犯罪者名鑑 酒鬼薔薇聖斗 3

 
hasejyunn.jpg



 淳くん殴打事件

 
 酒鬼薔薇の小学校高学年時代の問題行動について語っていきます。

 酒鬼薔薇が小学校高学年になると、万引きで補導されたり、友達に暴力行為を働くなど、次第に家庭の外での問題行動が目立つようになっていきます。殺人事件の被害者となる土師淳くんに初めて暴力を振るったのも、このころのことでした。
 
 淳くんは、酒鬼薔薇の下の弟の友達でした。淳くんは知的障害の持ち主でしたが、非常に軽度なもので、日常会話程度ならまったく差し障りがなく、酒鬼薔薇の家にもよく遊びにきていました。お母さんが見る限り、酒鬼薔薇とは、おやつのときに顔を合わせる程度だったようですが、同じ小学校に通っている間柄でもあり、二人で遊ぶようなこともあったのでしょう。ある日、酒鬼薔薇は、学校のグラウンドで、「吊り輪、吊り輪」といって酒鬼薔薇の手を引き、吊り輪の遊具まで導こうとする淳くんを、突然、馬乗りになって殴りつけたといいます。

 先生に対しては、淳くんのほうがちょっかいを出してきたと言い訳をしていた酒鬼薔薇でしたが、それは真っ赤な嘘とわかり、あとで先生と一緒に、淳くんの家に謝りに行くことになりました。酒鬼薔薇は、たんこぶができるまで殴りつけた淳くんが、何事もなかったかのように「Aや!」と、笑顔で迎えてくれたのを見て、泣いて謝っていたといいます。このときは本当に反省したのだと思います。

 しかし、酒鬼薔薇はこれ以後も、純粋無垢で、天使のような淳くんを、あまりにも醜く汚れた自分と対局の存在として、ずっと複雑な感情を抱いていたようです。そしてこのときから二年後、酒鬼薔薇はついに、淳くんの命を奪ってしまいました。

 なぜ酒鬼薔薇は、暴力事件を起こしてもなお、友達のお兄ちゃんだからと酒鬼薔薇を信頼してくれていた淳くんを、最悪の形で裏切ってしまったのでしょうか?

 「絶歌」の中で、酒鬼薔薇は、「淳くんの純粋無垢な世界に、醜く汚れた自分が受け入れられることで、自分を壊されてしまうような気がして怖かった」と語っています。

 人にはいいところもあれば悪いところもあります。いいところも悪いところも含めて、かけがえのない自分という存在です。普通の人であれば、良いところだけを見せ合って仲良くするのが当たり前で、悪いところは全部隠したいと思うのでしょう。しかし、自己顕示欲の強い人は、自分の悪いところまで、人に受け入れてもらわなければ満足できません。

 もしかしたら、自己顕示欲と自己愛が強い酒鬼薔薇にとっては、いかに純粋無垢な淳くんといえど、自分の悪いところをまったく見ず、いいところばかり見て仲良くしようとされるのは、自分を否定されているようで、激しい苦痛だったのではないでしょうか。「お前の都合のいいように、俺を作り変えるな!」という抵抗の感情です。

 この推測は、酒鬼薔薇が「絶歌」の中で、少年院で行われた「少年A矯正2500日計画」についてまったく語らなかったこと、また、そもそも酒鬼薔薇が「絶歌」を執筆し世に出した理由に関しても重要な意味を持ってくるので、ぜひ頭に留めておいていただきたいと思います。


さけおにばら



 阪神・淡路大震災


 酒鬼薔薇小学校六年生のとき、西日本と東日本の中心地を、未曾有の惨劇が襲います。阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件です。

 神戸在住の酒鬼薔薇にとってより衝撃が大きかったのは、やはり阪神大震災のほうだったでしょう。酒鬼薔薇が住んでいた須磨区は大きな打撃を受けませんでしたが、子供心にも関心が深かったようで、酒鬼薔薇は学校で書いた作文の中で、被災者の救援活動が遅れたことで批判された当時の首相、村山富市に対して、次のような怒りを露わにしています。


 村山さんが、スイスの人たちが来てもすぐに活動しなかったので、はらが立ちます。ぼくは、家族が全員死んで、避難所に村山さんがおみまいに来たら、たとえ死刑になることが分かっていても、何をしたか、分からないと思います。


 弟たちや淳くんをいじめたり、弱者に対する思いやりが欠けたところと矛盾するようですが、私は酒鬼薔薇の作文は、思いやりというより「正義感」から書かれたものではないかと思います。

 世の中にはしばしば、「正義感は強いが思いやりがない」という人がいます。早い話、「ジャイアン」を思い浮かべていただければいいかと思うのですが、曲がったことが大嫌いで、男が女子供を襲ったりするような犯罪や、権力者が不正を働き私腹を肥やすようなことを厳しく批判する反面、なぜか当の自分は、近くにいる弱い立場の人をいじめている、というような人です。

 歴史上では、三国志の張飛など戦場で勇敢さを発揮する武将にこのタイプが結構おり、意外に優秀な人である場合もあります。しかし、私の私小説に出てきた某O氏を知っている方ならわかると思いますが、バカがやるとこれ以上にタチが悪いものはないというタイプです。

 「正義感は強いが思いやりがない」タイプの人間、私はこれは警察官にも多いタイプだと思っています。知っての通り、犯罪者には社会的弱者が多く、生い立ちやトラウマなどの面に情けをかけていたら仕事にならないというところを考えれば、性格的には適正があるといえなくもありません。人格的な問題を抱えながらも、どうにか社会に適合しルールを守っていけるなら、それも個性のひとつということもできます。

 もしかしたら、この正義感という部分に着目し、うまく利用して導くことができていれば、酒鬼薔薇が罪を犯さずに成長できた可能性があったのかもしれません。体力のない酒鬼薔薇に警察官は無理だったでしょうが、今ごろは溶接工場(酒鬼薔薇が出所後に勤めたのが溶接の会社)の、陰気でちょっと意地悪な兄ちゃんくらいで済んでいたかもしれません。

 可能性の話ですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

酒鬼薔薇は加藤とはまた違った思考を持った人物ですね。
良いところも悪いところも全て含めた状態で人から受け入れてもらわないといけないということなのでしょうね。
純粋な世界にいると自分が壊されてしまうというのは自分は闇の世界の人間であるという思考だったのでしょうか。
酒鬼薔薇矯正計画というものが行われていたのですね。
これは普通の犯罪者ではなく酒鬼薔薇だから行われた計画でしょうね。
正義感が強く思いやりのない人間は犯罪者の中にもいそうですね。
意外と犯罪者と紙一重のタイプと言えるかもしれませんね。
酒鬼薔薇の世界は難しいですね。

No title

seaskyさん

 淳くん殺害の動機は、酒鬼薔薇が、あの2500日の矯正教育を否定していることと無理に一貫させようとしているところもあるので、はっきりと言えない部分もあります。ただ矯正教育の否定については、最近は私も酒鬼薔薇に同情的な部分があります。草薙厚子さんみたいな人が、「矯正してやった!!」とドヤ顔でいうたびに、「なにいってんの、このババア」と、酒鬼薔薇はムカついていたんじゃないかな、と思いますね・・・。

『絶歌』買う気がないのは勿論、読む気もないのですが、興味はあるため、第三者から情報を聞けるのは嬉しいです。


承認欲求についての下り、大変面白い分析であると思います。誰しも自分が思い描いているキャラと対局のキャラをラベリングされるのは嫌でしょう。倒錯者なら、倒錯的な自分を承認して欲しい場合もあるでしょう。



正義感がつよい……の下りも、全くその通りだと思います。

多くね人は、遠い異国で起こる争いに目くじらをたてますが、クラスのイジメには寛容です。

恋人の浮気は許せなくても、自分の浮気は許せちゃう。



つい先日も、知人の女子(ハイパー面倒くさい人)が音無響子を面倒くさい呼ばわりしていて、「お前が言うか?」と思ったばかりの私です。

管理人さんをディスりやがって。

いつかは来るぜしっぺ返し

酒鬼薔薇の本は買うつもりはない
他の犯罪者の本は読んだ
大半は図書館だがお金を出して買った本もある
その著者の死刑は執行されていたので支援ではない
事件本に限らず
自分は流行モノに興味がないしそれらを理解するメジャーなセンスがない
酒鬼薔薇には流行する本を書けるメジャーなセンスがあったのだろうか?
もし本人がそのような自信を持ち、
もう一儲けしようとか勘違いしたら?
出版社の手のひら返し
身元バレなどのしっぺ返し
そんなドンデン返し
があったら面白い…
が犯罪者ではあるが社会的弱者ではない酒鬼薔薇は
多分このままひっそりと印税生活だろう

No title

L,wさん

 承認欲求のところは、終章でまた詳しく書きたいと思いますが、思えばサイトを開設した当時の私の心境は絶歌を出版した酒鬼薔薇と似ていたように思います。自分の都合の良い面しか認めてくれない社会の中で感じる生きづらさは、人を殺しちゃった酒鬼薔薇の方がずっとうえだったでしょう。その点は同情します。

 >>多くの人は、遠い異国で起こる争いに目くじらをたてますが、クラスのイジメには寛容です。


 こういう矛盾に耐え切れないヤツだったから、あんなことやっちゃったのかもしれないですね。

No title

MSKSさん

 酒鬼薔薇の本はこの出版不況の中では売れたほうですが、さすがに一生暮らしていけるほどは稼いでないと思います。サムの息子法が制定されるのも時間の問題でしょうし、ブロマガで稼ごうとしたのも失敗しましたし、これからどうするんでしょうね・・・。

 書く力はあると思います。絶歌は純粋に読み物としてそこそこ面白い出来にはなってます。もしかしたら、「謎の新人作家登場!」とかいってなんかの賞とって、すぐ後に「あえて名前は伏せていたが、実はあの少年Aだった!!」とかいう、ベタな出来レースで作家デビューとかもあるかもしれません。

 知識あるようでしたら、宅間や加藤などについてもどんどん書いていってもらえると嬉しいです・・・。たぶんMSKSさんなら松永太とかの方がコメントしやすかったでしょうが、今のとこ新しい人物を取り上げるのは難しそうですね・・。私もやりたかったんですけど。

酒鬼薔薇は小学校高学年になるとだんだん問題行動が目立ち始めたみたいですね。
素直で純粋な心を持った子をイジメたくなる気持ちは分かるような気がします。
正義感は強いが思いやりがないと言う人は結構いますね。
自分は正義感も思いやりもないタイプですね(笑)
酒鬼薔薇は重大犯罪犯しながらとりあえず底辺労働抜け出したみたいですね。羨ましいです。金が無くなる頃に第二弾、三弾と出して上手くれば一生印税生活の可能性もあるような気がします。
もし酒鬼薔薇が第二弾出したら彼に協力したくはないが、たぶん買ってしまうと思いますから…

No title

まっちゃんさん

 純粋な子をイジメたい気持ちは、今はまったくないですが、私も子供のころはあったような気がします。まだ語彙も少なくて、自分の中の悪と向かい合えてなく、うまく消化もコントロールもできていない時期にそういう澄んだ心を見せつけられると、無性ないら立ちを感じる気持ちはわかる気はします。

>自分は正義感も思いやりもないタイプ

 このタイプの人は自分をよくわかってるので、あんまり人の迷惑になることはないのでいいと思います(笑)

 ようは自分と違う考えの人間をどれだけ受け入れられるかってことなんですが、正義感は強く思いやりがないタイプは排他性が強すぎるんですよね。自分と合わない人間は悪と決めつけてとことん潰しにかかる。でも合う人間にはとことん媚びるんで、社会の中で結構いいポジションについてたりするから厄介なんですよね・・・。

  出版社への借金を完済して、税金やらなんやら取られたとしても、とりあえず3年くらいはのんびりできるくらいの金は稼いだと思います。食べることにも女にも興味がなくて、趣味もナメクジ採集とイラスト、読書くらいしかないんだったら、7、8年くらい過ごせるかも・・・。そんな生活がうらやましいかといえば微妙ですが。

 第二弾出そうとしたら、さすがに出版差し止めになって、サムの息子法決まると思いますけどねえ・・・・。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR