スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第187話


 日に日に活発化する大会の動きを、グランドマスターは動画フィルムを再生しつつ振り返っていた。

 まずは、廃工場にて行われた、重信―永田連合軍VS角田一派による合同トレーニングの模様である。

 両連合の戦闘力格差を示す結果となった、この合同トレーニング。よもや、重信―永田連合が5戦スイープを決めるとは予想できなかった。後に行われた「あやめ橋交差点の戦い」において、闇サイトトリオをも失った角田一派の戦力減少は、より深刻となった。もっとも、不足しているというほどでもなく、今後の補強や、ライバルの動向いかんによって、逆転は十分あり得るだろう。

「合同トレーニングから数日後に行われたバドラ・宅間連合軍VS角田一派の大会戦では、闇サイトトリオの三名及び、バドラの造田博が命を落としました。神田司を宅間守、堀慶末を上部康明、川岸健治を金川真大が、造田博を永山則夫が殺害したと記録されています」

 自らと同じ名の付く戦場と行われた戦いの結果を、秘書のアヤメが淡々と報告する。

 自分の意向により、唯一例外的に過去の記憶を消した状態で大会に参加させた三人は、不可思議な絆で導かれ、出会いを果たし、行動を共にし、人生の最後までも共にした。この戦いにも参加していた川俣軍治の祖父の件同様、やはり人の世には、科学では説明できないなにかは存在しているのかもしれない。
 
 戦いの終盤では、永山則夫と造田博の、強豪同士の一騎打ちも行われた。白熱した勝負は、最後の最後、永山則夫が勝負をもぎ取る形となったが、もう一度やれば結果がどうなるかはわからない、高いレベルで実力差が拮抗した名勝負であった。

 これから参加者の人数が絞られるにつれ、こうした強豪同士の戦いが見られる機会は増えてくるであろう。格闘技の試合のように、お互いがすべてのお膳立てが整った状況で、体調万全で戦えるわけではなく、ときに期待を裏切る凡戦や、一対一の状況にさえならずに決まってしまう戦いも出てくるだろうが、それもまた殺し合いの醍醐味。宅間軍の三人や加藤智大、川俣軍治、永山則夫ら、現在生き残っている強豪参加者たちにはせめて、常に警戒を怠らず、いつ何時でも殺しのスイッチを入れられるよう心掛けてもらいたいものだ。

「麻宅同盟、麻原包囲網以外でも、人間関係に動きが生じてきているな。宮崎君のここ最近の不審な動きは、同居人に対する恋愛感情の現れと見ていいのだろうか。美醜の感覚は人ぞれぞれとはいえ、私には理解できない世界だよ」

「八木茂と徐々に深く結びつき始めるT・Nの動向からも目が離せません。今は老いた狼のような姿を装っている八木ですが、頭の中ではT・Nを使った巻き返しの策を練っているはずです」

 宮崎勤やT・N、直接には麻宅同盟や麻原包囲網に絡まず行動している参加者たちも、すでに様々な形で接触は済ませている。大会全体を動かす二大連合の争いに何らかの形で関わることは不可避であろう。すべての戦いはそこに帰結されるのだ。

「現在、生き残り参加者は63人か。残り期間はまだ半年以上あるが、そろそろ、殺傷能力の高い武器を解禁していかなければならないかもしれないな。まだ、検討段階に留めておいてもよさそうだが」

 さすがにまだ銃火器ははやいだろうが、空気銃やスタンガン、催涙スプレーなどはそろそろ認めていかねばいかないのかもしれない。勝ち残り人数は8名と決まっており、そこを目指して参加者たちは頑張ってくれるとは思うのだが、結果が思い通りになるとは限らない。もし、大会終了時の生き残り人数が8名を上回った場合は全員の射殺が確定しており、そうなれば8名に支払われる賞金の合計80億が浮くということにもなるが、それは自分の本意ではない。そんなはした金などはどうでもいいから、誰がもっとも強いのかを知りたいのだ。そのためにこちらで調整できることがあれば、手はすぐにでも打つ。

「あるいは、参加者殺害に消極的な者に、何らかのペナルティを設けるのもアイデアの一つかもしれません」

「ふむ・・・なるほど、な。ひたすらに戦闘を避け続け、最後まで逃げ切るというのも身の振り方の一つと考えてきたが、市橋くんらの姿勢は確かに目に余る。人減らしを考えたら、一般人にも咎の及ぶ可能性が高くなる強力武器の解禁よりも、そちらの方がローリスクで確実な方法かもしれんな」

 グランドマスターはさっそく、次回の会議での議案に、アヤメの意見を追加した。参加者たちには、行楽シーズンに浮かれる暇は一秒たりとも与えない。
スポンサーサイト

お知らせ

「凶悪犯罪者バトルロイヤル」についてのお知らせです。
第185話にコメントを頂けたので近日更新しようと思うのですが、186話に予定している内容が、閲覧数がガタ落ちし気分の落ち込んだ現在の精神状態では書きにくい状況にあります(それで内容を予想できてしまう方もいるかもしれませんが)
なので、一話飛ばして187話から再開させて頂きたいと思います。
186話は閲覧数がある程度回復したら執筆を開始します。
186話がお蔵入りということにならないよう私も祈ります。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。