FC2ブログ

オーバー・フェンス

オーバーフェンス

 就職活動継続中、いまだ勤務先も決まらず不安定な状態が続いていますが何とかやっています。

 このサイトを運営していた当時は自分が作家になる、作家にならなければ生きてはいけないという前提で人生を考えていましたが、いまは別のことを考えています。

 何者かになるのではなく、ただ生きていくだけのことを受け入れる。その中で、できるだけマシに生きようとする。大きな幸せは望まず、小さなことに喜びを見出して生きる。

 これまで180万円だった年収をせめて250万、できれば300万円にして、今よりもう少し広いアパートに住む。美味しいものを食べて、数か月に一度は泊まりの旅行に出かける。

 それを考え始めたのが今から一年前のことで、いまだ迷いもあります。これまでは気にならなかった労働条件が気になり、ちょっとしたことに不満を感じることもある。就職先がなかなか決まらないのは、安定した生活を望むうえで、自分の中で明確なビジョンがないことも原因の一つになっていると思います。

 最近観た、オダギリジョー主演のオーバー・フェンスという映画が、そんないまの私の気持ちにしっくりきました。

 主人公の白岩は妻子と別れ、故郷の函館で職業訓練校に通いながら、何の楽しみもない鬱屈とした毎日を持て余す中年男。

 大人だから自分を抑えられるし、なんとなく周りに合わせることもできるけど、本質的にはダメなヤツ、危ういヤツ、弱いヤツで、だからクラスに馴染めない森くんに優しいし、ホステスの聡の奇矯な振る舞いに困惑しながらも、彼女を見捨てられず、惹かれ合う。 

 何一つうまくいかないし、面白いことも何もないけど、とにかく生きる。とりあえず生きる。フェンスの先に、ひょっとしたら何かあるかもしれないと思いながら。

 オダギリジョーの演技を観ながら、自分もあんな感じに歳を取っていくのかな、と、何となく思いました。たぶん、20代の方があの映画を観ても絶対つまらないと思いますが、30歳以上で、何かしらの挫折を味わった人ならきっと感じるところはあると思います。

 私が最終的に救われるのは書く道しかない、という気持ちは変わっていません。小説をやめる必要はないし、これからも書き続けていくと思います。ただ、そのペースはかなりゆっくりになると思います。ゆっくり書くことで見えてくるものもあるかもしれない。

 力を入れすぎず、なんとなく大人になりながら、なんとなく生きていければいいと思う。年内には仕事を決めて、正月にはどこかに旅行へいきたい・・。今はそれを考えています。




スポンサーサイト



続、生存報告

 お久しぶりです、多数の温かいコメントありがとうございます。
 
 現在の状況ですが前回、就職したと報告した会社は退社となり、現在は失業保険なしの無職という状態に陥っております。

 あまりリアルでの知り合いとは話したくない状況で、こちらに帰ってくると落ち着きます。

 コメントの返信は順次行っていきます、よろしくお願いいたします。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR