偽善の国のアリス 7

 
 野口ブスの神山が、ジャニーズにいてもおかしくない深沢に、マン汁を垂れ流しながら話しかけていく光景には、私は強烈な嫉妬と不快感を感じていましたが、割と短期間で、このマン汁アタックは終了しました。随分後(2年生の後半くらい)になって鍋島から聞いた話では、「何回か話してみて、あの人おかしいと思ったからやめた」とか言っていたようですが(フィーリングが合ったのはどこいった?)、まあ、おそらくは負け惜しみで、実際は自分が女として見られていないことに気が付き、深手を負わないうちに撤退したのでしょう。人づてに聞いた話でしかないので、詳しいことはわかりませんが。

 かわりに神山に突撃するようになったのは、「岡田(23)」という男でした。この話は一応、私が悲劇のヒーローっぽい立場で書いていますが、この岡田に比べたら私はまだマシな方で、私は少なくとも男友達は沢山おり、神山からも「友達」とみられていた時期はあったようですが、岡田は神山からはほとんどゴミとしか見られておらず(話しかけようとしたとき顔を顰めて移動される。名前すら憶えてもらえない)、男からもバカにされ、軽んじられていました。

 私より悲惨な男のことをあんまり詳しく書くのも気が引けますが、岡田は締まりのない下膨れの顔をしており、お腹がぽっちゃりして、いかにも不摂生しているような見た目をしていました。トークにも捻りがまったくなく、私はコイツの言ったことで笑ったことが一度もありませんし、他の人が笑っているのも見たことはありませんでした。
 
 私は神山を、「健康で文化的な最低限度の」女だと思います。便宜上ブスに括ることもありますが、完全に致命的なブスとは思いません。最低限度の女ですから、まあ、最低限度の努力すらしていない男くらいは振る権利はあると思います。顔やトークは仕方ないにしても、さすがに腹ぐらいは引っ込めた方がいいでしょう。とはいえ、それを差し引いても、神山の岡田への態度は酷いものでした。

 岡田に神山を恨む権利があったかどうかは微妙なところですが、まあ、岡田が神山に復讐をするというのなら応援しようと思います。

 ここまで書いて、「神山モテるんじゃね?」と思った方もいるでしょう。実際に、岡田と私が、神山に求愛したのは事実です。もう一人、最終的に神山とカップル成立する男がおり、それにはどっちから求愛をしたのかは詳しくわかりませんが、まあ相思相愛の仲になったわけですから、神山はモテていたとはいえると思います。

 神山の顔面は、紛れもなく以前UPした画像と同じレベルです。本人ではなく、あくまでなんとなく似た人物の画像でしかありませんが、大きな誤差はないことだけは自信を持っていえます。

 みなさんから届いた評価は、例の表で4~6・・・。お世辞にも、美人とはいえない。ただ、「オタサーの姫」「理研の花」というふうに、環境次第ではモテる可能性はあるというレベルではある。くらいの感じに思ってもらえたと思います。

 神山が二年間で3人の男から好きになられるほどモテていた理由として一番大きいのは、やはり、男が20人に女が4人というクラスの男女比だったでしょう。二十代にもなれば、学校や会社以外で異性と出会う機会もあり、数が少ないことが必ずしもモテにつながるとは限りませんが、重要な要素には変わりないはずです。この後クラス替えが一応あったのですが、男女比は最後まで変わりませんでした。

 また、これは確証を持って言えることではありませんが、本人が「フェロモン」を出していたのも理由だったのではないか、と思います。

 どんな美人だろうと、独身だろうとフリーだろうと、「私は彼氏なんていりませーん」と、毅然とした態度でいる女には、言い寄ってくる男はあまりいないものです。逆に、耐えずマンコから汁を流して、「どっかに男いねがー」という目で男を見ている女のところには、ルックスがイマイチだろうが、既婚者だろうが彼氏持ちだろうが、「こいつはヤレる」と思った男が多数言い寄ってくる・・・。そういう例を、見たことがある人はいると思います。

 神山はこの時期、二歳下の深沢に邪な感情を抱いて、マン汁を垂らしながら近寄っていたことが、本人の口から明らかになっています。すなわち、「マンコパカパカ、フェロモンむんむん」状態だったのです。

 神山は私や岡田のようなフツメンかそれ以下の非モテに迫られて「迷惑だ」と思っていたのか知りませんが、自分がフェロモンを振りまいておいて、寄ってきた男が御眼鏡に叶わないからといって邪険にするというのは、いったいどういう了見なのでしょうか。婚活サイトでやるんだったらともかく、現実世界でそんなことをやっていれば、私じゃなくても、いつかは「ジョーカー」を引くとは思わなかったのでしょうか?

 とはいえ、まあ、フェロモンという概念自体不確かなものではあるので、あまり強くは主張しませんが・・・。

 それと、一応、神山自身の内面的魅力(反吐が出ますが)ということも書いておきます。神山という女、ありふれた言葉で言えば「不思議っ子(反吐が出ますが)」「天然(反吐が出ますが)」キャラを確立しており、クラスメイトの写真を撮影して面白おかしく加工してみせたり、恍けた行動をとったり(イマイチ具体的なエピソードが思い出せないのですが、漫画でよくある、居眠りをしてむにゃむにゃ寝言を言うシーンみたいな、そんなことです)と、20代の女には相応しくないような、子供じみたところがありました。

 前回前々回と、神山の行為を、なぜ他の連中は疑問に思わなかったのか?というコメントを多数頂きましたが、結局この「不思議っこ」キャラというのが、神山の悪意を、かなり薄めて見せる作用があったのだと思います。あの女なら突拍子もないことを言いだしてもおかしくないし、きっと悪意はないんだろうな・・・と、みんなに何となく思わせる雰囲気というのを、確かにアイツは持っていました。私自身、ヤツのその「不思議っこ」「天然」を、自分が無視されたことの逃げ道にしていた部分もありました。

 ヤツの「不思議っこ」「天然」が、100%、自分の正体を周囲に悟らせないようにするための「擬態」であったとはいいません。そっちもまた、神山の素顔だったのでしょう。しかし、結果的にそれが、神山のもう一つの素顔、「色欲に塗れた、ただの面食い婆。歪んだプライドの持ち主で、自分のストレス発散のために他人のプライドを踏みにじってもなんとも思わない糞女」を覆い隠す効果を生み出していたことも、間違いないと言えます。

 一概に「不思議っこ」「天然」が良いともいえないでしょうが、まあ、あの集団に属していた連中からは、ヤツのそういう部分が好意的に受け入れられていたことは、事実ですから記しておきます。

 内面的魅力・・・などと書くと、「やっぱり神山は自分を磨く努力をしている子じゃないか。頑張り屋の素晴らしい子じゃないか。何の努力もしないでいじけているお前なんかとは釣り合わないんだ」と思われる方が出てきてしまうかもしれませんが、それはちょっと釈然としません。自分で言うのも気が引けますが、人に好かれてるから神山が素晴らしいというのであれば、この時期の私は、間違いなく神山よりも、クラスの連中の心を掴んでいたからです。

 私の28年の人生を振り返って思うのは、所属する先々の集団において、全部とはいいませんが、一時期はかなり好かれていたという時期が必ずあったということです。私の場合、好かれる属性と同じくらい嫌われる属性も持っているため、最終的には誰も友達がいなくなるというのがいつものパターンなのですが、それでも一時期は必ず、平均以上に交友関係に恵まれていたという時期があったのは確かです。

 己惚れているわけではありませんが、面白いことはまあまあ言えるほうだと思います。ときに「いじられキャラ」を演じることも、別に苦にはなりません。面倒見がいいわけではありませんが、受けた恩は返そうとする方です。今はそうでもありませんが、当時は仲の良い者同士でにぎにぎわいわいやるのは好きな方でした。自分に合う、合わないというのを吟味する性格も持ち合わせていないため、年上だろうが下だろうが、明るかろうが暗かろうが、誰とでも同じように仲良くすることができます。

 この時期、クラスメイトの8割くらいが、「友人」といえたと思います。だから偉いとかいうわけではありませんが、間違いなく好かれてはいたと思います。神山が「内面を磨く努力」をしていたから偉いというのなら、私も間違いなく努力をしており、この時点では神山以上に結果を出していたはずです。にもかかわらず、神山は「男を顔でしか判断しなかった」。

 私は別に、自分が内面を磨く努力とかしていたとは思っていません。みんなに好かれる私も、みんなに嫌われるた私も、ただただ私の「素」だと思っています。ただ、神山が「性格とかいくら良くても糞。男は顔がすべて。友達に自慢できるかどうかだけがすべて」と言うのなら、私も神山の「内面を磨く努力」など一切尊重する気はない・・・という話です。

 私の友人が日増しに増えていく状況を見て取ったからか、それとも、「案外、面白いヤツじゃん」と思ったのか知りませんが、ゴミ糞のような野村、金澤、福山、中尾の四人も、次第に私をバカにするのをやめ、仲良くするようになってきました。四人の中でリーダー格は最年長の野村でしたが、野村が率先して私に親しく語り掛けて仲良くなり、残り三人との間を取り持つような感じでした。

 私もそこまで器の小さな人間ではありません。親を殺されたというならともかく、ちょっと小馬鹿にしていたくらいで、自分と仲良くなろうとしてくれる人間を拒絶したりはしません。いつの間にか、過去のわだかまりなどまったくなかったかのように、私と野村軍団も親しくなっていました。

 これを見て、神山も、「これ以上コイツをシカトするのは、私の悪口をみんなに言われそうで得策ではない」と判断したのか。それとも、私が神山に話しかけなくなったことで、「ダサ男が、ようやく分を弁えたようね」とでも思ったのか。はたまた、普通に私に、「友達としての魅力」を感じたのか。あるいはその全部だったのか。私が何か働きかけたわけではなく、神山の方から、私に話しかけるようになってきました。神山との仲は、完全に修復されたのです。

 私が「リア充」の仲間入りをする追い風のように、この時期、学校行事として、N県への研修旅行というものがありました。研修といっても、学習塾の勉強合宿のように、向こうで机と椅子を並べて資格の勉強をやっていたわけではなく、ただただレクリエーションと自由時間、おいしいご飯の繰り返しでした。

 単なる遊び目的に高い参加費を払うのかと思う親がいるのか知りませんが、私は自分が楽しかったからというだけではなく、これは非常にいい取り組みではなかったかと思います。社員旅行なんかもそうだと思いますが、同じ目標に向かう仲間と、一つ屋根の下で同じ飯を食い、寝泊りするというのは、集団に強い連帯感、団結心を産み、仕事や学習の効果を増幅させるものです。勉強を中断してでもやる価値があるかといえば、私はあったと思います。勉強、就職一辺倒ではなく、こういう活動の機会を設けてくれるというのは、非常によかったのではないかと思います。

 N県への研修旅行の中で、私の神山に対する想いも、いつの間にか復活していました。私はどうも言葉というよりもちょっとした仕草に弱いようで、みんなで花火をやったのですが、そのときTシャツの裾をクイッと引っ張られたときにもう完全にやられました。非常に胸糞が悪いのですが。

 よせばいいのにと思うかもしれません。痛い思いをしたのだからやめておけと思うかもしれませんが、やはり男というものは、一度女を好きになると、すべてをポジティブに考えてしまうものです。

 神山がイケメンの深沢に近づいていったことは、「好意があったわけではない」。メールを晒されたことは「天然だからしょうがない、悪意があったわけじゃない」と、自分に都合の悪い事実からは完全に逃げ、神山が私に親しく接してくれることだけを見て、「イケる!」などと思い込んでしまったのです(バカだなあと思いますが)。

 この時期の学校生活は、本当に充実していました。私が学校なり会社なり、特定の集団という枠組みの中で、心の底から充実感を味わうのがこれで最後になるとは、このときは夢にも思っていませんでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

メール晒されて冷たい態度とるとかヒドイ事されたのに(>_<)💦
「シャツの裾をクイッ」でまた落ちてしまうなんてw
“クラスの人気者が私を好き”の図が欲しかったのもあるでしょうね、モテアピールのために。
大人しそうな外見のフツ面の神山だからこそ、裾クイ姿が守ってあげたくなる程はかなげに見えたのでしょうか?
分かる気がします。こうなると動いてる神山をぜひ見たいw
津島さんの文章で、私も神山に惹かれ始めてるかもですw
津島さんはまた利用されてしまうのですね。
あぁ、全力で逃げてほしいーーー!!!

No title

ひなさん

 >クラスの人気者が私を好きの図が欲しかった

 どうだったんですかねぇ。まあ、私がそういう立場を築いたところをアイツが評価しなかったって時点で、私がアイツの内面を磨く努力とやらをまったく評価する気にもならないし、イケメンと付き合えて当然だと思えないのは確かですね。
 
 まぁ私が自分から落っこちたって話ではありますけど、あのダダが罠に嵌めやがった部分もあると思っています。

流石に岡田を神山が無視して嫌う権利はあるでしょう。
岡田の顔面レベルはわかりませんが、おそらく1〜2でしょう?
流石に私でも顔面レベル3ないと相手にしませんから…
経済力があるなら別ですが、何もないとなると…
女子が4人いて皆んな低レベルで神山が一番上だったのですか?
一度好きになってフラれた相手がまた親しく話しかけて来たら落ちるの分かります。
神山と相思相愛になった相手の顔面レベルはどの位なのでしょう?
私の場合自分よりイケメンなら諦めますが、同じ位か下なら許せませせんね。
話に関係無いのですが、岡田という男はちゃんと就職できたのでしょうか?
勿論中身が大切ですが余りにも外見が酷いと就職するのに響きそうですから…
岡田のその後の人生想像すると悲惨そうですね。

男女比の下りを読んで、「ああ……」と思いました。


理系なんかでもやっぱり多いそうですよ。醜女が女王面をする事って。


青春は、憎んだり親しくなったりがめまぐるしい時分ですよね。


殆ど理屈じゃないですよね。惚れてる度合いにもよりますけれども、今回のような場合でも、1度惚れた相手と上手い事いきそうな兆候を感じたら、過去などさほど問題にもせず前向きに明るい未来を夢想しますよね。


惚れたっていう現実はそれだけで価値がある事ですからね。

出会う異性全員をいちいち恋愛関数にかけているような色狂い者はさて置き、そうでない者は、1度芽生えた恋心ってものを大切にするものですよ。


私も昔、好きになった娘から手ひどく嫌われてしまった事があります。神山のように、その娘も時が経つと私にそれなりの接し方をしてくれるようになりました。


その時は私も嬉しかったです。多分それ以前が最悪だった分、コントラストでもって喜びもひとしおだったのでしょう。

早い話がツンデレみたいなものです。


ただ、その数日後にその娘に彼氏が出来ていた事を知りましたがね 笑


その娘は別に悪い人ではありませんが、私に対する振る舞いについては人道的であったとは言い難いものが多々ありました。

それは明確な悪行といえるでしょう。

嫌ですよね、ドイヒーな人に惚れちゃうと、ストレスたまって……惚れてる事実は変えられないですしね。

No title

神山はクラス内の男女比と不思議ちゃんキャラである程度容認されていた部分があったのですね。
神山はモテない女子ではないですね。
本当にモテない女子は求愛されることすらないですからね。
普通顔の女でも環境次第によってはチヤホヤされモテモテ人生になることもあるでしょうね。
フェロモンの重要性は確かにありそうですね。
神山が男に興味あるよ感を出していたら周りの男子は少なからず興味が湧くのは仕方ないですよね。
クラスメイトの8割くらいが友人というのはカースト上位ですよ。
クラス内での人気度が上がることによって周りの態度が良い方向に向かっていったのですね。
野村軍団と親しくなったのは正直凄いです。
この状況での研修旅行は楽しそうですね。
花火をしている時にTシャツをクイッはやられますね。
神山はこのような思わせぶりな行動を意図的にしているのでしょうかね。
相手の気持ちを弄んで楽しんでいるような気がしますね。
物語も終盤になってきましたね。
どうなっていくのか全く予想できないですね。

自分も大学時代は天然と言われていた
最も、「天然バカ」みたいな感じで
(当時も今考えるとアスペと思われそうな行動をしてた)
いい意味で言われていたとは思えないが
アスペ疑惑のない顔が普通以上の天然ならだいたいはいい意味で言われているのだろうか?
ボールペンでつつくとか裾クイwとか
神山は「天然」というより「ぶりっこ」にしか思えないが…
あと個人的には他の3人の女の子には彼氏がいたのかと思っている
あるいは神山の恋愛トラブルに無関心だったのは他に関心事があったとか?
これが中学だったら神山が女の子から悪口言われてそう
しかし成人した大人の女の人ならいつまでもクラスの男子に媚びてる女の子を叩いてることはない
そういう意味では神山は23にしては子供なところがあったのかもしれない

No title

まっちゃんさん

 自分より顔上あるいは金持ちに負けたらすっぱり諦められ、顔下あるいは貧乏に負けたら許せないというのは、私にはまったく理解できません。自分より弱い人間が幸せになる分にはいいと思いますが・・。

 そりゃ女房や彼女だったら譲れないですが、単に岡惚れした女だったら全然いいです。逆に自分より恵まれているくせに弱いヤツから奪おうとする強ツク野郎に腹が立ちます。そういう反骨精神と、ある程度「譲る」ことの美学は忘れちゃいけないと思いますね。

  ブサイクや貧乏いじめたってしょうがないですし、私のように復讐心抱くヤツもいるんですから。

 岡田は普通に就職はしました。今はどうか知りませんが、あんだけメタクソにされて悪に堕ちないのは凄いですね。「偉い」とは全然思いませんし、あそこまでされて今も女いないんだったら、神山というか、自分を相手にしない全女に復讐心を抱くほうが当然だと思いますが。 私の女房は差し出せませんが、当時のクラスにいたあのババア連中に復讐するなら滅茶苦茶応援したいです。

No title

L,wさん

 キャバ嬢に6億貢ぐ男もいるぐらいですから、そういう男の性はしょうがないと思います。この時点ではまだ、私が特別しつこいとも思いませんし、反省は特にないですね。

 第5回であげたものに加えて、「男慣れしてなくてどういう風に断ったらいいのかわからなかった」というのが、神山のような振る舞いに及ぶ女の定番の言い訳ですが、それだけではどうしても説明できないことがあるなら、

「己の高望みが叶えられず、焦りに焦った自分を慰めるため、私のような冴えない風貌の男に言い寄られると(L,wさんが冴えないかどうかわかりませんが、女から見て)、ここぞとばかりに貶して、穴ぼこだらけの自尊心の補修を図ってくる」

 女だったのでしょう。

たしかに反骨精神ある程度譲る美学津島さんのおっしゃるとおりだと思いますが、私の場合どうあがいても絶対勝てない相手にはかえってゴマをすって少しでもおこぼれもらおうとしてしまいます。
大企業の部長クラスなら反骨精神ありますが孫正義、トヨタの社長など接することありえませんがもし会ったらまちがなくペコペコしまくりでゴマをすりまくりですね。
自分より弱い者をしいてイジメようとは思いませんがこいつには絶対勝てると思っている相手に負けるのはかなりの精神的ダメージですね。
極端な例ですが外道記で出てきた宮城のような奴が宝クジで五億当て自分より遥かに上にいくのは許せませんね。
流石に殺害しょうとは思いませんが金を騙し取ろう位は思いますね。
まぁ〜津島さんが言っている事が正しいのは理解できますが、性格上実行するのはむりですね。

No title

まっちゃんさん

 強いヤツというか、自分に確実に美味しい思いをさせてくれるヤツだったら私も媚びますね。私は老人は嫌いですが、自分の爺さんばあさんが来たときはそんな態度はおくびにもだしません。考え方が違っても、一緒にいるときだけ話し合わせておけばいいだけですし・・・。

 程度にもよりますが多少屈辱的な扱いうけても大丈夫です。金なり小説の仕事なりくれるんだったら、裸踊りくらい安いものです。私もそこまで筋の入った反骨の士ではありません。一方的に奪うヤツに絶対泣き寝入りしない程度の反骨精神です。

 宝くじ5億当たったならもう強者の側なんで叩いていいでしょう。私も宮城ぼこぼこにすると思います。まあフィールドにもよりますよね。オンラインゲームとか、仕事でもプロ野球みたいな弱肉強食の世界だったら弱いヤツに容赦はいらないと思いますが、全部が全部そうなるのは怨念がたまっていくだけです。

No title

seasky さん

 フェロモンというのは実際にあるのかわからないですが、確実に言えるのは、アイツが男を求めて自分から近づいていったり、媚びるような態度を見せていた時点で、私はしつこくして申し訳ないなと思う気持ちなど一切ないということですね。また次回詳しく書きます。

 友人がいて楽しかったのは楽しかったんですが、「絶対に失いたくない」ものとまでは思えませんでしたね・・。神山への執着を早めになくしていればこの時期の友人とはまだ続いていたかもしれませんが、特に未練とかはないです。

 申し訳ありませんが10話では終わりそうもないです💦
 15話で完結目指して書いていこうと思うので、なんとかお付き合いいただければ、と思います・・・。

No title


MSKSさん

 アイツのことだから、計算してあざとい仕草をやってた面もあるかもしれないですね。まあ、あんまり憶測で物を言うのも何なので、自分が確実に言えないことに関しては本文ではあまり触れないようにしたいと思いますが・・。

 他の女についてはよくわからないですね。そこまで話したこともないし、クラス替えで別になった子もいましたし。神山とそこまで親しかったわけでもないので、特に取り上げることもないと思います。見た目はみんな神山と同じようなレベルでした。

津島さん人気者だったんですね、すごーいかっこいい(*^^*)

岡田さんかわいそう💧悪いひとではなさそうなのに。

神山さん。どうなんだろうそういう態度。でもその仕草やむにゃむにゃはちょっと可愛い。これで本当に性格よければ津島さんにふさわしかったかも?でも意地悪ですもんね実際は。やっぱり津島さんに釣り合うような女の子じゃなかったですね。

No title

あやかさん

 岡田は可愛そうでしたね。顔だけでなく、トークまで酷いというのは、同性にすら嫌われる原因になるので、さすがに同情します。彼のトークで覚えているのは、「この前歯医者に行ったとき、君は高校生か?と間違えられたよ~」というものでした。岡田はこれをみんなが笑う面白い話と思って、五回も六回も繰り返していましたが・・・。

 神山の「可愛らしい」行動が100%の計算とは言いませんが、意地悪を覆い隠す絶妙な隠れ蓑になってたのは事実ですね・・・。

No title

私小説を読むたび、津島さんと私は非常に似通った性分を持ってるんだなあって思います。
私は嫉妬深い気持ちを原動力にできずにこじらせ続けて身を滅ぼしてしまいました。
こういう感情が勉学や就職などに影響を及ぼすようではまともに生きられそうにないです。


「友人」ということであれば、ぼっちとなった現在から見れば、中高共に恵まれたほうだったのかなと思います。
どちらかと言うと私から働きかけるよりも周囲の人間が私に寄ってくることのほうが多かったです。
まあ今思えば、面白く見られるように立ち振る舞ったり、いじられることを悪く思わなかったりと、太宰で言うところの道化を演じてたような気もするのですがね。
今も同じような人間関係を続けられればよかったと思ってます。
ですがこうフリーターとなってしまうと会いたいという気持ちも無くなりました。
むしろ友人付き合いなんてしなきゃよかったと思ってます。
田舎なんで私の知らないところで噂は広まっていることでしょう。私の知らないところで目撃されている可能性もあります。
自意識過剰かもしれませんが、今の自分がどう思われてるかと考えるだけで暗い気分になります。

No title

空回りさん

 負の感情をエネルギーに転化させるということができるようになったのは、それこそこのサイト立ち上げたときぐらいからです。そのときまではやはり、負の感情に邪魔されて何もできなくなっていましたね。ブリエンヌ幼年学校で級友や教師にイジメられながら、悔しさをバネに勉学に励んだ偉大なナポレオンのように、もっと若いころから負の感情を努力に結び付ける回路を身につけられていれば・・・と、強い後悔はあります。

 いじられ、道化ということに関しては思うところがあるので、これから書いていきたいと思います。友人はまあ、彼らのおかげで多少なりとも会話センスなど磨けたところもあると思うので、いたことは良かったと思いますが、未練とかはまったくないですね。この当時の連中に関しては、ちょっとぶっ殺したいな、ぶん殴りたいな、と思います。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR