FC2ブログ

犯罪者名鑑 市橋達也(予定)

 十日以上更新をサボってしまいました。最近勤務体系が変わったのと、ゲームに嵌まりすぎてしまった。

 思えば小さいころから色々なゲームをプレイしてきました。ゲームをする時間を活字に触れる時間に充てていたら、とも思いますが、ゲーム自体は子供の小遣いの範囲内でも十分に楽しめる良心的でコスパのいい遊びですし、面白いのだから仕方ない。

 ジャンルとしては歴史シミュレーションとRPGが多くなると思います。無難にビッグタイトルを好む傾向で、加藤智大のようにマニアックな方にはあまり行きません。

 近いうちに「犯罪者名鑑 市橋達也」が書けたら、と思っています。麻原の続きもやりたいのですが、選挙落選以降のストーリーは報道で知られていることが多いのでこのままでもいいのかな・・。まずは市橋の資料を取り寄せ、全3回くらいで書いていきたいです。

 よろしくお願いします。
スポンサーサイト



親と子


 ある少年がお母さんに「死ね」という言葉を吐いたところ、お母さんが本当に自殺して死んでしまったというヤフーニュースの記事を目にしました。

 この少年は多分、誰がどんな言葉をかけても立ち直れないと思う。お母さんは元夫からのDVの被害で鬱状態に陥っていたそうですが、それでも、やはりこんな早まったことはするべきではなかった。思春期の少年が親に「死ね」と口走るなどよくあることで、それでこんな重い十字架を背負ったのではたまったものではありません。

 すべての基本となる親子関係が破綻していると人間は歪みます。犯罪者のルーツを辿っていくと、親子関係に問題があるケースがあまりにも多い。だからこそ、酒鬼薔薇の親や宅間の親のような、客観的に見てそこまで問題があるとは思えない親がマスコミにあることないことを書かれ、毒親扱いされることもある。

 親となるために必要なのは経済力や教養もそうですが、何より心の優しさと心の強さだと記事を読んで思いました。元はといえば優しさにかけた父親がDVを働いていたのがいけないのですが、強さに欠ける母親に育てられたのも不幸だった。

 山路悠紀夫の人生は母親を殺害した時点で事実上終わっていました。それ以前に、父が血まみれになって死ぬところを目の当たりにしたところから実質的に狂っていたと思う。親は何があっても、子供にトラウマを与えるべきではない。

 翻って、私自身は融通が利かない部分もあれど常識的で、平均を少しこえる経済力を持った親の庇護のもとで二十代後半までを過ごしていた。妻を傷つけたこともあるし、若い頃には他人を傷つけたこともある。動物好きではありますが、動物をちゃんと思いやれたかといえば疑問符がつく行動がある。ニート経験も、人を殺すことも考えたことのある、資質的に欠陥のある私が結婚も就職もできたのは、環境に恵まれたお陰であったことはまったく否定できません。

 産まれたことそのものをあまり嬉しく思っていないので、親に全面的に感謝できるかといえば答えはノーになりますが、あの親のお陰で最低の人生にはならずに済んでいるとは思っています。

 人の親となることは私には考えられません。自分の人生にも十分に責任が持てるとはいえない人間が他人の命を背負うことなどとても。

 責任感のあるちゃんとした親も見てきましたが彼らのようにはとてもなれませんし、子供がいるにも関わらず人から金を騙し取るようなとんでもない親も見ており、彼らのようにはなりたくない。

 まず自分自身が生活に足りる金を稼ぎ、余力の中から執筆の時間を捻出し、自分の本当の人生を手に入れていきたいと思う。

文量低下。自分が何を書くべきか。

  悔しい。100%自分自身の事情だし、仕方ないことだとしても。

 小説家になることだけを考えていた時期から集中力は大きな課題でしたが、近頃はそれが更に落ちている気がする。同じ時間があっても、当時の半分程度しか書けていません。

 いまは小説に拘りすぎず自分の人生を総合的に考えています。私が小説家を目指していることを知らない友人もいます。ですが、本当の私の心はあくまで小説にあります。どれだけ人によくされようが、私を本当に理解してくれるのは、こちらの読者さんだと思っています。

 その中で自分がどんなものを書くべきかといえばやはり犯罪者の人生しかない。デビューのため、官能にも手を出していますがそちらの方にも犯罪のエッセンスは取り入れていますし、最後には犯罪小説を書いて収入を得ていきたい。

 こういう状況だからこそ。自分がやれることが限られているからこそ、自分が書きたいもの、書けるものを見つめ直すことはやっていきたい。

 不謹慎とはいえ犯罪者の生涯は面白い。宅間守の破天荒ぶりには爽快感すら覚えるし、山地悠紀夫などは本人のルックスが絵になることも相まって芸術的ですらある。

 自分自身が犯罪を起こす危険性はいまはほとんどないと言えますが、犯罪者への純粋な興味は尽きません。知能犯や組織犯、また快楽殺人者も研究していきたいですが、やはり一番は自身のルーツでもある追い詰められて犯罪を起こす輩。それをいかにリアルに描写していくかが自分の一番やりたいことであり、自分がやれること。

 犯罪をメインテーマとして書いていく中で、自分自身の挫折、これまで抱えてきた懊悩、恋愛、仕事、趣味といった経験が生かされてくればいいと思っています。

 臥薪嘗胆。これまでもそうでしたが、今はとくにその時期だと思う。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR