スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第163話

「そうか。その理由とは、何なのだ」

 熱い棒読み――。信徒たちに渡すプレゼント代をいかにケチるかに頭を悩ます麻原にとって、宅間たちのことなど、極めてどうでもよかったのだが、立場上、聞かなければならない。実に煩わしいことであった。

「ヤクザです。敵に協力するヤクザが、宅間軍の動向を逐一知らせていたんです」

 現在、日本国内の指定暴力団所属の構成員数、四万数千――うち、東京二十三区に五分の三以上の人数が集中しており、非構成員を含めると、その三倍ほどの数になる。

 六万数千のアウトサイダーたちの眼が、宅間たちを追っている。積極的に探し出そうとしているわけではない。彼らもそこまで暇ではないし、委員会が定めた、大会参加者以外の命をみだりに危険に晒してはならないルールに抵触する恐れがある。

 しかし、アンテナは常に張り巡らせている。外出するたび、アイツじゃねえか、コイツじゃねえかと、道行く人間の顔に着目している。六万数千すべての視線を躱すのは不可能である。この東京二十三区にいる限り、宅間たちの動向は筒抜けになってしまう――ということであった。

「奴らも大変だな。プライベートも何もあったものではない」

 他人事のように、麻原は言った。

「尊師。ここは横綱のように構えるのではなく、我々の方からも動いていかなければなりません」

 正田昭は、空気を読まずに渋い顔で続ける。

「こちらからも、積極的に攻めていくということか?」

「はい。古来より、包囲網を打破するには各個撃破と相場が決まっています。現在、結成されたばかりの包囲網は、二大派閥である重信房子のグループと角田美代子のグループがお互いをけん制し合い、うまく連携がとれていません。包囲網全体では、その人数は我らの倍になりますが、事実上の戦力は半分程度と見ていいでしょう。攻めるのならば、今のうちです」

「しかし、このままじっと待っていれば、敵の内部分裂はさらに加速し、そのまま自滅するという可能性もあるではないか」

 なるべく、自らの命を危険に晒したくない麻原は、問題の先送りを提案した。

「その考えは甘いです。我らはよくても、現在、猛攻を受けている宅間軍が風前の灯火です。3人で7,8人分の戦力に相当する宅間軍の壊滅は、我らにとって大きな痛手です。一刻も早く、援護せねばなりません」

 正田昭の言うことはよくわかる。宅間軍を救うなら、いっそのこと、我がバドラの本部に住まわせてしまうという手もあるが、奴らがみんなで分担しているお風呂掃除、カナリアの世話などをするとは思えない。三時と九時にしか食べてはいけないおやつも、勝手にパクパクと食べてしまうであろう。そうなれば、信徒たちの間には不満が募り、やがては我が軍と決定的な軋轢が生まれてしまう。人と人との関係は、遠すぎても近すぎてもいけないのである。

 あの西口軍と死闘を繰り広げた、世田谷渓谷公園の「秘密基地」の管理を、宅間たちに任せるという手もないではない。しかし、彼らは信頼できない。フラフラと遊びに出かけられて、その間に敵軍に城を乗っ取られたら、たまったもんではない。さらに疑うなら、宅間達が城ごと敵に寝返らないとも限らない。やはり重要拠点を同盟軍に預けるのは愚策である。

「ならば、攻めるしかないのか・・」

 気が進まない麻原であったが、どうやらそれしかないようである。

「よく決断されました。作戦ですが、とりあえずは宅間軍を、今まで通り泳がせましょう。そして、今度は彼らに、持久戦を展開させるのです。宅間軍が粘っている間に、私たちが、秘密基地の城番二人を除く全軍で出撃する。現地に到着したら、宅間軍と連携して、戦闘を展開するのです」

 いつの間にか、パーティーで浮かれていた信徒たち全員が、正田昭の話に聞き入っている。やはりなんだかんだといっても、皆の一番の関心ごとは、大会の帰趨なのである。
 
「現在、宅間達に積極的に攻撃を仕掛けているのは、角田軍、コリアン、闇サイト両トリオのラインです。知能面で要注意なのは、大ボスの角田美代子、その右腕の吉田純子、コリアントリオの孫斗八。戦闘面では、なんといっても、ライフル魔、永山則夫です」

 正田昭が敵軍の分析をすると、信徒たちがこぞって奮い立つ。

「永山則夫はワシが殺しちゃるけえのお。ワシの方が強いんやけえのお」

「角田の婆さんの首は私が取りましょう。皆さんには、露払いをしていただきます」

 造田博と大道寺将司は、闘志マンマンである。

「私も、できることを頑張ります」

「みんなで、バドラこそが最強だってことをわからせてやろうぜ!」

 菊池正と関光彦も、自らの思いを口にする。

 皆の思いは一つ――。手柄を立て、教祖である麻原に褒めてほしい。バドラの名を高め、全国にその教えを普及させたい。

 大会に参加する全勢力中、おそらくはもっとも固い絆で結ばれた集団――。最大勢力であるバドラがいよいよ、重い腰を上げる。

 大戦の気運が高まっていく――。
スポンサーサイト

凶悪犯罪者バトルロイヤル 162話

 

 表向きは目が見えないということになっている麻原の目の前で、信じられないことが起こっていた。 

 勝田清孝が、「プロ野球スピリッツ」のシーズンモードを、勝手にプレイし始めたのである。

 現在、麻原がシーズンモードで使用している、我が栄光の巨人軍は三年目を迎え、現在までに122試合を消化している。不動の四番打者に成長したエディット選手の麻原照光は、ここまで打率421.45本、132打点を数え、史上初のシーズン打率四割達成に望みをかけていた。

 対戦相手は、東京ヤクルトスワローズである。近頃、リアルのプロ野球において、驚異的なペースで本塁打を量産し、偉大なる王さんの記録に挑もうとしている、不届きな外人が所属するチームだ。

 こともあろうに勝田清孝は、操作するジャイアンツの攻撃の回は、麻原照光も含めて三振ばかりを繰り返し、守備の回では、1番~3番、5番~9番までのバッターはちゃんと抑えるものの、4番に座るあの外人のときだけは、ど真ん中にストレートを放るということをやり始めたのである。どうやら勝田は、麻原の盲目が芝居であることに、信徒の中でただ一人気づいているらしい。勝田は麻原の嘘を、白日の下に暴こうとしているのだ。

 ガタ落ちする麻原照光の打率は4割を切る目前にまでなり、不届きな外人は、3本、4本と連続本塁打を重ねていく。麻原が、偉大なる王さんに申し訳ないと、ゲームの中でも抜かせなかった記録が抜かれてしまう・・。

 このまま試合数を重ねられ、勝田がセーブをしてしまったならば、栄光の「V9」を再現するという麻原の夢は打ち砕かれてしまう・・。一刻も早く止めに入らなくてはならないが、問題なのは、勝田は音声をミュートにしてプレイしている、ということである。今の状態で麻原が止めに入れば、盲目の設定は完全に瓦解してしまうのだ。

「清孝。清孝は何をやっている」

 考えた末に麻原がとったのは、他の信徒の口から、勝田清孝の行動についての情報を得るという手段であった。しかし・・。

「勝田さんなら、今はさんまのスーパーからくりTVを見ていますよ」

 勝田清孝は、麻原が問いかけたときだけ、チャンネルを変えてしまうのである。これでは、皆の口から、勝田清孝が行っている暴挙を言わせることはできない。

 麻原が手をこまねいている間にも、勝田清孝はペナントモードを進めていく。ついに、麻原照光の打率は4割を切り、逆に、肌の色も違い、血液型もわからないような不届きな外人風情は、ついに偉大なる王さんの記録に、肩を並べてしまった。

「打ちました。バレンティン、56号。日本記録達成です」

 とうとう破られた、偉大なる王さんの記録――。それも、サヨナラ本塁打での達成である。勝田は試合を終えると、いち早く、セーブボタンを押そうと指を動かした。麻原に、悪魔の笑みを向けて――。

「くっ。小便がしたくなってしまった。これは、トイレに行くしかないな」

 言うや否や、麻原は素早く立ち上がり、リビングの入り口とはまったく逆の、PS3がある方向へと歩き始めた。

「くっ。見えん。前が見えんから、うまく歩けんぞ。あっ。あーーーーーーっ」

 大げさによろけた麻原は、PS3のコードに躓き、転んでみせたのである。

「尊師、大丈夫ですか!」

「尊師、しっかりしてください」

 信徒たちが血相を変えて、盲目という設定になっている麻原のもとへと駆けよってきた。

「いやあ、すまん。何しろ、目が見えないものでな。目が見えないばかりに、こうしたミスもしてしまう。目が見えないとは、実に難儀なものだな」

 この危機を利用して、逆に目が見えないことの信ぴょう性を深めてしまった――。麻原の勝利である。当てが外れた勝田清孝は、悔しそうに舌うちをして、チャンネルを変えた。さんまのスーパーからくりTVである。

 画面に映し出されていたのは、ご長寿早押しクイズ――。同番組の名物コーナーである。勝負は、三人の老人が1ポイントで並んでおり、最終局面に入っていた。

 すでに問題は、本人も解答者と変わらぬ老境に差し掛かった司会者により、読み上げられた後である。字幕を見ると、「90年代後半、地下鉄サリン事件を起こした某教団の教祖が使っていたシャンプーは、○○○シャンプー?」と書かれている。

 ボタンが押された。82歳の女性、高山ひばりさんである。

「毛じらみ」

 いきなりカオスな解答である。

 続いてボタンを押したのは、91歳の男性、大塚大二郎さん。

「大便」

 今回の下ネタ担当は、この爺さんらしい。

 続いてボタンを押したのは、88歳の女性、間宮花さん。

「なおきさんのシャンプーは・・・・寝小便の・・」

 先ほどの爺さんに、心を惑わされたか。

「なぜこの程度の問題が答えられんのだ。ベビーシャンプーに決まっているではないか」

 麻原がついうっかりそう口にした瞬間、室内の視線が、すべて麻原に集中した。

 先ほどの問題はすでに読み上げられたばかりであり、内容を知るには、画面の字幕が見えてないといけない。正確な解答をすることができたということは、麻原が日常生活に支障はない程度の視力を有している証拠である。

 慌てて口を噤んだが、もう遅い。麻原の嘘はあっさりと瓦解し、囂々たる非難が降り注いだ。

「なんだよ尊師、やっぱり見えてんじゃねえかよ」

「みんなを騙してたのか!」

「う・・いや・・実は、三日前から視力が回復・・いや・・もともと視力がよくないのは本当なのだが・・」

 毎度毎度の、自業自得――。結局、麻原は場を収拾するため、これまでに描いた絵画亜二十点の破棄と、これまで誕生日会が開かれた信徒全員分のプレゼント買い直しを約束させられてしまった。

 一同はそれで気を取り直し、お誕生日会は相変わらずの盛り上がりを見せたのだが、ただ一人、その輪の中に加わらず、黙々と作業を進める信徒が。バドラの頭脳、正田昭である。

「そうか・・・わかった」

 世田谷の市民からかかってきた電話を置いた正田昭が、パーティー会場にはおよそ似つかわしくない、真面目くさった顔を、麻原に向けた。

「尊師・・。敵がなぜ、宅間軍の動向を逐一知ることができたのか、その理由がわかりました」

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第161話

「ハーピバースデートゥーユー。ハーピバースデートゥーユー。ハーピバースデーディア関くんー」

 麻原彰晃率いるバドラは、バドラ本部内にて、「お誕生日会」を開催していた。

 といっても、七月の末日であるこの日は、誰の誕生日というわけでもない。今日開かれているのは、今年の一月に誕生日を迎えた、関光彦を、「後から」祝う会である。ちなみに、前日の七月三十日には、四月十九日に誕生日を迎えた、正田昭を祝った。近頃バドラにおいては、この「後祝い」誕生日会を、四日間連続に渡って開催していた。

「よし。では、次はプレゼントの贈呈に移るとするか」

 司会を務める麻原は、食事を一時中断し、まだ酔いの回らぬ内に、各々が購入したプレゼントを、関光彦へと贈呈する段取りへと移行することにした。

「関くん、おいはこれを送るよ!」

 新加入の丸山博文からのプレゼントは、これからの季節に重宝する、小型扇風機である。

「あっしからは、これですがね」

 西口彰との戦いを経て加入した、強姦魔、小平義男からは、世界中にファンの多いオナホール「TENGA」の贈呈である。

 その他、洋服類、食べ物類など、様々なプレゼントが送られ、関光彦はその度、喜んだ顔を見せていたが、ある人物からのプレゼントだけには、不満な顔を見せた。

「ちょ・・・これは、酷いよ・・・」

 関光彦が不満を漏らしたのは、同時期にバドラに入信した、菊池正からのプレゼントである。

 菊池正のプレゼントとは、自作の粘土細工であった。それは、関世代なら誰しも憧れる「仮面ライダー」を模したものであったのだが、素人目に見ても明らかに完成度に難があり、しかも、焼き粘土や紙粘土ならともかく、油粘土で適当に作っただけの、着色も施されていない、お粗末なものであった。

「すまない・・・。もうすぐ訪れるお盆に備えて、お金を溜めて置かなければならないんだ・・」

 菊池正は、無類の母孝行者として知られている。近々訪れるお盆のお供えに備えて、お金を溜めておきたいのは、自然な感情だ。しかし、そんな人間らしい感情が、幼い頃、父からの虐待に怯えているのを常に庇ってくれた祖父の眼球を、あろうことかつま先で抉りぬいた、残虐な関光彦にはわかろうはずもない。

「ふざけんなよ!昨日の正ちゃんの誕生日会には、ちゃんとしたプレゼントを贈ったじゃないか!なのに俺にはこれか?菊ちゃんは、俺のことをどうでもいいと思っているのか!」

 この関光彦の憤りに対し、関を諌める側に回ったのが、年長者の小田島鐵男である。

「関くん。私は昨日、菊池くんが徹夜をしてこの粘土細工を作っているのを目にしました。プレゼントとは、その値段ではなく、込められた気持ちによって、その価値が決まるものではないのかね?ここで菊池くんのプレゼントを受け取らないのは、人としてどうなのかと、私は思うぞ」

 小田島の意見に、一同が頷きかけたが、次の勝田清孝の一言によって、場の雰囲気は一変する。

「いや・・・プレゼントに込められた誠意とは、言葉や態度ではなく、その金額によって決まるものではないですかね・・。なんだかんだといっても、世の中は金でしょう?」

 この言葉は、金銭に貪欲な凶悪犯罪者の心を強く揺さぶったようで、信徒たちは、小田島派、勝田派に別れ、激しい論争を繰り広げた。

 麻原はといえば、断然、勝田派であった。すでに自分の「後祝い」誕生日会が開かれていたならどうでもいいことであったが、今現在、麻原の「後祝い」誕生日会は、まだ開かれてはいない。もし、自分の「後祝い」誕生日会の日に、あんなお粗末な粘土細工がプレゼントとして贈られては大変である。そうならないために、ここで、「誠意さえ込められているなら、どんなお粗末なプレゼントを贈ってもいい」という風潮は、掻き消しておく必要がある。

「そういえば・・・尊師からのプレゼントを、まだ受け取っていないよ」

 関光彦が、論争を遮って、麻原にプレゼントを催促してきた。

「おう。そういえば、まだであったな。待っていろ」

 麻原はそう言って、手元の袋から、一枚の絵画を取り出した。描かれているのは、幸運の神ガネーシャである。

「おおっ、すげえっ」

「目が見えないのに、こんな絵が描けるのかよっ」

 五日前のこと――麻原は、自分のカリスマ性を高めるため、実は自分は、視力がまったく無い全盲ということを、信徒たちに言い含めていた。

 実際は、麻原は先天性緑内障のため十分な視野は確保できないものの、まったく目が見えないということはない。バドラのこれまでの活動を考えても、麻原が全盲などというのは通用しないはずなのだが、盲学校に通っていた実績もあり、信徒たちは容易く騙されてしまった。

 麻原がなぜにそんな嘘をつこうと思ったかといえば、「奇跡の才能――盲目の画家、昼原まもる」として、世間に売り出そうという腹積もりがあったからである。麻原は、たまに暇なときにクレヨンで絵を描く程度で、その画力は保育園年中組程度のものであったが、画壇の世界とは、画用紙に水性絵具で斑点をつけただけのものが、それを「0歳児が描いた」というだけで、ウン千万の値がつくこともあるような、狂った世界である。それならば、自分の絵ともいえない落書きでも、「盲目」というギミックがつけば、大金に繋がるのではないか、と、麻原は安易に考えたのである。

「今は紙クズ同然のこの絵も、いずれ高い値段がつく日がやってくる。真心も籠っているのに加えて、金にもなるプレゼントだぞ、光彦」

「確かにそうだ!」

「さすがは尊師だ!」

 麻原の、何の根拠もない理屈に、信徒たちはみな賛同する。俗世に解き放たれてからの麻原のマインドコントロール術は、塀の中にいたときよりも、むしろ高まっているような感覚を、自分自身感じていた。
 
自分は金を遣わず、信徒たちからは、高価なプレゼントを徴収する――。麻原の目論見が、着々と進行していた。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。