加藤智大 番外編3   説教厨へのレクイエム

 説教厨↓

こかんしみ

 
 加藤智大番外編として、ここまで主に、ネット上の不快なウジ虫「荒らし」についての記事を書いて参りましたが、最終回では、荒らしに勝るとも劣らぬネット上のゴミ虫、「説教厨」という人種について書いていきたいと思います。

 「説教厨」の定義は、作品の評価ではなく、私の人格が問題あるとして、「もっと立派な社会人になれ!好青年になれ!強い男になれ!」とかいった、作品の評価とはまったく関係のない、文章で金を稼ぎたいという私の目標とは何の関係もない、極めて自己満足的なコメントしかしてこない(その多くは名無し、単発である)ことを言ってくる人のことです。

 私はサイト開設以来、散々、「説教厨」のテロに悩まされてきました。地道に叩いてきたり、そもそも説教が来たときは読まずに消すという対応を取ってきた成果もあって、ここ一年ほどはその手の輩が出ることはなくなっていますが、今よりもっと好き勝手に色々なことを書き、また、荒らし的な書き込みにも一々丁寧に応対していたいていた初期の頃は、その手の輩が出るたびに、本当に不快な思いをさせられていました。

 説教厨は所詮バカですから、いつもありきたりなことしか言えません。

 ・弱音を吐くな、愚痴を吐くな、そんなことでプロになれるか!
 ・人気ものになりたいなら、お前が面白いものを書けばいいだけだ!
 ・彼女がいるなら、実家がそこそこ裕福なら幸せと思え!


 毎回、微妙に言い方は変えてくるのですが、結局、彼らが言いたいことは全部、「我慢しろ」ということだけです。いつも言ってくることが同じで、ウンザリするだけだから嫌いだというところもあります。

 「我慢」についての記事も色々書いてきましたが、私は別に、我慢を全否定しているわけではありません。何かしらの希望が見えている状況での我慢はいいが、まったく意義を見いだせないただの「やせ我慢」は、むしろ状況を悪化させるだけで、害毒にしか過ぎないということをずっと言っていました。

 辛い状況が良くなる見通しもないまま、愚痴も吐かずにやれ。全部自己責任だと思って納得しろ。説教厨が言っているのは全部、ただの「やせ我慢」です。説教厨は、意味のある我慢とやせ我慢の区別もつかないタダのアホです。もしくは、「我慢」しか能のない惨めな人生を送っている自分を否定されたくなくて、「我慢」せず向上しようと前向きに活動している人間の足を引っ張ろうとするのです。

 彼女が実家がどうのこうのなんてことは、どんな人間にも与えられる程度の幸せであり、こんな程度の幸せで満足できる人間だったら、そもそも私は、執筆活動=自分の生活を向上させるための努力などしていません。つまり、私が説教厨のいうことを受けいられる人間であれば、そもそも説教厨が「説教できる機会」もなくなってしまうわけですが、説教厨は頭が悪すぎるせいで、そんなこともわからないようです。

 説教厨の中には、それから常連というほどではないものの、ごくたまにコメントをくれるようになってくれた方もいますが、それはごく僅かで、ほとんどの説教厨は、一度説教をしたきり、二度とサイトに書き込んでくることはありませんでした。酷いヤツになると、HNも書きこまずに「名無し」で説教をしてくる。

 考えられますか?「名無し」で説教です。名前も生年月日も顔写真も出して堂々と活動している人間に、「名無し」で説教してくるのです。どれだけ卑怯で、まったく説得力がない行為であるかはわかると思います。

 私がいらないと言ってる説教はするけど、私が欲しい通常の感想コメントはしない。説教でしか人とコミュニケーションをとることができない人間のくせに、本当は自分に自信がないから、名指しで悪く言われる勇気がないから、深く突っ込まれたらこまるから、自分の名は明かさない。一体どういう生き方をしてきたヤツなんだろう?と、心底疑問に思います。

 また、こちらは現実の話ですが、サイト運営中に勤めた派遣先では、私の仕事の覚えが遅いのをいいことに、一緒に働いてからまだ一か月も経っていないうちから「もう二十代後半なんだからさぁ」「彼女と結婚するつもりだったら、もっとしっかりしなきゃ」とか、親父みたいな口をきいてくるバカにも出会いました。

 「説教厨」の口ぶりは、いかにも、相手のことを真剣に考えているかのようですが、こいつらの頭の中には、相手のことを思いやる気持ちなどは欠片もありません。こいつらはただ、「人に偉そうな言葉を吐いて、自分が気持ち良くなりたいだけ」です。相手に反論されないために、他の読者に批判されないために、「お前のために言ってるんだ!」という態度をとっていますが、本質的には荒らしと大差ない、さもしい根性の持ち主です。

 もう一度書きますが、説教厨は、「コメントが欲しい、リアクションが欲しい」という私のお願いは一切聞かないくせに、自分の言いたいことは言ってくるというゴミ虫です。自分のお願いは一つも聞いてくれない人から説教などされて、真剣に耳を傾けようと思う人間などいないはずです。

 派遣先で出会ったヤツにしても、1年2年一緒に働いて、十分な信頼関係があるならともかく、出会ってからまだ一か月も経ってない、ただ齢が上という以外なにも敬う要素のない、わけのわからないオッサンから説教されて、ムカつかない人間などいないはずです。

 自分の要求は何一つ聞いてくれないヤツに偉そうにされたくない。尊敬も信頼もしてないただの汚いオッサンにわかったふうな口を利かれたくない。それは、「説教厨」だって同じのはずです。こいつらは、「自分がされて嫌なことは、人にやらない」という、小学生でも知っている基本中の基本もわからないカスです。小学生でも知っている常識を弁えていないカスに、人に「説教」などする資格などあるのでしょうか?

 以前、加藤智大についての記事で、ある読者さんから、「言葉ひとつで人を思いとどまらせる手段はないのでしょうか?」というコメントを頂きました。答えを言わせてもらえば、そんな安易な手段はない、ということになります。

 言うだけならタダ、という言葉もある通り、言葉というのは安いものです。自分の生活上なんの関わりもない、自分が肌を脱ぐ必要もない相手に、無責任なことばっか言うだけで人を変えられると思うのは、その人を舐め腐っているともいえます。

 本当に人を変えたいと思うんだったら、まずは信頼を得るために、その人が望む何かを提供するという姿勢が必要なはずです。例えばジュース一杯おごる程度のことでも、相手の聞く態度は違ってきます。

 私の場合は、お金どころか、コメントをくれればそれでいいから、と、ずっと言っていました。そんな「お安い御用」も聞かないくせに、自分の言葉だけは受け入れられると思っている。信頼を得る、というプロセスをすっ飛ばして、いきなり自分の言いたいことを言ってくる。説教厨は、自分のことを、神様か何かだと思っていたのでしょうか?

 確かに「読者は神様」といえるかもしれません。私に説教をしてきた人たちも、「俺は読者だから神様だ。こいつに何を言ってもいい」と思っていたのかもしれません。しかし、彼らがどれだけ「俺は神様、読者様だ」と思っていたとしても、私の方は彼らから何のリアクションも貰っていない以上、彼らを読者とは認識していません。私からすれば、どこの誰かもわからない、自分の読者かもわからないキモいオッサン(オバハン)から説教をされているという感覚です。説教厨は他人の気持ちを思いやる想像力が欠如しているから、そんなこともわからないのです。

 まさに「説教厨」とは、「自分さえよければ、相手の気持ちなどどうでもいい」という考えの持ち主であり、他人に上から目線で何かを言う資格があるような立派な人間ではないのです。 

 説教厨は、今のように、このサイトを「作品」として残すという考えがなく、それこそ通常のブログ形式でもっと好き勝手に書いていた初期のころ、私のサイトによく現れたのですが、二年、三年と月日を経るごとに、段々と数を減らしていきました。私がサイト内で散々批判したこともあるのでしょうが、もしかしたら、私が人に説教されるほど落ちぶれた人生を送っているわけではないことが伝わったからかもしれません。

 私は別に自分を立派な人間だとは思いませんし、努力だけを誇る気もありません。が、三年間、自分の生活を少しでも良くするために、能力を開発していくという作業を地道にやり続け、間もなく、一人の女を真剣に愛して結婚もするという時点で、少なくとも、自分自身はなんの努力もせず、努力している人間を応援しようという気もなく、ただ「説教」などという行為によって、他人を自分よりも下位に置くことでしか自分の存在価値を認識できないさもしい人間よりかは、大分マシな生き方をしているのではないかと思います。そして、ここが肝心なことですが、私がそういう生き方をしていることについて、説教厨の口から放たれた言葉が役に立ったことは一つもありません。

 ・こちらに何も提供する姿勢がないくせに、自分の言いたいことだけは偉そうに言ってくる。
 ・十分な信頼関係を築けていないにも関わらず、偉そうに説教をしてくる。

 最後に啓発めいたことを言わせてもらいますが、十代、二十代の若い読者さんは、どこかでこのような人間に出会っても、こいつは頭の悪いバカだと思って、言っていることをけして真に受けないようにしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ネットの世界とリアルな世界は違う部分は大きいですが相手とのコミュニケーションをしているという意識は同じだと思います。
ネットだから何言っても問題ないだろうとか相手を叩き弱い者いじめをしたいという人達は多いのでしょうね。
説教厨はきちんとサイトの文章を最初から最後まで読んではいないのではないでしょうか?
文章を読んでコメントをすることをせずにただ説教をしたいだけでは読者とは言えないですね。
説教厨のお前のために言ってるんだという言葉はこの人は自分のことを気にかけてくれているんだと好意的に捉える人もいるでしょうね。
本当に相手のためを思ってくれている相手なら説教という間違った行為は採らないものだと思いますね。

ネット上にも説教してくる奴いるんですか?
仕事の面接を受けた時、説教してきた面接官がいましたね。最初、我慢して聞いてましたが流石に頭に来て途中で帰りましたね。
派遣とか底辺労働者に説教してくる奴多いですね。
それと住んでいる所とか家族構成とか、たいして親しくないのに人のプライベートに関すること聞いてくる奴も頭にきますね。
派遣とかでなるべく人と関わり合わないのが一番ですね。
親しくなって、加藤みたいに役に立たない友達たくさん出来ても意味ないですから…
一人の女を真剣に愛せるなんて羨ましいです。
私の場合どうしても金が絡んでしまい何も打算が無く女を見れないですから…
山地ほどではないですが、私の実家かなり貧乏なのでどうしても金を一番に考えてしまいますね。

No title

seaskyさん

 「俺はお前の作品をずっと読んでた」とか言われても、こっちはあんたが読んでたことなんかシラネって話ですからね・・・。自分さえ良ければ人の気持ちなんて関係ないって言ってるようなもんですよ。そんなヤツが、相手のことを思いやってるなんてちゃんちゃらおかしいんです。

 まさしく、お前のために言ってるんだというポーズを取っているところが卑怯なところです。そういう意味では、相手を叩いて自分の欲求を満たしたいだけだということを素直に言ってる荒らしの方がまだ潔いですよ。

 相手のためを思っているなら、逆に説教などしないというのもまさにその通りです。信頼し尊敬している人間なら有難いと感じることでも、親しくない人間にやられたら不快に思う。

 親しくもない人間に説教をするっていうのは、電車の中で女のおっぱいをいきなり揉むのと同じことだと理解してほしいですね。説教厨とは、痴漢なみの脳みそしか持たない最低なカスですよ。
 

No title

まっちゃんさん

 面接の説教は酷いですね。加藤に説教する女と同じですけど、相手になんの美味しい思いもさせず、完全に弱みに付け込んでるわけですから、職場の説教とかよりも悪質です。長時間ねちねちやられたらパワハラで訴えられる可能性ありますね。

 職場の友人はいたらいたらで楽しいこともありますけどね・・。飲み会とか、金と時間使ってまでは付き合わなくていいかなって感じですが。

 まぁ私も20代前半くらいまでは一人の女を一生大事にするなど考えもしませんでしたが、苦しいときに一緒になってくれた女を裏切るのは考えられませんね。私の場合友人もいないので妻がただ一人の友人であり、これから家族にもなりますから・・。

 女房となる女ですら、私に説教することなどありませんが、私に金どころかコメントも寄越さないのに説教をしてくるのが、説教厨というゴミです。

説教は間違っているし、なにより無駄。

これぞジャパニーズ・カルチャー!


名無しのままで「アイムチキン!」でいいわけです。


私は他人と接する際、極力リベラルな姿勢をとろうと心掛けています。

その理由は私が事なかれ主義者である事もありますが、それよりも何よりも、今日に至りまで世界中で頭のイイ人達が散々色々考え抜いた挙げ句、人間は物事の絶対的な価値など認識しえないと解っちゃったわけです。

価値観は相対的です。
ですから誰も自身の価値観を他人に押し付ける正当な根拠などないわけです。

提案はいいですが押し付けはダメ。


そもそも真剣さが足りない。勉強が足りない。自分が信じうる物事に対しての向き合い方が全くなっちゃいない。


おのが信ずる物事の根拠がどこにあるのかぐらい、必死で勉強して、それで得た知識と実体験で得た知識とを、要素分解して、離散と統合を繰り返して、最終的に理詰めで統合して、それを更に繰り返して、最低それぐらいやりなさい。


ただなんとなく、自分が歩んできた道が正当であるという考え方を他人に押し付けるとは何事ですか!?



ただ、世の中、そういった人間が大半です。

そんな中で生きていかねばならぬのです。


なので、そういった人間を如何に操るか? そこに尽力を尽くすのも悪くない。自身のプライドがそれを許さぬ時もあるでしょう。しかし、いつかそれをいとも容易く遂行できてしまう時が、多くの人に訪れると私は思っていて、どうやら私の場合はすでに訪れているようなのです。



ゲーテが文章で読者を自殺に追い込んだように、津島さんも、誰かの人生を左右してしまうような文章を書く事を念願します。

No title

L,wさん

 ほんと説教厨って自分はこうだったから、自分はこう考えてるからってことしか語らないですからね。自分の経験してきたことだけで人を説得できるとか、自分を神様だと思っているのか?と。 客観性に乏しく根拠が弱すぎて一顧だに値しない。

 たまに他人の例を持ち出してきたかと思ったら、散々使い古された、ありきたりなエピソードだったりするし。そんなこともしらないで今まで生きてきたと思ってんのか?とバカにされているようなもんです。

 それでも、その提案が魅力的なものだったらまだしも、ほとんどすべて、「自分が(みんなが)不遇を受け入れてるんだから君も我慢しろよ」ってことでしかないですから。 なんでお前を気持ちよくさせるためだけに、俺が自分の理想を下げるというマイナスの努力を一方的にしなければいかんのかとしか思いません。

 人の人生を左右するかは知りませんが、「説教厨は痴漢と同じ」というのは、自分でも中々いい例えだと思います。ほんと、親しくもない相手に説教して「お前のために言ってるんだ!」っていうのは、痴漢が電車の中で女のおっぱいを触って、「君を気持ち良くするために触ってるんだよ」とか言ってるのと同じ行為ですよ。

説教する奴に説教してやりたいわ!

痴漢の喩えは秀逸ですね。

私も使わせてもらっていいですか? 笑


善人面する気もないし、自分でこれ言うと恥だけど、昔から私は弱い者イジメをする奴が嫌いでした。

正義感というよりも、イジめている奴の調子のり具合がウザくて、よくバトりました。


今でも、立場の弱い相手をイビっている奴を見ると腹が立ちます。特にその相手が無抵抗の場合ですと尚のこと腹が立ちます。

説教はまさにその場合が多いのです。


例えば今流行りの不倫について、酒場でアンダークラスの女捕まえてその事を説教するなら、政界や財界の大物相手にでも説教たれてみろっ! っう話なんですわ。


アンタもし、偶然アンタの隣の席で角さん(田中角榮)が飲んでたら、アンタ角さん相手にもその陳腐な正義感を振りかざせるか!?


もしそこまでやったら認めてやる、といった感じです。

No title

L,wさん

 もう説教厨のことはこれまで散々書いてきたんで、ついつい前置きが少なくなっちゃってますけど、私が腹を立てているのもまさにそういうことです。

 仰る通りバッシングの文化ありますけど、大金稼いでる有名人にやるなら別にいいと思うんですよね。強者が好きなだけ金稼げる国だったら、そこはバランスだと思いますから。問題は弱い者いじめするヤツ。

 なんで、文章で金を稼ぐチャンスがもらえず、読者さんからのコメントを唯一モチベーションにして頑張るしかないアマチュアの弱みに付け込んで、説教=オナニーのおかずにするなんて卑怯なことができるのか、本当に理解に苦しみます。ただ単に私がやられてるから怒ってるだけじゃなく、私自身、そういう立場の人がいたら素直に応援できますから。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR