FC2ブログ

犯罪者名鑑 市橋達也 3(2007年4月~6月)

四国

  四国

 岡山で電車を降りた市橋は、電車代をなるべく節約しようと、瀬戸大橋まで線路沿いを歩いていきました。

 この頃には警戒心も薄れてきたのか、駐輪場で盗難チェックをする警察官の傍を横切り、「本当に捕まえないといけない人間はここにいるのに、警察はこういうのも仕事なんだな」と、呑気なことを考えていたといいます。

 そして瀬戸大橋近くの無人駅で電車に乗った市橋は、瀬戸内海を越え四国の土を踏みました。

 市橋が四国を訪れたのは、お遍路参りをするためでした。神頼みにも近い気持ちだったのか、市橋は本で読んだお遍路の真似事をすることで、リンゼイさんが生き返るかもしれないと考えていたようです。

 四国の人は、お遍路をする市橋に、「お遍路かい?」「がんばるね」と、気さくに声をかけてくれたといいます。市橋は、目立たないようにしなければ、とずっと下を向いて歩き、住民に声をかけられてもすべて無視していたそうですが、「人と触れ合えた気がして嬉しかった」と語っています。

 米国のとある逃亡犯が、刑務所からの脱獄に一度は成功しながら逮捕されてしまった理由は、「人と話したくて、好意を持った女性に会いに行っていたから」というものでした。

 その結果、彼は懲役80年を加算され、警戒レベル最高クラスの刑務所の独房に収監され、誰との会話も許されなくなってしまった(元の罪は懲役3年程度だったそうです)のですが、「孤独に強い」ということは、逃亡生活を送る上での資質の一つと言えるのかもしれません。

 この頃の市橋には、人との交流を嬉しがる人間らしい一面がまだ残っていました。

お遍路


 お遍路
 
 どこまで本気だったのかわかりませんが、このとき、この時点での市橋は、リンゼイさんが生き返るまで何周でも、何十周でも遍路道を歩こうと心に決めていたようです。

 市橋の持ち物には、寝袋と、公園の蛇口に差してシャワーに使うためのホースが加わっていました。ホームレス生活をできる限り快適に過ごすため、市橋も対応力を身に着けていました。

 当時、市橋は一日約20キロを歩いていたようです(標識に書かれてあるキロ数からわかった)睡眠も満足にとれず、まともな食事にもありつけない中では大変な距離ですが、リンゼイさんを生き返らせ、自分の罪を帳消しにしたいと思い込んでいた市橋は必死でした。

 しかし・・。

 お供えものや無人販売所に置いてある野菜、畑の果物などを食べながら遍路道を歩くうち、市橋は徐々に現実に返り、「こんなことをしてもリンゼイさんは生き返らない」と思うようになっていきました。そして、逃亡を続けるため無人島、いやそれでは飲料水が確保できないので、島民が少しだけいる離島を目指そうと思い立ちました。

 香川の高松から出て、徳島、高知を通り、愛媛の松山まで、およそ一か月間、市橋は遍路道を歩いていました。鳴門海峡、室戸岬、足摺岬へ向かう遍路道は、警察に追いかけられたら逃げ道がなくなると思って避けたそうです。

 松山に着き、フェリーターミナルに入った市橋は、そこで顔面に痣のある中年の女性と出会います。夫に殴られたという女性は、市橋の後についていこうとしますが、市橋は「連れていくことはできない」と言って断りました。女性が好みではないこともあったのでしょうが、この時点で市橋の中に、人と行動を共にして逃げるという考えはなかったようです。

 ここまでの市橋の行動からは、本能的に危険を察知する野生の勘に優れる反面、計画性がなく、その場の思い付きで行動を決める性格が垣間見えます。その彼の衝動的な性格こそが、事件を起こす原因の一つだったのでしょう。

 リンゼイさんを生き返らせるお遍路参りを途中で投げ出した市橋は、松山から大分、大分から鹿児島へと渡り、沖縄へのフェリーに乗り込みました。

オーハ島


 オーハ島


 フェリーで沖縄にたどり着いた市橋は、気候から雰囲気まで、本州とはまったく違った沖縄の様子に感動しながら、目当ての離島を目指しました。道端にはバナナやマンゴーが生っており、味は良くなかったものの腹の足しにはなったそうです。

 漫湖公園にしばらく住み着き、ホームセンターで調理器具やボートを購入して準備をととのえると、那覇からフェリーに乗り、目的地であるオーハ島に到着しました。

 オーハ島は久米島に隣接する小さな離島で、現在では無人島になっていますが、当時は市橋の他に数人の島民が住んでいました。岩場が多く、土の少ない島で、タコノキがよく生えている。大陸から流れてくるゴミが多く、流木もいくらでもあるため、火を炊くには困らない。

 後にオーハ島を訪れた際には無人の小屋に住み着くことになりますが、このとき市橋がねぐらにしていたのは、雨風を凌ぐのが精いっぱいの小さな洞窟でした。夜はヤドカリや大きな蟻、蚊が狙ってくるため、暑くても我慢して寝袋に包まって寝ていたそうです。

 住居を確保できた市橋は、次に食料を得ようと釣りをしてみましたが、波が激しく浮きが戻されてしまい、田舎で少し釣りをした程度の経験では無理だと判断して諦めました。続いて森の中に入ってみましたが、タコノキのノコギリ状の葉で肌を切るだけで、イボだらけの岩も危険でした。ハブも多いとのことで、森で食料を得ることも難しそうでした。

 釣りがダメなら素潜りだと、コバルトブルーの海に飛び込んでみたこともありました。色とりどりの珊瑚や貝、ヒトデ。きれいな魚は人が珍しいのか、市橋を興味深げに見ており、逃走生活で荒んだ心は癒されたそうですが、包丁を紐で棒に巻きつけた手製のモリには返しがついていないため魚は取れず、素人が野外で食料を得ることの難しさを痛感させられるだけでした。

 五日目になると、とうとう飲料水が底を尽いてしまいました。クーラーボックスを利用して海水を真水にする装置を作ろうとしましたがうまくいかず、井戸を探して歩くことにしました。

 島の西側には人家があり、出会った老人から、オーハ島には井戸や水道があるという情報を得ることができました。一応、畑仕事に雇ってもらえるかどうかを聞いてみましたが、とても余裕はないということで断られました。

 そして見つけたあずまやの水道で水を飲み、脱水症状からは解放されましたが、食料を継続的に得ることに不安を感じた市橋は、オーハ島で暮らすことを一時諦め、那覇に戻って職を得ることにしました。金も底を尽きかけており、フェリーにはキセルで乗り込んでいた市橋は、那覇で船を降りる際に職員に捕まったのですが、土下座をして許してもらえたそうです。

 沖縄にいるときも、ラジオや新聞などで、自分の起こした事件に関する情報はこまめにチェックしていました。遺族のコメントなどを聞いて罪悪感に駆られるときもありましたが、市橋は「誰だって逃げる。誰だって逃げるんだ」と自分に言い聞かせていたそうです。
  
スポンサーサイト



犯罪者名鑑 市橋達也 2 (2007年3月~4月)


1はし

 fast step

 JR上野駅で電車を降りた市橋は、顔を変えることを思いたち、コンビニで裁縫道具を買い求めました。鼻に針を刺し、切り分ける前のチャーシューのように糸でグルグル巻きに縛って、小鼻を細くしようとしていたのです。

 激痛に耐え手術をし、マスクをして痕を隠した市橋は、ディスカウントショップで野球帽、靴、リュックサック、安売りのスナック菓子を大量に買い、早朝になると、JRの秋葉原駅に入り、また電車に乗り込みました。

 関東地方の、人気のない駅で電車を降りた市橋は、図書館で新聞を開きました。市橋についての情報はまだ載っていませんでしたが、二年前に事件を起こして逃亡していた女の犯罪者についての記事が目にとまりました。女は逃亡中に整形手術をしており、この記事を見て、市橋は逃亡するには整形を続け、顔を完全に変えるしかないと思い至ったようです。

 続いて市橋が購入したのは、英単語が録音されているUSBを聞くための単四電池でした。

 逃亡犯の身の上となっても、人には生きる活力が必要なのは確かであると思いますが、市橋がこの期に及んで英会話の学習に拘ったのは、いずれは海外に脱出することを考えていたのでしょうか。それとも、単に習慣をやめられなかっただけなのでしょうか。

2はし


 放浪

 2007年3月末から4月の市橋は、電車で関東各地の、人口が少ない地域を放浪していました。住居もない市橋は眠気と疲労で混濁とした思考の中で移動を続けており、また、電車の中ではいつも顔を下に向けていたせいで、この期間、彼の記憶は判然とはしていないようです。

 印象に残っているのは、電車に乗っていたとき、居合わせた女子高生から「変装しているみたい」と囁かれたことでした。この頃の市橋は常に帽子とメガネとマスクをつけて、顔面の露出をできる限り抑えていました。そんな恰好は逆に怪しまれる気もしますが、警察の職質を受けなかったのは、やはり人通りの少ない地方だったからでしょう。

 ある民家の車庫で横になっていたところ、帰ってきた家主の車に轢かれたということもありました。市橋は、「大丈夫ですか?」と声をかける家主に謝って民家を離れましたが、リュックサックを忘れたことに気付き、来た道を戻ります。

 人のいいことに、家主は市橋のリュックを元の場所に置いたままにしておいてくれました。所持品を失う危機を逃れた市橋は、さらに牧歌的な田舎道を歩き続けます。

 逃亡犯は一人の例外もなく、常に誰かに見られているという心理に陥るそうですが、一面畑の、人通りなどまったくない道を歩いていても、市橋は人の目が怖くて仕方なかったそうです。上空を飛ぶヘリコプターが自分を探しているのではないかと怯えるほど臆病になっていた市橋は、頻繁にゴミ箱を漁ったり、ホームレスと服を取り換えるなどして、姿かたちを変えながら放浪していました。

 食料はなるべく残飯や農家のビニールハウス、スーパーの試食品売り場などから調達するようにしていました。腹も減っていたでしょうが、このときの市橋は夜も昼もなく歩き続けていたことで、とにかく眠くて仕方がなかったようです。春先で、昼間にはTシャツ一枚で歩けるほど暖かい日もありましたが、まだ夜は寒く、ロクに眠れない市橋は、ボーッとした頭の中で、いつもリンゼイさんにすまない、申し訳ないと謝っていたといいます。 

 新聞でリンゼイさんの遺族の記者会見が開かれた模様を見てから、一層、自分のしでかしたことの重大さ、リンゼイさんへの申し訳なさを募らせたと言いますが、出頭するつもりにはなれず、死ぬこともできず、市橋は当て所の無い旅を続けていました。

加藤



 北へ


 静岡県に入った市橋は、事件前、福岡県に住む友人に、「近々遊びに行っていいですか?」とメールを送っていたことを思いだし、南に向かうことは危険と判断して、一路北を目指すことを決めました。

 東京駅から新潟、そして本州最北端の地、青森へと到着した市橋ですが、春先でも雪が降る青森の寒さは想像を超えていました。ホームレス仲間から衣類、食料などを分けてもらうなどしましたが、(この、市橋のホームレスに対するコミュニケーション能力の高さは気になるところです。自分から話しかけていったのか?ホームレスの方が路上生活素人の市橋に気さくに接していたのか?)青森の厳しい夜の寒さは凌げませんでした。

 体調不良から激しい頭痛に見舞われるなどし、この環境ではとても暮らせないと判断した市橋は、職を得ることを考えて求人誌を開きます。電話ボックスから目ぼしい求人に応募しますが、どの会社でも、入社には最低限、携帯電話が必要だということを言われて断られ続けました。

 選挙の街頭演説で、青森の求人倍率が全国でワースト2位だということを聞いた市橋は、青森で職を得ることは無理かもしれないと考え、ドヤのある大阪を目指すことを決断しました。

 驚いたことに、この時点で市橋の鼻には、セルフで整形手術をしたときの針がまだ刺さっていました。針を抜いた市橋は、さらに下唇を薄くするためにハサミで自ら唇の一部を切り落とし、電車で大阪へと向かいました。 

 余談になりますが、出身の青森、事件当時に働いていた静岡、事件現場となった秋葉原と、この時期の市橋には、一年後に事件を起こす加藤智大とのニアミスがありました。創造力を膨らませれば何か小説も書けそうですが、ここでは先に進んでいきたいと思います。

西成



 西成
 

 新潟、京都を経て大阪へとたどり着いた市橋は、西成のあいりん地区を目指しました。

 1,500円~3,000円程度の値段で利用できる簡易宿泊所が立ち並ぶあいりん地区は、高度経済成長期に建築現場で活躍した日雇い労働者たちに利用されていましたが、現在では都会の真ん中に現れたネットカフェに取って変わられ、行き場をなくした高齢のホームレスがたむろする地域となっています。ちょんの間で有名な飛田新地も近く、街には独特の雰囲気があります。

 一晩野宿してハローワークへと出かけた市橋ですが、そこは小便や酒、たばこの臭いが酷く、一目みて心身に異常をきたしているとわかる人種が集まっていました。

 普通の人でもショックを受けるような光景を目の当たりにし、27歳まで働いたことがなく、坊ちゃん暮らしを送ってきた市橋はすっかり意気を挫かれてしまいました。一人の男に、「いい話、しただろ。だから寝ている間、小便かけるなよ」などとわけのわからないことを言われ、とてもここでは働けないと思った市橋は、西成で職を求めることを諦め、本州を離れて四国へと向かうことを決めました。

犯罪者名鑑 市橋達也 1

いちはしあ


 エリート一家


 市橋達也は1979年、医師の父親と歯科医の母の間に生まれました。

 経済的には何不自由ない家庭で育った市橋は、高校時代までは成績優秀で、180㎝の身長を活かしてバスケットボール部や陸上部でも活躍し、クラスでも人気者だったようです。

 誰もが羨むような人生を歩むはずだった市橋ですが、高校三年時、医学部を受験して失敗し、初めての挫折を経験。4浪するも医学部には合格できず、結局、千葉大学園芸学部に進学します。

 不景気真っ只中の2000年代前半という時代でも就職に困る経歴ではなかったはずですが、医学部を目指していた市橋にはプライドがあったのか、単に働きたくなかったのか、卒業後の市橋は就職をせず、海外留学を目指すと言って、マンションで一人暮らしをしながら英会話の学習を始めるようになります。

 親から月に12万円の仕送りを貰ってアルバイトはせず、すべての時間を勉強に費やせる環境にあったはずですが、市橋の勉強は遅々として進まず、海外の大学院の受験には失敗。父親からは仕送りをやめると通告されていました。

 同じ医学の道を志していたことからも、市橋は親に反発するタイプではなかったのでしょう。都心に近いマンションで暮らしながら将来を夢見る優雅な生活をやめさせられることになった市橋は焦っていました。

itihasiii.jpg



 リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件


 もともと市橋はかなりの外国人女性好きで、大学時代も、外国人女性と交流の持てるサークルに所属していました。彼が海外留学を夢見ていた動機の多くの部分は、女性方面の欲求を叶えるためだったのでしょう。

 事件当時、市橋には交際していた日本人女性がいたようですが、どうしても外国人女性と付き合いたかった市橋は、たまたま電車内で見かけた若い白人女性に目をつけます。

 イギリス出身、22歳のリンゼイ・アン・ホーカーさんは、友人とルームシェアをしながら英会話教室の講師をしていました。仕事からの帰宅途中、電車内で近寄ってきた市橋に、いきなり「以前、お宅の洗濯機を取り付けた者です」などと声をかけられ、無視しようとするも、「喉が渇いたので、家で水を飲ませて欲しい」と頼まれたのを断ることができず自宅マンションにあげ、そこで一方的に市橋の携帯番号の書かれたメモを渡され、連絡先の交換まで持ち込まれてしまいます。

 強引な市橋に押し切られるような形で、リンゼイさんは市橋に有料の個人レッスンを行うことになってしまいました。

 そして事件当日。突然言い寄ってきた強引な男に、もちろん警戒はしていましたが、日本人を信じてもいたリンゼイさんは、喫茶店で行われた授業の後、市橋に「レッスン料を忘れたので、家まで付いてきて欲しい」と言われ、市橋の部屋に上がってしまいました。

 これで心を許したと思ったのか、市橋はリンゼイさんに肉体関係を迫りますが、敢え無く抵抗されてしまいます。しかし、それで諦めなかった市橋は、リンゼイさんの手足を結束バンドで縛り、強姦に及びました。
 
 事件の発覚を恐れた市橋は、レイプ後、拘束したリンゼイさんを浴室から取り外した浴槽の中に監禁します。レイプから殺害までには16時間あまりが経過しており、この間、二人の間でどんなやり取りがあったのかはわかりませんが、結果として市橋は、監禁したリンゼイさんを首を絞めて殺害。裁判の中で、市橋はリンゼイさんへの殺意を否認し、「騒がれたため、口を塞ごうとしたところ、誤って絞殺してしまった」と主張しましたが、判決では殺意が認められることになりました。

 リンゼイさんが友人とシェアするマンションでは、リンゼイさんが不審な男に言い寄られた直後に帰宅せず、連絡も取れなくなったことを心配した友人が警察に通報。市橋がリンゼイさんに渡していた連絡先のメモ書きから、警察はすぐに市橋がリンゼイさん失踪に関与していると判断、市橋の自宅に向かいました。

itihaaaasi.jpg



 逃走

 千葉県市川市のマンションに住んでいた市橋達也は、3月26日の21~22時ごろ、外出しようと玄関を出たところを、複数の私服警官に取り囲まれました。

 警察官から、リンゼイ・アン・ホーカーさんについて何か知らないかと聞かれた市橋は、警察官を振り切り、マンションの敷地外へと逃走していきました。

 警察官は慌てて追いかけましたが、元陸上部員の市橋を捕まえることができません。逃げる途中で靴と靴下が脱げていましたが、市橋は足を血だらけにしながら、無我夢中で逃走を続けました。

 俊足を誇る市橋ですが、体力からいっても、すぐに現場を離れられるわけではありません。逃走後、しばらく付近の民家に潜伏していた市橋は、たまたまドアを開けて出てきた住民に「ヤクザに追われている。かくまって欲しい」と頼みます。

 このとき住民が市橋の頼みを聞いていればおそらく捕まったでしょうが、「そんなことはできない」と断られた市橋は、途中、ゴミ箱から拾ったジャンパーとサンダルを身に着けて姿を変え、尚も逃走を続けます。

 最寄駅である行徳駅にはもう警察が張っていると判断した市橋は、交際していた女性に電話をかけ、車での逃走を考えますが、彼女の携帯は通話中になっていました。

 もう彼女のところにも警察が行っているかもしれない。それでなくとも、警察はNシステムから車のナンバーを照会し、すぐに追ってくるだろう。結果はおそらく市橋の予想した通りになったはずで、このとき彼女とたまたま連絡がつかなかったのは、市橋にとっては幸運でした。

 市橋は彼女を連れて逃走するのを諦め、途中で見つけた鍵のついていない自転車に乗って逃走します。買い物をするときに怪しまれないようにするためか、現金だけを抜いて財布は川に投げ捨てました。

 警察が犯人を取り逃がすときには必ず犯人にとっての幸運、警察にとっての不運が重なるものですが、このとき「たまたま」車を持つ彼女と連絡が取れず、「たまたま」逃走用の自転車を手に入れられた市橋はツキにツイていました。足を手に入れた市橋は闇雲に自転車を走らせ、住宅街の中に駅をみつけると、自転車を捨てて電車に乗り込みました。

 2年7か月に及ぶ逃走劇はここから始まったのです。

 主のいなくなった部屋では、ベランダに置かれた浴槽の中から、前屈姿勢でガーデニング用の土に埋められているリンゼイさんの遺体が発見されました。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR