スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第173話

 最後の攻防に備えて、全神経を集中させる。頼りない視覚を、聴覚を、限界まで研ぎ澄まし、永山の動きをうかがう。気配が変わったのを察知したのだろうか。永山は攻めてくるのをやめ、様子見に入ったようだった。

 1分・・・2分・・・こう着状態が続く。両者とも、相手の実力を十分に知っているからこそ、迂闊に動けない状況。ギャラリーは一言も発さず、固唾をのんで戦いの行方を見守っている。彼らに騒がれ、音の情報を寸断されていたら厄介であったが、その心配はなかった。ギャラリーの賑やかしも許さない緊張感。実際に戦っている俺が感じているそれは彼らの比ではなく、喉がひりついて仕方がなかった。

 が――。時間が経過するにつれて、状況が変わってくる。ようやく俺の目も暗さに慣れ、闇に紛れていた永山の姿が見えるようになったのである。俺が隠れる電子オルガンから三メートル前方のタンスの裏。暗闇から獲物を狙うヒョウのような永山の姿が、はっきりと確認できた。

 これで条件は五分と五分。ならば、停電前同様に、こちらから攻めるまで。俺はオルガンの裏から飛び出し、永山に向かってダッシュした。

「待て、降参だ」

 警棒を捨て、両手を上げる永山。大将戦は、ギブアップという形で幕を閉じた。

 これで全試合が終了。結果は5戦5勝で、永田チームの完全勝利となった。

「おかげ様で、今日はええ訓練ができたよ。また機会があれば、よろしく頼むよ」

 照明が復旧した倉庫内。角田の婆さんが、口惜しさも見せないサバサバした表情で礼を述べる。もともと盟主の立場ではない婆さんには、負けたからといって失うものはない。

「今は・・・21時か。まだ、夜は長いね。折角足を運んでくれたんや。場所を変えて、もてなさせとくれよ」

 婆さんの策謀は、まだ続いていた。酒を飲ませて油断させ、重要な情報を引き出させる・・。松永さんもよく使った、サイコパス殺人者の常套手段である。

「申し訳ないが、それは・・・」

「ええやないか。客人に馳走もせず帰したんじゃ、私の顔も立たないよ」

 永田のおばさんが固辞するのを引き留めようとする婆さん。負けて失うものはないといっても、婆さんの方もリスクを冒して「敵」を懐に呼び込んだのに、何も得るものもないままでは終われないということだろう。

「じゃあ、こうしませんか」

 妥協案を持ち込んだのは、松村恭造くんであった。一緒に酒を飲むのはいいが、人数を絞ろうというのである。

「俺らからは、俺と加藤くん。そっちからは・・・永山くんと、イくんをお借りできれば」

 復帰年齢10代、20代の若い面子での飲み会ということだ。角田の婆さんはこれに一瞬、渋い表情を見せたが、自分から言い出した手前もあり、結局は承諾してくれた。

「そいじゃ、私は先にアジトへ戻ってるからね」

 意を含んだ視線で永山を見て、婆さんは倉庫を出ていった。

「さて・・・場所だけど、どうする?うちの店まで来てもらうか?」

「いや・・・わざわざ足を運ばせるのも悪いよ。やめとこう」

 松村くんの提案に、俺は異を唱えた。理由は距離の問題だけではなく、もし歌舞伎町まで永山とイを連れていってしまえば、間違いなく松永さんが絡んできてしまうことを考えたからだ。せっかく婆さんが大人しく帰ってくれたのに、こっちが松永さんを出してしまったのでは、さすがに婆さんに申し訳ない。

「じゃあ、どうするよ」

「ここで飲もう。たまには店じゃなくて、床にあぐらをかいて飲むのも悪くないだろ。一応、未成年だっていることだしな」

 俺の提案は皆に受け入れられ、飲み会の場所は倉庫と決まった。近所のスーパーで買い込んだ酒、つまみ類を四人で囲み、ボーイズトークに花を咲かせる。

「永山、たけしと同じ店で働いてたってマジなの?」

「ああ。当時は、あれほどの有名人になるなんて思いもしなかったから、あまり印象には残ってないけどね」

「でも、すごいですよね。小学校低学年レベルの学力しかない状態から獄中で勉強して、文学賞を受賞するレベルの作品を書き上げたんだから。読書好きの僕も永山さんの作品を拝見しましたが、中々に読ませる文章でした」

「そんな大げさなもんじゃないよ・・・。死刑囚ってことで、話題性も込みの受賞だったには違いないし。まあ、でも、これでバドラの正田昭との一騎打ちが実現すれば、作家対決ってことになるな」

 永山と松村くん、イの会話であるが、これを聞いて、合同トレーニングに赴く以前に永山則夫の資料を熟読していた俺は驚きを覚える。網走番外地の出身だったことをネタに、同僚から網走刑務所で生まれたとからかわれたのを真に受けて仕事を辞めてしまうほど柔軟性がなく、愛情に恵まれない幼少期を送ったことから自己愛性人格障害に陥ってしまった永山が、冗談を飛ばし、謙遜を覚えている。これは、類まれなコミュニケーション能力で、数多の人を洗脳の毒牙にかけてきた、角田の婆さんと出会ったことが大きいのだろうか。

「しかし、永山もよくあの妖怪婆について行ってるよなあ。あれで実年齢ではうちの大将より若いんだから、もう何がなんだか」

「あの人を悪く言うなよ・・。あの人は、寂しい人なんだ」

 角田の婆さんを揶揄する松村くんを咎める永山の口調からは、婆さんに対する深い敬愛がうかがえる。実年齢では、永山も婆さんと同世代。あまり想像したくはないが、「そういうこと」もあるのだろうか。

「しかし、野郎ばっかの飲みってのもあれだな・・。Nでも呼んでみるか?」

 松村くんが、俺の方を向く。襲いくる動揺を悟られないようにする。

「いいよ・・。仕事でいつも女を扱ってるんだ。自分が飲むときくらい、視界から色は排除したい」

 自分でも苦笑してしまう逃げ口上。本当は、Nへの未練を断ち切りたかっただけ。

 俺とNは、もう敵同士なのである。お互いに命を狙いあう関係。個人的な思い入れを持ち込んだら、俺が殺されてしまう。

 Nは俺に恩義は感じていたとしても、好意はもっていない。もしかしたら、艶福家として名高い八木と・・・なんてこともあるかもしれない。

 今、俺がNに関して望んでいるのは、彼女が他の誰かに殺されてしまうこと。単純な話で、Nがこの世から消えてしまえば、すべての悩みわずらいから解放されるのだ。自分が好意をもった相手だからといって、その人の幸せを無条件に望むなど、偽善的な感情は持ち合わせていない。俺が関わらない幸せなどは、むしろ呪わしく、ぶち壊したいものだ。好きだけど、手に入らない。そんなものは、消え去ってくれたほうがいい。

「もう日付が変わってしまったか・・。夜更かしはコンディションに響く。ここらでお開きにしようか」

 俺たちは後片付けをし、それぞれ帰路につく準備を始める。角田の婆さんが望む情報を提供できたかわからないが、久方ぶりに同世代と楽しい話ができて、俺としては有意義な時間だった。

「永山。宅間守は手ごわいぞ」

「知っているよ。今度こそはケリをつける」

 死地に赴く「戦友」と握手を交わし、俺は松村くんとタクシーに乗り込んだ。
スポンサーサイト

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第172話

 迎えた5×5対抗試合、大将戦。ともにラインいっぱいに開始線を定めた俺と永山は、タンス、ソファ、デスクなど、無数の障害物を隔てて対峙する。

 永山は、こちらに銃口を向けたまま微動だにしない。エアガンに込められた24個の弾を、無駄には消費しない考えのようだ。膠着状態が一分、二分と続き、立ち上がりは静かな展開となった。

「おいおい、どうしたどうした。お見合いやってちゃ、勝負にならんぞ!」

「大将戦が引き分け決着じゃ、恰好つかねえぞ!」

 無責任なギャラリーたちが、口々に野次を飛ばす。気にしてはならない。これはプロ格闘技の試合ではない。生き残るための戦いである。他人に言われて生きるわけではなく、俺は自分の意志で生き、この戦いに臨んでいるのである。俺の命などどうでもいいと思っている奴らの野次などに、心を惑わされてはならない。

 間合いを詰めるタイミングを伺う。気をつけなくてはいけないのは、エアガン連打で怯ませてからの突撃。それを防ぐため一番有効な戦術は、自分から攻めていくことである。間合いをゼロにさえしてしまえば、所詮は牽制にしか使えないエアガンは無力化する。打ち合いにさえ巻き込んでしまえば、あとは五分の勝負である――。

 試合開始から4分が過ぎたところで、永山のエアガンから一発の銃弾が放たれた。弾が掠めた首筋を、暖かい液体が流れる。改造し、規定の数値いっぱいまで破壊力を引き上げた18禁エアガンは、片面ならアルミ缶を貫く威力を発揮する。

 しかし、牽制専用の殺傷能力に欠ける武器という俺の認識は変わらない。永山は、膠着状態のプレッシャーに負けた。精神的に疲弊した状態である。そう判断した俺は、障害物を縫うようにして、一気に間合いを詰めた。走りながら何度となく被弾したが、気にしない。厚手の戦闘服の上からであれば、ダメージは抑えられる。この痛みは、一度味わったことのある痛み。予想できる痛みは、歯を食いしばれば耐えられる。

俺の勢いが止まらないのを見て、永山も前に出てくる。ルールでは、場外エスケープはその時点で失格負けである。端っこに引っ込んだままでは分が悪いと判断したのだろう。

 お互いが手の届く間合いに入った。一発で勝負を決める。渾身の力で打ち込んだ一撃は、わずかに永山の肩を掠めたのみ。永山は打ち終わりを狙って攻撃を仕掛けてくる。ゲームのようにターン制ならば、ここで俺が取るべき行動は防御になるのだろう。しかし、俺はお構いなしに、二発目を繰り出した。後出しで放った俺の警棒は、永山の警棒よりも早く、相手に到達した。

「・・・!!」

 脇腹を打たれて怯む永山は、たまらずエスケープを図る。逃してなるものか。俺は三発目の攻撃である、ボディへの突きを繰り出す。これは失敗であった。警棒は一応ヒットしたが、逃げようとしている相手と同じ方向に出した打撃は、衝撃がかなり逃げてしまい、大したダメージにはならない。永山は悠々と距離を取り、仕切り直しとなった。

 永山を仕留めることはできなかった――が、俺は今の攻防に、確かな手ごたえを感じていた。どうやら、純粋な白兵戦においては、俺に分があるようである。このまま前に出て、プレッシャーをかけ続ける。それで間違いない。あとは単純ミスにさえ気を付ければ、勝利は確実である――。

 自信を持った矢先の出来事だった。突然、倉庫の証明が落ち、景色が暗転した。

「なんだっ、停電か?」

「おいおいおい~、どうなってんだ?」

 偶然のアクシデントか、だれかが仕組んだ罠なのか。大騒ぎするもの、外へと逃げ出そうとするもの・・・倉庫内は大パニックに陥り、収拾がつかなくなってしまった。

「お前ら、黙らんかい!まだ試合は途中やで!!!」

 倉庫内の騒ぎを収めたのは、角田の婆さんが落とした雷のような一喝だった。凄みのあるその声音の迫力で、一同は一瞬で落ち着きを取り戻したのである。有無を言わさぬカリスマ性。傘下の軍を合わせれば、11名からの人間を従えるだけのことはある。

「政。ブレーカーを見てきな」

 角田の婆さんが、藤井政安に照明を復旧させるよう命じる。それまで試合は中断ということになりそうだったが、俺には別の考えがあった。

「いや、このまま続けさせてください。永山、お前も同じ考えだよな?」

 明るい場所で戦えば、俺の勝利は九分九厘間違いないのである。ならば、あれ以上続ける意味は薄い。せっかくの合同トレーニングの機会なのだから、色々なシチュエーションを試したかった。

「・・・戦場では、あらゆるアクシデントを想定しなければならない。続行でお願いします」

 選手双方、合致した意見を受けて、試合は残り11分から再開される。暗転した倉庫内、攻めるにも守るにも、まずは暗さに目を慣らさなくてはいけない。俺はしばらく動かず、じっとタンスの裏に身を潜めていたのだが・・。

 警棒が木材を打つ音――。足音ひとつ立てずに近寄ってきた永山が、攻撃を仕掛けてきたのである。目の前に立たれるまで、まったく気が付かなった。

 俺はまた、今度はデスクの裏に身を隠したのだが、そこでも同じことが繰り返された。まさか、幼いころ電気もない極貧の家庭で育ったことが原因ではないだろうが、永山は俺よりも早く、この暗さに目が慣れてしまったようだった。

 停電前とは打って変わって、今度は俺が劣勢を強いられる展開となった。どれだけ警棒を振るのが上手かろうとも、的が見えていないのではどうしようもない。どうする?どうする?どうする?頭を振り絞り、積み重ねた経験から、最善の手段を導き出す。

 結論――。この状況を乗り切る唯一の手段は、カウンターの一撃。永山を敢えて懐へと呼び込み、攻撃をかわして、こちらの攻撃を叩き込む。1メートル先の光景も定かではないこの状況で永山に勝つには、それしかない。

 大将戦もいよいよ大詰め――。最後の攻防が、始まろうとしていた。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第171話


 第三試合。永田チームは松村恭造くん、角田チームは、コリアントリオの孫斗八の登場である。

「おいおいおいおい~!貴様ら、ウチのイを傷つけやがって、この落とし前はどうつけてくれるんだ?あ~」

 開始線に立つなりまくしたてる孫。永山則夫の迫力にただ一人怖気づかなかったのが、この「獄中所長」である。

「おい!貴様、聞いてるのか?文句があるならその口で言ってみろ!貴様らの非道な行為について、俺が断罪してやるからなあ!」

 文句があるなら聞くと言っておきながら、相手が言葉を返す間も与えず口撃を繰り返す孫に、松村くんはタジタジである。松村くんも松村くんで、親族二名を自分勝手な理由で殺害し、法廷ではあの宅間守のように被害者を冒涜する発言を連発し、最後まで反省せず死んでいった凶悪犯罪者なのだが、傍若無人を絵に描いたような孫の威勢には圧されっぱなしだった。

 吉田のオバサンが半ば呆れ顔でゴングを鳴らし、試合が始まった。まず仕掛けたのは孫である。

「はははは~、どうした、手を出してみろ!」

 孫の連続攻撃を、松村くんは躱すのがやっとである。滅多無人に警棒を振り回しているようだが、返しは早く、狙いは全て人体の急所。確かにあれでは、反撃のきっかけを掴むのは難しい。子供のころはスポーツ万能で、喧嘩も強かったという孫。どうやら、口だけの男ではないようだ。

 ―――が。軍団に加わってから三か月、松村くんと一緒にトレーニングをしてきた俺は確信した。敵ではない、と。

「ぐふっ」

 松村くんは、ウォーミングアップ時から孫の動きを観察し、攻撃の癖を把握していた。あとは目が慣れるのを待つだけだった。一瞬で孫のみぞおちに警棒を突き刺し、返す刀で側頭部を強打。そこで相手がタオルを投げ入れ、それで試合が終了した。

「まてっ、まだやれたっ!仮にあれがナイフだったとしても、俺はまだ戦闘力を有していた!今のはタオルのせいで負けたのであって、力が劣って負けたわけではない!試合をやり直せ!やり直せ~!」

 試合が終わった後も、孫は一人叫び続ける。往生際が悪いのも、ここまで行けばあっぱれであるが、その孫が、次の試合を見て言葉を失う。

「ふんはっ!」

 猛牛――。いや、永田のオバサンの、裂帛の気合い。男勝りというか、男そのものの凛々しい姿。これに圧倒された孫は、それきりクレームをやめたのである。対戦相手の藤井政安も、その迫力に、早くも戦意喪失気味だった。

 ゴングが鳴らされる。試合が始まってみると、永田のオバサンは、先ほどの雄々しい雄叫びに似合わない、華麗な足さばきからの突きを繰り出し、藤井を翻弄する。じりじりと後退していく藤井に、最後は小手を浴びせて警棒を落とさせ、鼻先に警棒を突きつけ、ここで相手がギブアップ。開始から一分も経たぬ内の、鮮やかの秒殺劇だった。

「なんだい、これで四戦四敗やないか。うちのチームは情けないねえ」

 角田の婆さんが嘆くが、しかしその顔には、けして悲壮感はない。

 最後の試合――大将戦。俺と永山則夫、両軍のエース対決。クイズ番組のお約束ではないが、この試合には、前四試合の結果を帳消しにするくらいの意味がある。角田の婆さんの余裕はここからきており、俺にとっては、絶対に負けられない戦いだった。

 そう、絶対に負けられない戦い――。しかし、これはあくまでトレーニングの一環である。あまりに勝敗に拘りすぎるのもどうなのか。この合同トレーニングが決まったときから、俺にはこの永山則夫を相手に、試してみたいことがあった。

「永山、エアガンを使えよ」

 俺の発言に、一同が顔色を変える。

「おい、加藤。お前、何を言ってるんだよ」

「これを勝てば、我が軍の全勝ですよ。加藤くん、考え直しなさい」

 コーチの小川さんとキャプテンの永田のオバサンが、口々に発言の撤回を求める。しかし、俺にも譲れない考えがあった。

 「環七通りの戦い」――俺が都井睦夫に惨敗を喫した理由は、まさしくヤツの使う電動ガンにあった。予期せぬ戦術に戸惑った。たしかにそうなのだが、銃を使って三十人を殺した都井と戦うのに、その戦術を予期していなかったのは、明らかな失態である。

 傾向と対策――。学問の世界から落ちこぼれた俺には思い出したくもない言葉だが、実際に鉾を交える前に、出来ることはなるべくやっておかなければならない。

 永山則夫は、都井同様に銃の使い手である。都井との戦いで刻み込まれた飛び道具への恐怖を払しょくするとともに、いつか殺し合うかもしれない永山則夫の対策を固める。折角合同トレーニングという機会を得たのだから、出来ることはすべてやっておきたい。

 俺はチームメイトを説得した。永田のオバサンと小川さんも、結局は押し切られる形で、首を縦に振った。そして、俺の提案を受け、特別ルールが制定される。

 ・試合は10m×10mの枠内にて行われ、開始線は枠内の自由な位置に設けられる。
 ・武器は永山則夫に限り、エアソフトガンを使用。加藤智大には防弾ゴーグルの使用が認められる。

 それ以外のルールは、基本的に前四試合と同じになる。そしてルールに対応して、拡張された枠内に、ソファやタンスなどの、障害物となる家具が運び込まれた。「車のジャングル」での戦いだった、環七通りの戦いと酷似した戦場である。

 全ての準備が整うと、俺は開始線へと歩き、永山則夫と向かい合う。お互いに、枠の外ギリギリいっぱいからのスタートである。

 5×5対抗戦第五試合――。連続射殺魔との戦いのゴングが鳴らされる。コンセントレーションを高めるため瞼を閉じていた永山則夫が、殺意の炎が燃え盛る瞳をあらわにした。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。