犯罪者名鑑 麻原彰晃 13

 第三章 「ポア」の始まり~オウムの宗教化と最初の殺人について

nobunaga.png



 信徒を振るいにかける


 オウムが宗教色を強めていくにつれ、脱会者が後を絶たないようになっていきます。日本人がカルト宗教を警戒するようになったのはオウム以降と思われがちですが、当時からカルトを危険視する風潮は強かったということです。

 日本という国は、世界でも類を見ないほど、宗教熱が低い国です。今、イスラムの過激派が世界情勢を緊迫させているなど、世界がいまだに宗教問題に悩まされているのに比べ、日本はその面に関しては実に平和な国なのです。

 作家の井沢元彦氏は、そうなったのは戦国時代、織田信長が日本から宗教テロを根絶させたからだという説を唱えています。当時の寺社は政治と深く結びついて様々な利権を握っており、蓄えた財で武装して、大名や庶民の生活を圧迫していました。今のイスラム国のような組織が日本中に跋扈していたということです。凡百の大名が神仏の祟りを恐れて宗教勢力に及び腰だったのに対し、信長一人が己の政治理念を実現するため寺社勢力と徹底的に争い、寺社の武装解除を実現して政治と切り離し、寺社勢力を無害なものに変えたのです。

 ただ、日本の宗教団体が「葬式仏教」などと揶揄されるほど骨抜きになったのもいいことばかりではありませんでした。オウムのマインドコントロールは強力で、抜け出すためにはまず、依存の対象を安全な仏教などに移し替えることが手っ取り早いのですが、オウムが解散した後、信者救済に乗り出したお寺、神社は驚くほど少なかったのです。その結果、いまだにオウムの洗脳が解けない人がおり、麻原崇拝のアレフが存続する結果となってしまっているのです。「葬式が仕事だから関係ねーよ」という考えだったのかもしれませんが、宗教団体の基本姿勢とは無償の奉仕ではないでしょうか。織田信長の改革にとって宗教団体があまりに覇気をなくしたため、いざオウムのような強烈なカルトが現れたとき、「宗教で宗教を制する」ことができなくなった。織田信長の改革は日本人に大きな恩恵を齎しましたが、功罪の「罪」とまでは言えなくても、弊害のような面も多少はあったということです。

 そもそも、宗教色を強めて以降のオウムが人を集めたのは、やる気がない日本の仏教と違い、オウムなら本当の修行ができるという魅力があったからでした。反対に、織田信長と争った本願寺が大勢力となったのは、敷居が高い従来の仏教に比べ、念仏だけを唱えていれば浄土にいけるという気軽さからであり、人は常にないものを求める証明といえるかもしれません。

 さて、脱会者が相次いだことを受けての麻原ですが、本人はそのことをまるで気にしておらず、むしろ阿含宗や創価学会と掛け持ちで入信していた信徒が抜けたことで、「これでうちの修行内容が外にもれなくてすむ」と喜んでいたようです。おそらく麻原には、このタイミングで信徒をふるいにかける意図があったのでしょう。逆に、ここで残った信徒には何を要求しても大丈夫と判断した麻原は、修行内容をさらに過激にし、高額なイニシエーションでとんでもないカネをふんだくっていくようになるのです。

asadsadsadadsa.png


 
 神仙の会時代はまだ牧歌的な雰囲気


 オウムが胡散臭さを増していく中で信徒が残ったのは、神仙の会時代の麻原にはまだ、修行により身に着けた不思議な力が濃厚に残っていたからでしょう。

 あるとき、一人の信徒が失敗を起こしたとき、麻原はその信徒を激しく叱りました。取るに足らないようなミスであったのですが、説教は六時間にも及び、信徒の心は疲弊し、脱会を考えたようです。

 三日三晩、食事ものどに通らぬほど悩み苦しんだ信徒ですが、最後には麻原を信じてオウムに残る決断をしました。そのときの感覚は得も言われぬ素晴らしいものだったといいます。そして、その決断を下したまさにその瞬間、なんと麻原から電話がかかってきて、「どうだ、いいもんだろう」という言葉を受け取ったというのです。

 そもそも、麻原がその信徒に厳しく接したのは、信徒にあえてオウムへの不信感を抱かせることにより信徒を自我と対決させ、煩悩を捨てさせるためでした。当時の麻原は信徒に対し、そんなリスクの高い修行を仕掛けられるだけの高い行者的な能力があり、また自分が修行を仕掛けたことにより、信徒がどのような心の動きをするかということまで的確に察知する超能力があったのです。

 また、シヴァの化身とか最終解脱者として傲慢に振る舞うようになった後の麻原と違い、当時の麻原は信徒一人ひとりに気さくに声をかけるなど腰が低く、お風呂に入るときにはいつもアヒルの人形を湯船に浮かべるなど幼児性のある一面を見せていました。当時のオウムにはまだ、そんな牧歌的な雰囲気が漂っており、信徒も警戒心を抱かなかったのです。

 もっとも、最末期の麻原も、出家教徒には厳しかったようですが、洗脳の浅い在家の信徒には優しく、「私も俗世にいたころはパチンコが好きでねえ」などと言って庶民派をアピールするなどして信徒を和ませていたようです。冒頭で触れた織田信長も、秀吉や明智光秀など軍団長クラスにはとても厳しかった一方、下級武士や、秀吉の妻ねねさんなどの女房連中、また税を納めてくれる庶民には優しかったという話で、大組織を総べるものにはある程度共通する姿勢なのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

信長と麻原には共通点があったのですね。
全く思いつかなかった考えでした。
組織の長というものは誰に対しても厳しいと思っていたのですがそうではなく下の者には寛容なのですね。
麻原が信者達の前で冗談を言ってみんなが笑いあっているそんな光景が浮かんできます。

今テレビでオウムの特番やってますね。津島さんのと比べると内容が薄く感じられますが、2時間の内容だと内容が多少薄いのも仕方ないのかも知れません。

オウムは国に戦争を仕掛けようとしたのでしょうかね。不謹慎ながら僕はテロルと言う言葉が大好きですので、国に戦争を仕掛けようとした麻原の考えは個人的に興味はあります。

すみません名前間違えました。金満家です。

No title

>>seaskyさん

プロ野球の野村監督も、「一流は叱り、二流は褒める」ということを言っていますが、すでに十分な自信があり権力も与えている一流、上役には慢心することがないよう厳しく接し、自信もなく自らへの忠誠も高くない二流、下っ端には褒めて伸ばすというのは理にかなった指導法なんでしょうね。

ちなみに三流は無視すると言っており、これはノムさんの場合は才能がない者には余計な希望を抱かせず未練を断ち切ってやった方がいいということでしょうが、麻原の場合は「ポアするしかない」となってしまったようですね・・。

>>金満家さん

二時間ものだと全体をさらっと紹介するか、めちゃくちゃピンポイントな内容しか作れないでしょうね。

麻原には国家と対決する意思があったでしょうね。それが思想的な必然性に迫られたものなのか、組織の財政難や犯罪行為が発覚することを恐れた結果、誇大妄想に逃げ込んだだけだったのか、両方の可能性から探っていきたいと思います。

懐かしい。

尊師の逮捕後、私の母や母のママ友等が通う、日用雑貨かを安く売る店がありました。


それがどうもアレフ絡みの店だったようで、すぐに母も母のママ友もそこから離れました。


ただ、そこの商品はやたら安かったようです。しかし、安さの代償もありました。

消費者は、そこの商品の効用に満足した場合、店内で拍手をするよう、店員に促されたそうです。


No title

>>L,wさん

めっちゃ安かったら拍手ぐらい協力してあげてもいいかもしれませんが、客にそんなことを臆面もなく要求できるのは凄いですね。 信徒の浮世離れをあらわすエピソードといえるでしょう。



あと、以前L,wさんに私小説で犯罪者についてもっと筆を使ってみたら、という意見を頂き、そのときはピンとこなかたのですが、あれ、やっぱり参考にさせてもらおうかと思います。

どうしても、ただの警備員物語だと訴えかけるものがないんですよね。小説というのは「何を書いたか」よりも「誰が書いたか」というのがしばしば重要になってきますが、ただの「ニート経験があるフリーター」だけだったらゴマンといるわけで、そんなヤツには商品価値などまったくありません。西村賢太ほど破滅的な人生を送っているわけでもない。そこで、自分がやってきた特別なこととして、「犯罪者の考察をするブログを書いている」ってことをアピールしていこうと思うんですよね。そのブログも特に注目されているわけでもありませんが、何もないよりはマシかと。

「事実は小説より奇なり」とは言ったものですね。それに1番当てはまるのは、やはり犯罪絡みの事例のような気がします。
人間の本質の1つとして、狂気、は小説にするのにもすごくいい題材である、と私は思います。


ただ、過激な内容が書きたくて犯罪ネタを用いる人は多くいるでしょう。

その中で、周りよりも良質なものを書くならば、犯罪に関わった実体験があり、それに基づく臨場感を描けるか、或いは、犯罪に対する知識がずば抜けてあり、細かい内容を描けるか、それ等が必要であると思います。


津島さんは、後者でしょう。


別に犯罪に詳しくない私の意見ではありますけれども、津島さんは、相当お詳しいと思います。ですので、津島さんは、私が思う有意義な形で、犯罪の知識を小説に昇華させられると、私は思います。

小説の主人公が、津島さん自身をモデルにしたものならば、津島さんの犯罪へ対する思いそのものを、主人公の心理描写として、書いてしまうというのもありかもしれません。


例えば、主人公が、主人公を取り巻く環境に対し抱く思いを、ニュースで観た事件に重ねて考えるところから始まり、それが徐々に色濃くなるとか。


発生した時間も空間も異なる問題2つ以上を、比較し、提示するのは、人間の、時代性のある問題と普遍的な問題とを両方描けて、いいと思います。


もちろん「晩飯を残した時に、ソマリアで餓死する幼児を憂いました」みたいな、稚拙な考えはダメですけど 笑

No title

>>L,wさん

西村賢太でいえば古本の熱心なコレクターという要素が私の犯罪者への造詣にあたりますかね。西村賢太のその部分なんかは私にとっては退屈で、藤沢何某とやらについて書いた文章などはしばしば読み飛ばしてしまうのですが、それよりかは読者の興味を引くテーマかなとは思っています=犯罪者。
色々と考えて書いていきたいと思います。

 
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR