次で落とされた作品でも、特別に力を認められた作家がデビューにこぎつけたという例はかなりあります。下読みを使わず、編集部が直接選考している賞なんかだと特に多いそうですね。売れさえすれれば賞も糞もないですし、どういう形でも、キッカケがつかめればいいです。


有名女優の息子は本当にバカな奴ですね。
せっかく親の七光りで何の苦労もなくそれなりの仕事にもありつけたのに…
コネも何も無い奴があそこまでなるには実力だけでなくかなりの強運が無ければムリだと思います。
いくら女のタレントに告白しかなり酷い言葉を投げかけられたとしても強姦はまずいですね。
なんにも失うものが無いのならともかくある程度成功しているのですから…
強姦するとしても関係無い人でなく酷いことを言った女タレントをして欲しいですね。
定期更新の方は勿論して欲しいですが文学賞応募の方をメインで活動するのがプロになる為には良いとお考えのようなので、そちらを最優先してお願いします。
津島さんの本が1日も早く店頭に並ぶ日を楽しみにしています。

No title

まっちゃんさん

 苦労知らずのボンボンはどんなにまともに育ったように見えてもやっぱり人とは感覚が違うんでしょうかね・・。失うものの大きさに気づけないとは。バラエティということで、高畑の息子の方も割り切っているでしょうし、女タレントのことはたぶん関係ないとは思うんですが・・。まあどうしてもやるんだったら本人にやるべきでしょうね。

 正攻法で文学賞という方向にシフトしたことで、このサイトにかけていた時間が無駄にも思えてしまいますが、私小説も二本書いたことで自分自身と向き合えたこと、犯罪者の研究ができたこと、見られているという意識の中で成長できたことはけして無駄ではなかったと信じたいです。まあ結果さえ出れば、無駄なことは何ひとつなかったという結論になると思いますが・・・。サイトをやるのは最終的には私の勝手ですし、未完の作品はいつかは全部完結させたいと思っています。

はじめまして。
記事を何件か拝読しました。

犯罪の事件簿ですので、面白いといってしまっていいのかは分かりませんが、興味深く読ませていただきました。

しかし、その合間に、女性に非を求めるお考えがあるのが気になります。

キツイ言葉を投げかけるのはどうか?というお話ですが、元々の性格もあるかもしれませんが、やんわりと断ってもしつこいタイプの男性は意外といて、そういう男性に何人も声をかけられてきたならば、女性の方も知恵がついて、やんわりと断ってもしつこくされるのなら、初めからきっぱり断ってしまえ!となるのではないでしょうか?

個人的な話も混じっていますが、相手を傷付けないように慎重に言葉を選んでお断りの意思を示しても、毎日のようにくっついて来たり、その後もあれこれお断りの文句を考えて丁寧に対応しても通じないタイプの男性はいますし、逆恨みされたり、周囲にも、「あの人は冷たい態度を取って酷い(周囲はしつこくされている事を知らないから、ただ単に女性側が男性に一方的に冷たくしているように見える)」のように言われたら、さすがに、「もういい加減にして!迷惑!」と誰でも思うのではないでしょうか?
それに関して、女性側が責められるというのが分かりません。

山路悠紀夫の件でも、元恋人の対応がそれほどおかしかったとは思えませんし、ましてや元交際相手が殺人犯となってしまったら、手を切りたいと感じるのは自然な事で、薄情というのも少し違う気がします。

それ以外にも、交通事故が起こった際には女性は保身を考えるだとか、一つの事例を膨らませて、女性は大半がこうであるかのように書かれるのは納得行きません。

突然の長文と抗議で驚かれているかと思いますが、意見として言わせていただきました。

No title

通りすがりの読者 さん

 もちろん私も全面的に自分が正しいとは思っていませんが、貴方のおっしゃることもまた、女性の一方的な意見の範疇を脱していないという印象です。

>女性の方も知恵がついて、やんわりと断ってもしつこくされるのなら、初めからきっぱり断ってしまえ!となるのではないでしょうか?

 この過去は、言われた男の方には見えません。説明もされていないのに、相手の過去の嫌な思い出にまで配慮しろというのは、かなり無茶があるのではないかと思います。知恵というより、単に面倒くさがっているだけかと。失礼ですけど女性の容姿が、とても何人もの男から声をかけられたとは信じられない場合、「なんでこんな女が調子乗ってんだよ」と思われる場合もありますしね。

 やはり物事には順序というものがあり、しつこくされてからならともかく、しつこくされる前にこっ酷く言ったのでは、相手から恨まれても文句はいえないと思いますよ。特にご自分が段取りを気にされるタイプであれば、なおさら気を使うべきです。

 それに、何を読まれてそう感じたのかわかりませんが、私はきっぱりと断ることが悪いことだとは言っていません。むしろ思わせぶりな態度を取らないのは大事なことだと思っています。

 私が非難しているのは、「相手に対して不必要な侮辱的対応があった場合」です。「明らかに自分のストレスを発散しているとしか思えないレベルの、相手を不当に貶める言動」を、「まだ男が何も悪いことをしていない段階からしてくる」ことです。私の話でよければ、「偽善の国のアリス」をご覧になって、また感想をいただければと思います。

 山路由紀夫の彼女はまぁ災難ではありますが、あれが男だったら、仮にも情交のあった相手にあそこまで言うことはないとは思いますね。彼女を責める意図まではありませんが、女が男に比べ、保身と被害者意識が第一に来る傾向があるという一例として挙げさせていただいたまでです。

>それ以外にも、交通事故が起こった際には女性は保身を考えるだとか、一つの事例を膨らませて、女性は大半がこうであるかのように書かれるのは納得行きません。

 この感情を、しつこくするつもりはなかったのに、大半の男はしつこくするものだと決めつけられてキツイフラれ方をした男の気持ちとまったく同じだと理解していただければ幸いです。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR