犯罪者名鑑 畠山鈴香 3


dasdadasdasff.jpg



 奇妙な行動

 

 2006年4月9日夕方、鈴香から能代署に、1人娘の彩香ちゃんが帰ってこないと、110番通報がありました。

 翌日から大規模な捜索が行われ、地元の大きな川、藤琴川のほとりで、彩香ちゃんの遺体が発見されました。

 悲しみにくれる鈴香。近隣住民は、娘を亡くした不幸な母親に同情の目を向けます。

 遺体に目立った外傷が発見されなかったことから、警察は彩香ちゃんが、河原で遊んでいるときに誤って落ち、溺死したと判断。彩香ちゃんの死は、事故として片付けられるはずでしたが、これに待ったをかける人物がいました。

 彩香ちゃんの死で、当初、悲劇の母親という目で見られていた、鈴香その人です。

「彩香が事故に遭ったとは思えない。事件として捜査してほしい」

 彩香ちゃんは事故で死んだのではなく、何者かに殺されたのだと主張する鈴香は、A4版のプリントを刷り、住民に情報提供を呼びかけました。

 いまも、どこかで生きているであろう彩香ちゃんを探すというなら、快く協力しようという人も多かったでしょう。しかし、すでに亡くなった娘が、亡くなる直前にどこでなにをしていたのかが知りたいというのでは、いまいち、人の情に訴えかけるものがなく、近隣住民はむしろ、これを機に鈴香を気味悪がるようになっていきました。

 近所にプリントを配布した直後、鈴香は彩香ちゃんの母校の運動会を、遺影を持って観覧しに訪れました。

 つい最近にも、高校在学中に亡くなった生徒の父兄が、卒業式の観覧に訪れたところ、部外者として門前払いを食らい、トラブルになったという問題がありましたが、子供を失くした親が母校の催しに参加したいという気持ちは、私にはいまいちよくわかりません。亡くなった子供の思い出が残った場所になど、近寄りたくもないと思うのが親の情ではないのでしょうか。
 
 案の定というべきか、鈴香は運動会に出たときに、「彩香はもういないのに、他の子が楽しそうにしているのが許せない」と、邪な感情を抱いたことを告白しています。自分の判断で出席しておいて、なんとも勝手な話ですが、鈴香のような人間の行動を、論理的に理解しようとするのは無駄というものかもしれません。

 このようなことがあり、老人や主婦など、日頃から家にいる人たちは、段々と「鈴香はどこかおかしい」という目で見るようになっていきましたが、普段、会社で働いているお父さんはそうでもなく、依然、鈴香に同情的な目を向ける人もいました。

 彩香ちゃんより二歳下ですが、よく一緒に遊んでいた豪憲くんの父、勝弘さんは、鈴香を哀れに思い、彩香ちゃんが豪憲くんとシャボン玉遊びをしているときに撮影したビデオを、鈴香に手渡しました。純粋に、子を失くした母親に対する善意からの行動でしたが、ビデオを見た鈴香は、あらぬ感情を豪憲くんに向けてしまうことになります。

「彩香はもういないのに、ほかの子が元気にしているのが許せない――」

あやか



 代理ミュンヒハウゼン症候群



 この事件が特異だったのは、警察がすでに事故として処理した事件を、彩香ちゃんを殺害した鈴香本人が、他殺だとして騒ぎ立てたことにありました。

 親の情も何もないような話になりますが、もし、この時点で鈴香が何も主張せず、警察のシナリオ通りに動いていれば、鈴香はずっと悲劇の母親という扱いで、刑務所にも入らずに済んだのです。

 なぜ鈴香は、わざわざ自らの罪を暴くような行動に出たのか。

 90年代のアメリカで、難病と闘う娘と、それを支える健気な母親として、連続ドキュメンタリーの企画で人気を博していたある母娘がいました。しかし、真相はとんでもないもので、母親は娘の点滴のチューブに毒物を入れるなどして、意図的に娘の体調を悪化させていたのです。 

 子供やペットなど、自分が支配できる弱い対象を傷つけ、その庇護者ということで注目される自分に酔う――代理ミュンヒハウゼン症候群という、精神の病です。

 当初、一人娘を不慮の事故で失った悲劇の母親として注目を浴びていた鈴香でしたが、日が経つにつれ、周囲の注目は他に移り、自分を忘れていくようである。そこで鈴香は、周囲に対し、自らの存在をアピールし始めた。そのように考えれば、鈴香がわざわざ自分の罪を暴くような行動に出たのも納得がいきます。

 しかし、鈴香の意図に反して、周囲はむしろ、鈴香を気味悪がるようになっていった。これに対しての不満が、豪憲くん殺害に繋がっていった可能性も考えられます。


dasdadada.jpg



 米山豪憲くん殺害事件

 彩香ちゃんの死から一か月が経った2006年5月16日、鈴香は、「彩香がもっていたピカチュウのおもちゃがあるので、もらってほしい」と、家の近くを歩いていた豪憲くんを、自宅に誘い込みました。

 豪憲くんが、嬉しそうにピカチュウのおもちゃを手に取った――。このとき、鈴香は、運動会に出たとき同様に、「彩香はもういないのに、豪憲くんが楽しそうにしているのが許せない」という感情を発作的に抱いたといいます。

 そして鈴香は、豪憲くんの首に手をかけた。殺害した豪憲くんを、近くの藪に打ち捨てた――。

 このあと明らかになる、彩香ちゃん殺害事件でもそうですが、鈴香の仕業とされる二件の犯行では、「殺意の有無」という点が争点になりました。

 殺害は計画的だったのか?それとも、発作的だったのか。人の命を奪うという結果は同じでも、そこに至るまで、犯人の頭の中にどういう心境があったかというのは意外に重要で、場合によっては、殺人が過失致死となり、刑期が半減されるということもあります。

 豪憲くん殺害事件において、鈴香は豪憲くんを、最初から殺害するつもりで家の中に招いたのか。

 それとも、他意はなく家の中に招いた豪憲くんが、無邪気に振舞っているのを見てから、殺意を抱いたのか。

 鈴香は後者を主張し、それが支持されたことで、子供を二人も殺害した事件では甘い判決といえる無期懲役が確定しますが、裁判官が、発作的に殺意を抱いたという鈴香の主張を受け入れたのは、鈴香という女の行動が、実際まったく論理的ではなかったからでしょう。

 娘の殺害が事故として処理されそうになったのに、あれは殺人事件だったのだと騒ぎ立て、自らの罪を暴こうとする(にも関わらず、自首はしない)。娘が参加するはずだった運動会に、よせばいいものをわざわざ参加して、「彩香はもういないのに、ほかの子が楽しそうにしているのが許せない」という感情を抱く。しかし、その彩香ちゃんを殺害したのは、当の鈴香であった。

 文字に表すと、まるで支離滅裂です。こんな女に、計画などがあったはずがなく、発作性や、精神の病による行動と疑うのが、やはり自然でしょう。

 鈴香も哀れな女ではあるのですが、もっと哀れなのは、鈴香に狙われた彩香ちゃん、豪憲くんの二人です。

 このサイトには載せませんが、事件後、鈴香宅で撮られた「心霊写真」は、マニアの間で「ガチモン」であるとされているようです。死者の霊魂が写真に写り込む。そのようなことが本当にあるのか、私にはわかりませんが、彩香ちゃん、豪憲くんが、強烈な無念の思いを残してこの世を去ったことは間違いありません。
スポンサーサイト
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR