犯罪者名鑑 造田博 3

ぞーだ


判決

 
 裁判では、造田の責任能力が焦点になりました。犯行当時、造田には統合失調症の疑いが強く、裁判中でも、被告が発言してはいけない場面で発言をする不規則発言や、裁判長が開廷を告げる間、突然腰を下ろすなど(宅間守ですら、「座っちゃああかんか?」と一応尋ねている)、挙動におかしなところが目立ちました。弁護側は統合失調症を理由に減刑を訴えるのですが、精神鑑定の結果、造田は統合失調症の疑いなしとされ、責任能力ありとして死刑判決が下されます。

 この判決には疑問を覚えます。犯行当時の造田の精神が異常であったことは、素人目にも明らかです。逮捕されてからの言動だけがおかしいというならともかく、事件よりずっと以前の行動内容からすでに異常が見受けられますから、詐病ではないでしょう。これは事件の重大さを鑑み、死刑が回避された場合の世論を危惧して、造田を何が何でも死刑にするために、敢えて造田を正常としたとみて間違いないでしょう。おそらくこの事件で死者が出ていなかったら、造田には責任能力なしとして、無罪か減刑の処分になったのではないでしょうか。造田は控訴しますが棄却され、死刑が確定しています。

ikebukurow.jpg


 
 造田博教


 死刑が決まった造田は、拘置所の中で、「造田博教」なる、不思議な宗教を開きます。教義とされるのは、以下の通りです。



 造田博教では決まった献金は平均収入の10分の1か100分の8くらいで,これ以上はないです(日本、アメリカで1ヵ月2万円くらいです。)。家族がいる人の場合とかは、いろいろ工夫しようと思っています。あと自由献金(決められていない献金)があってこれは金額の限度はないです。自由献金はいろいろなことに使います。 造田博教には入りたい気持が少しでもあれば入れます。
 造田博教の教会の人(集まるかどうかはわかりませんが)や造田博教の会社(造田博教で自動車、電気製品、テレビ局、銀行とかグループがたくさんある会社を作ろうと思っています。)はやめたければやめられます。造田博教の会社では問題がないように造田博教の教会の人でなくても(他の人や他の宗教の人も。)十分働けるようにしたり他のものを加えようと思っています。
 造田博教の教会の人は神の家族とかではなく他の人同士です。造田博教の教会の人は造田博教の教会の人です。
 私は造田博教ではトイレを自由にするのがいいと思っています。あと小便や大便をもらしてもふれないようにするのがいいと思っています。
 
   ~(中略)~
 私の思ったことを適当に書いただけなので、あまり深刻に考えないで下さい。S君に送っている手紙にも毎日こう書いています。前にS君は私の送った手紙に緊張したみたいで、変わった手紙を送ってきたので毎日こう書いています。その時はすぐ返事が変わりました。
 手紙を書くのに時間がかかるので、今度はいつ手紙を送るかわかりません。あと手紙を受け取りました。どうもありがとうございました。あと、短い手紙はかまいませんけど。
  長いのでボールペンで消しているところがあります。
 


 意味は深く考えても無駄でしょう。最後にある、「私の思ったことを適当に~」というのは、造田と書簡のやり取りをしていたジャーナリストに宛てた言葉です。ジャーナリスト氏はこの言葉を、自分の犯した罪に対する責任の回避、また自分で考えた造田博教の教義に深く突っ込まれないための予防線との解釈をしていますが、実際の真意は不明です。

 トイレがどうのというのは、最後に勤めた専売所で、忙しいときにトイレに行ったのを咎められたのを根に持っていたようですが、そうした小さなトラブルが積もり積もって、社会全体に対する巨大な憎悪となっていったのでしょう。「そんなこと気にするなよ」とは、そんなことが気にならないくらい楽しい人生を送っている人の言い分です。経済的にも、交友関係にも恵まれなかった造田は、小さな出来事で負った傷を癒す暇もなく新たな傷を増やし、最後にはもう回復できないほど心がボロボロになってしまったのです。大きな犯罪を起こした人でも、この点はやはり同情するべきです。


dfsfsfsdfsdfssf.png


 総括


  造田は明らかに統合失調症にかかっていました。当然のことですが、統合失調症の人が皆すべて犯罪を起こすわけではありません。動機には造田が抱いていた、自分を取り巻く環境に対する不満、日本社会への憤りなどといったことも大きく関係していることは間違いありません。

 だったらだったで、その個人的な動機の部分を強調して、一般のごく善良な統合失調症患者とは区別していけばいいのであり、ムキになって統合失調症であること自体まで否定することはないでしょう。それでは事件の本質がわからなくなってしまいます。思考停止で精神病患者の罪が減じられてしまう現行の法律は、時代に合わなくなっています。また、一度精神疾患なしとの診断が下ったということは、獄中ではもう、適切な治療や投薬を受けられない可能性があるということでもあります。これは人権問題にも抵触するのではないでしょうか。

 厳罰化は遺族感情を和らげる効果はあるものの、事件抑止の効果はあまりないというデータもあります。それでも、世論や遺族感情を考慮して、精神病患者にも極刑を下すという方針を貫くならば、法律もそれに合わせ、精神疾患を認めたうえで、なおかつ重い罪を科せるように変えるべきでしょう。なんにせよ、矛盾が発生することはよくありません。

 また、いかに精神病患者であれ、大きな罪を犯した人物であれ、造田が人を殺してまで世の中に訴えたかったメッセージに耳を傾けず、戯言として処理してしまうのは愚かなことです。自己責任などではなく、理不尽な運命によって凋落してしまった人がもう一度夢を見られるような社会を作り上げることこそ、犯罪者に厳罰を科す以上に社会がしなければならないことです。

 無差別大量殺人は、発散するエネルギーが膨大なせいか、様々な犯罪の中でも、特に模倣犯を呼びやすい犯罪です。このわずか三週間後に起きた下関通り魔事件で、五人の死者を出した上辺康明は、「池袋の事件を意識した」と明確に語っています。そしてこの三年後には、大阪市池田小学校にて、児童八人が殺傷される事件が・・・。

 二十一世紀型無差別大量殺人の先鞭は、まさに造田博によってつけられたのです。 


 犯罪者名鑑 造田博 完
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

造田は今でも統合失調症に罹患している状態のようですね。
死刑囚は精神的な病気があっても適切な治療をされず放置されてしまうのでしょうか?
造田は執行される時が来るまで精神を病んだままのような気がします。
小さな虫が大木を枯らすように蓄積された憎しみや恨みは人を狂わせてしまうものだと思います。
犯罪は連鎖して繋がっていくとなれば犯罪を実行する寸前の人が自暴自棄にならずに思い留まることができればいいのでしょうが今の社会だと難しいでしょうね。

知り合いの友人に殺人後に統合失調症と診断されて措置入院してた人がいました
私も一緒に鉄格子越しの中庭から面会したことがあります
1人殺して検察側は懲役10年か15年を求刑
本人は償う為に懲役になりたかったそうです
裁判では統合失調症による無罪
当時本人は20年閉鎖病棟に措置入院中
彼の統合失調症の症状は薬の影響もあるのでしょうが至って普通の人でした
早く退院して自由になりたいそうです
同じ病棟に入院したことのある知人曰わく入院中に問題行動も無かったそうです
薬でうまくコントロールされていると薬が病状は表にでません

罪の重さが懲役15年なら精神障害者は15年社会から隔離でいいと思います
また治療中に寛解すれば残りの隔離期間は懲役に行けばいいかと(模範囚なら懲役1/3)

彼の判決は遺族も本人も不本意だと思います

死刑囚が拘禁症等の精神疾患になれば治療できると思います

人権に触れたあたりの、冷静な視座が、素晴らしいと思いました。


造田も自分なりに頑張って生きていた、という印象を受けますね。



先日友人等が集まる飲み会に赴きました。私の友人は金持ちが多いです(小金持ちでそれをひけらかすタイプとかではなくて、ガチな金持ち)私がどう逆立ちしても、彼等に収入面で及ばないわけです。

収入そのものが及ばないのはどうでもいいのですが、収入に伴い手に入れるもの、それが羨ましいです。


彼等は無限に至福を肥やせるんですよね。

生得的に恵まれない者、の流れから、それの逆について、なんだか思いを馳せてしまいました。

No title

seaskyさん

 造田の現在の精神状態は、拘禁症状も相まって良くないようですね。死刑囚は刑の執行を持って罪の償いとするため、執行まではできるだけ穏やかな暮らしができるよう配慮されているはずですが、間違った診断に従って適切な治療が受けられていないとすれば大問題です。

 厳罰化が犯罪の抑止になるという考えは倒錯していると思います。加藤智大も言及していますが、やはり社会との繋がりを一つでも多く持っていることですよね。懲役十年が十五年になろうが、やる側からしたら同じって話ですからね。

 Nさん

 昔は精神疾患患者や薬物依存症患者が殺人を犯しても無罪や減刑になるケースはありましたね。厳しくなったのは深川通り魔事件の後からかな。造田も七十年代なら無期か十五年くらいだったかもしれません。

 L,wさん

 犯人がたまたま異常だった、という結論で終わらせるのはどんな事件でも危険ですが、こういう社会的弱者が起こした犯罪では特にそれがいえますね。

 色々な人がいっていますけど、格差が問題なのではなく、貧困が問題なのだということを切に思います。最低限度の努力をした人に最低限度の幸せが保障されているならば、金持ちがどれだけ儲けようが反感がいくことはありません。

 かつて小泉純一郎がいった「成功者を妬んで、足を引っ張る風潮を改めなくてはならない」唯一の実現方法は底辺の底上げをすることだけです。腐るほど稼いだ金をちょっと弱者に還元するだけで多大なリスクを回避できるのに、それがわからず、わざわざ手間暇をかけて弱い物を自己責任論で洗脳し、徹底的に弾圧して反乱の芽を摘むという手段を取る奴らが、果たして「能力があるから成功した」といえるのだろうか・・・?と疑問に思いますね。

造田は明らかに統合失調症でしょうね。しかもかなり重度の…
パリで起きた人肉殺人の佐川君みたいに無罪になるケースですね。
日本の裁判は遺族感情を重視し過ぎて病気の人まで死刑にしてしまうのであれば確かに法律変え精神を病んでいても罪を問える様にすべきです。
佐川君も日本だったら無期あるいは死刑でしょうね。反対に造田がフランスでやったなら無罪になっていたのでしょうか?
拘置所で適切な治療を受けられないのも問題ですね。
罪人は人権も何もないなんてただの報復主義ですね。それならそれで法律変えるべきですね。

No title

まっちゃんさん

 死刑にするためには精神疾患じゃなかったことにしないといけないんですが、そうなると事件前の行動と矛盾が起きてしまうんですよね。いまでも人が死んでいなかったときは普通に無罪になったりするんですが、ある一線を越えてしまうと矛盾のある判決になってしまいます。アスぺを否定された山地悠紀夫などもそのケースですね。検察が ムキになって精神疾患だったことを否定しようとするのも無駄な努力なんで、法律を変えたほうがいいと思います。

 拘置所での治療についてはどうなっているかわかりませんが、統合失調症でないという判決が下された以上、適切な治療が行われていない可能性はありますよね。実際、造田は拘置所内で、奇天烈な行動をとっているようですし・・・。これは大変な人権問題ですよ。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR