凶悪犯罪者バトルロイヤル 第三話

 グランドマスターは紅茶で喉を潤した後、ゆっくりと喋りはじめる。

「さて、では計画の概要だが、まず、先ほども言ったように、君たちにはこれから、殺し合いをしてもらう。参加者は全員で100名。この100名を、最終的に8名まで絞ってもらう。期間は今日、20××年3月1日から1年間だ。期限までに生き残った者8名には、海外で希望する国に生活拠点と、日本円で十億の賞金を与える。しかし、期限までに8名まで絞られなかった場合は、申し訳ないが全員に死んでもらう。延長戦はなしだ。ここまでで、何か質問は?」

「なぜ、勝ち抜け人数は8名なんだ?」

「いい質問だ。8名という数字には、ちゃんと意味があってね。もし、勝ち抜け人数を1人までに絞るとなった場合、どうしても最終的には腕力の強さが物を言う結果になってしまうだろう?そんな単純な勝負は見たくない。参加者には女性や老齢の犯罪者も多くいる。逃亡術に優れている者、殺傷能力に優れている者、人を操るのが得意な者。理性で動くタイプ、勘で動くタイプ。人それぞれだ。それぞれの犯罪者が己の持ち味を発揮し、己のやり方で生き残れる最低人数を考えた結果が、8名という数字なんだよ。そしてここがポイントだが、その8名には、いかなる人間関係が存在していようが関係ない。だから極端な話、君が娑婆に出て、他の参加者を探して集めて8名の組織を作り、その8名でその他の犯罪者を駆逐してしまえば、それで勝ち抜けは決まりというわけだ。逆に、君の仲間が全員殺され、他はすべて敵ばかりという状況になったとしても、最後の8名にさえ生き残っていればそれでいい。こんな説明で、わかっていただけたかな?」

 麻原は頷いた。頷きながら、すでに自分がどういう立場で最後の8名に生き残るべきかを考えていた。

 自分の持ち味は、なんといってもカリスマ性と統率力だ。自分自身には度胸も身体能力もないが、人の心をつかみ、人を動かすことにかけては無類の才能を発揮する。俗世に出たら、ただちに他の参加者を探しだして己の信徒とし、手足のように使う。麻原帝国を作り上げ、最後まで王の座に君臨し、8名の中に生き残るのだ。

 が、そう考えると、ある問題が立ちはだかるのに気がつく。

「俗世に出るといっても、参加者の行動範囲はどれくらいになるんだ?日本全国となると、他の参加者を探しだすだけで1年が経ってしまうぞ」

「ふむ。それはそうだ。安心したまえ、君たち参加者の行動範囲は、東京二十三区内のみと定められている。東京二十三区を一歩でも出て隣県に足を踏み入れたら、ただちに委員会がその参加者の身柄を拘束し、そこで処分されるということになっている。ま、電車に乗ってウトウトしている内に、ついうっかり・・なんてのは大目に見てやるつもりだが。もっとも、そんなに緊張感のない参加者はいないはずだがね」

「・・わかった。先に進んでくれ」

「うむ。ではここからは細かいルールの説明に入らせてもらおう。まずは、戦闘についてだ。これに関しては、基本的に銃火器類の使用は無しで行こうと思っている。あまりに人数が減らないようであれば、順次解禁という方針をとっていくがね。悪いが君の得意な薬物や生物兵器も、最初は使用を禁止とさせてもらう。詳しくはマニュアルを参照してもらうが、まあ、とりあえずは刃物や鈍器、あるいはロープなどを使って戦ってもらうと思ってもらって間違いはない」

 そんな原始的な武器しか使えないのであれば、ますます自分が直接手をくだすのは不可能だ。やはり自分が生き残るには、組織を作るしかない。すると気になることが出てくる。

「話が変わるが、ちょっといいか?俺は俗世を離れて長い。俺以前に逮捕された者ならともかく、俺以降に逮捕された犯罪者に関する知識がない。このままでは、仲間を集めることも、敵を探すこともできない」

「安心したまえ。あとで、全参加者の顔写真付きのファイルを渡す。罪状も書いてあるから、その犯罪者がおおよそどんなタイプかを推察することもできる」

「わかった。戦闘の話を続けてくれ」

「うむ。戦闘について君たちが気になることといえば、警察の存在だろうが、すでに私が警視庁に手を廻して、君たち同士の犯罪については目をつぶるように命じてある。君たち同士がいくら殺し合おうが、警察に逮捕されることはない。ただ、一般人を巻き込むこと。これは厳禁だ。故意か否かにかかわらず、一般人に危害を加えた者は、その時点で処分決定だ」

「逆に、俺達が一般人から犯罪の被害にあった場合はどうなる?」

「その場合も同じことだ。君たちが一般人に反撃することは一切許されない。それを利用して、一般人をけしかけて犯罪者を襲わせようとした者についても、発覚しだい処分する。とにかく、戦闘に関して、一般人に手を上げることは一切許されない。例外はない」

 自分を排除した社会への復讐。その望みは、少なくとも1年は叶えられないということか。仕方がないが、まずは自由を手に入れることを考えるしかない。

「次に、1年間の生活について説明する。君たちには娑婆に出るにあたって、当座の金として200万円を渡す。その金で武器を買うもよし、人を集めるもよし、全てを生活費に充てて最後まで逃げ切るもよしだ。しかし、それ以上の金については、自分で稼いでもらうということになっている。アルバイトをするなり、自分で商売を始めるなり、方法は任せる。他の参加者を殺して所持金を奪い取るのもありだ。ただ、さっきも言ったように、一般人から金を巻き上げるのは許されない。強盗などもっての他、詐欺、恐喝も一切禁止だ。真っ当な方法で、金を稼いでもらう。戦闘と違い、ビジネスパートナーとしてなら、一般人と交流を持つのはOKとする。堅気でもヤクザでも、好きなように関わってくれたまえ。生き残るためには犯罪の才能だけではなく、人間力全てを使わなくてはならない、ということだな」

 何やら得意げなグランドマスターの顔つきは腹が立つが、とりあえず頷いておいた。どうせ抜け道はいくらでもある。真面目に働くつもりなどはさらさらなかった。

「一般人ということではこれも大事なことだが、参加者には、1年間の期間中、娑婆にいる親族や知り合いと連絡を取ることは許されない。一切の支援を受けてはならない。これも、破った時点で即座に処分の対象となる」

 それはそうだろうとは思っていたため、ショックはなかった。俗世の人脈を活用できるとなれば、自分のように支援者が多い犯罪者と、過去の犯罪者や天涯孤独の犯罪者との間に大きな不公平が生まれてしまう。

「それとこれも大切なことだが、外見や身だしなみには気を付けておいてくれよ。一般人が、獄中にいるはずの、あるいは、すでに死んだ死刑囚を町で見たなんてことになったら、大変な騒ぎになってしまうからね。君が長髪に髭、作務衣のあのお馴染みのスタイルで歩いていたら一発でアウトだ。逆に逮捕当時の肖像とまるで違うイメージに外見を繕っていれば、まあ、都会人は基本的に他人に関心がないから大丈夫だろう」

 納得して頷いた。現在、自分の髪型は、大阪のおばちゃんのような天然パーマネントの短髪である。髭は当然ながら無い。顔のパーツ以外に唯一逮捕当時と同じなのは、100キロ近い肥満体だけだ。

 すでに教祖ではない自分が、神聖さを意識する必要は無い。カツラやツケ髭をつけてまで当時のイメージに近づける理由は、何も無い。第7サティアンの隠し部屋に警察が踏み込んできた瞬間、自分は教祖たる自分を全て捨てたのだ。しかし、ただ一つ、現在も捨てていないものがある。それが麻原彰晃という名だ。自分の肉体を作り出した両親がつけた名を捨て、神の座にすわるために自らで決めた名前。自分は今も、これからも、麻原彰晃という名で生きる。1年後もだ。この名前を捨てるのは、TSUTAYAのカードを作るときだけだ。

「さて・・重要なことについては、全て話した。後はマニュアルをしっかり見てもらって、ゲーム中になにか問題が発生したときにその都度質問してもらうという形をとってもらいたいのだが、どうだろう?」

「ああ。それでいい」

「うむ。では、支度金と持ち物を渡そう」

 グランドマスターが、アタッシュケースを開けた。

「まず、これが現金200万円だ。財布も渡すが、全部は入りきらんだろうから、管理にはくれぐれも注意してくれ。娑婆に出た瞬間に不良少年にカツアゲされるなんてことにならないようにな。それから、これが携帯電話だ。君が娑婆にいた頃に比べて、随分小さくなっただろう?電話だけでなく、インターネットや動画が観れたりもする。まあ詳しくは、若い参加者を仲間にするなりして聞いてくれ。それから、三日分の着がえ。もろもろを入れるバッグ。最初に渡すのはこれくらいだ。あと、必要なものがあったら、200万円の中から自分で考えて使ってくれ。武器もな」

 麻原は着替えを済ませる。考えてみればもう三十年近く、作務衣や囚人服など、浮世離れした服ばかり着ている。カジュアルなファッションに身を包むのは、宇宙服を着るような感覚だった。

「よし。身支度が済んだようだな。心の準備はできているかな?」

「ああ。血が騒いで仕方が無い。俺は必ず、生き残ってみせる」

「その意気だ。では、出発しようか」

 麻原は刑務官に両脇を抱えられながら、拘置所の外へと出る。駐車場で、フィルムで目張りされたワゴン車に乗りこむ。車は一時間ほど走り、エンジンを止めた。都内のどこか・・・どこかわからない。

「着いたようだな。さあ、行くがいい、麻原君。健闘を祈る」

 震えながら、車の外に足を踏み出した。武者震いだった。凍てつく風が肌に突き刺さる。十年ぶりに浴びる直射日光が、糸のように細い瞼から覗く瞳を焼く。

 麻原彰晃の自由をかけた戦いが、今、幕を開けた。
スポンサーサイト

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第二話

「離せ!貴様ら、無間地獄へと堕ちるぞ!」

 100キロ近い巨漢の麻原彰晃が暴れるのを、刑務官が必死に抑えつけ、廊下を引き摺って歩く。麻原が連行されたのは、署長室だった。

「やあ、麻原君。元気そうだね」

 麻原を迎えたのは、漆黒のスーツに身を包んだ、紳士然とした佇まいの男だった。顔面までをも、黒のマスクで覆っている。声の感じからすると、年齢は40代半ばといったところだろうか。

 自分の知っている署長の姿は見えない。交替があったのだろうか。目の前の男は新署長なのか。どうも違う気がする。そういう雰囲気ではない。

「貴様はなんだ。俺をどうする気だ」

 男に詰め寄ろうとする麻原彰晃を、刑務官が羽交い締めにする。男の左右に阿形、吽形のように立つ二人のボディーガードが、特殊警棒を構える。

「危険です。鎮静剤を使いましょう」

「いい。彼には、私の話の趣旨をしっかりと理解してもらわなければならないからな」

 注射器を構える刑務官を制して、男は麻原に歩み寄る。話の趣旨?この男は、何を言っている?

「ふむ。薬の効果は大したものだな」

 麻原の全身をまじまじと見て、男がニヤリと笑みをこぼして呟く。

「薬だと?どういうことだ」

「魔法の薬だよ。極秘裏に開発した、人間の細胞を若返らせる薬。それを一週間前から、君の食事に混ぜて投与させてもらった。今の君の肉体は、君の逮捕当時、40歳の時点まで若返っている。君にも、実感があるだろう?」

 男は悪びれもせず、淡々と語った。

 若返りの薬・・。自分が獄に繋がれている間、俗世の科学はそこまで進んでいたのか。しかし、この男はなぜ、自分にそんなものを?自分の肉体は本当に若返っていた、その嬉しさよりも、警戒心が先に立っていた。

「安心したまえ。実験段階では、副作用は皆無という結果が出ている。まあ、さすがに30歳、40歳も若返らせるとなるとノ―リスクというわけにはいかないが、君の場合はせいぜい20歳程度。身体にはなんの負担もないはずだ」

「そういう問題ではない。貴様はなぜ俺はにそんな薬を使ったんだ。貴様はなにを企んでいるんだ。貴様は何者なんだ」

 立て続けに麻原の質問を浴びて、男が苦笑する。

「これは失礼。どうやら説明の順序がおかしかったようだな。では、順を追って説明させてもらう。少し長くなる。ソファに座って、楽にして聞いてくれ」

 男に促され、麻原は刑務官に肩を掴まれながら、革張りのソファに腰を埋める。

「まず、私の素状からだが・・。誠に申し訳ないのだが、これは君には明かせない事情があってね。しかし呼び名がないというのも何かと不便だから、そうだな・・仮に、グランドマスターとでも呼んでもらおうか。ネーミングセンスが陳腐なのはご愛嬌ということで勘弁してくれ。くっくく・・」

 癇に障る笑いを漏らす男・・グランドマスター。麻原は無言で、グランドマスターの話に、引き続き耳を傾ける。

「ところで私は、この国の国家予算に匹敵する資産を保有していてね。それだけの金を持っていると、使い道に困って仕方が無いんだよ。宇宙開発かなにかにでも投資してみようかとも考えたのだが、どうもそういう、誰でも思い付きそうなことに金を使うというのは面白くなくてね。どうしたものかと考えていたある日・・きっかけは何だったかな。とくにきっかけというものはなかったかな。何かから連想したわけでもなく、ふと、ああ、歴史に名を残す犯罪者同士の殺し合いが見てみたい、と思い立ったんだ。それが十年くらい前だったかな。それから・・」

「ちょっと待て。俺には貴様が何を言っているかわからん。犯罪者同士の殺し合いというのは・・」

「そう。それをこれから君にやってもらうんだよ。もちろんタダでとは言わない。君が見事に殺し合いを生き残ったならば、君がもっとも渇望しているものをプレゼントする。自由をね」

 まるでコンビニにジュースを買いに行ってこいとでも言うような口調である。

「最初はこの世にいる犯罪者だけでやってもらおうかと思っていたんだが、どうも頭数が足りなくてね。くだらん犯罪を犯した人間を混ぜても仕方ないから、過去の大物犯罪者をクローン技術で蘇らせることにしたんだ。その技術開発に手間取って、十年もの歳月がかかってしまった。待たせてしまって、悪かったね」

「・・・クローン人間だと?」

「そう。すでにこの世の人間ではない犯罪者を、外見、知能、身体能力を、寸部の狂いもなく再現して、逮捕当時の年齢で肉体をサルベージする。蘇らせた彼らには、一年間かけて教育を施し、生前の記憶までも忠実に再現するんだ。」

 グランドマスターは実にサラッとした口調で語っているが、正直、まったくついていけなかった。荒唐無稽な教義で信徒を丸めこむのを得意としていた自分だが、狂気の次元が違う。何を質問していいのか、どこから質問していいのか、それすらわからなかった。

「まあ、この場で全てを理解しなくてもいい。いま君にわかって欲しいのは、君にはこれから娑婆に出て、日本の犯罪史上にその名を刻んだ凶悪犯罪者たちと殺し合いをしてもらうということ。そしてその殺し合いを制した暁には、君は晴れて自由を手に入れるということだ。麻原君、喜びたまえ。君は今日をもって死刑囚の身分から解放されたんだよ」

「・・あまりに現実離れし過ぎている。そんな話は信じられない」

「現実離れ、とは君らしくもない言葉だ。私の話が嘘だというのなら、君の身体に起こっている現象をどう説明する?現実離れというが、現実に君の肉体は若返っているではないか。こんなことが、君の得意な超能力で出来るか?最終解脱者である君にすら実現できないことをやってのけた私だ。なにが出来ても不思議ではないとは思わないか?」

「・・・」

「では、計画の概要とルールについて説明しよう。あとでマニュアルを渡すので、メモは取らなくていい」

 返す言葉もなく黙りこくっている自分を見て、納得したと思ったのか、グランドマスターは話を進め出した。

 そのまま黙って耳を傾ける。グランドマスターの話は雲をつかむようで、まだなにも、確定的な判断はできない。だが麻原はこの時点で、グランドマスターの話に乗れば、少なくともこのまま獄に繋がれているよりはマシではないかという気がしてきていた。

凶悪犯罪者バトルロイヤル 第一話

 俗世で過ごした、あのめくるめく日々も、今では遠い渚のように思える。

 前代未聞、史上最大の凶悪犯罪。

 世紀末日本を襲った巨大なうねり。

 自分は間違いなくその中心にいた。

 松本智津夫。畳職人の両親が付けた名前である。

 この名前でも、二十代以上の人間のほとんどは、一度見たら忘れようがない長髪に髭面の顔をすぐに思い浮かべ、「ああ」と頷く。

 だが、より知られているのはこちらの名前だろう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐麻原彰晃‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 宗教団体「オウム真理教」の教祖にして、合計死者数26名、合計負傷者数約7000名を数える「オウム真理教事件」の主犯。

 自分はカリスマだった。全盛期には15000人近い信徒が、自分を崇めた。億の富をこの手におさめた。選挙にも出馬した。テーマソングも作った。芸能人と対談もした。

 新興宗教といえばまずオウムを思い浮かべ、テロリストといえばまず麻原の名を思い浮かべる。そんな時代が、確かにあった。

 いや、現在もそうなのかもしれない。方の華三法行、パナウェーブ、創価学会。酒鬼薔薇事件、大坂池田小事件、北九州監禁殺人事件。

 どれも巨大な宗教団体であり、巨大な事件であるが、自分が作った団体の威容と、自分が起こした事件のインパクトには、及ばないように思う。

 とはいえ獄に繋がれた身では、今現在の自分の世間での評判を知る術はない。また、興味もない。死刑判決からは、9年の月日が過ぎた。当局になにか思惑があるのか、いまだ執行される気配はないが、普通に考えれば、もはやいつ絞首台に引っ張られてもおかしくはない身である。

 自分に残された時間は長くない。自分に何が出来るとも思っていない。もはや、この終末の世を救う術はないのである。

 そう思っていた。今朝、自分の身に奇跡が起こるまでは。目が覚めたとき、股間に感じた違和感。ここ十年ほどトイレは使っておらず、糞尿はおむつの中に垂れ流しており、今朝もそうしようと思ったのだが、どうも尿がしにくい。股間に手をやってみると、陰茎が痛いくらいに膨張し、熱を発して脈打っている。

 朝勃ちである。57歳、間もなく還暦を迎えようかという自分が、朝勃ちである。逮捕当時の顔写真、宗教団体の元教祖というイメージからすれば、意外と若いと思われるかもしれないが、肉体的な衰えは日々感じている。朝勃ちなど、思い出せないほど久しぶりのことだ。

 肌にも張りがある。自殺防止のため、手に届く範囲に鏡はなく、肉眼で目視したわけではないのだが、掌で触れた感覚では、間違いなく若返っている。

 食事・・・おかずや汁ものを、全て丼茶碗にぶちまけて飯と一緒にしたものを、誤飲しても安全なでんぷん製のレンゲで食しているのだが、今朝はコメ粒一つ残さず食べても、満腹にならない。人並み外れた大食漢として鳴らした壮年期の食欲が戻っている。

 拘置所で食事管理をされ、痩せさらばえていたいた身体に、でっぷりと脂肪が戻っている。筋力、体力も回復している。刑務官の目を盗んでヨーガをしたくなるほど、体にエネルギーが横溢している。

 いったい、自分の体になにが起きたというのだろうか。

 なにかの前兆ではないだろうか。

 終末の近づく世を救い、今だ自分を信じる者を、全ての苦から解き放たれた涅槃、マハー・ニルヴァーナへと導くため。真理の御霊、最聖―――偉大なる導き手たる自分を排除した衆愚どもをポアするため。オウムの主催神、シヴァ大神が自分に力を与えたもうたのではないだろうか。

 しかし、刑務官の自分を見る目はいつも通りである。異変に気付いているのは、自分だけなのだろうか。誰かに確認したいのはやまやまだったが、自分にはそれができない事情がある。

 現在、自分は精神病で、意志疎通は不可能ということになっている。実際、この十年、言葉らしい言葉は一言も口にしてはいない。面会に現れた実娘の前で自慰行為をしてみたりもした。書籍にも触れていない。娯楽もたしなまない。日常生活すら、自分の判断では行わない。そんな日々を十年も過ごしている。

 詐病なのか、本当におかしくなってしまったのか。自分でもよくわからなくなってしまった。そんな自分が、突然に明瞭な口調で自分の体調の変化を訴えなどしたら、人々は仰天し、訝しがるだろう。そして・・・。死刑執行が早まりはしないか。恐怖はそこにあった。

 廊下から、複数人の刑務官が歩く靴音が聞こえる。靴音は、自分の房の前で止まった。

 食事の時間にはまだ早い。接見の予定はなかったはずだ。

 心臓が跳ねまわる。

 なんだ?なんだ?なんだ?

 まさか・・・・?

 解錠音がして、重い鉄扉が開けられた。

 屈強な刑務官たちが、物も言わずに自分の腕をつかみ、無理やりに立たせる。

「嫌だ!行きたくない!助けてくれ!」

 思わず、叫んでいた。
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR