スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第155話

 午後七時。T・Nは、スカーフ・キッス控室にて、毎日行われる開店前ミーティングに参加していた。室内の空気は、いつになく緊迫している。

「では、今月度の売り上げランキング、ベスト5を発表する。5位、ミナミ。871万円。4位、ユウコ。913万円。3位、リノ。1073万円」

「おかしい!インチキしたに決まってる!」

 ミーティングを仕切る加藤店長のランキング発表に割り込み、前月までの売上女王、リノが、大きな声を上げる。加藤店長は、リノを一瞥することもない。淡々と、書類に印刷されたエクセルのデータを読み上げるだけである。

「2位、ホミカ。1356万円。1位、N。2073万円。以上。名前を読み上げられた者には、金一封を授与する。前に出てくれ」

 加藤店長の言葉に従ったのは、私とホミカだけだった。賞金は一番少ない5位が5万円で、1位まで5万円ずつ上がっていくのだが、お歴々の皆さまは、私やホミカより少ない賞金をもらうのが耐えられないのだろう。なんとも勿体ないことである。キャバクラ嬢でいられるのなんて、若い今のうちだけ。稼げるときに1円でも多く稼いでおかないと、後で絶対後悔することになるのに。

 入店から3か月。目標としていたナンバー1、キャストの座に君臨することができた。それも、親友、ホミカとの1,2フィニッシュというおまけつきである。終盤、麻原彰晃が書いた詩の効果で、主に世田谷区からやってきた客が増えたことが大きかったのは間違いないが、この数字なら、何もなくても順位に変動はなかったかもしれない。

 いずれにせよ、松永社長が全国のキャバクラから選りすぐったエリートを抑え、未経験組の二人がトップに躍り出たのは事実。その期間は、わずか3か月。これからの伸びしろを考えたら、少なくとも今ここにいる先輩方に、政権を覆されることはないであろう。ホミカと一緒に店の看板を背負って立つという夢が、実現したのである。

「ありえない。絶対ありえない!あんた、枕してるでしょ!正直に言いなさいよ!」

 枕営業――客に身体を許すことであるが、勿論そんなことはしていない。枕をすれば、一時的には成績が上がるのは間違いないが、長期的に考えれば逆効果である。キャバクラ嬢と寝るのは、客の究極の目的。それを叶えてやった瞬間、客の情熱は冷めてしまう。切り札は滅多なことでは抜いてはいけないのである。

「なんとか答えなさいよ!」

「変な言いがかりはよせ。Nに敗れて悔しいのなら、接客で対抗しろよ」

 リノが私に掴みかかってきたところで、加藤店長が助けに入ってくれた。

「どいて!邪魔!」

 リノが控室を出る際、八つ当たりで新人の男性従業員を突き飛ばしていった。私はその従業員に近づき、優しく声をかける。

「大丈夫ですか?」

「は、はい・・。あの、一位、おめでとうございます」

「ありがとう。男性従業員の皆さんの、頑張りのお蔭です。これからも、よろしくお願いしますね」

 リップサービスではない。加藤店長はじめ、裏方の助力のお蔭で、ここまで来れたと思っている。かつて、「たかが野球選手が」という発言で大バッシングを受けた人物がいたが、実際、華やかに見える地位にいても、駒は永遠に駒なのである。一方、裏方で駒を支える側は、着実に力をつけ、いずれ駒を操る側に立つ。彼らを敵に回していいことは何もない。ただ女王様気分を味わいたいために、ボーイを奴隷のように扱っているリノのようなキャストもいるが、彼らが出世して店長クラスになれば、締め出されるのは自分なのである。リノのような浅はかな態度は、いつか自分に返ってくる。

 そして営業時間となったが、私とホミカへの対抗心が空回りするリノたちに対し、私とホミカは自然体の接客で、テーブルを弾けさせた。スタートダッシュに成功したのである。長きに渡る伝説への滑り出しは、順調であった。

 アフターは常連客のオザワと、ゴールデン街に繰り出す。昔ながらの、木造建築の飲み屋が多く連なる一帯である。

「N、こんな小汚い店でいいのか?渋谷にオープンした、懐石料理の店などどうだ?」

「いいの。私、こういうレトロな雰囲気が好きなんだから。その世代を知らないからむしろ魅力を感じるというのもあると思うけど、古き良きものを大事にするって、素敵だと思うな」

 私の発言に、バーの店主が目を細める。この街の住人にも、私の顔は段々と通ってきた。

「ちょっと、トイレに行ってくる」

 オザワが席を立ち、店の外にある共用トイレへと向かっていった。残された私は、一人ドライフルーツを撮みながら、ハイボールのグラスを傾ける。

「マスター、ジャック・ダニエルをロックで」

 オザワが座っていた席に、やつれた中間管理職風の中年男性が腰を下ろした。

「あ、そこは・・・」

 出そうとした声が引っ込んだ。軽く回っていた酔いが、一気に冷めていく。

 二着9000円のスーツ、くたびれたネクタイ、バッタ者の腕時計。乱れた頭髪、まばらに生えた無精ひげ、やつれた頬――。その姿は、かつて威勢を誇っていたあの頃とは180度違う。

 しかし、その顔は紛れもなく、大会参加者にして、池袋のキャバクラ「IKB48」の元オーナー、八木茂に間違いなかった。

小説・詩ランキング

小説・詩
スポンサーサイト

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第154話

「そ・・それじゃ、そろそろ、治療といきましょうか」

 加藤智大同様に呆然としていた吉田純子が、自慰行為を続ける宮崎勤を制し、おかしな美人女性には帰宅を促して、宮崎の陰茎の治療を開始した。

「うーん、どれどれ・・」

 任務とはいえ、よく、あんなグロテスクなものをマジマジと見つめられるものだ。医療の世界とはグロ耐性の世界でもあるが、そうした世界にいて、セックス方面の倒錯を起こしたりはしないのだろうか?と、俺はくだらないことを考えた。

「雑菌が粘膜に触れて、軽く炎症を起こしているだけみたいね。一週間ほど安静にしていればよくなるわ。入院はする必要ないから、あなたのハニーに電話して、迎えに来てもらいましょう」

「あっあっあっ。あいつはハニーじゃないんだっ。あれがハニーとか、やめるんだっ」

 今まで、支離滅裂な言動を繰り返していた宮崎が、初めて意味が聞き取れる言葉を発した。ハニーとは、同居人の木嶋香苗のことだろうが、あれをハニーと言われるのは、よほど嫌なのだろう。

「どうもどうも、遅くなりまして。うわ・・勤兄さん、こりゃまた派手に汚したねえ」

 木嶋香苗より先にやってきたのは、便利屋稼業を営むA・Sだった。俺が電話で、宮崎のクソで汚れた部屋の後始末を依頼していたのである。

「いやあ、勤兄さん、ホンマありがとう。勤兄さんのユルユルの肛門のお蔭で、仕事にありつけましたわ」

 Aが、テキパキとした動作でクソを掃除しながら、宮崎を言葉攻めする。その顔は、実に嬉々としていた。

「じゃあ、あとは任せるからな」

 自分のやるべきことは終わった。宮崎やAの世界に付き合いたくない俺は、ここで「魔境」を後にした。

 あんなものを見た後では、食欲も湧かない。俺はまっすぐ駅へと向かったのだが、その途中、ふと、自分があの歩行者天国を歩いていることに気が付いた。

 抵抗は感じない。心はまったく、さざめかない。普通でいられる。宮崎が織りなす「魔境」に比べれば、あの歩行者天国にいることくらい、どうってことはなかった。

 毒を以て、毒を制す。これが、重信さんや松永さんの意図だったのだろうか。何とかとハサミは使いようという言葉もあるが、あんな変態野郎にも、利用価値というものはあるらしい。

「一人のおかげで、みんなが迷惑。加藤を死刑に早くしろ」

 防犯グッズ販売店の軒先に設置されたラジカセから流れる、そんな漫談の一節を聞いても、別になんとも思わない。トラウマを完全に克服した俺は、久々にフィギュアショップを巡ってから帰ることにした。

                ☆    ☆    ☆     ☆    ☆

 宮崎勤は、相も変わらず、毒魔羅を襲うヒリヒリとした痛みに悶えていた。

「しかし、よくもまあ、これだけのクソを漏らせるもんや。勤兄さん、ホモ・セックスのやりすぎなんちゃいますのん?勤兄さんの括約筋、仕事しなさすぎやで」

 なにかと僕と比較される、Aとかいうガキの言葉攻めが、僕の心を蝕む。先ほどは山地くんにも甚振られた僕は、これで「日に二度負ける」を味わったことになる。やはり僕はどこまでも、「グラップラー刃牙」作品内において、勝つために明日を捨てたあの男とシンクロしているらしい。

「勤さん!」

 地鳴りのような足音をさせながら廊下を歩き、僕のブースに入ってきたのは、同居人の木嶋香苗である。ぶるぶると震える頬肉――マキとは似ても似つかぬ、脂肪に塗れた巨大な顔である。

「勤さん・・・アンタ・・・馬鹿じゃないの」

「あっあっあっ。僕はバカじゃないんだっ。バカじゃないんだっ」

 木嶋が放った、あまりにもストレートすぎる言葉が、僕の心を激しく抉る。まさかこんな奴に罵られるなんて。くそう、今日はマキを殺し、人生最大の愉悦を味わうはずだったのに、どうしてこんなことになってしまったんだ。 

「じゃあ、愛しのハニーも来たことだし、私は帰るわねー」

 加藤とともにやってきたオバサンも、僕をからかって帰っていった。みんなして僕を馬鹿にして・・だから、犯罪者なんて野蛮なヤツらは、大嫌いなんだ!

 やがて、仕事を終えたAも帰っていき、僕は木嶋香苗に手を引かれ、秋葉原から青山の自宅へ帰って行った。加藤たちは、僕がマキと一緒だったことは伝えなかったのか、木嶋佳苗は道中、僕が秋葉原に行った理由について、詮索してくることはなかった。

「じゃあ勤さん、薬を塗るから、その・・・・履いてるものを下ろして」

 僕をベットに寝かせた木嶋は、毒魔羅の治療を始めた。

「キャッ・・・いやッ・・・」

 露わになったブツを見て、木嶋が恥ずかしそうに顔を背ける。マキのような若く美しい女がやれば可愛らしくも見えるであろうその仕草も、年のいった巨漢女では、何の興奮もない。大体、容姿がまずい女がセックスにウブで滅多にやらせてくれないなど、それは何の取り柄もないではないか。

 しかし、僕の毒魔羅に薬を塗る木嶋の手つきは、献身的で優しいものだった。この巨漢女が、逮捕される前は何人もの男をたらしこんだというのには、こうしたことも手段としてあったのだろう。

 あれほど激しかった毒魔羅の痛みが、徐々に和らいでいく・・・。この良い心地をもたらしてくれたのは、紛れもなく、僕の同居人、木嶋香苗である。美しいマキに差し込むことあできなかった毒魔羅は、マキとは似ても似つかぬ木嶋香苗によって、快楽の園へと導かれた。

「今日から私が看病してあげるからね。ゆっくり、治していきましょう」

 部屋を出て、僕に振る舞うおかゆを作りに台所に向かう、木嶋香苗の逞しい背中――おっかさんのようなその後ろ姿を見て、なぜだか僕の胸はときめく――。

 この感情を、恋というのかもしれなかった。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第153話

 加藤智大は、麻原包囲網の第二勢力、角田美代子軍のナンバー2、吉田純子とともに、秋葉原の町を訪れていた。

 吉田純子・・福岡看護士連続殺人事件の主犯。平成10年、看護士として福岡の病院に勤務していた吉田は、看護学校時代の同級生三人を言葉巧みに操り、彼女たち自身の夫など身内を殺害させ、保険金を騙し取った罪で逮捕された。

 かつての知り合いに寄生して金を騙し取り、カスも取れないほど絞りつくすと、今度は殺人のための手足として利用する。その手口は、我が上官である、松永社長と酷似している。その松永社長も九州出身。他の参加者では、バドラと死闘を演じた西口彰や、「九州一のワル」別府湾保険金殺害事件の犯人、荒木虎美も、九州の出身である。

 出身地差別をするつもりはないが、九州という土地が、金銭がらみの凶悪犯罪者のメッカであることは、統計的に明らかである。これは、豪勢な物を好み、見栄っ張りな九州人の気質が関係しているのだろうか。

「加藤くん、気分はどうですか」

 秋葉原に到着した旨を重信さんにメールで送ると、すぐに電話がかかってきた。

「今のところは、大丈夫です・・。平静を保てています」

「わかりました。何かあったら、すぐに電話してください」

「はい・・心配をかけ、申し訳ありません」

 事件から五年。俺も当時の心理状態を、客観的に振り返ることができるようになっている。トラウマの地を訪れても、取り乱すようなことはない。が、まったく平然としていられるわけでもない。不安定な振り子の針が、必死にぐらつきを抑えている状態。それが俺の現状だった。

 「あの街」へ向かえ――。重信さん、松永さんの指示を、俺は初め拒絶した。いくら上官命令だとて、俺が取り返しのつかない過ちを犯してしまったあの街に足を踏み入れるのは、さすがに抵抗があった。

 そんな俺を、二人はこう諭した。

――敵は今後、君のトラウマを利用し、戦地に秋葉原を選び、心理戦を仕掛けてくるかもしれない。早い内に、トラウマを克服しなさい――。

 俺のトラウマが、全体戦略に関わってくる。そう言われては、頑なな態度も解かざるをえなかった。

「へえ~、秋葉原なんてオタクの街だと思ってたけど、結構オシャレな格好している人もいるのね~」

 しかし、同行する相手が、こんなオバサンでは・・。せめてNとでも一緒に行ければ、まだテンションも上がったというのに。まあ、今回の目的は、どうやら負傷したらしい宮崎勤を治療することなのだから、元看護士のこのオバサンと一緒に行くのは当然なのか。俺的には、宮崎などは勝手にくたばっても一向に構わないのだが・・。

「っていうか、こうして二人歩いていると、私たち、デートしているみたいね」

 勘弁してくれ。 

「着きましたよ。このカラオケ屋ですね」

 なんとか吉田のオバサンのトークが全開にならない内に、目的地に到着することができた。あの場所――歩行者天国をあえて避け、わざわざ遠回りをしてここまでやってきたことは、土地鑑のないオバサンには気づかれていないようである。あとはさっさと用事を済ませて、帰るだけ。俺はフロントで自分たちの代金を払い、宮崎のいるブースへ向かった。

 そこには、地獄絵図が広がっていた。部屋中に付着した汚物の中、大事なモノを露出しながら床に横たわり、奇妙なうめき声を上げている宮崎。ソファの上では、そんな部屋の様子に気が付いていない様子の美女が、すやすやと寝息を立てている。一体何をどうしたら、こんなシチュエーションがこの世に現出するのか。さっぱりわからなかった。

「お客様、どうかされましたか・・うっ。なんだ、これは・・・」

 ブースのドアを開けたまま呆然としていると、店員が声をかけてきた。

「すいませんが、処理は私たちに任せてもらえませんか」

 万券10枚をチップに渡すと、店員は、速やかに清掃を行うのを条件に、事を内密にすることを約束してくれた。

「まずは、この人を何とかしないとな・・。おい、宮崎。ちょっと出るぞ」

「あっあっあっ。僕は勝つために明日を捨てたのに、邪魔をするのか」

「うるさい。いいから来い」

 俺は、ごちゃごちゃとわけのわからない言葉を並べ立てる宮崎の手を掴み、トイレへと一時退却した。その間、吉田のオバサンが、あの美女を起こして、部屋から退避させる。抜けるような白い肌に、透き通った瞳。一体宮崎は、どういう経緯であの美女とデートをするに至ったのか。今世紀最大の謎だった。

 しかし、ブースに戻った俺に、さらなる謎が襲い掛かってきた。

「あれ・・なんで」

 ソファで眠っていた美女が、目を覚まして、普通に立っているのである。

「吉田さん、どうなってるんですか」

「いや、私は出ていくように言ったんだけどね。この子が・・・」

 宮崎のクソに塗れたブース内に、絶世の美女。どう見てもそぐわない光景である。しかもその美女は、悪臭漂うこのブースの中で、瞳を輝かせてすらいる。一体、何をどうすれば、こんな光景がこの世に現出するのか?宮崎は、なにか魔法でも使ったのか?

「宮崎さん・・・すごいですね」

「あっあっあっ」

「私のために、くそみそテクニックを再現してくれたんですね」

 瞬間、意識が宇宙を彷徨った。この子はなんだろう。

「私、ずっと見たかったんです。あべたかかずと、道下正樹が、糞塗れでヤリまくる光景を・・あの漫画の続編を・・。これからやってくれるんですよね。さあ、お願いします」

「あっあっあっ」

 ときめくマキのリクエストを受け、宮崎が、痛みが走っているであろうペニスを、床に落ちていた、高名な文化人のパネルに取り付けられていたオナホールに突っ込み、演技を始めた。

「わ~、すごいすご~い」

「あああっ、あああっ、痛いよおっ、痛いよおっ」

 喜ぶマキ。激痛に悶えながら、自慰行為をする宮崎。俺と吉田のオバサンは、意識を宇宙に飛ばされたまま、戻ってこれない。

 なんだ、コイツラは。なにかもう、生まれたことを後悔したい気持ちだった。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第152話

 仰向けの状態で「TENGA」に嵌った宮崎勤の毒魔羅は、激しい痛みを発していた。

「さあ、宮崎くん。毒抜きの始まりだよ」

 ブラックジャックコスの山地くんが、手に握った「TENGA」を、上下に動かし始める。想像を絶する痛みに、僕は叫び声を上げることしかできなかった。

「あっあっあっ。山地くん、どうしてこんなことをするんだっ」

「どうしてって、僕は宮崎くんを治してあげたいだけだよ。ほら、ほら、宮崎くん、声出して。権蔵はこんなに気持ちよさそうだよ」

 見ると、「TENGA」に取り付けられた鬼瓦権蔵のパネルが、腰を8の字にグラインドさせている。僕のうんちに塗れた鬼瓦権蔵が、気持ちよさそうに喘いでいる。ドカジャンに泥棒ひげ、汚らしい権蔵のぐちょぐちょおマンコに、僕の毒魔羅が入っている・・・。

「嫌だあっ。嫌だよおっ。山地くん、抜いてよおっ」

「ダメだよ。だって権蔵は、こんなに気持ちよさそうじゃない。今、宮崎くんの毒魔、あ、間違えた、毒チンチンを抜いたら、権蔵が可愛そうだよ」

「酷いよっ。酷いよっ。山地くんっ!」

「ほらっほらっ、権蔵イっちゃうよっ。権蔵イっちゃうよっ。権蔵、宮崎くんのことが大好きだって言ってるよっ!」

 山地くんが上下左右に動かす鬼瓦権蔵――。そう言われてみると、うんち塗れの鬼瓦権蔵の顔は、微かに赤らみ、感じているように見える。

「ダンカン馬鹿野郎この野郎!じょ~だんじゃないよ!」

 山地くんの物まねは全然似ていなかったが、毒魔羅の痛みに追い詰められている僕の心を蝕むには、十分だった。

 嫌だ――僕の毒魔羅で、この汚らしい鬼瓦権蔵が感じているなんて、そんな気持ち悪いこと、あってたまるか。

「嫌だっ。そんなの、嫌だあっ」

 凄まじい生理的不快感。しかし、ドーピングによって膨張した僕の毒魔羅は、なかなか小さくはなってくれない。絶え間なく襲いくる痛み――いったい僕の毒魔羅は、どうなっているのだろう。

「ったくもう、権蔵はこんなに気持ちよさそうなのに、宮崎くんは気持ちよくないんだね」

 山地くんはようやく、「鬼瓦権蔵TENGA」を外してくれた。「黒ひげ危機一髪」のように僕の毒魔羅からピョンと飛び上がり、離れていった鬼瓦権蔵。その中から、小さな塊が落ちてきた。

「おや。権蔵のおマンコから、何かが出てきたぞ」

 鬼瓦権蔵パネルの陰部――今しがたまで、僕の毒魔羅が嵌っていた「TENGA」から、何かが落ちてきた。テラテラとなまめかしく光る、肌色の物体――キン肉マン消しゴム、いわゆる「キン消し」であった。

「やったね、宮崎くん。宮崎くんと権蔵の子供が産まれたよ」

 僕と鬼瓦権蔵の子供・・・僕の毒魔羅が鬼瓦権蔵のマンコに入って、鬼瓦権蔵に赤ちゃんが出来ちゃった・・そして産まれた子供は、豚鼻にたらこ唇の、どうしようもない不細工だった・・。

「いやだ、いやだ、嫌だよおっ・・」
 
 僕が流した大粒の涙が、床にこびりついた僕のうんちに落ちた。涙で滲む視界の先には、天を向く僕の毒魔羅が見える。真っ赤に爛れて、皮膚が火傷をしたようにベロッとめくれた、僕の毒魔羅が・・。

 もはや、泣きわめく気力もなかった。勝つために明日を捨てるにあたり、魔羅が壊死することは恐れていなかったはずの僕であるが、いざ、死に絶えようとしている現物を目の当たりにすると、さすがに平静ではいられなくなる。

「あっ。もう、バイトに行く時間じゃないか。もう、前もっていってくれれば、今日は休みにしたのに」

 山地くんが、ようやく僕をいたぶるのを辞め、帰り支度を始めた。

「僕たちは、友達だったんじゃないのかっ!」

 最後の希望に縋るように、僕は叫んだ。

「そうさ、友達さ。だから、また今度遊ぼうよ」

 相も変わらずの、少年のような笑顔――。僕をおちょくっているとも、本気で言っているともとれない。僕にこんな酷いことをして、未だに友達でいられると思っている。普通なら考えられないことだが、山地くんなら、本当にそう考えている可能性もある。

 かつてない恐怖。他人をこんなに怖いと思ったのは、生まれて初めてだった。相手が考えていることがわからないというのは、こんなに怖いことなのか。僕も、他人からはこんな風に見えていたのか。

「じゃあね、宮崎くん。毒ひのきの棒には、メンソレータムとかを塗っておくんだよ」

 山地くんは最後まで僕を愚弄して、カラオケボックスを出ていった。

 許さない。僕は山地くんを許さないぞ。絶対に復讐してやる。必ずや山地くんを「肉物体」「骨形態」にして、爺さんと同じように食べてやるんだ。

 しかし、今はひとまず、毒魔羅を襲うこの痛みから逃れるほうが先決であった。ここで命を失っては、復讐どころの話ではないのである。

 無意識に、指が動いていた。僕が困ったときいつも助けてくれる、正義のヒーローのようなあの男を、呼び出そうとしたのである。

「あっあっあっ。地上最強の男は、毒も栄養も等しく食らうことこそが食には肝要だって言ったじゃないかっ!なのになんで、僕の毒魔羅は、グジュグジュになっちゃったんだっ!」

「落ち着いてください、宮崎さん。また何かあったのなら、いつも通り加藤くんを向かわせますので、順を追って話してください」

 正義のヒーロ―松永に、僕は今の惨状を説明した。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。