最終章 20××年12月 異物のヒンカク


 同僚たちに「偽電話」がバレた三日後の深夜未明、塚田から寺井のLINEに、長文のメッセージが届いた。



 こんばんは。いつぞやのように、僕の思ったことを、LINEで伝えさせてもらいます。

 まず、僕の行動で、今まで不快な思いをさせてしまってごめんなさい。自分が情けないことをしているのはわかっていた。だけど、どうしてもやめられなかったんだ。

 寺井さんから、ああいうタイミングで、着信をもらって・・。結果、ああいうことになって、今では良かったと思ってる。

 僕の恥ずかしい行動がバレた日、バスの通勤経路をずっと走って、家まで帰ったんだけど、それで吹っ切れたんだ。結局、何もかも自分自身が原因なんだよね。自分自身が見えない軍隊を作り上げて、勝手に脅かされていただけなんだよね。

 人間、思い込み次第で白くも黒くもなる。これまで、悪い方向にばかり考えすぎてた。大した人間でもないくせに、周りの視線を意識しすぎてた。他人が自分をどう思っているかってことに、敏感になりすぎてた。

 他人に迷惑をかけないのは大事だけど、誰にも迷惑をかけずに生きていくなんて不可能なんだし、ときには、自分を押し通すことも大事だと思う。

 だからさ、僕、やっぱり寺井さんのこと、せいくん、って呼ばせてもらうよ。相手の顔色を伺ってばかりじゃ、いつまでも距離なんて縮まらないからね。

 明日から、また、生まれ変わった気持ちで頑張っていこうと思います。せいくんにとってはどうでもいいことかもしれないけど、僕にとって、せいくんにそれを宣言するのは、とても大事なことだから、メッセージを送らせてもらいました。

 夜中に突然、長文を送っちゃったりしてゴメン。今度、久々に、二人で飲もう。さすがにこの季節じゃ河川敷飲みはできないから、チェーンの居酒屋からファミレスでさ。

 それじゃ、明日ね。


「おはよう、せいくん!今日からまた、よろしくね」
 
 翌朝、工場の廊下ですれ違った塚田は、心の迷いが晴れたような、サッパリとした顔をしていた。

「おはようございます!会社が忙しいときに、つまらないことで、二日も休んだりしてごめんなさい!今日から一生懸命頑張るので、またよろしくお願いいたします!」

 休憩室で、大丸食品の課長や班長クラスに挨拶をする塚田の大きな声が、ロッカーで着替えをしている寺井の耳にまで響いてきて、寺井は思わず苦笑した。 

「くっ。何がせいくんだよ」

 ショックが大きかったことが、逆に良かったのかもしれない。これ以上、恥をかくことはないというところまで追い詰められて、本人の言う通り、塚田は完全に吹っ切れたようだった。

 三日間休んで、職場に復帰した塚田の働きぶりは凄かった。自分の工程だけでなく、他の工程の応受援もバリバリこなし、息をつく暇もなく、ラインの中を縦横無尽に駆け巡る姿は、大丸食品のライン作業にはまったく興味のない寺井の目にすら爽快に映った。

「やぁ及川さん、疲れたよね。あと少しで昼休みだから、頑張ろう」

「あ・・・ああ・・・ああ、はい」

 かつては見下す対象でしかなかった及川にも、気さくに声をかけている。これまでのすべてをリセットして、新しい自分を作り上げていきたいという塚田の決意が感じられる。

「張り切っているじゃないか、哲太。お前のその働きぶりなら、はんぺんのラインはもう安心だな」

「うん。伊達巻のラインにも、何かあったらすぐに応援に行くからね。信也くんも生まれて、もう自分だけの身体じゃないんだから、無理はしないでね、信一さん」

 親しくしていた仲間たちとうまくいかなくなったのは、自分が勝手に壁を作っていただけ。何もかも、自意識過剰になりすぎていただけだったことに気付いた塚田と周りとの関係は、寺井とのLINEで「やらかした」以前と同じ、いや、そのとき以上に良くなっているように見えた。

「塚田くん、頑張ってるねえ。塚田くんが帰ってきてくれたお陰で、なんだか工場全体が明るくなったようだよ」

「ありがとうございます、貞廣班長!もっともっと、頑張ります」

 気のせいか、塚田のハイテンションが伝染したかのように、他のラインの作業者たちも、声を出し合い、互いを気遣い合いながら、年末に向かってノルマの厳しくなる生産目標を是が非でも達成しようと、仕事に対するモチベーションを高めているように見える。塚田の復帰以来、暮れに向かって冷え込みの厳しくなる作業場に、夏場さながらの熱気が充満していくようだった。

「頑張っているじゃないか。不器用でも。それに引き換え・・」

 笹かまのライン――。何度も反復して身に着いた動きを、機械的に繰り返しながら、寺井は自嘲気味に呟いた。

 誰かが作り出したムードとかいうヤツに、簡単に染まってしまうヤツのことを、ずっと軽蔑していた。だが、本当に一番嫌いだったのは、ムードに染まれない自分自身だった。

 自分の損得だけで物事を考えずに、集団の和を守ることを第一に考えられていたら、今よりはもっと、マシになっていたのだろうか。

 ただ生きるだけということに、どうしても興味が持てない――今思えばそれも、適応の努力を怠り、苦痛から逃げ出した言い訳に過ぎなかったような気もする。特別にレールの上を走っていけないのではなく、特別に弱くて、レールから振り落とされただけのことを、もっともらしく誤魔化していただけではないか。

「それでも・・・」

 それでも、ドロップアウトしてから、自分なりの道を、精いっぱい進んできたつもりである。誰かが敷いたレールの上をうまいこと滑っていけない不満を、映写機を通して世界中にバラまいてやろうと、必死に足掻いてみた。だけど、ダメだった。

 十数年前、自分を殺し、ボロボロになってでもしがみ付いていれば行けた場所には、もう、どれだけ足を早めてもたどり着けない。いや、死ぬ気になれば何とかなるのかもしれないか、そこまでしてたどり着きたいとも思えない。

 だったら、何もかもぶち壊しにして、すべてを終わりにしてやる。その決意で、自分はこの一年間、人生最後と決めた映画の製作に没頭してきたのだ。

「・・・なんでそんな頑張るんだよ。どんだけ一生懸命やったって、給料は変わらないんだぜ。だったらもっと手ぇ抜けよ。イヤだったら逃げちゃえよ。あんまりムカついたら、体液とか入れちゃえよ。正月におせちが食えねえヤツらがいたからって、僕らは何も困らないんだぜ。食中毒起こして人が死んで、この会社が信用落として潰れたって、僕らは痛くもかゆくもないのにさ。言われるがまま、こき使われてどうするんだよ」

 少しでも、ただ生きるだけのことを素晴らしいと思おうとする自分が現れると、自分を出せない生き方は全部失敗だと思い込もうとする自分が現れて、頭を抑え付けようとする。

「僕はお前らとは違う。チャレンジから逃げ、怠けて、なるべくして派遣になっただけのお前らと、自分の意志があってレールを外れ、努力と挑戦を重ねてきた僕は、まったく違う」

 機械の音がうるさいのをいいことに、独り言を繰り返す。せいくん、せいくんと、馴れ馴れしく自分を呼ぶ塚田の声が、頭の中で不快に鳴り響くのを振り払うため、ラインの外にいる作業者に聞こえないギリギリの声で、独り言を繰り返す。

 これまでの人生で積み重ねてきたものが何もなく、今、こんな掃き溜めのような場所で、大事な何かを探そうとしている塚田のようなヤツから対等の友人だと思われていることは、寺井にとっては、大きな屈辱でしかなかった。

 自分が今、この掃き溜めにいることが、嫌で嫌で仕方ない。ただの臆病者、怠け者の類でも、その不満を共有する者とだったら、いくらでも親しくなれるだろう。己の境遇を呪った上で、たとえ違法行為であろうが、現状を打破しようとする意志のある者になら、自分は欲得抜きの協力を惜しまない。

 はっきりいって、寺井は明るい笑顔で、人の二倍も三倍も働いてみせる塚田よりも、仕事では露骨に手を抜いてラインの足を引っ張り、体力を温存して家に帰ったのち、妙齢の女性を性的にいたぶっている村上の方が好きである。

 こんな掃き溜めの中に、キラキラ光る何かがあるなどと信じてしまえる奴らが、嫌いで仕方ない。友達だとか、女房だとか、そんな、誰しも持っているものを依存の対象にし、それを低位安定を良しとする言い訳にして、自分を失うもののある人間の側に置こうとすることだけに必死なくだらない奴らが、嫌いで嫌いで仕方なかった。

 こんな連中との人間関係など、まったくもって、大切ではない。こんな反吐が出そうな奴らとの絆を大切にしろ、などとほざいてきた真崎を地獄に叩き落としてやったことは、今でも後悔していない。

「誤解すんなよ。僕はお前たちを見下しているわけじゃない。反対に羨んでいる。いったいどうすれば、君たちのように、ただのくさいうんこを、これは茶色いケーキなんだと思えるのようになるのか、授業料を払ってでも教えてもらいたいくらいだ」

 そう、自分は羨んでいるのだ。こんな誰でもできるライン作業の世界に、大切にできる何かがあると本気で信じてしまえるこいつらが羨ましい。その志の低さが、羨ましくて仕方ない。

 誰それの手が遅い、誰それの仕事は雑だ。そんなことで一喜一憂して、得意げに胸を張ったり、相手を貶めた気になれるこいつらのことが、心底羨ましい。

「努力して報われない僕の人生に比べたら、怠けているから報われなかっただけのお前らの方が、よっぽどマシじゃないか。ただ生きるだけのことに、そこまで夢中になれるお前らが羨ましい。本当に羨ましいよ」

 だから、こいつらの気持ちなど、虫けらのように踏みにじれる。こいつらは自分より上だと思うから、ぐちゃぐちゃに踏みにじってやることに、罪悪感などまったく覚えない。

 それに――。

「心配しなくとも、僕があの作品を発表することによって本当にダメージを被るのは、本当に価値のある大切なものを持っている奴らの人生だけだ。お前らはまた新しい場所で、これまで通りの人生が続くだけ。ただ消耗し、使い捨てられていくだけの、何も変わらない日々が続くだけだ」

 呟きながら、寺井ははんぺんのラインで躍動する塚田に、もう一度視線を向けた。

「残念ながら、お前がいくら頑張っても、僕を止めることはできない。逆に、お前に僕が道を示してやるよ」

 枯れ果てて、追従することに慣れきった者たちと違い、お前には未来がある。

 これから大事なものを失うことになる連中と己とを見比べて、初めて持たざる者の気楽さに気付くがいい。自分を無理に、持てる者と同一視しようとすることの愚かさと虚しさを、骨身にしみて味わうがいい。

 探している大事なものが、そこでは永遠に見つからないことを嘆き、そしていつか追随せよ。

 矛で突いたところで、巨岩はピクリとも動かないが、爪痕は残る。それを自分自身がどう解釈するかが重要である。数千万の命を奪った独裁者の所業ですら、地球の裏側の人間にとっては、取るに足らない些事にしかすぎないのだ。誰を巻き添えにして、誰をどれだけ壊せたか、それでどれだけ、自分がスッキリできたか、大事なのはそれだけだ。

 糞みたいな人生にケリをつける――それを想像したことも、それをする意味も分からないヤツに、お前の汚い糞をひり付けろ。

「くそ・・?」

 ふいに耳に入ってきた、世の中の汚いものなど一度も見たこともないといった若い女の声が、寺井のささくれだった心を撫ぜた。

「あ?いや・・・」
 
「あの、寺井さん・・。今日から年末まで、私が笹かまのラインも見ることになったんで、よろしくお願いします」

 人手不足を理由に作業者に回された旧リーダーに変わって、塚田のいるはんぺんのラインと、リーダーを掛け持ちすることになった岡本涼子が、恭しく頭を下げてきた。

「おう・・・。よろしく」

 掃き溜めに鶴。この汚いものしかない場所で、女はいつだって、自分の希望だった。相手が同じ派遣で、手頃な容姿ならば、現状のまま親しくなってセックスする望みを恥ずかしげもなく探ってきたし、正社員、もしくは派遣でも美人ならば、こいつを堂々と口説けるように、一刻も早く世に出ようと、創作意欲を掻き立てる材料に使ってきた。

「そういえば、もうすぐクリスマスだけど、岡本ちゃん、彼氏と予定あんの?」

「え~。私、いま彼氏いないですけどぉ」

「マジ?僕、岡本ちゃん、普通に彼氏いると思ってたわ。ここの社員さんとかに、デート誘われたりしないの?」

「う~ん。ないですねぇ・・」

「なんだよ、だらしねえ男だちばっかだな。んじゃ、そのうち、僕が岡本ちゃんデート誘っちゃうわ」

「寺井さん、彼女さんいるじゃないですかぁ」

「ああ、そこら辺、僕、あんまり堅苦しく考えてないから。偉いわけでもないんだし、人生楽しまなきゃ。岡本ちゃんとデートできたら、僕ここの仕事も、もっとがんばっちゃうかも」

「あははは。考えておきますね」

 自分のせいで声を失い、歯を叩き折った女、希美のことを頭から消し去り、寺井は新しくリーダーとなった、岡本涼子に軽口を叩いた。

 生涯を一人の女に捧げる――然るべき立場のある者が言うならサマになるが、自分のような者が言ったところで、ただ単に、モテない事実から逃げているだけにしか聞こえない。

 多数の女とセックスする望みを探ることがモチベーションとなり、結果、この底辺から這い上がることができるなら、それは紛れもなく、自分の正式なパートナーのためにもなると信じてきた。

 その結果が、このザマだ。

 希美と出会って以来、女方面で得たたった一つの戦果――美しくもない中年女の腹の中にできた取返しのつかないものが、人生を終わらせる決断をさせた。

 生涯で、希美の次に身体を重ね合わせた女――志保は、いまは一子、信也を心の支えとし、信也の健やかな成長だけを考え、蛇蝎の如く忌み嫌う夫の庇護の下に留まり続けることを決めた。種を提供する役目を果たし、用済みとなった寺井には、もう見向きもしない。

「ねえ、確か岡本ちゃんってさ、バレーの選手だったんだよね」

「えー。そうですけど、誰から聞いたんですかぁ?」

「一年半前に僕が入ったころ、自分で言ってたじゃない」

「そんな前のこと、よく覚えてますねぇ」

「僕、仕事のことはすぐ忘れちゃうけど、キレイなお姉さんのことは、いつまでも覚えてるんだわ」

「仕事のことも、ちゃんと覚えてください!」

 生命力溢れる、真っ直ぐな若い女の笑顔は、生活と労働、そして夢を追い続けることに疲れ果て、すべてを終わりにしようとしている男の心も慰撫する。彼女の朗らかな笑顔の源泉が、若い女というステータスだけではなく、生活の安定と将来の不安から解放されていることにもあるのは、疑うべくもないだろう。

 十年前、自分はこの女と同じ笑顔を浮かべていた女を――。世の中の汚いものに、一度も出会うことなく生きていけるはずだった女を、汚わいに塗れた自分の人生に巻き込んでしまったのだ。

「ただいま・・・」

 家に帰れば、自分が巻き込んでしまった女の、変わり果てた姿を突き付けられる。

 希美の心に異変が起こっていることは、もう何年も前から気が付いていた。気づいていながら、放置した。希美の頭の中で、自分が欲して得られなかったものが胎動している事実を認めるのが怖かった。それが表に出てきてしまうのが怖かった。

 希美が自分に対し、罪悪感を覚えていることも知っていた。希美が何も言えないでいるのをいいことに、散々、好き放題を繰り返してきた。

 その結果が、このザマだ。
 
 数日前、希美が自らの歯を叩き折ろうとするのを抱きしめて止めたとき以来、希美は大丸食品の仕事に行くのをやめて、自宅で療養の日々を過ごしていた。

 郵便受けに溜まりに溜まった督促状――。希美が何かで作った、百万を超える借金を返すアテはない。どの道このままでは、二人の生活は立ち行かない。図らずも、退路はすでに断ち切られていた。

 眠っている希美を起こさないよう、ヘッドホンを付けてテレビを眺めながら、ワンカップを煽って早々と床に入る。日付が変わったころに布団から這い出て、眠気覚ましのシャワーを浴び、パソコンの画面へと向かう。人生で初めて撮った映画と同じ尺の、四十五分ものの短編映画は、もう、公開前の最終確認の段階にまで入っている。

 誰に何を言われようが、誰がどうなろうが、自分が行く道を行くのは変わらない。あいつらと一緒には、歩んでいけない。

「ごめん、希美と一緒にも行けない」

 君が変わらない僕を好きでいてくれるのは嬉しい。だけど、君が好きな僕は、僕の好きな僕じゃないから――。

 だから、サヨナラ。


                            ☆


 師走も後半に入り、日勤の社員は夜勤と一緒に、日付が変わるころまで働き続けているのが当たり前となった。派遣もほとんど全員が、午後九時までのフル残業に協力してやっているが、ただ一人だけ、寺井だけは例外だった。

「あ、寺井さん。キリのいいところで終わって、帰って休んでください。映画の脚本、書かなきゃならないんでしょ」

「あ?ああ・・・いいの?」

「はい。あとは、私やっときますから。頑張って有名になって、寺井さんの映画、スクリーンで観せてくださいね」

 時刻は午後八時。他のラインの派遣は全員が残って作業をしているが、寺井は新ラインリーダーの岡本涼子の言葉に甘え、一足早く上がらせてもらった。

「おはようございます、寺井さん。今日の生産数も昨日と同じなんで、よろしくお願いしますね」

 翌朝も疲れを感じさせない、朗らかな笑顔で寺井を迎える涼子であるが、彼女は昨晩は天辺を回っても働き続け、男性社員と一緒に会社に泊まり込んでいたことを、朝方、休憩室にいた真崎が話していた。

 労働市場での流動性を押し付けられる派遣社員が、常に経済的な不安に脅かされている一方で、管理的な業務を派遣社員にシェアできない正社員の肉体的精神的な負担が増え、超長時間労働化が進み、健康面が脅かされているという問題がある。

 正社員で過労死するまで働くか、派遣でゆとりの持てない暮らしを送るか。労働者階級の多くが、カレー味のうんこを食うか、うんこ味のカレーを食うかという選択を迫られている。

 と、悪い面だけに目を向ければそういう見方になるが、正社員が自分の仕事に本当に充実感を感じられているのならば、働かされすぎる心配など無用のものとなるし、逆に、派遣は派遣のままでいることで、ある意味「ぬるま湯」の中で楽ができ、時間についての希望もある程度聞いてもらえるという面もある。

 しかし、労働の損耗を最低限に抑えられることがメリットになるのは、労働の他にやりたいことがあるうちだけだ。管理的な業務を割り振られない派遣ではスキルの向上はまったく望めず、この先にステップアップすることはできない。

 こいつといつか肩を並べて、堂々と口説いてやる。そんな目標があるから、年下の女の指示で働いていることができる。

 それがなくなってしまったら、もう――。

「ねえ、せいくん。今日から僕、せいくんと一緒にお昼取ろうと思うんだけど、いいかな」

 昼休みになって、食堂に向かおうとする寺井に、塚田が後ろから追いついてきて、声をかけてきた。

「あ?ああ・・・・いいんじゃない」

 せっかく岡本涼子に早めに上がらせてもらっても、大詰めに入った映画製作のために睡眠時間が削られ、憔悴しきっている寺井は、塚田の問いに、適当に答えた。

「よかった。ムラさん、せいくん、一緒でいいって」

 希美が会社に来なくなってから、ランチタイムは一人で過ごしていたが、この日は塚田の呼びかけで、寺井は塚田と村上と、三人で食事を取ることになった。そしておそらくその流れは、寺井がすべてを終わらせるその日まで続くものと思われた。

 どうでもよかった。

「ムラさんが食べるようになってくれて良かったよ。食べないと元気でないもんね。あ、新メニューのコロッケ、すごい美味しいから、二人も食べてみなよ」

 村上は凜を自分の体重より重くするという、寺井の課した「クエスト」を達成した後は、普通に食事を取るようになっていた。それは大変結構なことだが、寺井が気になっているのは、一つの目標を成し遂げ、吐き出すものを吐き出した村上に、近頃、凜に対しての罪悪感のようなものが芽生え始めていることであった。 

「ね、ねえ、寺井っちゃん。やっぱり、その、リンリンのこと、放してあげた方がいいかな・・・」

 食事が終わり、連れだってトイレに行ったとき、村上が伏し目がちに問いかけてきた。

 同志の支持を得て勇気百倍、禁欲生活で野獣のようになって、思い切った行動に出たまではいいものの、所詮、根は小心者である。

 年末の繁忙期を乗り切り、全国の食卓におせち料理を届けるという「崇高」な目標に向かう塚田たちの姿を見せつけられた村上は、ただの私怨を晴らすだけの目的で、女を監禁する非道に手を染めた自分の姿が、何とも惨めなものに思えて仕方なくなっているのだ。

「解放して自首したって、五年はムショ送りだよ。だったら、シャバにいられる今のうちに、できるだけ長く楽しんだ方がいいんじゃないの」

「そ、そうかな・・・」

 野獣の食欲と性欲に一段落がついた男が、ピュアな奴らの熱気に当てられて、自分では何一つ決められない優柔不断な素顔が表れ始めた。志保と同じで、こちらも、魔法は解け始めている。「ゲーム」は潮時を迎えたのだ。

 しかし、映像には残る。この男の悪事も間もなく世間に公開され、自分の作品が派手に燃え盛るのに一役買ってくれるだろう。

「せいくん、岡本さんにマンツーマンで面倒見てもらってていいなぁ。僕も笹かまのラインが良かったな。ああ、でも、そしたら、今のみんなと離れ離れになっちゃうしなぁ」

「おいおい哲太。今がどういう時期かわかってるのか?色気づくのもいいが、せめて年が明けてからにしろよ」

「堅いなぁ信一さんは。そういうのだって、立派な働く理由じゃん。ねえ、せいくん」

 食事を終えて、休憩室で過ごす時間、寺井はリクライニングチェアに座りながら、スマホの画面上に表示される、完成間近の「作品」のファイルを、無言で眺めていた。

 こいつがいてくれるから、この、ゲロとクソをかき混ぜたみたいにべとついた慣れ合いの空気に、取り込まれないでいられる。「取返しのつかないもの」ではなく、今まさに産声を上げようとしている、自分の本当の子供の存在が、今の自分を懸命に支えている。

「あっ・・あ、せいくん、岡本さんが」

 まさに岡本涼子の話をしている最中に、憧れの岡本涼子が休憩所に入ってきて、塚田が口を開けたまま固まった。鬱陶しいことこの上ない。

 涼子は、緊張している塚田には目もくれず、休憩室を奥へと進んでいく。喫煙所で談笑している、直属の上司である課長に用があるようだ。

「はの・・あほやまかきょう・・・・」

 喫煙所の入り口に立つ涼子が、鼻をつまみながら課長の青山を呼ぶのを見て、休憩所の中がどっと沸きかえった。寺井の隣のリクライニングチェアに座る塚田は、目が蕩け落ち、顔は真っ赤っかである。鬱陶しいことこの上ない。

 河川敷で酒飲みをしていたころから、塚田が岡本涼子に恋心を寄せていることは何度も聞かされていたが、とうとうこの一年、この男が岡本涼子をデートに誘ったという話は、一度も聞いたことがなかった。高嶺の花と認識しているならしているで、今の立場から脱却し、涼子を堂々と口説けるようになろうと、なんらかの努力をしようとする姿も、一度として見なかった。

 好きな女がいても、そいつを無理に手に入れようなんて思わない。高嶺の花に手を伸ばすために、死に物狂いで浮上しようとも思わない。

 アイドルでもない職場の女の、ちょっと可愛いところが見られるだけで幸せである。そんなことで前向きな気持ちになり、自分の立場を納得して、今日も頑張って働こうと思える奴がいる。

「それでいいのかよ。そんなんで飼いならされるんじゃ、まるきり家畜と一緒じゃねえかよ」

 休憩室内の空気に耐えられず、寺井は缶コーヒーを買って、寒空の下、駐車場へと出た。

 近頃の塚田を見ると、無性なイラつきに襲われて仕方ない。

「好き勝手に言いたい放題、やりたい放題が、貧乏人の特権だろうが。もっと自分を表に出せよ」

 もし、表に出ているそれが本当の塚田なのだとすれば、余計に腹が立つ。若いヤツの出る杭を打って小さく纏めようとする真崎の理想をそのまま体現したような今の塚田に比べれば、まだ、誰に強制されることもない自分の意志で、十年間引きこもりの暮らしを続けていた時期の塚田のほうが見どころがある。

 十数年前の寺井が、我慢して、自分を殺して、好きでもない友人と付き合って、尊敬してもいない人を褒めたえるだけで滑っていられたレールを飛び出して、掃き溜めの中で、唾を吐きかけられながら生きることを選んだのは、いつまでも変わらぬ自分自身でいたかったからに他ならない。

 居ても居なくてもどっちでもいい存在。ここなら、誰にも押し付けられたりしないし、干渉されたりもしない。安定と引き換えに得た自由という対価に、自分はある程度納得していた。だが、満足していたわけではない。

 レールの上を走っている連中に受け入れられるために自分を変えるのではなく、いつか、自分自身の方を、レールの上を走っている連中に受け入れさせてやろうと頑張ってきた。奴らがある程度自分を受け入れてくれれば、自分の方も、少しずつ変わっていくものだと思っていた。

 でも、それは叶わぬ夢だった。自分は最後まで、掃き溜めの中から抜け出せなかった。積み重ねてきた努力の日々はすべて徒労になって圧し掛かり、自分をついに押し潰した。

 ゴミ捨て場に捨てられる産廃にだって、選択の自由はある。誰もが、たとえゴミ扱いでも、生きていられるだけでいいと考えられるわけではない。最後に自分を焼き尽くし、世の中に有害物質をまき散らして、跡形もなく消え去っていく方がいいと考えるヤツもいる。そいつを、これから世間に思い知らせてやる。

「気に食わねえ。マジで気に食わねえ。何もかもが気に食わねえ」

 今すぐにでも、目の前にとまっているトラックに乗り込んで、繁華街の歩行者天国にでも突っ込んでやろうかと思う。獰猛な衝動を寸でのところで抑えてスマホの画面を眺め、今まさに産声を上げようとしている自分の作品、自分の本当の子供に思いをはせる。

 年に一度は起こる、派遣社員の暴発。自分がこれからやろうとすることは、無差別に多くの人を傷つけたあの連中のやったことと、大差はない。

 ただ、奴らと違い、自分には志があった、地道な努力をしてきた、それを見てくれる人がいた。自分が世の中に一矢を報いようとするときは、自分の培ってきたものをフルに動員して、自分という人間が何者であったかを証明したい。

 昼休憩が終わり、脳を止めて身体を動かすライン作業が再開される。続けたところで何の蓄積にもならず、ただ摩耗していくだけの不毛な時間。これまでは、この時間を少しでも有意義に過ごそうと、作品の構想を練ることに使ってきたが、あともうすぐで、それもなくなる。

「ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る・・っと」

 そこら中で機械の音が鳴り響く騒々しい空間では、退屈を紛らわせるための鼻歌も、周りの耳には届かない。こんな方法で、この脳が腐っていくような耐えがたい時間をやり過ごすこともできる。

「きーよーし・・こーのよーる・・・っと。はは。全部、最初の方しか思い出せないや」

 余計なことを考えるのをやめると、こんなところに、大切にできる何かがあると信じている愉快な奴らの、愉快な立ち振る舞いがよく見える。

 脇目も振らずに作業に打ち込んでるヤツ。隙あらばチクリを入れて上にいいカッコしようと、周囲に視線を巡らせているヤツ。いちいち無駄に声を張り上げて、周囲に自分の存在を誇示しようとしているヤツ・・。

「楽しそうな顔してやがる。もうすぐ、悪いサンタさんがやってきて、袋の中に詰めたクソとゲロで、みんなをぐっちゃぐちゃにしちゃうとも知らずに」

 ベタベタと生暖かくて、纏わりつくような奴らの手を、全力で跳ね除けろ。

 あともう少しで、すべてを終わりにできる。寝る間を惜しみ、骨身を削って作った最後の作品が完成し、ネットの海に流されるときが来る。

 
                             ☆

 十二月二十四日。恋人たちのための日。

 信也へ――最後の仕上げ、タイトルバックの挿入が完了し、寺井が人生を終わりにするための、四十五分もののドキュメンタリー映画は完成した。

 この映画を公開すれば、世間はあっという間に食いつき、各メディアでは連日連夜の報道合戦が繰り返される。まともな道で成功を志しても、これまで見向きもされなかった自分が、犯罪行為によって、世間の耳目を一身に集める。

 年に一度は起こる、派遣社員の暴発。まったくもって、珍しいことではない。食品に異物を混入させるという手口も、その映像をネットを利用して世間に公開するというパフォーマンスも、寺井のオリジナルではなく、先駆者に追随するものである。

 犯罪もビジネスと同じで、どれだけ大規模にやろうが、やることに新しさがなければ、世間は食いつかない。瞬く間に消化され、人々の関心は次に向き、その脳裏には何も残らない。

 寺井なりのオリジナリティは、卑劣な犯罪行為を、自分の手を汚さず、情欲を交わし、自らの子を産ませた女にやらせたこと。食品に混入された異物が、忌避される男の汚わいではなく、涎を垂らして吸いつくマニアもいる、女の体液であったこと。すべてを収めた映像に、父親が自らの子に向けるものではない、悪意の言葉を供に添えたこと。

 事件によってもっとも大きな傷を負うのは、まだ生まれたばかりの赤子、信也。その悲痛に世間は同情を寄せ、騒ぎはますます大きくなる。

 間男の仕込んだ子を受け入れてまで得ようとした正社員の職が幻のように消え、無責任なマスコミに己の最大の恥部を暴かれた真崎が、己と血のつながらない信也に、まともに向かい合う理由はない。信也を産んだ母親は、たった一人で、生まれた時点で重いハンデを抱えた子供を育て上げなくてはならない。

 よしんば、志保があらゆる艱難辛苦を乗り越え、信也を無事に大きく育て上げたとしても、実の父親の放った悪意の言葉は、ネットの海に残り続ける。親がどれだけ気を配っていても、この日本という国で、社会的なインフラにまで成長したネットに触れずに生きていくということは、不可能に近い。いずれ、知を身に着けた信也がそれに出会ったとき、彼は果たして、正気を保っていられるだろうか。

 取返しのつかないものが生き続ける世の中で、取り返しのつかないものを作った自分も、また生き続ける。

 これまで、貧困と自由、気楽は同義であるとして、自分の立場をある程度納得してきた。そんな男が、貧乏人に加えて前科者にまでなってしまったら、いったいどうなってしまうのか?失うものがないのに加え、未来の希望までもが消え去ってしまったとき、目の前に一体どんな光景が開けるのか?

 今までやりたくてできなかったことが、やりたい放題にやれるようになる。もう、踏み出そうとする足を止めるものはなにもない。例えるなら、これがあと五分で醒める夢だとわかったときのような感覚が、一生涯続くのである。

 目の前の女を犯すにも、恨みのある人間を殺しに行くにも、躊躇はいらない。その結果、たとえ絞首台に上ることになろうと怖くもないし、未練もない。

 すべてを終わりにしたその先には、無限の自由が広がっているようにしか、今の寺井には思えてならなかった。

 一日のうち大半を眠って過ごし、今も微睡みの中を揺蕩っている希美を横目で見ながら、マウスの左ボタンにかけた人さし指にぐっと力を込めた。この指をあと少し押せば、すべてを終わりにできる。

「・・・・・」

 ボタンを押そうとする指に力を込めると、マウスとの間に何かが割り込んできて、最後の一線を踏み越えるのを止めさせる。映画でやれば、三文芝居と叩かれてしまうようなシーンを、もう、一時間以上も繰り返している。

 失うものなど何もないはずの自分が、失うことを恐れている。滑稽で、未練がましい。誰でも持っているそれは財産とは呼べないはずなのに、捨てようと思えば簡単に捨てられるはずなのに、最後の最後にそれが人差し指の下に割って入ってきて、どうしても向こう側にいけない。

 出勤の時刻は迫っている。ここでもう一つ、自分の中に選択肢が生まれる。

 時間通りに会社に着き、始業の時刻を迎える。自分と出会わなかった希美――岡本涼子の朝礼を受ける。決められた作業を淡々とこなし、終業のチャイムを聞く。一日の仕事を終えた充実感に包まれながら家に帰って、缶ビールを開ける。いつも通りを、淡々と繰り返す選択が、人差し指の下に割って入ってきて、自分を止めようとする。

 そいつがぶっ壊れてもいいと思って、取返しのつかないものができるのを承知で、快楽の海に欲望の落とし子を放ったはずなのに。生まれた取返しのつかないものを利用して、死ぬほど嫌いなそいつをぶっ壊すために、一年の月日を費やしてきたはずなのに。

 生暖かくてベタ付いた手が、最後の最後で、どうしても振り払えない。

「・・くそがっ」

 ネットの海へと繋がるアイコンから、カーソルを外した。メールにファイルを添付し、今日の成果を、自分のスマホに送って家を出た。派遣先に向かった。

 マウスと指の間に割り込み、自分を止めたもの。それが何なのかを確かめに、あそこに行くことにした。何も変わらない日々の繰り返しに、もう少しだけ付き合ってやることにした。


                             ☆

  
 クリスマスイブの勤務は、ミーティングルームでの全体朝礼から始まった。

 壇上で熱弁を振るう工場の責任者。みんな疲れているのは知っているが、ここが正念場だ――。上の空で聞いていた寺井の耳にはそれしか入ってこなかったが、周りは責任者の演説で何やら奮い立ったらしく、社員も派遣も、いつにもまして活気づいているように見えた。

「伊崎さん、機械の調子がおかしいんで、見てもらっていいですか!」

「はいよ~、塚田くん。ちょっと待ってね」

 そんな、ちょっとしたやり取りにも、いつも以上の熱がこもっているように聞こえる。社員も派遣もない、正月の食卓におせちを届けるという崇高な使命に燃える連中の一体感が、作業場に充満していくように見える。

「そりゃ、洗脳だっつの。疲れて、思考力パンクして、なんかすごいこと言われたように思っちゃってるだけ。そういうのわかんないかね」

 毒を吐きつつも、寺井は衛生服の中に着たシャツのポケットに仕込んだスマホのボタンを、いまも押せないでいた。

 PCで製作したファイルは、そっくりスマホに移されている。ボタンをひとつ押せば、すべてを終わりにできる作品を、ネットの海に放流できるのに、人差し指とボタンの間に、何かが割り込んできて動かない。

 自分が憎んでやまない、何も変わらない日々、浮上の兆しもない日々に、どうしようもなく巻き込まれていく。終わりのボタンを押せないまま午前の勤務が終わり、昼休みのチャイムが鳴らされた。

 食堂に向かい、衛生服のポケットに仕込んだスマホを取り出して席に着く。左手の親指をボタンにあてがい、一押しで、すべてを終わらせる準備をしながら、黙々と食事を口に運ぶ。

「みなさん。部長さんから、クリスマスケーキの差し入れです。色んな種類があるから、みんなで相談して、選んでくださいとのことです」

 食堂に製菓店の包みを持ってやってきた塚田が、全員に聞こえるような大きな声で呼びかけた。

 派遣スタッフたちは食事の手を止め、ケーキの置かれたテーブルの周りに集まり、各々、好きなケーキを取って、席に帰っていった。

「ほら。せいくんも。甘いもの、嫌いじゃないでしょ」

「・・・・」

 塚田が持ってきてくれたチョコレートケーキを口に含んだ。ビターな甘さが染み入った。 

「こらぁ及川ぁ!お前、そりゃ信さんのだろうがぁ!人の物を取ったら泥棒って、小学校で習わなかったのかぁ!」

「いや・・・あ、あ、これは、真崎、さんが、俺に、くれると・・・」

「だからって、はいありがとうございますって、もらっちゃうのかぁ!こういうのは、みんなでじゃんけんして、決めるもんだろうがぁ!なあ、みんな!」

 牛尾の提案に、何人かの派遣スタッフが同意し、真崎が及川に譲ったモンブランを巡って、じゃんけん大会が始まった。

「あ・・あ・・・俺の・・・」

 モンブランを取り上げられた及川が、未練がましい目を、モンブランの戻された箱に向けた。

「やったーっ、勝ったーっ」

 見事、優勝の栄冠を手にした塚田が、堂々とした手つきで箱から取り出したモンブランを、美味しそうに頬張った。

 大の男たちが、ケーキ一つのことではしゃいで、取り合って――。

 食って、笑って――ただ生きるだけのことに喜びを見出せる人間たちの営みが、スマホのボタンと人さし指との間に、どうしようもなく割り込んでくる。

 不器用だけど、やるべきこともわかってないけど、時々、主張の仕方を間違えちゃうこともあるけど、それでも、とにかく生きている奴らがいる。できるだけ人の迷惑にならないよう、自分に与えられた仕事を、精一杯やっている奴らがいる。こんなところにあるはずもない大事なものを、それでもあると信じて探している奴らがいる。

「そいつらの邪魔をすることが、果たして許されるのか・・?」

 それでも、今さら後には引けない理由がある。この一年、骨身を削り、丹精込めて、自分の本当の子供を作ってきた。そいつにかけてきた自分の思いを、無駄にはできない。

 寺井は本来、作業場には持ち込み禁止になっているスマホ――「信也へ」と題した、自分の本当の子供である作品をネットの海に流すための装置を、衛生服の下に来ているシャツのポケットに仕込み、午後の作業へと向かった。 

 
                              ☆


 気温マイナス二十度を下回る冷凍室の中、材料の入った箱を、次々と台車に重ねていく。腕は軋み、足腰は悲鳴を上げる。気の遠くなるほど繰り返した作業を、気の遠くなるまで延々と繰り返す。

 何か、キッカケさえあれば、この繰り返しを終わらせられる。あともう少し、自分を周りの奴らより大切だと思えるキッカケと、自分を周りの奴らよりもクソだと思えるキッカケがあれば、このボタンを押せる――そいつがまだ見つからなくて、こんな不毛な作業を、まだ繰り返している。

「寺井さん。希美さんのことで聞きたいことがあるんですけど、よろしいでしょうか」

 事件の報道を読み上げるような無機質な声で話しかけてくるのは、希美と同じ粉物の倉庫で働く作業員、端本である。

「寺井さん。ずばり、あなたは希美さんを落とすとき、いきなりセックスをしたのですか。それとも、時間をかけてそこまで持っていったのですか。寺井さんお答えください」

 ほかの男と同棲中の女を、己のモノにしたいと思っている。ここまではいいとしよう。問題なのは、その女を攻略する方法を、当の同棲中の男に質問するという行為である。

「僕はこれまで、女性をいきなりホテルに連れ込もうとするのは、いけない行為であると思い込んできました。女性をふしだらな目でみるのは、女性に対し、大変失礼であると思っていました。しかし、インターネットで検索すると、最近の風潮は変わってきており、女性の方も、男女がセックスを目的とせずに二人で会うのは無意味だと思っている、ということが書いてありました」

 他人の気持ちなど考えずに、自分を貫き通す。多くの人間がそれをしたいと思っているし、それができれば、人生はバラ色になると誰もがわかっている。

 でも、そんな願望はほとんど叶わない。だから、どれだけ足掻いても自分は底辺から救い上げられないし、目の前にいる男も、精神を病んでしまっている。
 
「せっかく塚田が頑張ったのに、お前だけは、どうにもならなかったな」

「塚田さんのことは、今は聞いていません。それよりも今は、寺井さん、あなたから希美さんを救い出すことの方が大切です」

 冷凍庫は極寒の地であり、こんなところで長々と無駄話などしていたら、手足がかじかんで仕事にならなくなってしまうのは、誰でも知っている。自分だけがそうなるのならまだしも、他人を巻き添えにすることが許されないのは、工場で働く誰もがわかっている。それがよくわかっていても、他人の気持ちがまったくわからないために、それをしてしまう男がいる。

「なあ・・。人のことを思いやったら負けなのか?ちょっとでも、自分のやったことで誰かが傷つくと思っちゃったら、自分は幸せになれないのか?」

「寺井さんの言っている意味は、わかりません。僕は、希美さんを寺井さんから救い出さねばならないと思っています。僕は、平和主義者です。争い事は好みません。だから、寺井さんの口から、希美さんを僕に譲ると言ってもらいたいと思っています。寺井さん、どうか言ってもらえませんか。僕の手に、希美さんを委ねると。寺井さん、どうか決断してください」

「そうじゃねえよな・・。僕がただ一人で、ここからいなくなればいいだけだ」

 誰にでもできる簡単なことができないくせに、欲望だけは人一倍のヤツがいる。そいつが欲してやまないものを粗末にして、手が届きもしないものをずっと追い続けて勝手に疲弊し、周りを滅茶滅茶にしようとしているヤツがいる。

 正規の良品に混ざりこんだ異物同士が最後にかち合って、やっと答えが出せた。

「寺井さん。実は、僕は寺井さんと希美さんの住んでいるところを知っています。失礼を承知ながら、以前、後をつけさせていただきました。希美さんを苦しめ続けてきたあの家が、僕には敵に落とされて燃え盛るお城のように見えました。もし、ここで寺井さんが僕に希美さんを譲らないと言うのなら、僕は今度、あのお城に乗り込んで、希美さんを救い出すつもりです」

 救いようのないヤツ―――良品を不良品にするしかできない異物にお似合いの末路を、やっと見つけることができた。

「寺井さん。あなたはひょっとして、女性を理想化しすぎているのではありませんか。女性も男性と同じ人間です。一緒に暮らせば、だらしないところも見せるし、おならもします。あなたはそういったことを我慢できずに、希美さんに辛く当たっていたのではないですか。僕はそんなことはしません。僕は、希美さんがどんな姿になろうと、愛してみせます。寺井さんは、希美さんを僕に委ね、一人になって反省をし、それから、新しい女性を幸せにしてあげてください」

「お前も本当は、可哀そうなヤツなんだろうけどさ・・。でも、僕、やっぱり希美が好きだから」

 寺井は、材料置き場から拾った魚のすり身の箱を、端本の側頭部めがけてフルスイングした。

 マッチ棒のような身体の端本がもんどりうって倒れたところに、安全靴で踏みつけを食らわせた。頭を蹴られても、最初の一撃で、泡をふいて失神してしまった端本は目を覚まさない。

 倒れたところが、偶然、材料の陰に隠れて死角になる場所だった。ほかのラインの連中が補充のためにここを訪れても、人が倒れていることには気づかないかもしれない。

 氷点下十℃を下回る冷凍室に放置されれば、人間の身体は数時間も持たない。だから、サヨナラ。

 冷凍室を出る前、一度だけ後ろを振り返った。

「サヨナラ・・・」

 もう二度と戻れない、何も変わらない日々に別れを告げて、寺井は冷凍室を後にした。




       エピローグ




 拘置所の雑居房の中、日課の足つぼマッサージを終えた寺井は、自分に割り当てられたスペースから、ぼーっと窓の外を眺めていた。

 刑務所と違って作業のない拘置所では、日がな一日、とにかく暇を持て余す。将棋盤が空いているときは、房の誰かと将棋を指すか、一人で詰将棋。将棋盤が空いていなければ、留置金で買った週刊誌を読む。週刊誌を読み飽きたら、こうして空を眺める。そんなこんなで退屈を紛らわせながら、刑が確定するのを待つ日々を、のんびりと過ごしている。

「いってえな、バカ野郎!いちいち小突くんじゃねえよ。あ、お前、僕に嫉妬してんだろ。僕が羨ましいんだろ。そりゃそうだよな。だって僕は、お前みたいな臆病もんが、一生かかってもできない気持ちいいことを、リンリンにいっぱいしたんだから。リンリンのお腹はぽにぽにしてて、柔らかったぞぉ。おもちおなかを揉みながらさ、志保のミルクをそそいで食べるふんわりおっぱいが、美味いんだまた。これからリンリンに僕の赤ちゃん汁を注ぎ込んで、リンリンのおっぱいからミルクを出そうとしたのに、お前ら国家の犬が邪魔しやがって。お前らなんか犬のうんこと一緒だ。お前らみんなうんこなんだよ。このばーっか、ばーっか、ばーっか!」

 鉄格子の向こうから、寺井とほぼ、同時期に逮捕された村上の声が聞こえてくると、八畳の房に詰め込まれた六人の男たちが、一様に口元を綻ばせる。

 性犯罪は獄中ヒエラルキーの最下層で、拘置所、刑務所では恰好のイジメの的である・・・などという時代でもない。刺激に飢えた未決囚たちの間で、独特の言語感覚を持った村上は「スター」として扱われる人気者だった。

 それに引き換え、自分は過密収容された男たちの排泄の臭気を常に漂わせる便所に一番近いスペースをあてがわれる、房の最下位者。とはいえそれも、入った順番が新しいから、というだけのこと。

 ヤクザが幅を利かせているというわけでもないし、ホモに尻の穴を狙われるわけでもない。多少、姿勢を崩したところで、厳しく注意されることもない。食事は悲しいほど味が薄いが、腹が減っていれば、食えないほどではない。留置金の範囲内で、菓子や日用品を購入することもできる。

 ここが、最初から落ち着くべきところだったのだと考えれば、案外、悪くない。寺井は軽く伸びをした後、三日前に届き、雑誌と同様に何度も目を通した、塚田からの手紙を開いた。


 せいくん、ご無沙汰しております。身体は大丈夫ですか?だいぶ暖かくなり、汗も出るようになると思うので、今度、タオルとシャツを差し入れます。

 世間はまだ、ネットでもテレビでも、村上さんが起こした事件についての話題で持ちきりです。村上さんがどうしてあんな酷いことをしようと思ったのか、リンリンをなんで太らせようと思ったのか、僕にはよく理解できない世界だけど、友達だった人のことなので、できるだけわかるようにしたいと思っています。

 せいくんが端本を殴った事件については、希美さんを守るため、仕方なくやったという論調になっています。僕にできることには限りがあるけど、もし、証言台に立つ機会があれば、できるだけせいくんの苦しみを、裁判官さんにわかってもらえるように発言しようと思っています。

 次に、僕の近況について報告します。僕のことになんか興味はないかもしれないけど、僕はせいくんに自分を知って欲しいから、伝えさせてもらいます。

 あれから僕は、大丸食品の工場を辞めて、半導体を製造する会社で、正社員で雇用されることを前提に、紹介予定派遣で働き始めました。半年間、作業者として勤務すれば、費用は全額会社持ちで資格の試験を受けられて、それに合格すれば、正社員としてリーダーを任されるそうです。日勤と夜勤の交代制で、当直もあるし、身体はきついけど、ただの派遣と違って、未来を信じられる喜びがあるので、頑張れています。

 ほかのみんなのことも、簡単に伝えます。

 大丸食品の工場は、二週間の安全点検を終えた後に、無事に稼働し始めました。あれ以来、派遣会社では、スタッフのメンタルチェックを定期的に行うようになり、事件防止に努めるようになっています。

 すでに知っていると思いますが、端本は気絶した後、すぐに発見され、救急車で病院に担ぎ込まれ、無事に一命をとりとめました。後遺症もなく、一週間余りで退院し、せいくんへの恨みを口にすることもなく、別の工場で元気に働いているそうです。

 信一さん、及川さん、牛尾さんは、今でも大丸食品の、伊達巻のラインで働いています。相変わらず抜群のチームワークで、特に、正社員になった信一さんの張り切りぶりは凄いとのことです。及川さんが、牛尾さんのパチンコに付き合わされていることだけが心配ですが・・。

 信也くんはすくすくと育って、先月から、ハイハイができるようになったそうです。志保さんと信也くんと、三人で撮った写真を同封します(なぜか、信一さんは一緒に写るのを頑なに嫌がります・・)。

 リンリンは、新潟県の実家に帰って療養しているそうです。もう、辛い思い出のあった大丸食品での知り合いとは口も聞きたくないだろうけど、また良くなって、外に出られる日がくればなぁ・・と、僕は祈っています。

 あれから僕もニュースを観たり、簡単な労働関係の本を読んだりして、せいくんに教えられたことの意味を考えるようにしています。

 世の中の構造は、無知な人を食い物にするようにできていて、何も考えずに働いていると、安いお金でボロボロになるまでこき使われちゃう。これまでニートの暮らしが長かったことを、ずっと気にしていたけど、そういうことも引け目に感じる必要はないんだ、社会と自分とは対等なんだと思って、できる限り、自分の得になるような道を探していこうと思っています。

 もちろん、社会に必要とされるために、自分を磨くことも、忘れちゃいけない。いま、高卒認定の資格を得るために勉強をしているけど、それをやるようになって、せいくんの気持ちがわかりました。

 今より良くなろうって努力しているせいくんに対して、今の環境を幸せだと思い込もうとしてる僕が、対等の友人のように振舞っていたのが、ずっとイヤだったんだよね。

 これまで、家で机に向かうという習慣がなかったから、勉強はとても苦しいです。でも、せいくんはずっとこれを頑張っていたんだと思って、自分も頑張るようにしています。努力って、必ずしも素晴らしいことでもないと思うけど、それでも、頑張るしかないんだよね。

 人生のどこかで、満足しなきゃいけないときは来ると思う。でも、それはもっとずっと、先の話。せいくんみたいに頑張れるかはわからないけど、僕もできる限り、気持ちを強く持って、自分の信じた道を行こうと思います。

 来週か再来週には、面会と差し入れに行きます。せいくんが出てきたら、また、あの河川敷で一緒に、お酒を飲みたいな。楽しみしています。

 てっくんより。

 
「くっ。何がてっくんだよ」

 寺井は苦笑して、折りたたんだ手紙を自分の私物入れに保管すると、頭の後ろに手を回して、冷たいコンクリートの壁にもたれかかった。

「なんというか・・。それでいいのかね」

 あれから、三か月あまりの月日が過ぎた。

 塚田の手紙に書かれていた通り、世間では、殺人未遂の疑いで逮捕された寺井が、警察の取り調べですぐにゲロッた村上の監禁事件の方がメインとして扱われ、寺井の事件は、村上の事件のオマケのように扱われていた。寺井が本来思い描いていた計画とは、ちょうど逆の構図となった形である。

 最後の最後、どうしても他人を巻き込めなくて、土壇場で決意を翻した。だけど、振り上げた拳をただ下ろすこともできなくて、そのときたまたま目の前にいた端本に、すべてをぶつけて終わりにした。

 当初、やろうとしていたことに比べれば、中途半端で消化不良、あまりにもお粗末な結果。だが、どういうわけか、世間は自分の最後の決断を好意的に受け止め、周りが勝手に、自分に同情が行くようなストーリーを作ってくれている。

 最大の争点となったのは、殺意の有無。端本を殴ったのは発作的で計画性はなくとも、そのあと、極寒の冷凍庫内に、気絶した端本を放置したことについては、明確な殺意が認められるのではないか。

 だが、それもどうやら、自分の女をヤラれそうになり、侮辱された怒りに駆られて、冷静な判断が利かなくなっていた、殺意はなかった、ということで、裁判の決着はつきそうである。

 端本をぶん殴って冷凍室を後にしたとき、完全に失ったと思った何も変わらない日々が、どうやらあっさり戻ってきそうな雰囲気になっていた。

「ほんとに、それでいいのかね」

 志保が伊達巻に母乳を振りかけている決定的瞬間を目にした者たちは、誰も真実を口外しようとしなかった。結果的には、寺井のせいで牢屋送りになった村上までもが、寺井を道連れにしようという気を起こすこともなく、寺井の裁判を不利に動かすことのできる事実をひた隠しにしている。

「こいつかぁ。こいつが希望なのかな」

 自分がやらかした取り返しのつかないことを知っている者たち誰もが、秘密を墓場に持っていこうとしているのは、寺井の手の内にある写真の人物――信也のことを思っているからなのだろうか。

 時代の激流に押し流され、落ちぶれて、かろうじて網の目に引っ掛かっている連中。これまでの人生、全然いいことなかったけど、それでも、未来はきっと良くなると信じてる。この子が大きくなるころには、自分たちもきっと良くなってると信じてる。この子には自分たちと同じような辛い思いをさせないよう、少しでもいい世の中にしようと思っている。

 いつかこの子にも、真実と向き合わなくてはいけないときが来る。だけど、それは今ではなく、ずっと先の話。そのときに感じる傷の痛みを、できるだけ小さくしてやりたい。だからみんなで、優しい嘘をついてあげる。

「そんなにいいかね。子供ってやつが」

 自分の作った取り返しのつかないものが、自分が滅茶苦茶にしようとしていた連中に、希望を、光を、勇気を与えている。なんとも不思議な気分である。

 自分を愛せない者は、自分の分身を愛せない。それは今も変わらない。それなのに、何も変わらない日々を終わりにしたくて作り出し、利用しようとしたものは、自分に、何も変わらない日々を取り戻させようとしてくれている。そのことに、自分はどう答えたら良いのだろう。

 もう封印していたはずの本能が、ムズムズと湧き上がってくる。寺井は塚田の手紙をもう一度取り出し、裏に鉛筆で走り書きを始めた。

――あのとき、ボタンを押さなかったことが、自分の人生にとって、本当に正解だったのかはわからない。だが、あのとき自分の指を止めたのが、人として正しい感情だったのはわかる。しかし、正しいということに、どれだけの価値があるのかはわからない。

――あの、人の脂でベトついた「和」の中に入っていかなきゃまともには生きていけないこんな世の中は、どうしても好きになれない。しかし、幾つになっても和の中に入っていけない異物のまま、好き勝手に滅茶苦茶やりたい放題、そんな男が何とか生きていられる、そんな世の中がここにしかないのも、また事実。

――その確認ができた意味で、あの映画を撮り、結果破棄したことは、よかったのかもしれない。

「・・・なわけ、ねえだろ」

 今度は自分自身に苦笑し、書いた文章を消してから、寺井は塚田の手紙と信也の写真を私物入れに仕舞った。

 面会の時間が近づいている。鏡の前に立ち、顔を洗い、手櫛で髪を整え、身だしなみを整えた。

 腰縄をかけられて、担当の刑務官に連れられ、房を出た。階段を下りるとき、小柄でずんぐりした女の刑務官とすれ違った。口笛を吹いて囃してやりたくなるのをぐっと堪え、廊下を先へと進んだ。

 この世の異物にも、希望と勇気の光はある。一緒に歩いてくれる人がいる。

 誰しも通り過ぎる青春の一ページ、すべてが壊れた一人大震災。生きるのが嫌になった、すべてを呪った。レールの上から外れて戻れなくなり、あてどもなく彷徨っていた。

 瓦礫の中でみつけた希望――出会ったあの頃を思い出して、寺井の鼓動は否応なく高鳴った。

 これからも、何も変わらない日々を、一緒に過ごしたいと言ってくれる女がいる。それが、人生すべてを納得できるほど素晴らしいものだとは、自分にはどうしても思えないが、彼女がそれでいいというなら、できるだけそうしようと思う。

「・・おあよう、誠也さん」

 アクリル板越しに、出会ったころと少しも変わらない、一重瞼で、眉の手入れもしていない、ガチャ歯のとてもキュートな笑顔が、寺井を迎えた。

 

 
スポンサーサイト

第六章 ~20××年 12月 プリンセス・プリンセス・プリンセス



 好き――。ただそれだけで良かったはずなのに、余計な言葉を身に着けてしまったばかりに、すべてが壊れてしまった。



 何も変わらない日々が、一番の幸せだと思っていた。

 平均より少し上の家庭で、平均よりも少し大事に育てられたと思う。

 平均より少し上の学校で、平均より少し上の成績をキープしていたと思う。

 平均より少し強い陸上部で、平均より少し上のタイムを出していたと思う。

 平均より少し上の大学を出て、平均より少し上の会社に就職したと思う。

 それからも、ずっと同じだと思っていた。大きく躓くこともなく、平均より少し上の人生を送るものだと思っていた。

 でもそれは、違ってしまった。何も変わらない日々に彼が割り込んできたせいで、すべてが変わってしまった。

 寺井と出会ったのは、希美が二十歳のとき。大学の友人と、災害支援のボランティアに出かけたときのこと。希美より早く到着したボランティアたちの間で、住処を失って途方にくれる被災者には目もくれず、瓦礫の上を縦横無尽に歩き回ってカメラを回している集団の存在が問題になっていたから、抗議するつもりで行ってみたら、逆にナンパされた。

――君、可愛いじゃん。大学生?これ、僕のアドレス。今晩、僕らが泊まってるテントで上映会やるから、君もおいでよ。

 最初は、腹が立っただけだった。被災地に差し入れの一つもせず、ただ、己の野心のための映画を撮って回る不謹慎な連中に誘われて、のこのこ付いていくなんてありえない。

 それに・・こんな一重瞼で、眉毛の手入れもしてなくて、歯もガチャガチャの自分が可愛いなんて、あるはずもない。どうせ、いいように遊んで、ゴミみたいに捨てる気に決まっている。

 無視してその場を去ったのだが、映画製作班とはその後も頻繁に顔を合わせ、その度にしつこく誘われるので、仕方ないから、一度足を運んでやることにした。あんたなんか何とも思ってないとキッパリ言って、なんなら作品もボロクソに貶して、これ以上付き纏われないようにするつもりだった。

 寺井が脚本を担当したという四十五分ものの映画を観て、そんな気持ちはどこかへ吹き飛んでいった。

 主人公は普通の高校三年生。見かけはパッとしないけど、勉強にも部活にも手を抜かないと評判の頑張り屋で、クラスメイトの女の子に仄かな恋心を寄せている。

 しかし、本番で気負ってしまったのか、彼は志望大学に落ちてしまった。救いを求めるように、片思いしていた女の子に告白するもフラれ、失意のどん底にいるときに、イケメンと評判のクラスの男子が、彼の志望していた大学に見事合格し、彼の好きだった女の子とも付き合い始めたという知らせが入った。

 受験に失敗して、好きだった女の子を持っていかれたことだけなら、まだ耐えられた。彼が本当にキツかったのは、クラスのみんなから、幸せそうな笑顔を見せているカップルに、祝福の拍手を送ることを強要されたことだった。

 クラスメイトたちに恨みを抱いた彼は、クラスメイトを皆殺しにするために爆弾を製造しようとするも、実験に失敗し、顔面に二目とみられないほどの大やけどを負って自殺した――。
 
 頑張らなくても幸せになった人、頑張ってようやく報われた人、頑張ったけど報われなかった人、頑張らなかったから不幸になった人。人生の幸福と、幸福を得るために費やした労力がまるで違う人々が、一つの塊になって集団を形成していることの矛盾と欺瞞。

 成果主義の世の中で、能力、あるいはやる気の足りない人を引き上げるため、初めはあの手この手が尽くされるが、やがてどうしようもないとわかる。最後に求められるのは、「幸福になった人に嫉妬をせず、素直に褒めたたえる」という態度である。敗者に美徳とされるパフォーマンスさえやってのけられれば、集団の中でギリギリ居場所が確保される。

 やる気がなかったせいで幸せになれなかった人は仕方がない。だが、十分なやる気があっても幸せになれなかった人に、それを強要するのは?自分と同じかそれ以上に頑張っていた人になら拍手を送れても、さほどの労力も割かずに、自分が欲しくて仕方なかったものを手に入れた人に対し、素直に拍手を送れるものか?

 「和」の精神――社会を維持するための原則への不満を真正面から描いた寺井の作品は、希美の胸に強く響いた。

――面白かった。いい映画を観せてくれてありがとう。寺井さん、才能あるよ。

 味噌糞にけなすつもりが、気づけば、賞賛を口にしていた。暗い内容の作品だったが、心はスカッとしていた。これまで、誰にも言えなかった希美の思いを、寺井が代弁してくれた気がしたから。

――自分が特別だなんて思ったことはない。まともな頭があれば、誰だって今の世の中や自分の境遇に、何らかの不満を抱えるのが当たり前なんだから。それを架空のお話を鑑賞することで消化して、何とかレールの上を走っていくのが正しいんだろうけど、どうも興味が持てないんだよ。ただ単に生きる、てことにさ。それでドロップアウトして、自分が架空のお話を作る側に回ったってわけ。

 話を聞くほどに、希美はついさっきまで軽蔑していた男に引き込まれていくのを感じていた。

 我慢して、自分を殺して、好きでもない友人と付き合って、尊敬もしていない人を褒めたたえて、無理やり集団に溶け込んで。それは自分にとって、そこまでして手に入れたいものなんだろうか。

 会社という集団にこれから入っていくため、本気で困っている人のことを思っているわけでもないのに、ボランティアなどに来てしまったことに内心疑問を感じていた希美の目には、安定した道を捨てても、映画仲間に囲まれて、夢を追う日々を送っている寺井の姿は、眩しく映った。
 
 すぐに消すつもりだったアドレスが、どうしても消せなかった。

 希美は東京に帰ってからも、寺井と頻繁に連絡を取るようになった。男女の関係になるのに、それほど時間はかからなかった。

               
                             ☆


 映画監督を夢見るフリーターと、ごく普通の女子大生のカップル。まだ、結婚を意識する年頃でもないが、目指す路線の違う二人に、中には横槍を入れてくる人もいた。

 希美も将来に不安を感じて、寺井に別れ話を切り出すと、俺にはお前しかいないから、と膝に縋りつかれ、オイオイと泣き喚かれた。すかした顔で己の知識をひけらかすいつもの姿とのギャップに母性を刺激され、これで希美も寺井から離れられなくなった。
 
 希美は無事に大学を卒業し、社会人となったのを機に、誠也さんと一つ屋根の下で暮らし始めた。

 社会を維持するための、強大な欺瞞――「和」から抜け出し、レールの外を走って生きていく。二人の宿願を果たすための、長い長い苦闘の始まりだった。

 希美が仕事と家事をし、誠也さんがバイトと創作活動をする。いつか、誠也さんが有名になり、クリエイター方面の仕事だけで生活できるようになるのが、二人の最終的な目標。

 一年が過ぎ、二年が過ぎた。たまに、映画祭に出品した作品がそこそこに評価されたり、応募した脚本が一次、二次選考を通過することもあったが、誠也さんに「仕事」が舞い込むことはなかった。

 映画製作チームはメンバーが抜け続ける一方で、誠也さんが三十の坂が見えてきたころには事実上の解散状態になり、誠也さんは収入源をアルバイトから、フルタイムで働ける派遣に切り替えた。

 最初に派遣されたのは、奇しくも、希美の勤める会社だった。誠也さんが働く姿を見たのは初めてだったけど、変な波風も立てず、よくやっていたと思う。そのまま、真面目に勤めてくれればいいと思ったが、一年ほどが経ったころ、トラブルが起きてしまった。

 希美の直属の上司に、「なんだ、彼女の方がしっかりしてるじゃないか。君も派遣なんかじゃなくて、どこかの会社に就職しろよ」などと言われて激昂した誠也さんが、上司を殴ってしまったのだ。

 誠也さんは口にはしなかったが、内心、正社員の彼女に縋っているということに、引け目を感じていたのかもしれない。ちょうど、激務で体調を崩しかけていたときだったのもあり、希美も誠也さんの起こした事件をいい口実にして会社を辞め、派遣で働くようになった。

 それまで、派遣へのイメージはけしていいものではなかったが、やってみると、同じ非正規でも、学生のころにやっていたアルバイトよりは、派遣の方が、あらゆる面で恵まれているところは大きいと感じた。
 
 中間搾取というと聞こえは悪いが、中抜きされるかされないかの違いがあるだけで、派遣もバイトも、手元に渡る賃金は大差はない。下手に直接雇用にすると、雇用者側が、労働者に滅私奉公を強いてもいいという錯覚に陥りやすく、社会保険に入れてもらえなかったり、しばしばサービス残業や、理不尽な独自ルールを押し付けられる場合もある。

 よくあるのは、「休むときは、シフトの交代要員を自分で探す」あるいは、「売上のノルマが達成できなかったときは、アルバイトが自分で商品を買い取る」というルール。これに法的根拠はなにもなく、違反したからといってペナルティが課せられたり、労働者が不利な状況に追い込まれるというのは許されないのだが、特に無知な学生などには、使用者に言われることを真に受けて、不当な圧力に屈してしまっている人が多い。

 派遣ならば、使用者と労働者の間に第三者の目が入ることで、労働者の無知や押しの弱さから起こるトラブルを未然に防げる。無論、その第三者の目が腐っている場合もなきにしもあらずではあるが、特に大手の派遣会社は、スタッフ側に寄り添ってくれることが多いというのが、希美の実感である。

 派遣は自分のことだけ考えていればよく、変な同調圧力に抑え付けられることもない。雇用形態の違いは、偉さの違いではなく、歩く路線の違い。正社員と派遣、双方がそれをよく理解していれば、波風が起こることなく職場は回る。

 誠也さんが「和」からの脱出を目指すだけならば、派遣で働いているだけで、半ば達成されているようなものだった。しかし、それは永久ではない。この道がきっと未来に繋がっていると信じられなければ、いつまでも続けられるものではない。 

 目標はあくまで、創作の世界で成功することのみ。実際には、クリエイターの世界とて「和」から逃れることはできないし、「和」の中で力を発揮できる人間が上に行く世界ではあるのだろうが、それでも、人の本音や個性を売り物にしている分、いわゆるサラリーマン社会よりは、まだ生きる目があるのではないか。誠也さんはそこに希望を託していた。

 ギリギリの賃金で生活を維持しながら、空いた時間で創作活動を行う。努力が辛いのは最初だけで、毎日繰り返していれば、入浴や歯を磨くのと同じで、やらない方が苦痛になる。八時間労働、八時間休息、八時間創作活動+日常生活のサイクルを、忠実に守って日々を過ごす。

 何も変わらない日々の繰り返しが、延々と続いていく。
 

                            ☆


 誠也さんの創作活動は、まだ日も昇らない早朝から始まる。夕方はぐったりしてしまって頭が働かないから、しっかり休んでさっさと寝る。誠也さんが休んでいる間に、希美が家事をこなす。

 休日に出かける予定がないときは、過去の名作映画のDVDを一緒に鑑賞する。

 優れた評論家が必ずしも名作を生み出せるわけではないが、評論がある程度できなければ、創作はできない。誠也さんは、映画を希美と一緒に見るたび、映画と同じくらいの時間をかけて、希美と作品の内容について語り合った。

 誠也さんと映画談義にふけっている内に、希美はふと、頭の中で、堪えがたくムズムズとしたものが蠢き出しているのを感じていた。

 面白かったはずの誠也さんの作品に物足りなさを感じるようになり、自分だったらこうするのに、あんなシーンはいらないのに、と考えてしまう。ふと気づくと、スマホで文章を打ち出しており、それが案外、出来のいいものに見えてしまう。

 正社員の仕事を辞めるとき、多くの人から反対の声が上がった。中でも、誠也さんが殴ってしまった上司は、直接希美と誠也さんの家まで訪れて詫び、希美を熱心に慰留してくれた。

 創作活動を行うのは誠也さんだけなのに、どうして希美までもが、安定した道を捨てなければいけないのか、みんなが疑問をぶつけてきた。

 その時は体調面のことを強調して押し切ったが、本当はあのときから、自分の中で答えは出ていた。

 希美も、シナリオが書いてみたい。そのための時間を確保したかった。

 自分の衝動が、けして許されないものであるのはわかっていた。でも、どうしようもなかった。頭の中のマグマのようなものを、吐き出したくて吐き出したくて、どうしようもなくなっていた。

 同棲から五年が経ったころ、希美は貯金をはたいて、自分のノートパソコンを買った。誠也さんの目を盗んでコツコツと執筆に励み、半年の期間で、二百字詰め原稿用紙五百枚のシナリオを書き上げた。

 出来上がった原稿を、誠也さんの原稿と一緒に、テレビ局のコンクールに送付した。誠也さんの作品があっさりと選外に終わるのを尻目に、希美の作品は一次、二次と順調に選考を通過し、とうとう最終選考にまで残った。

 テレビ局に電話を入れて、選考の辞退を申し入れた。担当者から、選考の委員長が大のお気に入りで、受賞は八割がた既定路線に入っていると言われ、心は揺れたが、希美の決意は変わらなかった。断腸の思いだったが、仕方なかった。

 半年の期間、自分の背中を押していたのは、神様ではなく悪魔だったのだ。希美は、けして許されないことをしてしまった自分を深く恥じた。もう二度と、誠也さんを裏切るようなことがあってはならない。どんなに魅惑的に思えたとしても、それが二人の生活を――何も変わらない日々を破壊する結果を招く行為だとすれば、けして行ってはならない。

以後、希美は、自分でシナリオを書いてみたいという思いを封印し、残業にも積極的に協力し、家事の負担も増やして、誠也さんのサポートに全力を注ぐようになった。


                              ☆


 さらに一年が過ぎ、二年が過ぎた。もう、誠也さんが映画仲間と頻繁に会うことはないと判断して、家賃の安い地方に拠点を移し、二人して食品加工工場で働くようになった。

 これまでは、職場のことは滅多に家では言わなかった誠也さんが、このころから、よく愚痴をこぼすようになった。

「マジ死ねよな、あの説教ジジイ。今日、僕がはんぺんラインの岡本ちゃんから仕事を教わってたらさ、あの説教ジジイが顔を真っ赤にして飛んできて、お前の師匠は俺なんだから、俺を頼れとか怒鳴ってくんの。こんな誰でもできるライン作業で、師匠もクソもねえっつうの。こっちが弟子にしてくださいと頭を下げたならともかく、師匠の押し売りなんて、聞いたこともねえよ」

 人に綽名をつけるのが得意な誠也さんが、ひときわ毒の強いネーミングで呼ぶ真崎という男から、毎日のように食らう説教が、誠也さんのストレスの原因のようだった。

 他人に説教をするということは、その人間に対してなんらかの優越感を抱いているということだが、では、真崎が何を根拠にして誠也さんに優越感を抱いているかといえば、それは職場の人間関係、「和」を大切にしているということらしかった。

 一度、会社の休憩室で、若いスタッフを前に、真崎が自論を雄弁に語っているのを、希美も聞いたことがある。

「世の中には濡れ手で粟を掴むように金を稼いでいる人間もいるが、苦労することを知らない人生なんて哀れだよ。そういう奴らは、人に感謝する素晴らしさも知らないんだ。これまでの人生でも色々な人に世話になったが、俺はこの大丸食品で出会った人たちには、特に良くしてもらったと思っている。ここで出会った人たちとの絆は、俺の一生の財産だ。この工場で、尊敬できる凄い人たちに教わった大切なことを、俺がお前たちに伝えていってやるからな」

 四十四歳の真崎が後生大事にしているものは、誠也さんが希美と出会った二十二歳のときにはすでに、自分にとっては価値がないと判断して捨てていたものと、まったく同じだった。
 
 たかがライン工でも、交友関係にさえ恵まれていれば、金持ちにだって負けていないと信じ込む真崎は気狂いじみているとしても、現実問題として、自分の立場の、客観的な優位性というものを見出していかなければやっていけないのは、誠也さんとて同じである。

「貧困と社畜は、セットじゃなければそこまで大した問題じゃない。派遣は自分の都合だけで物事を考えていればいいし、余計なしがらみも一切ない。一生このままじゃいけないけど、将来、自分のシノギで食っていく夢のある人間が、世を忍ぶ仮の姿を演じるにはもってこいだよ」

 労働者の非正規化が急速に推し進められるようになった九十年代初頭、フリーターは会社に縛られない新しい働き方だと持て囃され、若者を中心に一定の支持を受ける向きもあった。コストを抑えたい経営者側の詭弁が多分に含まれているにせよ、一億総中流と言われる時代の中で、従来の滅私奉公的な働き方に息苦しさを感じていた層は、かなりの数いたのだ。

 貧乏人から自由、気楽を奪ったら、いったい何が残るというのか。徹底した個人主義を貫けるという理由で、非正規の派遣である自分の立場を納得しようとしている誠也さんからみれば、派遣という立場はそのままで、正社員並みのしがらみに自ら縛られに行き、休みの日にまで会社の心配などをしている真崎は、派遣の「強み」を、自らドブに捨てているのと同然だった。

 誠也さんと真崎では、人生の価値観、目標設定があまりに違いすぎる。他人の人生の価値観、目標設定を変えるということを、真崎は甘く見過ぎている。

 水と油のような誠也さんと真崎が大きなトラブルを起こすのは、時間の問題だった。

「説教獣フンバカが、またバカなこと始めたよ。この前新しく入った、塚田って若い子の面倒を見てるフリしてさ、何か言うたびに、こっちの方ちらちらと見てくんの。あれ、僕が焼き餅を焼いてないかって、確認してるんだぜ。バカの上に、気持ち悪いよな」

 説教獣フンバカ。毎月のように変わっていく真崎のあだ名は、最終的にそれに落ち着いた。とあるRPGに登場する、幻獣キャラクターの名前をもじったものである。

 説教獣フンバカ。希美はこの綽名が大好きだった。

 RPGの幻獣をもじった綽名は、そのRPGをプレイした人にしか伝わらない綽名。だから誠也さんは、その綽名を希美の前でしか口にしない。説教獣フンバカという綽名を、誠也さんとだけ共有できるのが嬉しかった。

 あの女の人の前では、けして口にしない綽名。

 ストーカー同然の真崎に付き纏われる誠也さんに同情する一方で、そんなに辛いのに、誠也さんはなぜ、大丸食品の工場を辞めようとしないのか、不思議に思っていた。

 特に時給が高いわけでもないし、仕事はキツイ方。年末が近づくにつれて残業が増えて、創作活動に支障を及ぼす。友達は多いようだが、誠也さんは、単に慣れ合い目的の人付き合いには重きを置かない性格のはず。

 誰か、気になる女でもいるのだろうか。

 予感は、当たっていた。

 長い同棲生活で、身なりに気を使わなくなっていたのは事実である。誠也さんとは籍を入れてはいない内縁の夫婦という関係だが、いつの間にか、夫婦というより、兄妹のような感覚になってしまって、夜の回数は年々減っていた。

 そういうことがあっても、おかしくないとは思っていた。

 だけど、その相手がまさか、自分より一回りも年上の女だとは思わなかった。

 子供のころから、おっとりした性格だと言われてきたが、女の勘というものは、希美にも生来備わっていたらしい。会社で二人が話している様子、誠也さんのプライベートでの行動パターンの変化を見れば、誠也さんとあの女の人が特別な関係にあることはすぐにわかった。

 入社したばかりのころ、親し気に話しかけてきてくれたあの女の人に、無視するような素っ気ない対応を取ってしまって以来、あの女の人が自分のことを快く思っていないのは知っていた。あの女の人が自分への当てつけのために、誠也さんに積極的に絡んだり、誠也さんの作品を観たがっていたのも知っていた。それでも、あの女の人だけはないとタカを括っていた。

 色黒で、化粧がケばく、香水の匂いもキツイ。典型的田舎のホステスみたいなルックスで、グラマー好きな誠也さんの好みとは相反するぺったんこな身体つき。

 男としての欲求だけで、あの女の人を抱いたとは思えない。誠也さんの心に吹きすさぶ風の冷たさを、どこかで軽くみていた。

 自分が至らないせいで、あの女の人のお腹の中に、取返しのつかないものができてしまった。
 
 誠也さんは希美との間に、子供は望んでいなかった。強大なもの――「和」からいつまでたっても抜け出せず、さりとて「和」に溶け込むこともできない、苦悩しかないこんな人生を、子供にまで押し付けてどうするというのか。たとえこの先、経済的に余裕ができたとしても、子供だけは作るまいと、誠也さんは決心していた。

 誠也さんが子供を作るとしたら、それは人生を投げたとき。宿願である「和」からの脱出を諦め、破滅へと向かって歩み始めたときだけ。

 希美がけして許されない裏切りをしてしまったときから、二人の会話は少なくなっていたが、あの女の人のお腹が大きくなり始めたころから、誠也さんは希美とまったく口を聞いてくれなくなった。生涯最後と決めた映画を撮ることに没頭する誠也さんには、希美の姿は見えていないようだった。

 何が起こっても耐え、そして見届けなければならない。これは咎人への罰なのだ。誠也さんを裏切ってしまった自分に、誠也さんのしていることを邪魔する資格はない。誠也さんが人生の最後に仇花を咲かせ、散り行く様を、黙ってサポートするしかない。

 誠也さんが、お腹の大きくなってきたあの女の人を抱きに行くときも、黙って見送らなければいけない。


                            ☆


 だけど、心の隙間はどうしようもなく開いていく。何かで埋めなければ、まともではいられない。希美は誠也さんが家を空けている間――あの女の人のところに行っている間、パチンコ店に足を運ぶようになった。

 大学のころ、ゲームセンターのメダルコーナーに、好きなドラマをモチーフにした台が置いてあったから試しに打ってみたら、すぐに確変を引いた。メダルがじゃんじゃん出てきて、大当たりの演出が流れて、興奮した。試しに実機で遊んでみると、一気にハマった。

 都会のように、店が林立しているわけではない。ホールに足を運べば大抵は、工場で見かける顔が並んでいる。

「やあ、希美ちゃん。また会ったね。今日は何打つの?俺がアドバイスしてあげよっか?」

 一番よく顔を合わせたのは、誠也さんが真崎に次いでよく悪口を言っている、伊達巻のライン作業者、牛尾。

 原資の限られた者ほど、なぜか遊興費の配分が多いという例は珍しくないが、給料が振り込まれた端から使っていれば、生活に余裕ができないのは当然である。

 貯金がまったくないから、正社員で働く意志はあるのに、休みを取って就職活動に励むこともできない。いつまでも蟻地獄から抜け出せず、仕方なく、今やっている派遣の仕事を、さも崇高なもののように思い込んで自分を誤魔化している。

 人から与えられる安易な労働で自己実現を目指し、それを人にも強要しようとする、誠也さんがもっとも嫌うタイプの底辺労働者。

 低賃金の中から違法賭博屋への寄付代を捻出するため、真っ先に削られるのは身体のメンテナンス費用。虫歯ができれば釣り糸で引っこ抜いて、差し歯は入れない。髪がぼさぼさに伸びれば自分でカットして、襟足に変な段々がついた不思議なキノコ頭の出来上がり。異様に糖分に偏った食事メニューで、腹回りにはどっさり肉がついている。

 言っては悪いが、こんな見た目で、プライベートの場面で女に平気で話しかけられる神経が知れなかった。

「はい、牛尾です。え?今から出勤しろって?そんなぁ、勘弁してくださいよ。いくら俺がタフだからって、休息がなきゃやっていけませんよ~」

 パチンコ店に女がいることが嬉しくてたまらないのか、牛尾はよく希美の近くの台に座っては、スマホを相手に、妙な一人芝居を繰り返していた。

「希美ちゃん、この間、俺、社員さんたちの飲み会に出たんだけど、そのときめっちゃ話盛り上がっちゃってさぁ。一日でアドレスの数、三つも増えちゃった。それからというもの、休日にも駆り出されることが増えてさぁ。必要とされるのは嬉しいけど、頼りにされすぎるのも困っちゃうよね」

 真崎や牛尾は、大丸食品の社員に媚びを売ることで、自分を職場内で優位な立場に持って行こうとしているようだが、希美は派遣を長年やっていて、派遣が正社員に媚びたことで良い結果を生んだ場面を、まったくと言っていいほど見たことがない。ほとんどの場合、ただ足元を見られるだけで、条件は据え置かれたまま、ただいいように利用されるだけなのである。

 たとえ空回りに終わっていたとしても、その人なりに頑張っているのを、頭ごなしに否定したり、馬鹿にしたように言うのが愚かなことであるのはわかっている。

 だが、まず先に、向こうが自分の考えをこっちに無理やり押し付けてきたり、注ぎ込むエネルギーの配分が違うだけのことを、能力の差だと勘違いして、金を稼ぐための手段と割り切って働いているこっちを貶めてきたりしているのだから、それに対しては反撃しなければならない。

 派遣、バイトの仕事に異常に入れ込む「ガチ勢」は、誠也さんの長年の宿敵。だから、希美も「ガチ勢」とは、けして親しくしないと決めていた。

「あ、あの・・。希美ちゃん。俺、これから夕飯なんだけど、一緒にどうかな。今日はガッポリ買ったから、俺がおごるよ」

 たまたま同じタイミングで店を出た日、牛尾は希美をデートに誘ってきた。

 誠也さんとは、会社の食堂で一緒のテーブルに座っても、お互いスマホを眺めているだけで、会話はまったくなくなっていた。会社の中で、あらぬ噂が立っていても、おかしくはないと思っていた。

 しかし――いくら、同棲中の恋人とうまくいっていないのを知っていたとしても、どうして、考え方も価値観も、何もかもが違う女に、チャンスがあると思うのだろう。人間の男女がセックスするのを、動物の交尾と同じに考えてはいまいか。希美は牛尾の誘いに、何も答えずその場を去った。

 翌日、牛尾は興奮したゴリラのような顔をして、希美の働く粉物の倉庫に怒鳴りこんできた。

「おい!砂糖の袋に穴が開いてるじゃねえか!誰の仕業だ!今、俺らが時間ないのをわかっての嫌がらせか?」

 時間がないと言いながら、倉庫の作業者一人ひとりの眼前に袋をつきつけ、犯人捜しを始める牛尾。わざわざ見え透いたパフォーマンスなどしなくとも、いつも、リーダーの真崎と二人、他のラインのあら捜しで躍起になっている牛尾は、伊達巻のラインで使う粉を、誰が用意しているかは最初からわかっている。

 怒りの矛先である希美の前に、確信を持って歩み寄る牛尾の前に立ちはだかったのが、端本――はんぺんのラインの塚田たちに、常日頃、オカマンなどとバカにされている嫌われ者だった。

「あなた何なんですか希美さんがやったという証拠でもあるんですかあなたおかしいんじゃないですかあなた担当者に言いますよあなた首にしてもらいますよ僕は怒りますよ」

 青白い顔をした端本に、ゾンビのような迫力で逼られて血の気が失せたらしく、牛尾は最後に、これからは気を付けろ、とだけ吐き捨てて、倉庫を出ていってしまった。

 結果的に、端本に救われた形になってしまったのは、希美にとっては非常に都合が悪かった。

 嫌われ者ツートップの相方――おそらく、知能指数的にボーダーにあると思われる及川と違い、端本は能力には問題なく、仕事は並以上にこなすが、他人とのコミュニケーション面に重大な難を抱える、発達障碍者のキャリアではないかと推察された。

 文字通り、他人との距離感が測れない。

 通常、恋愛関係にない男女のパーソナルスペースは一・五メートルと言われているが、端本はいつも、何の躊躇もなく希美の心のフィールドを突破し、鼻の頭がくっつきそうなほど距離を詰めて、目をじっとをそらさずに話しかけてくる。

 人の気持ちが、まったく理解できない。周りの空気が読めない。

「希美さん、今日の定食のごはん、硬くなかったですか。ちらっと厨房見ましたけど、ごはん炊く人変わってますよね。あれ、クレーム入れた方がいいですよね」

 確かに、ご飯が硬かったとは希美も思ったが、端本がそれを言っているのは、粉もの倉庫の仕事の忙しさがピークとなる時間帯だというのが問題である。

「村上さん、この前貸した詰め将棋の本、そろそろ返してくれませんか。僕はいま将棋のレート対戦で、ランキング入りを狙っているんです。勝率を上げるために、勉強をしなければならないんです」

 手のひらを突き出して、厳しく本の返却を迫っているが、その本は村上が頼んで借りたものではなく、将棋に興味もない村上に、端本が自分の好みを押し付けようとして、勝手に貸したものなのである。

「希美さん、僕は家では将棋を嗜み、外では美術館によく出かけるんです。好きな食べ物は、見かけによらないとよく言われますが、ソースカツどんです。それから・・・」

 好意を持った相手のことを知ろうとするのではなく、話すのはいつも、自分のことばかり。自分が相手をどれだけ好きかだけが大切で、相手が自分をどう思っているかは気にもしない。

 彼がそうなってしまうのは、彼が悪いからではなく、彼の脳の構造の問題なのだとわかっていても、不快感と嫌悪感は拭えなかった。

 同じ工場で働く女性、六人に告白をした端本は、つい最近まで、はんぺんラインの向井凜に思いを寄せていたはずだった。しかし、その凜が、突然、何の前触れもなく工場からいなくなった途端、希美にターゲットを移すようになっていた。

「希美さん、あなたは寺井さんに騙されているんです。寺井さんに、あなたを幸せにする気などないんです。希美さんを幸せにするつもりがあるのは、僕だけなんです」

 他人の気持ちがわからない上に、他人の気持ちを自分に都合の良いように解釈する悪癖のある端本は、牛尾と同様に、工場での様子から、希美と寺井がうまくいっていないのを察し、自分が希美を奪えると確信しているようだった。

「僕は寺井さんから希美さんを救い出します。僕にはわかるんです。今の寺井さんは、敵に落とされて燃え盛るお城のようなものです。僕はお姫様を助け出すんです」

 どこまでも独りよがりな端本を、張り倒してやりたかった。
 
 自分をお姫様になぞらえるつもりはない。しかし、仮にそうだとして、お姫様が燃え盛る城から逃げ出したがっていると、どうして決めつけるのだろう。
 
 誠也さんと離れるくらいなら死んだ方がいいという希美の気持ちを全然理解してもらえないから、両親とも縁を切ったくらいなのに、ほかの男から声をかけられて、ほいほい付いていくはずもない。

 しかし、ちゃんと断らなかったのがいけなかったのだろう。フラれたことを根に持った牛尾と、脈があると思い込んでいる端本からの「迷惑行為」は、毎日のように続いた。

「あの女、せっかく俺が声かけてやったのに、無視しやがって。あんなだらしのない、チャランポランな寺井なんかの、どこがいいのかね」

「希美さんは幸せになるべき人なんです。そして、希美さんを幸せにできるのは、一生涯、希美さんへの純愛を貫きとおすことができる、僕だけなんです」

 英雄気取りの迷惑男たちの存在はストレスだったが、それが致命的でなかったのは、それ以上に希美の心を蝕む材料があったから。

「寺井くん、私を助けて。あいつ、毎日ぶつぶつ独り言いったり、急に叫びだしたりして怖い・・・。このままじゃ私、お腹の子と一緒に殺されちゃう。怖い、助けて」

 口では夫からの解放を望んでいるようなことを言いながら、離婚もせず、正常な思考を保てなくなった真崎と、いつまでも一つ屋根の下に一緒に住み続けているあの女の人。

 プリンセス・プリンセス・プリンセス。

 女はいくつになっても、お姫様でいたい。

 燃え盛る城から、王子様が救い出してくれるのを待ちわびる日々が、あの女の人にとっての人生の絶頂。逃れたいと口では言いながら、内心、ずっとその日々が続くのを望んでいるのだ。

 人のことは言えない。安定した結婚生活を捨てて、リスク承知の生き方をする男を選んだ自分に酔っている希美もプリンセス。

 大学を出て、安定した会社に就職して、真面目な男の人と結婚して、子供を産み育てて・・・。

 それが幸せだって、誰が決めたの?

 誠也さんと出会ってから、正社員の職についている人からデートに誘われることは何度かあったけど、それを断るとき、希美はいつも痛快だった。

 今も、燃え盛る城に敢えて留まり、愛した男と運命を共にしようとしているプリンセス。焔にすっかり取り囲まれた今が一番のエクスタシー。

 だけど、心の隙間は、どうしようもなく開いていく。

 シャワーを浴びた後、ボサボサにしている髪をジェルで整え、無言で家を出ていくときが、あの女の人のところに行く合図。誠也さんが家を出たすぐ後に、希美も家を出て、パチンコ屋へと向かう。

 たまに勝つこともあったが、月単位では負けが込んでいた。いつか、「誠也さんに「仕事」の話が舞い込んで来たら、すぐに派遣をやめて創作活動に専念させられるようにと、爪に火を点すようにして貯めたお金は、ものの三か月ほどで吹き飛んでいった。

 それでも、違法賭博屋への寄付はやめられなかった。寄付代を捻出するために、とうとう、愛してもいない男に抱かれるようになった。


                           ☆


 妻でもないのに人妻デリヘル。人付き合いが苦手で、うまく接客のできない希美は、いつまで経ってもリピーターがつかず、お茶を引いてばかり。出勤を増やさないことにはどうしようもなく、心と身体は擦り減っていった。

 誠也さんは、希美の帰りが遅くなったり、休日に黙って外出する理由を、まったく尋ねてこなかった。その無関心がなにより辛かった。

 希美が風俗で働いていることを、誠也さんよりも先に突き止めたのは、伊達巻ラインの牛尾。一度、パチンコ屋を出たその足で、デリヘルの待機所に向かってしまったのが運の尽きだった。牛尾が何とかして希美の弱みを握ろうと、常々目を光らせていたことは知っていたが、まさか、尾行までされるとは思わなかった。

 客として現れたときはさすがにNGにしたが、その翌日に脅された。派遣の仕事を失ったところで、痛くも痒くもない。誠也さんに知られたところで、誠也さんはもう、「エキストラ」の一人と化した希美のやることには、興味も関心もない。言いふらすなら勝手にどうぞとやり過ごした翌日に、あの人が客として、希美を指名してきた。

 真崎信一。誠也さんが破滅へと向かう、直接のキッカケを作った男。

 わかってる。この人がいなくても、誠也さんが暴走を始めるのは、時間の問題だった。誠也さんは、すでに導火線に火がついている状態だった。

 「一生懸命頑張ったけど報われなかった」自分が、「頑張らなかったから恵まれないだけ」の人間と一緒くたに扱われ、「頑張らなくても恵まれている」人間への拍手を強要されているのが我慢できない。それが理由でレールを外れたはずが、いつの間にか、「頑張らなかったから恵まれないだけ」の集団にすっかり埋没し、そこから身動きが取れなくなっていた。

 ただ生きるだけということに、どうしても興味が持てない。我慢して、自分を殺して、好きでもない友人と付き合って、尊敬もしていない人を褒めたたえて、無理やり集団に溶け込んで。その先に自分の幸せがあると、どうしても思えない。

 人から言われるまでもなく、報われない創作活動など、やめたいのは山々なのに、その理由が見つからないから困っている。こちらが何年も前からずっと考えていて実行しなかっただけのことを、さもこちらがまったく気づいていないことを指摘してやったかのように、得意げに言うな。

 この人が、すべて悪いわけじゃない。それでも、この人さえいなければ、慎ましくも穏やかな暮らしが、まだ続いていたかもしれない。

 自分の女房を寝取った男へのささやかな復讐のつもりか、希美を指名してきた真崎を、初めは牛尾同様、店に連絡してNGにしてやろうと思ったが、憎しみと罪悪感がない混ぜになったような真崎の瞳を見つめているうち、にべもなく追い返すのも躊躇われてきた。

 落ち窪んだ眼窩、淀んだ瞳、げっそりこけた頬、弛んだ顎。誠也さんに、自分の大切にしてきたささやかな幸せを粉みじんに破壊されたこの人は、自分と同じではないのか。

 共通の「敵」を抱えているのだと思うと、動機はどうあれ、真崎が自分と肌を重ね合わせたいと思っているのを拒むことができなくなった。やっぱり、どこかで誠也さんが悪いと思っている自分に気づくと、このまま、堕ちるとこまで堕ちていきたくなった。

 希美が無言のままでいると、真崎が勝手に服を脱ぎだした。逃げ出すわけにもいかない状況になった。 
 
 希美は目の前の男を真崎ではなく、誠也さんが考えた幻獣、説教獣フンバカだと思うことにした。

 説教獣フンバカは、心は純粋だけど、ちょっぴり寂しがり屋で、自分を人に認めてほしくて、ついつい、自分が下だと思った人に対し、偉そうにしちゃう幻獣。自分と考えの違う人を見かけると、ついつい、真っ直ぐな男になれーっ、強い男になれーっ、彼女を幸せにしろーっ(本当はもっと中身のあることを言っていたと思うのだが、あまりに馬鹿らしいため、すべては思い出せない)、て、鳴き出しちゃう幻獣。

 重いバケツや一斗缶を持ち上げて鍛えられた腕は丸太のようで、胸板も分厚いけど、お腹はたるんたるん。乳首に一本、長い縮れ毛が生えている。

 目の前の中年肉体労働者の身体は、ワイルドさと気色悪さを兼ね備えて、確かにちょっと、幻獣っぽいなと思った。

 だけど、これからプレイで使うもの―――下腹部にぶら下がっているふにゃふにゃしたものは、幻獣というより、なんだか蟲に似ているような気がした。

 これは何の虫? 

 オオマダラハゲキレイゴトクソムシ。

 誠也さんが、あの女の人の前で言う真崎の呼び名。
 
 オオマダラハゲキレイゴトクソムシ。希美はこの綽名が大嫌いだった。なんだか語呂が悪いし、可愛さがまったくない。あの女の人が、こんなセンスのない綽名を誠也さんと言い合って、説教獣フンバカに対して溜飲を下げているのだと思うと、惨めでおかしかった。

 オオマダラハゲキレイゴトクソムシを触ったり、咥えたりするのは気が引けたけど、それが仕事なのだから仕方がない。希美は、仰臥して天井を見つめたまま微動だにしない説教獣フンバカの股間に顔を埋めた。

 オオマダラハゲキレイゴトクソムシは、手で扱いても、口でしてみても、ふにゃふにゃしたままで、なかなか大きくならなかった。説教獣フンバカが、希美のおっぱいを触りたそうにしてたから、今度は希美が受け身になって、好きなように身体を弄らせてあげたけど、やっぱりオオマダラハゲキレイゴトクソムシは、ピクリとも反応しなかった。

「これじゃない・・・こんなんじゃないんだ・・・」

 なんとか、時間内に射精させてやろうと、希美がふにゃふにゃしたままのオオマダラハゲキレイゴトクソムシを潰れるほど強く握りしめ、ハイピッチで皮を扱いていると、説教獣フンバカは、突然、声を上げて泣き始めた。

 どうしていいのかわからず、ただ、全裸でベッドに座ったまま、途方にくれていることしかできなった。時間が終わると、説教獣フンバカは、希美がバスルームに導こうとするのを振り切り、幽霊のような足取りで、レンタルルームを出て行ってしまった。


                           ☆


 翌朝、早出の仕事を終えて休憩室にやってきた真崎に、端本が絡んだ。

「真崎さん。とある情報筋から仕入れた話ですが、あなたは、風俗に行ってるんですか。あなたは悪い人です。女性の身体をお金で買う人は、心が汚れています。そういうことは、愛し合う人同士でするものなんです。あなたは志保さんという人がありながら、なぜ風俗に行くのですか。僕はあなたを許せません。あなたは、ゲス不倫です」

 誠也さんの始めた「ゲーム」は一人歩きを始め、多くの人を巻き込み、災厄のように広がっていく。

 虚実を織り交ぜた話がどこからともなく伝わり、互いの足を引っ張ることで日常の憂さを晴らそうとする人々を狂気へと駆り立てていく。去年の同じ時期には、歪ながらも纏まっていた工場の派遣社員たちの絆は崩壊していた。

「何を言ってる。気持ち悪いんだよ、お前は。ほら、もう始業の時間だぞ。寺井も、さっさと支度をしろ。志保。もし身体の具合が悪かったら、無理しなくていいからな。俺でも、岡本さんでもいいから、すぐに言うんだぞ」

 プライベートでは、不貞を働く妻と、家の中を我が物顔で闊歩するに誠也さんに何一つ言えない真崎だったが、あくまで職場では強気なリーダーの貌だった。

 どうも、真崎はあの女の人に、どんなに心は冷めていても自分と離婚せず、会社のみんなの前では、これまで通りに自分と接して欲しいと頼み込んでいたらしい。

 世間体――真崎がそれにこだわるのは、プライド以外にもう一つ。誠也さんがあの女の人に仕込んだ子供のお陰で、大丸食品が、真崎を正社員として採用するという話が持ち上がったからである。

「やっぱり、正しい道で頑張っていれば、世間は認めてくれるんだよ。見てる人は見てるんだよな」

 限界ギリギリの状態で突破口を見つけた真崎には、中学生でもおかしいと思うような、単純な物の道理も見えなくなっていた。我慢して、理不尽も受け入れて、托卵された子を自分の子のように育てて、それをそこまでして手に入れたい気持ちは、希美にもまったくわからなかった。 

「希美ちゃん。いっちゃ悪いが、自分の女房を、あんな店で働かせるような男は、クズの中のクズだ。俺がいくら言ってもまともな職に就こうとしないし、俺にはアイツが君を幸せにできるとは思えない。あんなヤツのことは見捨てて、うちのエースの、牛尾と住んでみるってのはどうだ?ああ見えて、一途なヤツなんだぞ」

 その、あんな店で自分を指名してきたのは、どこのどいつだ――。風俗嬢に説教をする客は珍しくはないが、このときほど腹が立ったことはなかった。

 新年会――あの女の人のお腹の中で、取返しの付かないものが作られた日も、真崎は誠也さんに、就職をして希美を幸せにしろと、しつこく迫っていた。

 ただ生きているだけで丸儲けという人生にまったく興味のない誠也さんに、一般企業への就職を勧めたところで、素直に耳を傾けるはずもない。まだ、名の知れた大手に口を利いてやるというような夢のある話ならともかく、真崎の勧める就職とは、学歴も職歴もない誠也さんが、三十歳になった今から就けるような仕事のことを言っているのだからどうしようもない。

 なぜ、就職をすることが、彼女を幸せにすることだと、勝手に決めつけるのか?あんたはただ、誠也さんに自分の人生を後追いさせて、自分がコイツの導き手になってやったという優越感に浸りたいだけでしょ。

 働かずに周りを不幸にしているならともかく、自分の食い扶持を自分で稼ぎながら、空いた時間で夢を追っているのに、どうして文句を言われなきゃいけないの。 

 真崎に反論したいのに、声が出てこなかった。誠也さんを庇ってあげなきゃいけないのに、あろうことか、真崎の押しに負けて、誠也さんを責める側に回ってしまった。
  
 だから、取返しのつかないものが出来てしまった。誠也さんが夢を終わりにしなければいけなくなったのも、自分が苦しい思いをしているのも、なにもかもすべて、自分のせい、自分のせい、自分のせい・・・。

 母乳事件――誠也さんの自滅に、多くの罪のない人が巻き込まれなければいけなくなったのも、自分のせい、自分のせい、自分のせい・・・。


                            ☆


 炎上する城、四方八方から責めかかる敵、自分を責める日々。

 心身の強いストレスで、睡眠時間が不規則になっていった。昼間にどうしようもなく眠くなったり、夜目が覚めて、朝まで眠れなくなってしまうことが増えた。

 早朝に起きて作業を始める誠也さんの邪魔にならないよう、意識がはっきりしていても、寝たふりをして、布団に包まっている。黙っていても、誠也さんが編集に使っているPCの画面はどうしても目に入ってきてしまうし、誠也さんの呟くモノローグも耳に入ってくる。

 取返しのつかないもの――あの女の人に産ませた子に向けた、聞いているこっちが鬱になりそうな言葉の数々。あの女の人が、製品に母乳を混入させている映像を含む、複数の違法行為を撮影した映像とともに、それをインターネットの海に流して「炎上」することにより、世間の反感を集め、自分の思い描いていた輝かしい未来を粉々に打ち砕く。

 どうやらそれが、誠也さんが最後に、自分のこれまで行ってきた創作活動――「和」から抜け出すための戦いの日々にケジメをつける計画の全容らしかった。

 好きなように、やらせてあげなければいけない。けして許されない裏切りを二度も働いた自分に、誠也さんを止める資格はないのだ。

 毎日のパチンコ屋通いをやめられない。サラ金からの借金が、もう百万円を超えていることを隠している。生活を支えてあげるどころか、足を引っ張っている自分にできるのは、せめて最後を迎えるそのときまで、誠也さんの歩む後ろ姿を、邪魔にならないように見守ることだけ。

 口のなかがもにゅもにゅし始めると、歯を磨く。二十分くらい経つと、また口の中がもにゅもにゅとし始める。

 仕事とはいえ、あれを口に含んでしまったのは最悪だった。ほかの客のときは平気だったけど、説教獣フンバカのときだけは、本当にキツかった。こんなんじゃない・・・こんなんじゃないんだって、子供みたいに泣く声が染み着いて・・。

 苦しい思いを人に伝えられれば、少しは楽になるのかもしれないが、言葉が出てこない。

 失声症――。

 けして許されない裏切りをしてしまったときから、希美は言葉をうまく発することができなくなっていた。

 人の考えていることが手に取るようにわかる誠也さん。その誠也さんの考えていることが手に取るようにわかるようになってしまったとき、希美は自らの言葉に恐怖を覚えるようになっていった。

 宿願――「頑張っても報われなかった」のに、「頑張らなかったから幸せになれなかった」人間と一緒くたに扱われ、「頑張らなくても幸せになった」人間への拍手を強制される世界「和」からの脱出を目指す。

 希美の中で開花した能力を使えば、あるいはそれを成し遂げることはできたのかもしれない。でも、誠也さんは、きっとそれを受け入れない。

 希美が誠也さんの半分以下の努力で、誠也さんを上回る能力を手に入れてしまったことがバレたら、何も変わらない日々が終わってしまうのは、目に見えていた。

 何も変わらない日々が、一番の幸せである――親や友人たちから、そう教え込まされてきたのに反発する気持ちで、誠也さんとの同棲を始めたはずだった。

 何も変わらない日々が、一番の幸せだと、気づいてしまった。明日にはきっといい知らせがある、来年はきっと今よりマシになっていると、そう信じていられる日々が、一番の幸せ。

 自分が感じたこと、頭に思い浮かんだことを言葉にしようとすれば、この何も変わらない日々が、終わりを迎えてしまう。誠也さんの撮った映画を観て感じたことがあっても、なにも口にしないようにした。そのせいで、誠也さんの気持ちが自分から離れていっているのがわかったけど、また裏切るよりはマシだと思った。

 説教獣フンバカが現れて、あの女の人が現れた。説教獣フンバカから誠也さんを守るための言葉も、あの女の人から誠也さんを取り戻すための言葉も、希美の口からは出てこなかった。

 あの女の人の顔を思い出して、口の中のもにゅもにゅ感が強まった。カワイイ説教獣フンバカの股間にぶら下がっているオオマダラキレイゴトクソムシが、希美の口の中で、本格的な大暴れを始めた。

 オオマダラキレイゴトクソムシは一匹だけじゃなく五匹も六匹もいて、口の中でうにゃうにゃうにゃうにゃ動き回る。気持ち悪いなんてものじゃない。

 感じたこと、考えたことを吐き出す手段がないと、イメージがどんどん膨らんでいって、頭の中に納まりきらなくなる。反抗期の小学生や中学生みたいなもので、だから泣きわめいたり、大騒ぎしたりしなければならなくなる。

 泣きながら歯を磨き、うがいをして、意識を空にし、布団に包まる。段々とその間隔は短くなっていって、誠也さんも、希美の方を気にし始める。

 誠也さんの邪魔だけは、してはいけない。歯がなくなってしまえば、オオマダラハゲキレイゴトクソムシが、いなくなるかもしれない。

 希美はペンチを持ち出して、奥歯を引っこ抜こうとした。そんなことをすれば、口から血が溢れ出してきて、余計に誠也さんに心配をかけてしまうと、わかっているのにやってしまう。身体を傷つけて注目を浴びようとするメンヘラの少女程度の問題解決能力しか、今の希美は持ち合わせていなかった。

 芝居だけでは、今の、自分以外のすべてを道具としか見なくなった誠也さんは見向きもしてくれない。希美は意を決して、ペンチで奥歯を挟む手に、ありったけの力を込めた。思い切りそれを、百八十度横に捻った。

 沢山のネジを食べているように、口の中がジャリジャリして、鉄の味がいっぱいに広がった。希美は立て続けに、二本、三本と、ペンチで歯を引き抜いていった。洗面台がどす黒い血で溢れていった。

「ごめん」

 誠也さんが、希美の手からペンチを奪い、希美をかたく抱きしめた。シャツが汚れてしまうから、そんなんしないで・・。
 
「君はずっと変わらなかったんだな。変わったのは、僕だけだったんだよな」

 変わったのは、誠也さんだけじゃない。

 初めは、嫌悪感しか持っていなかった。

 淡泊で、適当で、飄々としてて、世渡りの上手そうな人が、自分がいないと何もできない、とんでもなく不器用な人だったと知って、放っておけなくなった。

 気づけば、希美の方が、どっぷりと依存していた。この人のいない人生を、自分の人生だと考えられなくなった。

「もうずっと、君の声を聞いてなかった。君と話していなかった」

 声を失ったのは、希美が誠也さんを裏切ったから。誠也さんは、何も悪くない。

「ごめん。君が何も話さなくなって、正直、僕はホッとしていた。君の口から、言葉が出てくるのが怖かった。君がずっと話さなければいいなって、思ってた」

 謝らないで。悪いのは全部、希美だから。 

「ごめん。自分のことばっかりで、君のことが見えていなかった」

 希美なんかに構わなくていい。希美はどうなってもいいから、誠也さんは、自分のやりたいことを、やりたいようにやって。最後まで、見届けるから。

「ごめん」






第五章  201×年 1月~12月 新年会


 午前四時――。同棲する高校時代の後輩、希美の寝息が聞こえる傍らで、寺井誠也はPCの映像制作用ソフトを用い、今年一年に撮りためた映像の編集作業に勤しんでいた。

 工場の同僚にはシナリオライターを目指していると言っているが、昔、クリエイター志望の仲間と自主制作映画を撮っていたときは、監督や助監督も務めていたし、美術を担当したり、カメラを回すこともあった。

 かつて、毎年一本は一緒に映画を撮影していたクリエイター仲間たちとは、体調面や仕事の都合でスケジュールが合わないことが多くなり、たまに集まることがあっても、酒の席で近況を報告し合う程度と、活動実態のないただの慣れ合い集団のようになっていた。

 ここ三年ほどは、公募に出すための脚本の執筆に専念していた寺井が久々に撮った映像作品が、この一年、派遣労働の現場で働く自分自身を取材対象とした、ドキュメンタリー映画である。

 監督、脚本、主演の三役に加え、撮影も編集も、すべて自分だけの手で行う。助手も役者も一切使わず、デジカメとスマホだけを用いて、自分のモノローグを合わせながら、淡々と、身の回りで起きることを映像に残した。

「僕はこの映画によって、自分が世の中に評価されることは夢見ていない。まだ正式なタイトルも決まっていないこの映画は、僕が自分を終わりにするために撮り始めた映画である」

 寺井は希美を起こさないよう押し殺した声で、映像制作ソフトにナレーションを吹き込んだ。

 工場の連中に、自分が今、この場所を舞台に、映画を撮っていることを知っている者は誰もいない。撮影はすべて盗撮であり、工場内部の映像を撮るときも、工場側の許可は一切取っていない。

 お陰で、ネット界隈で話題になりそうな、刺激的な映像を沢山、カメラに収めることができた。今、寺井が編集しているのは、寺井がかつていた伊達巻のラインで、ゴリラの牛尾が、「弟子」の及川の頭を、攪拌用のヘラで引っぱたいているシーンである。

「非正規の派遣労働者の多くは、複雑な思考が苦手なタイプと、思考回路が複雑すぎるタイプに大別できる。前者の行動パターンを予測するのは簡単だが、彼らを思った方向に導くのは難しい。よく悩むこともなく結論を導き出し、前しか見ずに突き進んでしまう人間には、つけ入る隙が無いからである」

 解答を出すのが早すぎる人間は、行き詰まるのも早い。たかだか時給千百円のライン作業で、人生の頂点に達した気になってしまっているような井の中の蛙たちの世界観に自ら取り込まれに行くなど、寺井には正気の沙汰とは思えなかった。が――。

 井の中の蛙でいれば、余計なことに目を向けなくて済む。それがずっと続けば、それが一番幸せなのだろう。四十六歳という年齢で、先のことをすべて諦めた男が行き着く道としては、間違ってはいないのかもしれない。そこまでして生きたいと思う気持ちはわからないが・・・。

「後者・・複雑すぎる思考回路を持つ人間を操るのは、一見難しそうだが、実際は、単細胞を操るよりも遥かに容易である。周囲よりも一段高度な次元にいると信じる自分を理解してくれる者がおらず、慢性的な孤独感を抱える彼らは、ひとたび”同士”に出会うと、盲目的に信頼し、心のドアを全開にして何でも話してくれる」

 PCの画面に移る映像を切り替える。プロ野球球団、明和タイタンズの帽子を被った工場の同僚、村上が、東都ブレイサースの帽子を被った元同僚、向井凜の、段になった腹を揉みしだくシーン。

 数か月前、村上が参加していなかった食事会の席において、休日に連れだって野球観戦に行く一回り年上の男との関係を、情愛を超越した崇高な男女の友情であるなどと主張する凜の価値観は、寺井から見ても倒錯しているとしか思えなかった。

 後日、村上に、凜が村上と正式に交際する意志はないと言っていたことを告げると、女と付き合いたくて付き合えない独身の中年男は、自分は都合よく利用されているだけだったと激昂し、凜を誘拐して監禁してしまった。

 村上のやらかした行為自体に、驚きは感じなかった。四十二歳という年齢で、これから一生、非正規の派遣労働者として孤独に働き続けなくてはならない生活と、懲役のリスクを背負っても、一人の女を好きにできる生活。良心などという心もとない箍が外されれば、もう選択の余地もない。

 通報して凜を助け出すのは簡単だが、寺井にはなんのメリットもない。ただ単に、凜の「ありがとう」の言葉を聞くか、欲求不満をこじらせた中年男を意のままに動かすゲームを楽しむか。良心という心もとない箍を外してしまえば、これも選択の余地もない。

 とはいえ、凜とて知らない仲ではないし、むざむざと村上の毒牙にかかってしまうのも不憫であるから、寺井はゲームのプレイヤーである村上に、「クエスト」を用意してやった。

 ゲームのクエストの難度は、クリアできそうでクリアできない、クリアできなそうでクリアできるギリギリのラインが一番面白い。ぽっちゃりした体型が好みだという村上に、凜を犯すまでに、凜との体重を逆転させてみてはどうかという提案をすると、「同士」の言葉なら何でも受け入れる村上は、あっさりと承諾した。

 村上に用意したクエストは、ゲームのもう一人のプレイヤーである凜にとっては、大きな「救済措置」になったはずだった。凜がいかなる手段を用いて村上の魔の手から脱出するかというのも、このゲームの大きな見物の一つであったが、凜は本気で抵抗しようとすることもなく、目の前に出される食料を欲望の趣くままに食らい続け、自らの意志で、村上好みの体型に近づいていった。

 一方の村上は、わずか一か月という短期間で驚異的な減量を成し遂げ、凜との体重を逆転してみせた。断食のほかに、自慰をも我慢するという「縛り」もつけて、ストイックに身体を作り上げた。

 犯罪行為とはいえ、ここまでやれば天晴れ。村上の餌食になりたくないという凜の思いより、凜とどうしても性交を行いたいという村上の思いが勝ったのだ。その精神力を、別の道で使っていればというツッコミはさておき、村上が欲求を極限まで抑え込む修行僧のような姿には、男として尊敬の念さえ覚えたし、寺井の言ったことを忠実に守り抜いた村上の意気には応えてやらなくてはいけないと思った。

 寺井は村上に、あたかも、クエストを達成したご褒美を渡すように、プレイに使う「アイテム」を提供してやった。志保の乳から摂れたミルクである。

 もう、村上の欲望を阻むものは何もない。村上はこれから、自分好みにカスタマイズした二十七歳の女体を、好きなだけ嬲れるのである。 寺井が現在制作中の映画をネットに公開し、すべてを白日の下に晒す、その日まで。

 志保――音声をミュートにした上で、自分の腹の下で恍惚の表情を浮かべている中年女の映像を流すと、三十一歳、近年の感覚でいえば、まだ若いと言われる男のものがそそり立ってくる。

 抜け出したくて抜け出せなかったゴミ溜めを、せめてぐちゃぐちゃに引っ掻き回してからオサラバするための映画の企画は、ゴミのような遺伝子をまき散らすこれから始まった。

「祝福すべき新しい命の誕生が、僕にとっては、すべてを終わらせるキッカケになった。終わりの始まりは、雪の降る寒い日。二〇一×、新年会――」


                             ☆


 派遣社員だけが集まって開かれる、毎年恒例の新年会。寺井世代の多くがそう考えるように、その手の集まりに参加するのは苦痛で、なるべくなら避けたい―――わけでもない。酒は好きな方だし、人の本音が飛び交う場にいることは、創作に大切なこと、人間観察を行う上で有益になることもある。

 新年会の幹事は、大丸食品の工場で六年も働く、古株の真崎信一。寺井が最初に入れられた伊達巻のラインで、リーダーを務めている男。

 真崎は寺井が入社したときから、やたらと寺井にマウントを取りたがり、仕事の指導だけをしていればいいものを、「そもそも仕事とは・・」「男の人生とは・・」と、ことあるごとに余計な講釈を垂れてきた。
 
「寺井。俺はこの工場でお前と出会えたことは運命だと思っているし、弟のような存在であるお前を、できる限りいい方向に導いていきたいと思っている。だから、お前もどんどん俺を頼ってこい。なんでも相談してこい」

 四十四歳、派遣社員。自分こそ、人の心配をできるような立場ではないにも関わらず、他人の価値観を変え、人生をどうにかしてやろうと、上から目線でモノを言ってくる。

 とんでもない人間のようだが、この手の説教オヤジは、底辺にはそう珍しくはない。むしろ、自分が恵まれない境遇だからこそ、必要とされたい欲求を満たすため、他人に干渉してくるということもある。

「寺井。お前が昨日、昔の知り合いの悪口を言っていたことを志保から聞いたが、俺は悲しくなったぞ。人を嫉み、恨んでもいいことはない。寺井も傷つけられたかもしれないけど、その人にそこを追い出されたお陰で、希美ちゃんや俺のように、お前のことを気にかけてくれる人に出会えた。あーよかったな。そう考えることはできないのか?俺も履歴書でいったらボロボロの人生だが、人間万事塞翁が馬で考えているからさ」

 履歴書でいったらボロボロの人生だが・・・。それがわかっているのなら、普通はそこで口を噤む。本来引け目に感じるべきところが、説教オヤジにとっては、逆に人に偉そうにしていい理由になってしまうのである。

「寺井。お前は岡本さんや伊崎さんが、派遣の子たちをバカにしているように見えるかもしれないが、当たり前のこともできないヤツらは、言われて当然なんだからな。お前もああいう風に言われたくなかったら、ちゃんとしないとな」

 自分は完璧に正しい人間であり、人に偉そうに言う資格があると思い込んでいる癖に、相手はちゃっかり選んでいる。人として未熟な部分があったとしても、自分より社会的立場が上の人間には、けして噛みつかない。 

 微妙に言い回しは変えても、言っている内容はいつも同じ。人のせいにするな。お前の頑張りが足りないだけだ。お前が我慢すればいいだけだ。

 みんな、そんなことはわかった上で、それでも割り切れないから苦しんでいる。説教する人間とは、相手を思っているのではなく、他人に正論をぶつけて、自分が気持ちよくなりたいだけだということに、自分で気づけない人間である。

 特に珍しい人種でもないし、言っている内容も珍しいものではない。ようするに、面白みも何もない人間であり、観察の対象としての魅力は皆無。付き合う上でのメリットがなにもなく、得られるのはただ、ストレスだけしかないというのが、寺井にとっての真崎という男だった。

 新年会の席でも、真崎はここぞとばかりに寺井に絡んできた。

「寺井。この前、昔の友達と飲んだ時に、お前の話をしてみたんだ。俺が会社で面倒をみているヤツで、いつか通り魔殺人を起こしそうな、精神的に危ういヤツがいる、とな。友達は言ったよ。そんなヤツに構っていたら、お前がダメになる。そんなヤツは、見捨ててしまえ、とな。俺はすぐに言い返したよ。俺はお前らが何と言おうと、俺のことを慕ってる後輩を、けして見捨てたりしない。俺が責任を持って、アイツを一人前にしてやるんだ、とな」

 真崎はこれで寺井が自分に心酔すると思い込み、渾身の「どや顔」を向けてくるのだが、人のネガキャンを張った上で、そいつの面倒を見る自分がいかに懐の深い人物かを周囲にアピールしただけの話を聞いて、どうやって感動すればいいのか、まったくわからなかった。

「寺井。お前が志保に貸した映画を俺も見たが、あの内容はなんだ。あんなドロドロしたサイコサスペンスなんか撮って。ああいうことを考えているから、これまでの現場で人付き合いがうまくいかなかったんじゃないのか?ああいうところを、直さないといけないんじゃないのか」

 作品を作品として評価するのではなく、作風から作者の人格を決めつけて、それを非難し、あまつさえ矯正しようとしてくる。まるで、プロレスをショーとして楽しめず、ヒールのレスラーにマジギレする客のようだが、ここまで目線がズレていると、もうまともに会話をするのも難しい。

「こんな映画なんか作るより、お前はまだ若いんだから、ちゃんとした会社に、就職することを目指せよ」

 最終的には、寺井に創作活動を辞めさせ、自分が挫折した、正社員の就職を目指させる結末をもって、寺井との関係に決着をつけようとする。寺井の人生をいい方向に導きたいのではく、ただ自分が他人の人生に影響をもたらしたという、満足感を得たいがために。

 入社以来、真崎の言うことは全部、適当に聞き流すことで対処していたのだが、自分が無視されていると思った真崎は意地になった。この半年余り、何かと世話を焼いてやっているのに、なかなか自分に懐かない寺井を心服させようと、真崎は新年会に、一つの望みを託していたようだった。

 縁もたけなわになると、真崎は寺井から一旦離れ、寺井の長年の同棲相手、希美を、己の傍に呼び寄せた。

 真崎の一方的な意見に、無理やり首を縦に振らされている様子の希美。真崎が希美を、寺井を説得する材料に利用しようとしているのは、火を見るよりも明らかだった。

 案の定、話が終わると、真崎は希美を伴い、いつにもまして得意げな顔で、寺井の前にやってきた。

「寺井。希美ちゃんも、本当は、寺井に変な夢を諦めて、安定した会社に就職して欲しいと思っているそうだぞ。そろそろ遊びはやめて、自分の人生に真剣に向き合うときが来たんじゃないのか。お前も男なら、ここらで決断しろ。希美ちゃんを幸せにしてやれよ」

 腹の底で煮えたぎるものを抑えられず、寺井は席を立った。

 貴様に、自分と希美の何がわかるというのか?一対一なら何を言われても耐えられたが、希美と自分を結び付けたわけでもない男が、希美を使って自分の考えを変えさせ、それをあたかも己の功績のように誇ろうとしているのは許せなかった。

 希美も希美である。押しの弱い女だから、真崎に詰め寄られて、つい首を縦に振ってしまったのかもしれない。靴底にこびり付いたチューインガムよりもしつこい男をやり過ごすために、適当に頷いてみせたのかもしれない。

 だが――それでも、よりにもよってあんな井の中の蛙と同じ側に立ち、自分を責めてくるのは許せなかった。自分の女が、あんな小物要素のすべてを詰め込んだような男の言うことを聞くのは、浮気をされる万倍の屈辱だった。

 血の雨を降らせてしまう、一歩寸前まで追い込まれていた。今すぐその場を立ち去らなければ、希美と同じ高校を卒業して以来ずっと、「強大なもの」を避けて歩きたくて戦い続けてきた人生を、あのつまらない男の命を奪うことで終わりにしてしまいそうだった。

「寺井くん、待って」

 逃げるようにして会場の居酒屋を出た寺井を呼び止めたのは、真崎の妻の志保だった。

「さっきは本当にごめん。いくら謝っても許してもらえないと思うけど、ごめん、本当にごめん。もうあの人とは関わらない方がいいよね。私からも、担当者にラインを移してもらうようにお願いするから」

 シンシンと降る雪を頭に被りながら、志保は何度も頭を下げて、夫の無礼を詫びてきた。

 志保――寺井が真崎に付き纏われながら、半年間も大丸食品の工場に留まり続けた理由――鬱陶しい真崎に絡まれることがわかっていながら、敢えて新年会に参加した理由は、この志保がいたからだった。

 長らく同棲してきた女――希美との距離は、ここ数年、開いていく一方だった。

 仲が悪いというわけではない。休みには連れだって外食に行くこともあるし、映画製作に没頭する寺井に代わって家事を負ってくれるなど、献身的にサポートもしてくれる。

 違ってきたのは、希美が寺井の作品の内容や活動自体に、あまり関心を示さなくなったことだった。

 寺井自身、一銭の金にもならないシナリオを書いたり、自主制作映画を撮り続けることは、楽しさよりも苦痛の方が大きかったし、その傾向は年々強くなっていた。

 そんな自分の気持ちを察して、敢えて創作活動については口にしなくなったのだろう。それで納得しようとしたこともあった。しかし、同棲を始めてすぐの頃の希美が、寺井の作品ができるとすぐに観たい、読みたいとせがみ、鑑賞を終えると、いつも熱い感想をくれたことを思い出すと、一抹の寂しさは拭えなかった。

 寺井は派遣の現場で働いているときの自分を、本当の自分だとは思っていない。今は世を忍ぶ仮の姿。ここは自分が輝く場ではないと思っているから、派遣先で無能の烙印を押されたとしても気にもならないし、たとえ派遣先で嫌われたとしても、屁とも思わない。どうしても居づらくなったら、辞めればいいのである。

 たとえ、評価が良いものであったとしても同じこと。頑張ったところで給料も上がらず、会社が将来の面倒をみてくれるわけでもないのである。褒め殺しは飼い殺し。今の工場でいえば塚田のように、必要とされる嬉しさのあまり、何の蓄積にもならない派遣の仕事に入れ込みすぎて、貴重な若い時期を無駄にしているヤツを、何人も見てきた。

 寺井が生きていることを実感できるのは、己の道と決めた創作活動に取り組んでいるときだけだった。

 まだ、世間に評価されたわけではない。でも、この道がきっと未来に繋がっていると信じるから、生きていると思える。

 希美が自分の作品に興味を持たなくなり、長年、一緒に映画を撮っていたグループは事実上解散している。生きた自分を見てくれる人が、誰もいなくなった。

 寺井の心に長らく空いていた隙間を埋めてくれたのだが、志保だった。

 志保は寺井が将来、クリエイターとして生計を立てようと地道に活動に取り組んでいることを知るや、寺井の書いた原稿や、仲間と撮った自主制作映画を貸してほしいとせがみ、鑑賞を終えると、かつての希美のように、熱い感想を述べてくれた。

――面白い。寺井くん、才能ある。きっと将来、モノになるよ。うちの人の言うことなんか、気にしなくていいからね。

 志保の言葉に救われた。自分が生きていることを認められた気がした。

 この女と一緒だったら・・・。いつしか、そんな気持ちが芽生え始めていた。

 新年会では真崎のクソみたいなパフォーマンスに付き合わされ、このままでは、大切な一年の始まりが、不快な思い出で終わってしまう。二人だけで飲み直そうと、酒を飲んでいなかった志保の運転する車で、隣町のファミレスに向かった。

 せっかくの機会だから、出来る限り濃密な時間にしたかった。代行に運転させればいいじゃん、と、志保にも酒を勧めると、志保は中ジョッキをあっという間に飲み干した。アルコールが入ると、志保は堰を切ったように、夫への不満を吐き出し始めた。

「あいつの説教は、病気なのよ。言ってることはご立派だけど、長年あいつを見てきた私に言わせれば、言っていることのほとんどが、ブーメランになって自分に突き刺さってるから。ほんとバカよね。自分が出来もしないことを、人に押し付けようとしてるんだもん」

 我が意を得たり。寺井も嬉しくなり、その後の流れは、真崎の悪口大会の様相を呈し始めた。

「正論なんてのは、所詮、無責任な人間の放言でしかないからね。そいつがどう転ぼうが、自分は痛くも痒くもないから、好き放題にキレイごとがいえるだけ。おまけに、正論ぶるヤツってのは、正論は立場によって変わるってことを理解しない。世の中すべての人の悩みが模範解答で解決すると思っている」 

「そうそう。ほんっとその通り。それにあいつ、細かすぎるのよ。冷房の温度は二十六度までにしろ。トイレットペーパーは三回転までにしろ。あいつと生活してると、息が詰まる。みみっちいことばっかりうるさいくせに、自分はパンツ一丁で家の中を歩き回るし、私が食事してるときに、ゲップもおならも平気でする。許せない。ほんっと殺したい」

 大切にしていると思っていた相手に、実は嫌われていた。割りとよくあることなのだろうが、年月の分、志保の真崎への憎悪は、寺井の比ではなかった。

「そんなに不満なのに、なんで別れないの」

「いい加減頭に来て、私が実家に帰るって言い出すと、あいつはいつも、真っ青になって私に頭を下げてくるの。俺はお前がいればそれでいいから。お前と一緒になれただけで、俺は満足だからって、馬鹿の一つ覚えみたいに」

「いいじゃん。愛されてるじゃん」

「違うのよ。全然違う。だってそうでしょ。俺はお前がいればそれでいいって、ようするに、俺の人生、結婚でゴールだって言ってるようなもんでしょ。女ならともかく、男がそれ言う?」

「愛の深さだと思ってたものが、実は男としての志が低いだけだって気づいたわけだ」

「そう。そうなのよ。それに気づくのに、十年もかかった。アイツだけじゃなく、私も大馬鹿よ。呆れちゃうよね」

 古今東西、共通の敵の存在ほど、お互いの距離を縮めるものはない。真崎の悪口を言い合っているうち、寺井はテーブルの向かいに座る志保の目が蕩けていくのを見て取っていた。

「その点、寺井君は違う。今より上に目を向けて、努力もしてる」

「でも、僕の努力なんて、何にも報われてないよ」

「結果じゃないのよ。向上心。自分の夢を叶えようって、今より少しでもマシになろうって、足掻いてる姿を見せてくれる。それだけで、明日を信じようって思える。この人を支えて行こうって思える・・」

 腹が満たされて、酒も程よく回ると、寺井と志保は、どちらが誘うでもなく、ファミレスから目と鼻の先にあるホテルに入った。

 先にシャワーを使い、ベッドの上で志保を待つ間、胸の鼓動は高鳴った。

 社会人になってから、いいことなんて何もなかった。真崎のバカは、パートナーに出会ったことで人生のすべてを納得しているようだが、そんなのは、人として当たり前のことではないか。そこで満足するのが、パートナーを幸せにすることだと思ったら大間違いである。

 自分を支えてくれる希美を今より上のステージに導いてやろうと、何年も足掻いてきた。苦労を重ねてきた分、ちょっとくらいのご褒美があってもいいじゃないか。もっと条件の良い女に乗り換えるというなら酷い話かもしれないが、希美よりも年上で、希美より寂しい思いをしている女と、たった一晩慰め合うだけなら、許されていいじゃないか。正当化のための脳内作業に、時間はかからなかった。

「お待たせ。ごめんね、時間かかっちゃって」

 くすんで、シミの目立つ肌。レーズンのように黒ずんだ乳首と、しぼんだ風船のような乳房。こんもりと膨らんだ下腹には、パンティに締め付けられた跡が消えずに残っている。二の腕、太もも、あらゆる部分の肉が重力に負けて垂れ下がり、濃厚な繁茂の奥に覗く秘肉は、酸化して土留め色になっている。バスタオルをはぎ取って露になった中年女の裸体には、下流生活のリアルが滲み出ていた。

 自分の立場はよくわかっている。抱かせてくれるのならば、容姿も年齢も問わない。
 
 舌が肥えすぎてもいいことはない。弱い立場に置かれる女と心を通わせられるようになったことが、底辺に堕ちてよかったことだと言われるのなら、首を縦に振ってやってもいいだろう。

 寺井は志保をベッドに導き、唾が糸を引くディープキスを交わした。

「志保さん、あの人とヤッてるの?」

「全然。あいつ、四十を越したころからまったくできなくなって、それからはずっとご無沙汰。本人に意地があるのか、月に一度、裸で一緒の布団に入ったりはしてるけど」

「薬使えばいいのに」

「薬の力は借りたくないんだって。変なところでプライド高いのよ。バカだから・・あぁんっ」  

 愛撫を受けてえびぞる志保。希美では想像もつかない激しい反応。

 肉体を重ね合ってみて、志保が自分に惹かれた裏にある感情に、はっきりと気付いた。

 息の詰まるような日常からの解放。劣悪な底辺世界に過剰適応したアメリカザリガニの如き男の世界観から、自分を救い出してくれる男を求めている。

 小物なりに自分の哲学を持った真崎に対抗するには、同じくらい強烈に自分を持った人間の手を借りなければいけなかった。自分に代わって、真崎を論破してくれる人間であれば、誰でも良かった。

 寺井を思ったフリをしているが、この女が見ているのは、自分自身だけ。だが、どうでもよかった。志保に期待を裏切られた寺井の中で、別の感情が生まれていた。

 ゴムをつけずに差し込んだ。飲みの席で、母になる願望を口にしていた女は、何も言わずに生の肉棒を受け入れた。

 そろそろこの辺で、何もかも終わりにするのもいいかもしれない。自分が不快に思うものの集合体のような男を道連れにして――。

「志保さんどう?あのオオマダラハゲキレイゴトクソムシより、僕の方がいい?」

「あッあぁっ。全然違うっ。寺井くんの、アイツのと全然違うぅっ!」

 すべてが不快だった。ヤツの自信に満ち溢れた顔が。ヤツの自分に対する優越感が。

 底辺にいるからといって、卑屈にしろと言うのではない。だが、這い上がることを諦めたのなら、そいつは人生に制約を付けなければならない。
 
 自分が這い上がる努力もせず、這い上がろうとしている者を素直に応援することもできないのなら、せめて邪魔にならないよう、隅っこで大人しくしていろ。

 辛抱我慢と努力をはき違え、こともあろうに、「聖人君子」などという何の価値もないものを目指している己を、這い上がろうとしている者より正しいと信じ込み、堂々と道の真ん中に立ち塞がる権利があるなどと思い込んでいる不快な生物を地獄に叩き込んでも、心はまったく痛まない。

 自分の物語を世に出すことを諦めたならば、他人の物語をぶち壊せ。あの不快害虫の人格をメタメタにして、自殺にでも追い込むことができれば、それも勝ちといえるかもしれない。

 終わりを始めるべく、寺井は無心で抽送を繰り返した。

「あぁっ、あンあン、いいっ。いぃいっ」

 このまま、この寂しい女の中で昇りつめたら、取返しのつかないモノが出来てしまうかもしれない。もしそれが出来たならば、希美との関係は崩壊してしまうだろう。

 崩壊――してもいい気がした。たとえ厳しく詰め寄られたからであろうと、あの不快害虫の言葉に頷いて見せるなど、けして許されないことである。内心、不快害虫の言う通りのことを望んでいたとするのなら、それは紛れもない裏切りに値する。ならば自分の行為を咎める資格はない。一片の迷いもなくなった寺井は、フィニッシュに向かって、萎んだ女を対面座位で思い切り突き上げた。

 もうどうなってもいい。失うものなんか何もない。自分が築き上げたものなんか何もない。何もないものが消えさって、困ることなど何もない――。


                             ☆


 検査の結果、陽性――。

 たった一夜の逢瀬。相手は十年、前の男も含めれば十数年、子宝に恵まれたくて恵まれなかったアラフォー女。出来るときはそんなものなのかもしれないが、そうあることではない。
 
 悪魔に、背中を押されている気がした。心の中で思い描いて、踏ん切りがつかなかったことを実行するときが来た。

 新年会の席で、真崎は寺井を、通り魔殺人を起こしそうなヤツ、と言い放ったが、その人物評は当たっている。

 年に何回か起きる、派遣社員の暴発。自分の周辺、できる限り滅茶滅茶にして、無様な人生にケジメをつけてやる計画は、ここ数年、常に頭の中にチラついていた。
 
 もう、疲れ果てていた。ゴミ溜めから抜け出すための戦いを行う気力は残されていなかった。誰かを道連れに、人生を終わらせるときが来たのだ。

 初めにやったのは、戸籍上、子供の父親となる男に、事の仔細を告げること。

 劣化の如く怒り狂い、寺井を殺すと息まく夫に、我慢に我慢を重ねてきた妻が、蜂の一刺し。

「あんた二年前、彼女を他の男に取られて落ち込んでる男の子に言ってたじゃない。自分の恋した女の幸せを祝ってやるのが、男として正しい姿だろって。だったら、私の幸せだって祝ってよ」

 平成の無責任男が、自分の吐いたキレイごとに縛り付けられた瞬間。このとき、不貞を働いた妻に何も反論できず、離婚も言い渡すこともできなかったことで、真崎の運命は決まった。

 政治家でもあるまいし、過去の発言自体に、それほど大きな意味はない。このとき、真崎が妻を引っぱたいて、刃物で寺井の首を突いて殺したとしても、酌量の余地は十分にあったはずだが、真崎はこの期に及んでも、己が金科玉条とする、聖人君子という生き様を変えられなかった。

 寺井には、真崎が何故、嫉妬という感情を抱くことを極端に恐れるのか理解できない。

 嫉妬を全否定していたら、世の中は強い者のやりたい放題になる。弱者がこぞって足を引っ張ろうとするから、人の上に立つ者は、己の身を守るために、地位相応の人格を身に着けようとする。上の者が腰を低くしていれば、下の者はある程度納得できる。成功者の足を引っ張ろうとする風潮は、けして改めてはいけないものなのだ。
 
 自分はあの人に比べて可哀想なのだから、文句を垂れる権利があるし、自由にやってもいい――。嫉妬が肯定されることにより、好き勝手にやりたい放題、言いたい放題に生きる特権は、逆に貧乏人の方に移る。その特権を放棄するばかりか、奴隷が己の足を繋ぐ鎖の光沢を自慢するように、同じ貧乏人に、「嫉まず、嫉まず」生きる己を誇ろうとするなど持ってのほかである。

 真崎は愛する妻よりも、己の生き様を貫き通すことを選んだ。ならば、妻をどうしようとこちらの勝手。

 寺井は志保の妊娠がわかってからも、真崎の家を何度も訪れて、腹の大きくなった志保を抱いた。

 いつ、殺されるかわからないスリルを味わいながらのセックス。血の雨が降ることは十分に考えられたが、真崎はどんなに帰りが遅くなっても、寺井がいる間はけして家に入らず、ネットカフェかどこかで時間を潰していたようだった。

 平和主義者という価値観に逃げ込んで、間男に抗議ひとつできない体たらくを誤魔化している腰抜けは、疲労の影響から体型が崩れ、酒量も増えて、己の輝く場であったはずの工場でも口数が少なくなり、寺井の代わりに自分の「オナペット」にしたはずの青年、塚田にも声を荒げたりするなど、精神的に不安定になっていった。

 限界ギリギリまで追い詰められた真崎だったが、奇跡は起こった。志保の妊娠をキッカケに、大丸食品から、長年の功労に報いて、真崎を正社員にしようという話が持ち上がったのである。

 王手寸前の状況で、たった一つ、逃げ道を与えられた真崎の気力の回復ぶりは凄まじく、相変わらず家では何も言えなかったものの、己のフィールドである職場では、寺井や志保に対し、以前のように威張ってみせる程の余裕も生まれていた。

 伊達巻のラインに応援に行かされ、真崎にサービス昼残などを命じられたときには反発して見せたが、その日、家に帰ってから、寺井は笑った。腹を抱えて笑った。

 滑稽ではないか。女房を寝取られた男が、間男の仕込んだ子供のお陰で得た地位を、まるで己の努力で得たものであるかのように胸を張っているのである。

「志保。俺はお前から産まれてくる子供を、自分の子供だと思って育てるからな。こんな男が、他にいるか?お前は安心して、元気な子供を産んでくれ」

 確かに、他にはいないかもしれない。恋女房に托卵されたことを、自分に酔う材料に捻じ曲げられる男は――。

「あいつ・・・おかしいよね。何がどうおかしいかって、うまくいえないけど・・・。絶対におかしい。やだ、私、あいつといたくない・・」

 志保は、無茶苦茶な理屈を展開して己を繋ぎ留めようとする真崎に恐怖を覚えていたが、寺井は早々に親子三人での同棲を望む志保に、曖昧な態度を取り続けた。この時点で、観察の対象として何の魅力もなかった男から、見ていて面白すぎる男に変わった真崎で、寺井はもう少し遊んでみたくなった。

 子供は予定日より早く、元気に生まれた。
 
 愛情は、まったく感じなかった。猿のような顔をして、耳障りな声で泣き叫ぶ非力な生物を見たとき、嬉しい、喜ばしい、愛おしいといった感情は、まるで溢れてこなかった。

 自分を人でなしというのならば、是非に問いたい。自分自身に愛情を持てぬ者が、自分の分身に愛情を持てるだろうか、と。

 大嫌いだった。ずっと避けて歩こうと足掻いていた「強大なもの」も憎かったが、「強大なもの」に馴染むことができない自分のことは、もっと憎かった。

 十年以上に及ぶ創作活動は、この世に生まれた恨みのブチマケ作業。それを終わりにしろとほざくのなら、俺の恨みをすべて引き受けろ。

 命名、信也――。寺井の恨みの結晶に、真崎と自分の名を合わせた名を付けてやったことを知らされたとき、真崎が発狂して泣き叫んだと聞いて、母親である志保の説得に骨を折ったかいがあったと思った。

「寺井くん。私とこの子を助けて。あいつの元から救い出して。私はあなたとしか生きていけないの」
 
 志保は、救世主と信じる寺井の言うことを何でも聞いた。

 いまや自分一人の身だけでなく、大事な一粒種の将来がかかっている。寺井が理想の父親であるはずもないが、十年近く苦しめられた井の中の蛙、小言幸兵衛よりはマシだと思った。真崎への敵意が、寺井への強い依存を生み、志保の目を極限まで曇らせていた。

「志保さん。あのオオマダラハゲキレイゴトクソムシから離れて僕と一緒になりたいなら、僕の言うことに全部従ってね」

 すっかり洗脳にかかった志保をけしかけて、寺井は世紀の映像を収めるための、最後の大勝負に打って出た。

              
                            ☆


 母乳事件――。

 志保が、夫である真崎が作業している真っ最中に動いたのは誤算だったが、製品に異物を混入させる作戦は、まんまと成功した。

 その日のうちに工場は稼働停止となり、事情聴取を受けた志保の口から自分の関与が発覚、警察から任意での同行を求められる直前に、決定的瞬間を収めた動画をネットにUP、世間は大騒ぎ――というプランも用意していたが、あれから十日ほどが経った現在、工場に大きな動きはない。

 事件の目撃者は誰もが口を噤んでいるようで、出荷前の検査の結果、製品から異物が検出されたということもなかったらしい。

 お笑い種だった。何年もツキに恵まれなかった男が、自分を終わりにすると決めたときに限って、何もかもがうまくいく。母乳事件がすぐに発覚しなかったお陰で、ただ動画を細切れにUPするのではなく、この一年で撮りためた映像を編集し、「作品」にしてから発表する時間的余裕が生まれた。
 
 何人かの人間が、自分の巻き添えを食って、痛手を被ることになる。人生の逃げ切りコースに入った連中、何人かを纏めて脅してやれば、いくらかの金を引っ張ることもできたかもしれないが、たかだか二年、三年、働かずに露命を繋げる金を得るだけのために、クリエイターにとって我が子と同然の「作品」は使えない。

 そんなことより、自分が十年以上、ずっと追い続けてきた希望を打ち消すことの方が、ずっと大きな価値がある。

 自分の花を咲かせようとして足掻き続けてきた十数年間――富と名誉を得るという形では、まったく報われなかった十数年を仇花として昇華させ、前科者の汚名を被る。ずっと目の前にあって、自分を無駄な前進へと駆り立てる蜃気楼を消滅させる。

 押しのけられ、救いあげられることなく、消耗していくだけの不毛な繰り返しを終わらせるために、寺井は渾身の「作品」を作り上げた。

「ゴミ溜めを抜け出すための戦いは、これで終わり。犯した罪は償う。だけど、取返しのつかないものは、永遠に残り続ける。それに対し、僕が真剣に向き合うことはないだろう。人ですらなくなったもの。この世でもっとも解き放たれた無敵の存在。それになるために、僕はこの映画を撮影したのだ」

 最後のナレーションを吹き込み、寺井はPCをシャットダウンした。

 午前七時三十分。今日は午後から出社する予定の希美は、まだ起きてこない。寺井はカップ麺を啜り、身支度を整え、家を出た。

 自転車を駐輪場に止め、絶妙のタイミングで送迎バスの最終便に乗り込む。スマホを開き、LINEを起動する。

 昨晩、志保に、ハイハイができるようになった信也の顔を写メに撮って送って欲しいというメッセージを送っていたのだが、既読スルーになっていた。悪用するつもりなのがバレたわけではなかろうに、冷たいことである。
 
 母乳事件は、志保にとっても一つの契機になったらしい。

 あれだけやっても、寺井は自分を、真崎のところから救い出してくれなかった――。

 寺井に責任を取る気が一切ないことがわかった志保は、その後、寺井のどんな要求にも応じない構えを見せた。

「あなたがあの映像をどうするつもりなのかはわからない。あなたとのことは私にも非があるし、あなたに何かを要求するつもりはない。ただ、これだけは約束して。私は年末を最後に、大丸食品の工場をやめる。その後は一切、私と信也には近寄らないで。私はもうあなたのことは忘れるし、この世にいないものだと思って生きるから、あなたもそうして」

 魔法は解けた。志保の依存の対象は寺井から、一子、信也に移ったのだ。

 戸籍上、信也の父親となる真崎は、忙しさが本番となる年末に向かって、ますます意気軒高の様子を見せていた。志保は相変わらず夫婦としては冷めきっているものの、次回の契約更新時から、大丸食品の正社員となることが正式に決まった真崎に、金を運んでくる機械としては期待を寄せているようで、真崎に愛妻弁当を持たせるなど、見かけ上の夫婦円満に努めているようである。

 真崎「一家」の束の間の平穏も、寺井が「作品」を、ネット上に公開すると同時に終わる。その後は逃れられない闇だけが、彼らを包み込む。

 バスを降りる。早足で更衣室に向かい、手早く作業着に着替える。始業ギリギリに作業場に到着する。いつもと同じように、淡々と仕事をこなす。

 笹かまのラインリーダーは、出世に興味のない四十代の独身男。定年前にセミリタイヤし、残りの人生を悠々自適に暮らすことだけを考える万年平社員は、余計な波風を極度に恐れるため、色々と融通がききやすい。教育も面倒くさがるから、工場のことをよくわかっている古株の派遣を大事にしてくれる。そういう人間の下にうまいこと入り込み、自分の働きやすい環境を作る術も覚えた。

 小才を働かせて適度に手を抜き、何の積み重ねにもならない繰り返しを送る日々が、娑婆からムショに移るだけ。自分の身の回り、半径数メートル以内では、何も変わることはない。

 最後、あと何か、ぶち壊せるとしたら――十分休憩の時間、道連れにするターゲットを物色する寺井の視界に飛び込んできたのが、電話中の塚田だった。

「おう、たけおか。いま?大丈夫だよ。うん。うん。そうか」

 自分が依存の対象としてきた工場内の人間関係に亀裂が入り、それがどうやら修復不可能であることを悟った塚田は、休憩時間中に、「偽電話」を始めるようになっていた。初期画面のスマホに向かって話しかけ、あたかも通話中であるように装う、という行為である。

 なんのためにそんなことを?自分がどれだけ人から必要とされているかを、周囲にアピールするため。

 自己顕示欲、あるいは承認欲を満たしたい。人の上を取りたい、人を自分の色で染めたい。

 携帯通信端末やネットの普及により、人が誰しも持っている願望のコントロールが難しくなっている昨今である。

 十年のニート生活を送っていたという経歴には興味を惹かれた。中流家庭の四人兄弟で、上の子はみな立派な社会人となり、結婚もしている。なるほど、親が末っ子の将来に無関心になっても、不思議はないのかもしれない。

 塚田が悲しいのは、ニートの十年選手という自分の経歴がどれだけ面白いかを自覚していないこと。また、自分の面白さが、完全にそこまでであるのを自覚していないことだった。

 ニートの十年選手から、ゴマンといる派遣の底辺労働者へと自己認識が変わってしまった時点で、寺井の塚田に対する興味は失せた。

 あんなのは何の面白みもない仕事なのだから、仲良くやればいいだけなのに、誰それの仕事が遅い、誰それはミスが多いなどといって、周りを蹴落とそうとする。資本主義社会の中で何のうまみも得ていない低所得者が、お互いに手を取り合おうとするのではなく、ゴミ溜めの中でまだ争っている滑稽な図に疑問を抱けない悲しさ。

 そして、バカにしていた及川が、ある意味周りに受け入れられだすと、自分から提供できる話題が何もなくなり、塚田はみんなの輪についていけなくなった。職場から消えて欲しいと嘯きながら、実際は、見下している彼らこそが、塚田の生命線だったのだ。

 他人を見下すことで得られる精神安定効果などタカが知れている。そんなものを支えにして生きていける精神構造が羨ましい。実に羨ましい。

 塚田が端本や及川をあだ名で呼んで笑いものにするのと、寺井がそれをする意味はまったく違う。

 自分の人生より悲惨なものがあるとは思えない。誰よりも自分が一番、最底辺の人生を送っていると思うから、平気で人を笑いものにできる。

 トイレから出るとき手を洗わない。同じ職場で短期間に六人も告白してしまう。こんな誰でもできる仕事もまともにこなせない。他人の気持ちがまったくわからない。

 だからどうした?

 十年以上も、一文の金にもならない創作を続けているヤツの方が、よっぽど病んでいるではないか。こんなに頑張っているのに、世間からまるで相手にされないヤツの方が、よっぽど可哀想ではないか。

 いつかの河川敷で、塚田に言ったこと――。

--世間じゃ派遣は悲惨だって言われるけどさ、それは真崎のクソジジイみたいに、頑張っても報われないヤツのことを言うんだ。どうせ報われないんだったら、最初から何も求めなきゃいいし、何も目指さなきゃいいんだよ。僕らは給料が安いかわりに、大して期待もされない気楽な派遣労働者。適度に手を抜きながら、時間をやり過ごすことだけ考えればいい。そう割り切れば、世間で言われてるほど惨めなもんでもないんだから。頑張るんだったら・・・・。


 あのとき言葉を飲み込んだのは、次に続く言葉がなんの自慢にもなっていないと、途中で気づいたからだ。真崎を馬鹿にする自分の言葉が、全部、ブーメランになって自分に突き刺さっていると気づいたからだ。

 自分は、端本や及川を見下してなどいない。むしろ、こんな底辺の派遣生活の中でも、生きている実感を得られる彼らを羨んでいる。

 嫉妬――こんなライン作業の世界で、人生の頂点を極めた気分を味わえるあの真崎にも、自分は嫉妬している。

 羨ましいと思うから、ゲーム感覚で人をいたぶれる。

 彼らが自分より上だと思うから、人格をボロボロにしても罪悪感に苛まれない。

 自己顕示欲、あるいは承認欲を満たしたい。人の上を取りたい、人を自分の色で染めたい――人が誰しも持っている願望をむき出しにしたあのLINEのメッセージを送ったとき、塚田はやらかしてしまったと思ったのだろうが、どっこい、自分は塚田を羨んでいたのだ。こんなライン作業の世界に、大切にできる何かがあると信じてしまえる、塚田の無垢さが羨ましかった。

 己の世界に入ることを拒んだ寺井への当てつけのためだけに塚田を構っている真崎を、本当に、親のように慕ってしまえる塚田の素直さが羨ましかった。

 だから、サヨナラ。

「うん。うん。そうだね。それで合ってると思うよ。ところで、今度の休み、どうする?僕の方は、問題ないよ。そうか。わかった、じゃあ、一時にね。はい。は~い」

 十二時二十三分。あえて、中途半端な時刻にアラームが鳴るように設定しているのはなかなか細かい芸だが、そうそう毎日、休憩時間に電話がかかってくるというのは不自然である。

 塚田のパフォーマンスを見守っているみんなは、塚田の電話相手が透明人間であることを知っているようだが、みな、気付いていないフリをしてあげている。

 メンヘラ牧場のような派遣の世界じゃ、この程度、頭の逝ったヤツは珍しくない。人に危害を加える性質のものでないのなら、関わり合いにならないのが一番。放っておけば、そのうち辞めていくのだから。
 
「ああ、河合さん。ええ。元気にしてますよ。え?こんど、飲み会に?わかりました。ぜひ、行かせてもらいます。もちろん、おごりですよね?え?僕におごれって?冗談キツイなー、あっはっは。え?高畑常務に代わるって?ちょ、待ってくださいよ。心の準備ってもんが・・。はい。はい、塚田です。ご無沙汰しております。はい。ありがとうございます!」

 好きなラインリーダー、岡本涼子が前を通るときは、声のトーンがいつもより数オクターブ高くなり、演技に熱が入るのが微笑ましい。涼子は塚田に目もくれず、自分のスマホを見ながら事務所の方へと歩いていくが、塚田が優秀で、他所の会社からも必要とされている存在である、ということは、ちゃんと伝わったのだろうか。

 嘘で塗り固めすぎて、本当の自分がどこにいるのか、もうわからなくなっている。それでも塚田は、「偽電話」をやめられない。スマホを耳に当てて喋っているときだけ、彼はこの工場で、何かになれるから。

「え?週末、飲み会をやるから来いって?わり~、週末は予定あるんだわ~。ほかの日?う~んどうかな~。ちょっと、年内にお前と飲めるかはわからないな。何しろおれ、ともだちは百人なんてもんじゃないからさ~」

 偽電話を繰り返すごとに、段々、言うことが大きくなっていく。いつも話題についていけず、悔しい思いをさせられたプロ野球選手よりも大きく膨らませた自分を、みんなの前で披露するのは快感で、癖になる。

「一年生、今日は誰と話してるのかな」

 塚田がフルスロットルに入ったところを見計らって、寺井は対面のソファに腰掛ける「同士」――ロートルの代打屋のようなずんぐりむっくりの体型から、高卒で入団仕立てのルーキーのような締まった体型になった村上に、ボソリと呟いた。

「そういえば最近、一年生からの餌付けがないね」

「うん。僕ダイエット中だから、正直迷惑だった。なくなってよかったよ」

 餌付け――良かれと思ってやっていたことが、みんなから迷惑行為のように思われていた。

 一年生――自分にともだちは百人いる、という大嘘を揶揄した綽名をいつの間にかつけられて、バカにしていた及川や端本と同じ立場に堕ちた。

「あぁ・・・えぇ・・・うん、そうだね。うん・・・だと、思うよ・・・・うん」

 寺井と村上の会話が聞こえただけで、震え声になってしまった塚田にトドメ――寺井は電話帳から塚田のアドレスを開き、通話ボタンを押した。

 着信音――通話中に、けして鳴るはずのない非情のメロディ が鳴らされ、塚田の虚飾が剥がされた。

 声にならない声を上げ、塚田は休憩室の外へ駆け出していった。


第四章 201× 10月~11月 僕だけのたもたも



 向井凛が目を覚ましたのは、知らない部屋のベッドの上だった。

 頭がガンガンして、目の前に無数の星が瞬いて見える。異常なまでの喉の渇き。手足の痺れ。本能的に、枕元に置いてあったお茶のペットボトルを空けて、一気に飲み干した。

 少し落ち着きを取り戻した凜は、今、自分の身が置かれている部屋の中を、ぐるっと見回してみた。

 シングルベッド、衣装ダンス、テレビ、冷蔵庫、レンジ、電気ポット、食器類と、生活に必要な家具一式の揃った八畳間。壁にはカレンダーと、昔のプロ野球選手のポスターが貼られている。

 ここがどこなのかわからない。なんでこんなところにいるのかわからない。確か、お兄ちゃんと二人で、地元の明和タイタンズと、凛が好きで、ずっと応援している東都ブレイサースの日本シリーズを観に行った帰り。好きなブレイサースの敗退が決まってから、居酒屋にお兄ちゃんを付き合わせて、飲んで騒いで、思いっきり泣いて、次のシーズンに向けて気持ちを切り替えた後、お兄ちゃんの車に乗ってから、突然眠くなって・・・。

「やあ、リンリン。やっと目を覚ましたんだね」

 部屋のドアが開けられて、普段、職場で目にするスウェット姿のお兄ちゃん――村上が、刃渡り十五センチほどの出刃包丁と、弁当や菓子類など、大量の食糧が入ったビニール袋を持って入ってきた。

「お兄ちゃん?なんでいるの?どうして」

「なんでって、ここは僕の家だから。リンリンは日本シリーズを見終わってから、ずっと僕の部屋にいたんだよ」

 窓の外は真っ暗で、時計の針は九時を指している。凜は昨日、居酒屋を出てから、丸一日も眠っていたのだ。

 今日は月曜日だから、会社は無断欠勤扱いになってしまったことになる。車の中でうっかり寝てしまって、仕方なく家に泊めてくれたというのであれば、起こしてくれればよかったのに――凛は今からでも派遣会社の担当者に連絡するためスマホを取ろうとしたが、ポケットの中には、何も入っていなかった。自宅のカギも、財布も、すべてなくなっている。

「あれ?どこに・・・」

 なくなった持ち物を探すため、ベッドを降りようとしたところ、左の足首が何かに引っ掛かった。見ると、足首には革製の輪がかけられ、一・五メートルほどのチェーンでベッドのパイプに繋がれている。

「なに、これ・・。お兄ちゃん、冗談だよね」

 村上が凜に向けるおぞましいニヤけ面と、出刃包丁の放つ鈍い光沢を見て、凛の全身の表皮が粟立った。ゴキブリの話をされると首筋がうすら寒くなるが、今、凛は、乳房、臀部、太もも、唇、陰部など、昔、彼氏に触られて気持ちよかったところが、ゾワゾワとしていた。

「・・・ねぇ、どうしてこんなことするの?私なんか可愛くないし、もうおばさんなのに。私なんかに、こんなことしたってしょうがないよ」

 凜も生娘ではない。皆まで聞かずとも、自分の身に何が起こったのかは理解できる。

 すぐには受け入れられないが、村上が凜を、暴行を働く目的で監禁したのは、紛れもない現実なのだ。

「リンリンはわかってないな。四十二歳、派遣社員。僕みたいな、金も力もないおじさんにとっては、アイドルみたいな美人はもはや違う生物にみえて、ちんちんは全然奮い立たないものだ。リンリンみたいな、可愛いか可愛くないか、若いか若くないか微妙なラインの子が、僕みたいな、何の取り柄もないおじさんのちんちんを、一番ビンビンにさせるんだよ」

 つい昨日までの村上からは想像もできない、下品な言葉の数々。目を覚ます前までは、お兄ちゃんのように慕っていた村上と、今、自分の目の前にいる異常者とのギャップに、頭がくらくらした。

 自分を監禁した男の持論などは理解したくもなかったが、確かに、村上の言うように、派遣の仕事をするようになってから、美人よりもむしろ、普通レベルの容姿の女の方が、よく声をかけられているのを見るようになった気はしていた。

 非正規の派遣をやっている男の大半は、自分の立場に引け目を感じているから、美人はかえって敬遠されるのかもしれない。しかし、今、自分がこうした状況に陥ったことを、ほんの僅かでも肯定するような理屈を、認めるわけにもいかない。

「でも、それは、あくまで自分の身の丈を弁えているからであって、チャンスさえあるなら、お兄ちゃんだって、若くて可愛い子と付き合いたいと思っているでしょ?どうしてわざわざ、私なんかを誘拐するのよ」

 凜も女である以上、最低限、身構えているつもりではあった。だが、まさか自分が、テレビで見るような、誘拐、監禁事件の被害に遭うなどとは思わなかった。

 そういう事件の被害に遭うのは、小さな子供か、ラインリーダーの岡本涼子みたいな、若くて可愛い子だと思っていた。もう三十間近で、一重瞼で、鼻も低くて、胸も小さい自分を、まさか監禁していたぶろうとする男がいるとは、まったく予想していなかった。

「・・・リンリン、自分で言ってたじゃないか。実家と疎遠で、去年の正月も帰ってないって。定期的に連絡を取り合う友達もいないし、男っ気もないんだろ。そりゃ、狙うしかないじゃないか」

 村上の言う通り、新潟の実家とは、三年前、二十四歳で凛が作った借金を清算してもらったときに事実上縁を切られており、以来、ずっと音信不通になっている。信頼していた村上には、自分と実家との関係が崩壊しており、ほとんど天涯孤独になっていることは伝えていた。加えて、凜が今やっているのは、人がモノのように扱われる、非正規のハケンの仕事である。会社に連絡もせず、突然バックレてしまう人など珍しくもなく、探す人などだれもいない。

 心配してくれる人が沢山いる女を狙うより、リスクは遥かに少ない。案外、こんな感じで、行方不明者扱いになっている妙齢の女性は多いのかもしれないと、凛は変に納得してしまっていた。

「そんなことより、リンリンは肝心なことを忘れているよ。僕は、リンリンがずっと好きだった。好きになったら、美人か、そうでないかなんて、関係ないだろう」

「好きって・・お兄ちゃん、私のこと、そんな風に見てたの」

 無いと思っていた。男と女である以上、あり得なくはないと思っていたが、それでも、村上に限っては無いと思っていた。凜のことを、そういう目で見ていると思いたくなかった。

 だって、村上は、お兄ちゃんみたいな人だから・・・。

「お兄ちゃん・・・その呼び方が、ずっと嫌いだった!」

 村上が突然、顔を真っ赤にして、出刃包丁で凛の頭の後ろの壁を切りつけた。

 肩にパラパラと落ちてくる、薄茶色の壁砂。表皮にゾグゥッと衝撃が走る。心臓が止まったかと思った。

「お兄ちゃん、お兄ちゃんって、馴れ馴れしく言うけどさ、ようは、兄妹のように見ているから、あなたとは付き合うことはないって、僕に釘を刺してたんだろ?兄貴なんだから、好意をダシにして都合よく利用したって、バチは当たらないってことだろ?バカにしやがって!」

 村上が地団太を踏んで、激しい怒りをあらわにした。

 お兄ちゃん――親しみを込めたつもりの呼び方で、村上がそんなに傷ついていたなど、今まで思いもよらず、凛も大きなショックを受けていた。
 
「そ、そんなんじゃないよ。私はただ、お兄ちゃ・・村上さんと話してみて、お兄ちゃんみたいに親しみの持てる人だったから、そう呼ぼうと思っただけなの。変な意味はないのよ。む・・らかみさんと、一緒に野球を観たり、話したりできて、楽しかった。ずっとこのまま、兄妹みたいでいられて、二人で野球の応援に行けたらって、思ってた・・」

 野球観戦――三年前、事務員の仕事を辞めたころに始めた趣味に、今ではどっぷりつかっていた。

 キッカケは、偶然テレビで観た、東都ブレイサースの梶尾投手を扱ったドキュメンタリー番組。高校、大学時代は無名ながら、独立リーグで頭角を現し、二十六歳でプロ入り、三十歳で先発ローテーション入りを果たした苦労人に自分を重ね合わせ、夢を見た。梶尾投手がいいピッチングをして試合に勝てば、自分が勝ったような気持ちになれた。梶尾投手を観るために東都ブレイサースの試合を観るようになり、やがて野球界全体を観るようになった。

 野球に興味を持つようになってから、凜は、男同士の爽やかな友達関係に憧れるようになった。

 事務員をやっていたとき、女友達と仲良くして得をしたことは、何一つなかったような気がする。

 ファッションにアクセサリ、エステに化粧品――今の世の中で、若い女でいるということは、それだけでお金がかかる。友達と一緒に街を歩くためには、自分だけ身に着けるもののグレードを下げるわけにはいかない。事務員をやっていたころの給料は、派遣である現在とさして変わらず、ボーナスも雀の涙ほどだったから、早くして家庭に入った友人や、裕福な実家暮らしの友人に付いていくため、凛は毎月の家賃の支払いもおぼつかない、極貧の生活を強いられていた。

 男関係についても、女友達のせいで、随分損をしてきた。 

 あの人は束縛しそうだから、やめた方がいいよ。あの人は浮気しそうだから、やめたほうがいいよ。あの人は出世しなさそうだから、やめた方がいいよ。

 女同士が、自分に声をかけてきた男を品評し合うのは、互いを心配しているからではない。はっきりいって、足の引っ張り合いである。他人が自分より先に幸せになるのが妬ましくて、あれこれアラ探しをして、交際を妨害しようとしているだけ。事務員時代、女友達からのアドバイスを真に受けて、少なくとも今の生活よりはマシになるチャンスを逃したことは、一度や二度ではなかった。

 結局、凜は女友達の間で評判の良かった、自称経営コンサルタントの男と付き合うことになったのだが、半年後、凜は新事業を展開したいという男のために出資した三百万円を、すべてだまし取られてトンズラされた。

 サラ金からの督促状を見て憔悴する凛に、女友達がしてくれたことは、「残念会」などと称した飲み会で、心にもない慰めの言葉をかけてきたこと以外、何もなかった。

――凜も辛かっただろうけど、挫けちゃだめだよ。イイ男と付き合うには、リスクは付き物だよ。

 「残念会」の席で、凛に直接、男を勧めてきた女が放った言葉と、それに同意して頷く女友達の顔が、今でも忘れられない。
 
 無責任が服を着て歩いているような女友達との付き合いを完全に断ち切るため、凛は事務員の仕事を辞めた。

 サラ金からの借金は両親のお陰で清算できたが、もともと折り合いの良くなかった両親との関係は、それで完全に崩壊してしまった。派遣の仕事を始め、県外へ出てからの三年間、凛は一度も実家には帰っていなかった。

 それまでのすべてを捨てて、新たに交友関係を築くにあたって、凜は彼氏でも、女同士でもなく、野球のチームメイトのような、男同士の友情が欲しいと思っていた。ドロドロした妬み嫉みもなく、不毛な見栄の張り合いもない、利益度外視で付き合える、男同士の爽やかな友達関係。凜自身は女だから、男同士というのは無理だが、男と女の間で、付き合う、付き合わないを抜きにした、健全な友達関係ができればいいなと、派遣の仕事を始めてからの三年間、ずっと思っていた。

 大丸食品の工場に派遣されて、野球が好きなお兄ちゃん――村上と仲良くなれたことで、凜は自分の理想の交友関係が手に入れられたと思った。ずっと、このままでいられればいいなと思っていた。

 なのに・・・。

「自慢じゃないが、これまで、人から悪く言われたことは一度もない。村上さんはいい人、村上さんは一緒にいて和む人。出会う人みんなにそう言われてきた」

 嘘を言っているとは思わなかった。邪気の欠片も感じられない福々しい風貌。他人を悪く言わず、仕事や給料についての文句もまったくない。趣味は野球観戦とゲーム。人畜無害を絵に描いたような村上を嫌う人間など、工場には一人もいなかった。

 お兄ちゃんみたいだった村上が、女の子にこんな酷いことをするなんて思えなかった。村上だから安心して二人きりで出かけていたのに、まさかこんなことになるなんて信じられなかった。

「だけどさぁ・・。振り返ってみると、大学を卒業してから二十年の社会経験で、いい人で得をした場面が、まったくといっていいほど思い出せないんだよ。条件の良い仕事にありつけたわけでもないし、女の子にもモテなかった。寸借詐欺に引っ掛かって、小金を取られたこともある。それでわかったんだ。いい人、というのは、人柄が良い人間のことじゃない。悪い人間、欲深な人間、世の中で得をしている人間にとって、都合が良い人間のことを言うんだとね」

 つい昨日まで菩薩のように穏やかだった貌を、修羅のように険しく歪ませる村上。今、突然に変貌したわけではなく、凜と出会うずっと前から、内で抑え付けられていた感情が表出したのだ。

「だってそうじゃないか。良く見てみれば、僕をいい人いい人言うヤツらは、ほとんどがみんな、僕より恵まれているヤツ、僕が欲しいモノを持っているヤツだ。あいつらは僕の嫉妬が怖いから、僕が爆発したら怖いから、いい人いい人言って、僕をなだめているだけなんだ」

 そんなことはない・・・。けして、そんなことはないのだが、そういうことがないとも言い切れないのが辛いところだった。凜も恵まれない側にいる人間として――調子の良いことばかり言ってくる友人に裏切られたと感じた経験がある身として、村上の不満がまったくわからないではないのだ。

「ふざけるのもいい加減にしやがれ!ゴミみたいな給料しかもらえない底辺労働を文句ひとつ言わずにやってるからいい人なのか?女をイケメンに取られまくっても嫉妬しないからいい人なのか?バカにするのもいい加減にしやがれ!いい人なんてクソくらえだ!」

「私は・・私は違うよ。私は村上さんを、下に見たりなんかしていない。ずっと友達だと思ってた。今だって、そう思ってる。村上さんとだったら、男女の枠を超えた、本当の友情ができると思ってる」

 被害妄想に囚われる村上に、凜は真心を込めて言った。

 こんな目にあわされて――おそらく、昨晩は想像するのも悍ましいことをされて、村上に罵声の一つも浴びせたい気持ちはあったが、凜は村上と過ごした、半年あまりの楽しい日々が忘れられない。村上と一緒に、大好きな野球をみたときの楽しい思い出が忘れられない。

 村上が今、ここで凜を解放してくれれば、これは悪い夢だったということで片づけることができる。さすがに、大丸食品の工場に留まることはできないが、今ならまだ、自分が黙って去っていく形で、コトを穏便に済ませられる。

 凜の思いはきっと、村上にも響くと思ったのだが、村上はただ、真っ直ぐに村上の目を見つめる凜に向かって、冷たい笑みを浮かべただけだった。

「ハッキリ言ってやるけどな。男女の友情なんて、クソほどの価値もないんだよ。ただの友達付き合いだったら、話の合う男と一緒の方がいいに決まっている。男が女と仲良くするのはなぜか?それは、エッチができる望みがあるから、ただそれだけだ。そうじゃなきゃ、誰が君みたいなニワカと、野球観戦など行くか」

「なっ・・」

 凛の頭に血が上った。これまで、好きな野球観戦を一緒に楽しんでいたと思っていたのに、村上の方は、自分を見下していたなんて。

「グルメにファッション、芸能人のゴシップ話。お前ら女の趣味は、どれもみんなつまらない!ロマンの欠片もない!いくら女とエッチがしたいからといって、お前ら女に話題を合わせるのは、男にとっては苦行でしかないが、それをなんと、女の方がわざわざ男に趣味を合わせてくれるという。これが男にとって、どれほどありがたいことか。手間が省けるなんてレベルの話じゃない、カモが自分から檻に飛び込んできてくれるようなもんだ。逆に言えば、君が野球好きということは、ただそれだけの価値でしかない。むしろ、君のニワカさは、真に野球を愛する僕にとっては大変不快だった」

「ニワカ、ニワカって・・私のどこがニワカだっていうの。ブレイザーズの選手は、二軍の選手のこともよく知ってるよ」

 村上を逆上させてしまう恐怖はあったが、自分の野球愛を否定されると、ついムキになってしまう。

 野球の――東都ブレイザーズのことだけは、村上よりも詳しいし、よく見ている自信はある。それは凛の、唯一の誇りなのだ。

「じゃあ、打者の力を現す指標、OPSについて、説明してみてくれよ」

「・・・え?」

 OPS。どこかで聞いたことがある気もするが、思い出せなかった。野手の個人成績については、打率、ホームラン、打点の三冠と、盗塁の数くらいはチェックしているが、それ以外となるとピンとこない。凜はそういう数字のことよりも、選手の食べ物の好みや、飼っている犬の犬種などを調べて、ワチャワチャ楽しみたい派なのだ。

「やあ、寺井っちゃん。遅くにごめんね。ちょっと、聞きたいことがあるんだけど、いいかな?」

 凜がいつまでも答えられないでいると、村上はスマホを取り出して、寺井と通話を始めた。

「うん、いいよ。なに?」

 スピーカーホンに設定されたスマホから、寺井の声が聞こえてくる。今、大きな声で叫べば、自分の声も寺井に届くかもしれないが、村上がもう片方の手で、出刃包丁の切っ先を突き付けているという状況では、いかんともしがたい。

 仮に、凜が監禁されていることを知った寺井が、すぐ警察に通報してくれたとしても、のんびりした田舎の警察が駆けつけてくるまでには、正味三十分は待たなくてはいけない。三十分もあれば、何でもできる。恐ろしいことを、何でも・・・。

「いや、大したことじゃないんだけど、プロ野球で打者の力を測る指標、OPSについて、簡単に説明してみてくれないかな。もちろん僕はそんなことはわかっているけど、わかっていない人にどう教えたらいいか、寺井っちゃんの意見を参考にしてみたくてね」

「なんだ、そんなことか。出塁率+長打率=OPS。単純な計算式で求められる割りに、得点との相関関係が近い、打者の実力を測る上で最も簡易かつ信頼に足る指標。まぁ、今どき野球ファンを名乗るんだったら、常識として身に着けてないといけない知識だね」

「最後のところ、もう一度いいかな」

「野球ファンだったら、常識的な知識。スポーツ新聞やヤフーのサイトでも表示しているし、OPSもわかんなかったら、野球ファンでもなんでもないんじゃない」

「わかった、参考になったよ。ありがとう」

 寺井との電話を切った村上が、凜に勝ち誇るような顔を向けた。

「わかったか?お前ら女は、男っぽい趣味を好きだといっても、所詮は上っ面ばっかりなんだよ。上っ面ばかりのミーハーな女に合わせていくことで、文化やスポーツはどんどん安っぽくなっていく。お前ら女が文化やスポーツの普及に貢献しているなんて、屁理屈に過ぎない。お前ら女は、すべての文化やスポーツをダメにする、害虫みたいなもんなんだよ」

 体を好き放題にいじくりまわされる以上の屈辱に、背筋が震えた。

 身の安全を思えば、村上の言い分を認めてしまった方がいいのかもしれない。だが、野球は凛がこれから人生の支えにしていくと決めた、大事な趣味なのだ。自分の野球への思いを否定されたまま、黙っているわけにはいかなかった。

「違う・・オタクみたいに、深く掘り下げるばかりが楽しみじゃないでしょう?男の人と女の人、それぞれの楽しみ方がある。それでいいじゃない。知識の少ないファンを排他的に扱うのが、オールドファンのやることなの?知識がないなら、それを優しく教えてくれるのが、本当のオールドファンなんじゃないの?」

「・・・ま、それはさておき・・・」

 凛の反撃に、しばし口を噤んだ村上は、意外にもあっさりと矛先を変えてしまった。凛の言葉が効いたというよりも、端からそこまで興味がなかったといった感じである。

「僕は、お前ら女が大嫌いだ。強欲で、冷たくて、自分勝手で、男を都合よく利用することしか考えていなくて、人の悪口でしか盛り上がることができず、被害者ぶることだけは一丁前。お前ら女に、好もしい要素など何一つない。お前らと友達なんて、反吐が出るよっ」

 これが本音。これが一番、村上が凛にぶつけたかった不満――。四十二にして独身の村上は、女性に強い不信感を抱いている。

「だったらなんで、女の子を誘拐なんてするのよ・・・。そんなに嫌いだったら、女とずっと話さず、男とだけ仲良くしてればいいじゃない」

「僕は女は大嫌いだけど、女の身体は大好きなんだよぉっ。好きで好きで、欲しくて欲しくて、それでも手に入らないから、嫌いになるんだろうがぁっ」

 自分でも、わかりきった質問をしてしまったと思う。凜が、FAで主力選手にブレイサースを出ていかれたときと同じ。好きな思いが強ければ強いほど、裏切られたときの反動も大きくなる。

 穏やかで邪気の欠片も感じられない顔立ちは、言い換えれば、年の割に幼く、頼りがいのない顔立ち。ズドンとした小太りの体型。汗っかきで、仕事終わりにはいつも、据えたような体臭を放っている。いい人オーラはこれ以上ないほどに出ている村上だが、女性を惹きつける魅力は皆無といっていい。

 これまでモテた経験はなかったのだろうし、過去に女にこっ酷くフラれて、辛い思いもしたのだろう。好きだった凜にお兄ちゃん呼ばわりされ、男として見られていないと感じたことで、長年にわたって積もり積もったリビドーが爆発したのだ。

「でも、だからってこんな身勝手、許されると思う?こんなことをする人に、彼女なんてできるわけないじゃない」

「出た出た。後出しじゃんけんは、お前ら女の得意技だ。最初からチャンスを与える気もないくせに、こっちが何かやらかしてから、鬼の首を取ったように落ち度を突いてくる。人がミスをするのを、手ぐすね引いて待ちやがって。一回でもエッチしてくれたならともかく、何も美味しい思いをさせてもらってない女から責められたって、反省する気になんかなるわけないんだよ」

 正しいか間違っているかという問題とは別に、誰にそれを言われるかという問題がある。世話になった恩人ならともかく、いまや憎悪の対象となった凜に何を言われても、村上の心は動かないのだろう。どうやら、説得によって、村上の改心を促すのは難しそうだった。
 
「リンリン。今の君は痩せすぎだから、これから一日五千キロカロリーを上回る食事をこなして、もっと太らなければならない。女は馬鹿だから、みんな無理なダイエットをして鶏ガラみたいに痩せようとするが、僕は程よく肉の付いた、たもたもした身体の方が好きなんだ」

 村上が、部屋に持ち込んできたビニール袋に入った食糧を、すべて床にぶちまけて言った。

「せっかく、百パーセント、自分の自由にできる女体を手に入れられたんだ。すぐに犯っちゃったのでは、面白くない。それでは、ヤリたい盛りのガキと一緒だ。女の子の身体を、自分好みにカスタマイズしてから、じっくり楽しむのが、大人の楽しみ方というものだ」

 眩暈を起こしてしまいそうなモノローグを呟きながら、村上はベッドに上ってきて、凛の足元に這いつくばった。

「ちょっと・・・何、してるの?」

「なにをって、爪をかじっているだけだよ。うん・・・。カリカリポリポリ、しっかりした歯ごたえがあって、爪の間に挟まった垢からは、適度な塩味がする。まるで、軟骨揚げを食べているみたいだぁ」

「やめ・・・やめてよ」

「聞こえないなぁ・・。あ、ここにも、美味しそうなものがあるぞお」

 村上は、凜の足の爪の伸びた部分をかじり終わると、続けて、凛のへその中に人指し指を突っ込み、ぐりぐりとほじくり始めた。

 へそは内臓に直結しているため、むやみにほじくり返せば、独特の不快感に襲われる。遠慮なしの村上は、凛のへそを散々にこねくり回した後、爪の間に、ペースト状になった皮膚の老廃物が詰まった人さし指の先を、凛の鼻孔に近づけてきた。

「うっ・・・やめて、やめてよ」

 当たり前の話で、一昨日から手入れをしていないへその穴をほじれば、指先には蒸れた嫌な臭いが付着する。村上はその臭いを、まるで、工場で作っているおせちの栗きんとんが指先についているかのような恍惚とした表情で嗅ぐと、指先を口の中に入れて、赤ん坊のようにちゅぴちゅぴと音を立てながら舐め始めた。

「リンリンのおへそから取れたゴマちゃん、うんまぁ~い!良質なタンパク質と塩分が補給出来て、働いた後の疲れた体にはぴったりだ。リンリンが生まれる前にママと繋がっていたところは、リンリンがママになれる身体になると、栄養たっぷりでおいしいゴマちゃんを産み出す、魔法の壺に変わったんだねぇ」

 口に入れた凛のへそのゴマを、村上は何十回も租借してから、惜しむようにごっくんと飲み込んだ。

「なんで、こんなことするの・・・?」

 村上がベッドに上がってきたとき、てっきり、犯されるのではないかと思っていた凜は、村上の行為に、得体の知れない恐怖を感じていた。村上の口ぶりからすると、おそらく、昨日寝ているときも、凜が想像するようなことはされなかったのだろうが、安堵する以前に、村上の意図がまったくわからず、激しく混乱していた。

「女の子のたもたもボディを楽しむときの醍醐味は、自分は女の子より痩せて、キュッと引き締まった、カッコイイ身体で、だらしない身体の女の子を抱くことにある。ストイックに絞り込んだ身体で、欲望の趣くままに食っちゃ寝した女の子を突きまくり、お肉を揺らしまくりながら、おまんこの中に赤ちゃんミルクを注ぎこむなんて、興奮するじゃないか。だから僕はこれから、市販の食品を一切口にせず、リンリンだけを食べて、リンリンよりも軽くなるんだ。あ、そうだ。どうせリンリンを僕より重くするまでエッチを我慢するなら、いっそそれまで、ちんちんをシコシコするのも我慢しようかな。我慢して、溜めて溜めまくるほど、出したときの気持ちよさも格別になる」

 よくわからないが、あたかも、サウナで脱水症一歩手前まで汗を流した後に、キンキンに冷えたビールを飲んだときのような、極上のカタルシスを味わいたいということだろうか。マゾヒズムの一種と言われるなら理解できなくもないが、自分がそれに巻き込まれるのは、到底納得できるものではない。

「これ以上ここにいて、可愛いリンリンのことを見ていたら、僕はちんちんを入れたい欲求を抑えられなくなってしまうから、ここでお暇させてもらうよ」

 村上は満足げに言うと、凜の身体の、自分が触った部分をウェットティッシュで丹念にふき取ってから、部屋を出ていった。

 その晩はそれきり姿を見せなかった村上は、翌朝になって、凜の部屋に様子を見にやってきた。何か、またいたずらをされるのかと思って身構えたが、村上は、凜がベッドの上に繋がれて大人しくしているのを見ると、特に声もかけず、すぐに出ていってしまった。おそらく、大丸食品の工場に出かけたのだろう。村上は凜を監禁しながら、仕事も普通に続けるつもりなのだ。

 村上が四六時中一緒にいるわけではないというのは、凜にとっては大きなチャンスである。凜は、村上が完全に家を出たのを見計らって、監禁部屋を脱出するための抵抗を開始した。

 凜の足が繋がれているチェーンをカットできるような道具は、部屋の中には見当たらない。ステンレス製のベッドを引きずって動くことは不可能ではないが、凜が監禁されているのは二階であり、狭い階段をベッドと繋がったまま降りていくのは難しい。自力での脱出は、現実味が薄いようだった。
 
「助けて・・!助けてください!お願いします!助けてください!」

 凜が監禁されているのは、村上が生まれ育った実家であり、階下には、年老いた村上の両親が暮らしている。村上が仕事に出てから、助けを求めようと何度も大きな声で叫んでみたのだが、二階には誰も上がって来ることはなかった。 

 凛の監禁されている部屋には、所々に大きな穴が空いており、村上が帰ってきてからよく耳をそばだててみると、階下からは、時々、村上が怒鳴ったり、皿の割れたりする音が聞こえてくる。どうやら、四十二にして実家に寄生している村上は、家庭内で酷い暴力を働いているようだった。

 息子の奴隷と化した両親は、息子の所業に気が付いてはいても、通報できないでいるのだろう。村上の両親には、助けを期待しても無駄のようだった。

 市街地から離れており、畑をいくつか所有している村上の家は、隣家の距離が五十メートル近くもある。窓ははめ殺しになっており、凛がいくら叫んでも、声は家の外には届かない。

 いつか、テレビ番組で観た監禁部屋の条件が、ここには整いすぎるほど整っている。他人事にすぎないと思っていた話が、今、現実となって自分を取り囲んでいる。

 鼓膜の奥で理不尽の鐘が打ち鳴らされ、頭の中がガンガンした。何も考えることができず、凜は日がな一日、子供のように泣くことしかできなかった。

 
                        ☆   ☆   ☆
 

 凛を自分よりも太らせるという宣言通り、村上の買ってくる食料は、妙に高カロリーのものが多かった。監禁初日は、村上の思惑通りになりたくない以前に、精神的なショックで、とても食べる気にならなかったが、時が経って、段々自分の置かれた境遇に慣れてくると、一日中何もやることがないのもあって、ついつい、目の前に置かれる食べ物に手が伸びてしまうようになった。

 ポテトチップスを二袋、クッキー、ビスケットを一箱、ロールケーキを丸ごと一個。それが間食で、朝昼晩にハンバーグ弁当に海苔弁当、カップ焼きそばというのが、凛の監禁十日目の食事メニューである。

 いくら退屈といっても、この食欲は異常ではないかと思ってそれとなく質問すると、村上は、凛の食事に、ドグマチールという精神安定剤を混ぜていることをあっさり白状した。

「これは、僕が昔、女の子にフラれて鬱になっていたころに服用していた薬でね。飲むと胃腸の働きが活発になって、食欲が増進するんだ。それまでの僕は普通の体型だったのに、これを飲んでいた時期に十五キロも太って、それが今日まで尾を引いている。僕をこんな体にした女の子の分まで、リンリンといっぱい、赤ちゃん作っちゃうんだ」

 どこまでも自分勝手な村上への怒りと、このままの勢いで食べ続け、醜い身体になってしまうことへの恐怖はあったが、マグマのように湧き上がる食欲には抗えず、結局は食べてしまう。監禁から十日ほどでも、凜の身体の肥大は明らかで、監禁されたときに着ていた服はサイズが合わなくなり、村上に新しいTシャツとパンツ、下着を用意してもらっていた。

「今日はプラス〇・三キロ。僕の体重がいま六十七キロ丁度だから、あと八キロで逆転できる。リンリン、順調に大きくなっているようだね。そうだ。リンリンの成長の記録を、撮影しておこうか。リンリンをたもたもにした後、昔のリンリンが懐かしくなったら、これを観ながらシコシコするんだ」

 村上は仕事を終えて帰ってきてから、必ず一度は凜の部屋にやってきた。本当に、凜の身体から出た老廃物だけを食べて生活しているのかまではわからないが、村上は、自らに課した食事制限をストイックに実践しているらしく、村上の身体は凜とは反対に、監禁から十日間で、肉眼でも確認できるほどに引き締まっていた。

 村上の宣言によれば、村上はいつまでも我慢しているわけではなく、暴食を続ける凜と、断食を続ける村上の体重が逆転した途端に凜を犯すつもりのようだが、見かけ上は、あくまで穏やかな日々が続いていた。

 お腹いっぱい食べれば、眠気が襲ってくる。泥のように眠って、自分のお腹が鳴る音で目を覚ますと、寝ている間に空っぽになった胃袋に食べ物を流し込む。養豚場で出荷の日を待つイベリコ豚じみた生活サイクルを繰り返しているうちに、凜は次第に、もしかしたら、このまま何もされないのではないか、と、楽観的な気持ちになっていた。
 
「ただいま。いや~疲れたよ。今日は夜に役所の人間が検査に来るからってさ、いつもより念入りに掃除をやらされて、もう腕がパンパンだ」

「おかえり。大変だったね。私、お夕飯まだだから、村上さん、一緒に食べよう」

 ストックホルム症候群――立てこもりや監禁事件において、しばしば人質となった被害者が犯人に共感し、協力的な行動を取ろうとすることがあるのは有名であるが、こんなことになる以前は、実の兄妹のように接していたこともあり、自分を酷い目に遭わせた村上への憎しみや恐怖、敵意は、時間の経過とともに薄らいでいた。

 村上と一緒にいるときは、できるだけ普通に話すように心がけていたし、村上から、大丸食品の工場で起きたことを聞くのは、食事とテレビ以外の、数少ない楽しみになっていた。

「あぁ、そうだね。じゃあ、お言葉に甘えて、塩分補給をさせてもらうよ」

 村上は、食料の入ったスーパーのビニール袋をベッドに置くと、凛が昼間、「おまる」にした小便を、指ですくって舐めた。 

 常にベッドに繋がれている凜は、当然ながら、排泄もすべて部屋の中で行っている。汚物の臭いを紛らわすために振りまかれた消臭剤の、柑橘系の強烈な臭いのせいで頭痛を起こさないよう、部屋には換気扇が設置されている。村上が衝動的に凜をさらったのではなく、前々から周到な計画を立てていた証拠である。

「村上さん、ご飯を買ってきてくれてありがとう。いただきます」

 朝から食べてばかりだというのに、村上が買ってきた食料をみると、また胃袋が疼きだす。凜は袋の中から取り出したカルビ丼を、レンジもかけずに掻き込んだ。

「いい食べっぷりだなぁ、リンリン。お菓子もこんなにいっぱい食べたのに、まだ入るんだ。リンリンの食べっぷりをみたら、塚田はリンリンが仕事に来なくなったことを嘆くだろうなぁ」

 塚田のてっちゃんの名前が出たことで、村上が何を言いたいかはすぐにわかった。

「・・てっちゃんが持ってきてくれたクッキー、まだみんな食べてないの?」

「ああ。早く片付けちゃえばいいのに、あいつも意地になってるんだろうな」

 やはり、村上が言わんとしていたのは、塚田が九月に持ってきた、バタークッキーの箱のことだった。

 なぜかみんな手をつけず、何となくタイミングを見失って、いつしか、「食べたら負け」みたいな雰囲気になり、待機所のテーブルにずっと置かれたままになっていたあの箱のことは、監禁されてからも、凜の頭の隅にずっと引っ掛かっていた。

 お菓子を提供してくれる塚田が、みんなの中で存在感を示そうとする気持ちは、痛いほど伝わってきた。だけど、どこかで「そうじゃないだろう」という気がしていた。

 どこかで、塚田の不毛な行為を止めたかった。だから、あのクッキーの箱に手をつけなかった・・。待機所でいつも一緒に休憩を取っていた、寺井や村上も、おそらく、同じことを考えていたのだと思う。

「バカなヤツだよなぁ。あんなもんで、人の心が掴めると思ってるんだから。あからさまな”僕に構って~”オーラ出しちゃって、もううざくてうざくて。この前なんて、なんて言ってきたと思う?寺井さんが、僕にだけ全然話しかけてくれないけど、僕、避けられてるのかな?だって。中学生の女の子じゃあるまいし、どんだけ面倒くさいんだよ」

「お菓子をくれるのはありがたいけど、貰う方は、いつかお返しをしなきゃとか、余計な気も使っちゃうしね。お菓子をくれるより、もっと自然に会話に参加して欲しいよね」

 村上と塚田の悪口を言い合うのは初めてのことだったが、意外な気はしなかった。

 信一、志保、塚田、寺井。工場で仲の良いメンバーとは、よく遊びに行ったりしていたが、付き合いも長くなってくると、色々とアラも見えてくる。何かと説教臭い信一、構ってちゃん気質の塚田とは、正直、一緒にいて疲れることもあった。

 厳選というわけではないが、合わないところのある人たちとは、少し距離を置かなければいけない時期に来ていると感じていた。

 相手によって、適切な距離感というものがある。村上とのそれは、工場で親しくし、時には二人で野球を観に行ったりする、仲良し兄妹のような関係だと信じていた。それは凜にとっては、恋人同士として交際し、身体の関係を持つことよりも上位に置かれることだったのだが、村上の方は、そうは思っていなかった・・・。

「・・まぁ、でも、塚田のスタンス自体は、別に間違ってないと思うけどね。あんなつまらない仕事、黙って真面目にやってたってしょうがないんだから。交友関係でも充実してないと、そりゃやってられないよ」

 自分を酷い目に遭わせた男の言葉だが、これには同感だった。

 コンベアの上の部品のように労働市場を流されていく派遣社員は、横の繋がりが薄くなりがちである。交友関係が充実していないことで、働くことへのモチベーションが確保できないだけでなく、社員からハラスメントの被害に遭ったときに、誰にも相談できず、辞めるしかなくなるという実害もある。

 いざとなったとき、団結できる仲間が欲しかった。思いを共有できて、理不尽に一緒に立ち向かえる仲間がいれば、貧乏でもなんとかやっていける気がした。大丸食品で出会った友達となら、そんな関係になれると思った。

 違っていた。同じ派遣、同じ低所得者というだけで価値観を共有できるほど、人間は甘い生き物ではない。上昇志向のある者とない者。昭和生まれと平成生まれ。男と女。人は少しでも考え方の違う人間を見つけては、いがみ合う生き物なのだ。

「でも、交友関係をヤリガイにするんだったら、友達付き合いだけで満足するんじゃなくて、女にもアタックしろって話だけどな。塚田はよく僕に、会社の女で、誰々が可愛いよね、とか言ってくるけどさ、あれマジ、ウザくてしょうがないよ。相手はアイドルじゃないんだから、見てるだけじゃ何にもならないのにさ。塚田に比べれば、オカマンの方がずっとマシだよね」

「え?なんで?」

 村上の口から出た意外な名前に、思わず問い返していた。

 工場の女性に六人も告白してフラれ、七人目に凛を選んだ男。凛と村上の間に特別な関係があると思い込み、村上にしつこくちょっかいを出していた男。場面によって、男にも女にもなる変質者。

 あのオカマンに、村上は嫌悪感を抱いてはいなかった? 

「だってさ、塚田は六人に告白してフラれたオカマンをバカにしてるけど、オカマンはどれだけフラれても、人からどんなに気味悪がられようと、めげずに女にアタックし続けていたじゃないか。そりゃ、ちょっとばかり周りに迷惑はかけてるかもしれないけど、迷惑なんて気にしてたら、何も手に入らないからね。女に限った話じゃない。塚田がオカマンを悪く言うのは、挑戦もしない臆病モンが、挑戦してコケたヤツをあざ笑ってるだけだ。まるでどこかの匿名掲示板みたいな話だよ」

 村上が、男が女に告白することを、野球選手がトライアウトに挑むような爽やかなことのように語るのに、凜は強い疑問を覚えた。一人の人間の強い思いを、大きな集団が受け止めるのと、何の力もない個人が受け止めるのでは、負担がまったく違うのだ。

「そんなの、男の人の身勝手だよ。そんな一方的な挑戦なんて、カッコいいものでもなんでもないよ・・」

 凛は村上に、自分のトラウマとなっている思い出を語り始めた。

 二年前、凜が派遣先で仲良くしていた正社員の友達が、同じ職場で働いていた三十代の男性に突然告白された。友達はその男性のことを嫌いではなく、職場ではよく話していたのだが、男性が自分に恋愛感情を抱いていたことは知らず、告白されたときは大いに戸惑った。

 友達は男性に自分を諦めてもらうために、男性のことを、極度に悪く言った。キスを迫られた、肩を掴まれた、など、あることないことまででっちあげて、男性の評判を徹底的に貶めた。職場に居づらくなった男性は、精神状態の悪化を理由に休職した。

 その一か月後、友達は男性に背中を刺されて、一生残る障害を負った。

「私から見て、その男の人は、悪い人ではなかったけど、三十過ぎにしては少し幼稚で、軽率なところはあったと思う。当たって砕けろの告白が通用するのは学生までで、大人が告白していいのは、絶対に勝算があるときだけ。下手をすると、相手の立場までまずくしかねないんだから、大人はもっとスマートに恋愛をしなきゃいけないと思う。女の子も言い過ぎだったかもしれないけど、逆恨みして刺すなんて・・・」

「はん。おかしいね。ちゃんちゃらおかしいね。男の好意をそこまで踏みにじったのなら、刺されて当然だね」

 村上は凛の話――友達が刺された話に何ら共感を示さず、バッサリと切って捨てた。

「なんで?だって、告白された女の子の方だって、怖い思いをしたんだよ。襲われる、とかはないにしても、しつこく付きまとわれたらどうするの?もし万が一職場で、フッた女の子の方が悪いみたいな空気になったら、どう責任を取ってくれるの?自己防衛のためには、ある程度過激に出るしかないじゃない」

「それが女特有の、異常な被害者意識の強さだよ。職場の連中とか持ち出さずに、男との一対一で考えろよ。下手に出て、交際をお願いされてる時点で、どう見たって女の方が、圧倒的強者じゃないか。その状況で、女は男をどうにでもできるんだぞ。お前らの言い分がまかり通ってたら、そもそも恋をすること自体が悪ってことになっちゃうじゃないか」

「恋をするのが悪いんじゃなくて、大人だったら、その・・もっと段階を踏めっていうか、告白する前に、ちょっとずつ距離を詰めていって、相手から拒否のサインが出れば、それを読み取って、自分も相手も傷つかないように、早めに身を引くっていうか・・・とにかく、まったく勝算がないのに、自己満足のために告白をすることは、今は”告ハラ”って言って、迷惑行為として扱われるんだよ」

「何が告ハラだ。なんでもハラスメントにしてたら、なんにもできなくなるだろうが。大体、勝算がないなんてのは女の勝手な言い分で、本当は、女が思わせぶりな態度を取ってたんじゃないのか?そうじゃなくても、恋愛なんていうのはもともと不確定要素が強く、十人十色の見方があるものなのに、お前ら女は、トラブルになるといつも一方的な被害者を装う。そりゃ、世間は肉体的に弱い女の方を庇うさ。だが、社会的には?痴漢冤罪がいい例だが、今の社会は、肉体的に弱い女の方に寄せるあまり、逆に男が不利になっているんじゃないのか?段取りを踏めというが、大人だって、いきなりの告白で何とかなってるヤツもいくらでもいるだろうが。そんなに段取りを気にしなきゃいけないなら、できちゃった婚やスピード婚はどうなるんだよ。結局、顔と金次第。最初から論外なら、どんな段取りを踏んでも無駄だって言いたいだけの癖に、四の五の理屈を並べてんじゃないよ!」

「そうじゃないよ。私が言いたいのは・・」

「もはやこの国の男女間の対立は、抜き差しならないところまで来ている。僕はもう、女を理解し、女に理解されようとするなんて不毛なことを考えるのはやめた。女とは、お互いに理解し合うのではなく、痩せさせたり太らせたり、洗ったり洗わなかったり、自分の好きなようにカスタマイズして、一方的に弄り回して楽しむものなんだ」

 村上は顔を真っ赤にして床板をバンバンと叩くと、それ以上話すことは何もないとばかりに背を向けて、下に降りていってしまった。

 村上の理解を得るために話を始めたはずが、結局は、村上を余計に頑なにさせただけで終わってしまった。

 趣味の楽しみ方、体型の好み、恋愛についての捉え方・・村上の言う通り、男と女の価値観はあまりにも違いすぎ、お互いが理解し合うことは不可能なのかもしれない。

 男女の友情――男と女が、身体の関係を持たないまま絆を深める。叶わぬ望みをした時点で、自分は破滅へと向かっていたのだろうか。

 いや――たとえこちらにも落ち度があったにしても、人が人の自由を奪い、不当に拘束するなんてことが認められていいはずがない。いくら何でもここまでやったら、問答無用で村上が悪い。凛は次に村上が部屋にやってきたら、毅然とした態度で抗議をする決意を固めた。


                          ☆


「う・・・・・」

 翌日、また食料を持って部屋に入ってきた村上は、なぜか全裸だった。

 Y字型にフサフサと生い茂った胸毛。手足はカトンボのように細いのに、お腹だけが、栄養失調の子供のようにせり出している。

 四十二歳の村上の身体は、実年齢以上にくたびれている。それなのに、男性のシンボルだけは、痛そうなほどに反り勃っていた。血液が充満して赤黒く染まり、ビクビクと脈打つグロテスクなものを見せつけられて、凜が今日、村上に浴びせようと用意していた罵声は、頭から霧消していった。

 村上は何も言わないまま、凛が着ている、村上の母親のおさがりの部屋着を無理やりに脱がすと、この半月あまりの間に、著しくボリュームアップした凛のヒップを鷲掴みにした。

「ちょっと、何するの?やめ、やめて」

 凜の尻肉を掴んだ村上は、凜の菊門に――監禁されてから、一度もウォシュレットを使っていない尻の穴に舌をねじ入れて、ドリルのように穿孔した。
 
「リンリンのうんちっちは、にが~くて、石を口に入れたときみたいな味がするんだね。リンリンのたもたもしたケツの肉を揉みながら食べるうんちっちは、とってもえっちでおいしいね」

 昨晩の決意が嘘のように、凛はただただ涙を流すことしかできなかった。
 
 ライオンやトラの威勢ならば抗えたが、ゴキブリやゲジゲジの気持ち悪さには抗えなかった。枯れた老人のような肉体をしているくせに、繁殖のための器官だけは猛り狂い、女の尻の穴をなめて興奮している異常な生物を相手に、まともに抗議しようとする意志を貫くことはできなかった。

 村上は、凜のアナルを五分ほども舐めると、今度は凜の陰部を指で撫ぜ、指先に付いた臭いを嗅いで、大げさに顔をしかめてみせた。

「リンリンのおまんこ、納豆とチーズをぐちゃぐちゃにかき混ぜて、便所の床にぶちまけてから、雑巾で拭いたみたいな臭いがして、くっさぁい!こんな凶悪な細菌兵器を股間に隠し持ってるのに、何かといえば男を暴力的で危険な生き物扱いするなんて、女の厚顔無恥さには、まったく呆れ果てるよ。リンリンは本名を捨てて、まんくさプー子に改名した方がいいんじゃないか」

 発狂したくなるほどの恥辱に、嗚咽が漏れる。腹が立つのは、村上が凜のデリケートゾーンがにおうのを、あたかも凜の過失のように言っていることだ。

 凜のデリケートゾーンのにおい――股間から、イカを天日干しにしたようなにおいが立ち上ってくるのは、自分のせいではなく、すべて風呂にも入れず、排泄の後、ウォシュレットも使えない、この環境のせいではないか。もしかしたら、暴飲暴食も影響しているのかもしれないが、それとて、村上に半ば強要されたことである。大体、そのくさいまんこの臭いを犬のように嗅ぎまわり、カッテージチーズのようなオリモノをパクッと食べて、ねばねばと糸を引く膣分泌液をおいしそうに舐めているのは、どこの誰だというのか。

 理不尽の塊のような男に、されるがままになっていることが、悔しくて仕方なかった。

「信一のヤツは、こんな時間になっても、夜勤の連中と一緒に残業しているらしいね。笑っちゃうよ。だっておかしいじゃないか。女房に嫌われまくってるヤツが 、てめぇが仕込んだわけじゃない子供を養うために、遅くまで身を粉にして働いてるんだぜ。あいつが死ぬ思いをして伊達巻を作ってる間、女房は他の男の腹の下でヒイヒイ言っているんだぜ。女とヤレもしないのに、女の雑菌まみれのまんこをクンニすることもできないくせに、一日に十回も二十回も手洗いをして、アルコールで入念に殺菌消毒もして伊達巻なんかをせっせと作っている信一は本物のバカだ。伊達巻なんか食わなくても、女の子の菌を舐めていれば、こんなに元気でいられるのに」

 信一を侮蔑しながら、ぴちゃぴちゃと音を立てて凜の陰部に直に舌を這わせる村上の顔は、自分で言う通り、過酷な食事制限をしているにも関わらず血色が良く、ギトギトと脂ぎっていた。

 野球ファンの凜は、人間の精神が、しばしば肉体の不調を超越することがあるのを知っているが、凜と自分の体重を逆転させてから性交渉を行うという目標を達成するため、ストイックに己を律する村上も、一部のアスリートにしか到達しえない、高い精神世界にいるというのだろうか。

 そんなことより気にしなければならない大事なことを、さっき村上が口にしたような気がするのだが、目の前の異様な怪物に、身体だけでなく心まで支配されないため、歯を食いしばるので精一杯の凜には、工場の元同僚を心配している余裕はなかった。

「こんな僕にも、良心というものがある。リンリンにひとつ、チャンスをやろう」

 凜の陰部のにおいが、おしっことオリモノと膣分泌液の混じった醗酵臭から、歯磨き粉のシトラスな香りになるまで舐めて、すっかり気の済んだ村上は、凜に服を着せると、スマートフォンのカメラを起動した。

「これから撮影するリンリンの動画を、リンリンに思いを寄せる、端本に見せてやる。もしかすると、端本が動画から何かを感じて、リンリンを助けに来るかもしれない。僕には、僕のすべてを理解してくれる頼もしい同士がいて、リンリンを探す人は誰もいないんじゃ、フェアじゃないからね。リンリンにもチャンスをやるんだ」

 上から目線の村上は、端本への「ビデオメッセージ」を撮影するにあたって、二つの条件を提示してきた。

 自分が監禁されているということを、口に出してはいけない。村上が疑われるような、悲壮な顔を見せてはいけない。ようするに、できるだけ自然体を装えということである。

 傍目から見れば、兄妹のような二人が楽しく部屋で遊んでいるような動画を見せるだけで、何がフェアかと憤慨したが、これが監禁されて以来、初めて凜が、外部にSOSを出すチャンスであるのは間違いない。村上のことを猜疑の塊のような目で見ていた端本ならば、あるいは、本当に何かを感じてくれるかもしれないと期待を込めて、凜は真剣に撮影に臨んだ。

「うん、なかなかいい画が撮れた。怖がっているリンリンではなく、普通にしているリンリンの動画でも、ちんちんシコシコがはかどりそうだ」

 三回ほどNGを出して、満足のいく動画を撮った村上は、半勃ちくらいに収まったペニスをぶらつかせながら、部屋を出ていった。

 村上がいなくなってから、凜は食った。豚のように食った。

 村上ともう一度信頼関係を築くのも、毅然とした態度で抗議することにも失敗し、凜は自分が、村上に屈服しつつあることを自覚していた。凜と健全に交際する夢破れた村上が、次に理想とするもの――村上の性の玩具になりつつあるのが怖くて、悔しくて、凜は食って食って食いまくった。

 興奮した村上が、いくつか、気になることを口走っていたようにも思うのだが、村上の家に閉じ込められてから、最大といっていい屈辱に身もだえる凜に、外で起きていることに思考を巡らせる余裕はなかった。ただ、おにぎりを五個もいっぺんに食うことしかできなかった。

 先ほどから、恐ろしい何かが、下腹部でうごめいている。ウズウズとするものを静めるため、何度も、履き直した下着の中に手を伸ばしかけては引っ込めることを繰り返している。

 認めたくないのだが、村上に陰部を執拗にクンニリングスされて、凜は感じていた。自分に理不尽な屈辱を味合わせた男の愛撫を受けて、快感を覚えていたのである。

 ゴキブリかナメクジのような男に無理やり舐められて、かれこれ三年間、男に愛されていない二十七歳の身体が目覚めかけていた。あのとき、凜は一瞬、村上自身が侵入してくるのを期待していた。

 絶対に認めてはいけない欲求を断ち切るため、凜は背脂たっぷりのラーメンを啜り、スープも全部飲み干した。

 これも村上の思惑通りなのかもしれないが、話す人も誰もおらず、スマホも取り上げられた今の凜が、発狂したくなるほどの苦しみから逃れるには、食べて食べて食べまくり、体内の血糖値を上げて眠気を喚起し、夢の世界に没入することしか方法がないのだ。
 

                            ☆


 凜が村上に監禁されてから、二十五回目の夜が訪れた。
 
 村上と体重が逆転したら、村上に犯されてしまう――わかっていても、凜は憎みてやまぬ男が買ってきた、お惣菜のコロッケを貪り食うのを我慢できない。

 近頃、村上に飲まされているドグマチールが効きすぎて、食欲がますます異常に襲ってくる。消化力が上がりすぎて、二時間に一回、五百キロカロリー相当の食事をしなければ、腹がちぎれてしまいそうなほど飢えてしまう。 

 監禁された当初は、身長百六十センチで五十一キロと痩せていた凜は、もう六十キロを超えていた。太ももや二の腕にはウィンナーソーセージのようにみっしりと肉がつまり、パンツのゴムで締め付けられて段になったお腹はボンレスハムのようである。何もしていなくても動悸がして、汗もかきやすくなった。

 もはや、村上の思惑通りになるのは時間の問題だったが、希望はあった。

 端本――凜に思いを寄せていたあの男が、凜をここから助け出しに来てくれるのではないだろうか。

 凜がまだ大丸食品で働いていたころ、端本は、凛と村上が相思相愛の仲であると思い込み、村上を凜から引きはがそうと、しつこく付きまとっていた。あの偏執狂男が、村上の撮影した動画を見て、何かを感じたならば、村上の家を探し出して、凜がここに閉じ込められていることを突き止めてくれるかもしれない。

 徘徊老人が行方不明になるくらいしか事件が起きない、のほほんとした田舎。平和ボケした警察に期待するよりも、自分に好意を寄せる端本に救出される方が、現実味がある気がした。

 あれほど忌み嫌っていた端本に、いま、自分は助けを期待している――滑稽であり、ムシが良過ぎる話なのは、十分よくわかっているつもりである。

 もし、端本が凜を助け出してくれたとして――そのとき、端本が凜と交際を望んだとしたら?

 世の中には、総選挙で自分の順位を上げるためにファンに大量のCDを買わせた挙句、結果発表の場で結婚宣言などをして、本気で祝福してもらえると思っているようなアイドルもいるが、異性とは、子供やペット、あるいは一国のプリンセスのような、無償の愛を注げる対象ではない。異性への思いは、受け入れられて初めて愛になるものだ。理不尽にも踏みにじられたりしたら、激しい憎悪に変わってしまうこともある。 

 凜を助け出した後、当然のように、そこから恋愛関係に発展すると思い込んでいる端本の期待を裏切ってしまったとき、端本の反応は?端本からの交際の申し出を断ったとして、周囲はどう思うだろうか?

 いつかテレビで観たことがある、どこかの国の伝説。

 ある武将が、炎上する城からお姫様を助け出したらお嫁に貰えるという偉い人の言葉を信じ、顔面に大やけどを負ってお姫様を助け出したが、お姫様は無残な容姿となった男と結婚するのを嫌がり、美男と評判の別の武将に嫁いでいった。憤死した男は、お姫様を二度と子供ができない身体にする呪いをかけた。

 あのときは酷いお姫様だと思ったが、いざ、自分が同じ立場に置かれてみると、物事は何でも筋道通りにはいかないことがよくわかる。

 端本――工場の女性六人に告白し、七人目に凜を選んだ男。君は僕の中で七位だと言っているようなものなのに、とにかく好きだということをアピールすれば、凜の心が自分に傾くと信じ込んでいた男。

 自分のことしか考えられない男と付き合うのは、正直言って抵抗がある。女として取柄のない凜を敢えて好きになった村上と同じように、それほど高望みをする気はないが、それでもこの先、男性と交際する機会があるのなら、もう少し条件のいい男を選びたい。

 憧れの梶尾投手・・は無理でも、できるだけそれに近い男性。野球に詳しくて、凜と一緒に応援してくれて、凜のことを第一に思ってくれる男性と付き合いたい。

 だが、もし、端本に助けられておきながら別の男を選べば、端本は当然憤るだろうし、周囲から顰蹙を買ってしまう可能性もあるだろう。自分を助け出してくれた端本の交際を断るのは、女という生き物がどこまで男に甘えられるのか、ある意味、極限への挑戦といえるかもしれない。

 挑戦――こんな目に遭わされたことを納得できるはずがないが、悪夢の状況で心が折れないよう、必死で自分を支える中で、今の状況は、凜がこれから幸せになるための試練なのだ、と、無理やりポジティブに考えようとする気持ちも生まれていた。

 先の希望は何もなく、失うものも何もない中年男。村上のような男はけして特別ではなく、今の世の中には溢れかえっているのだろう。

 可哀想に思わないわけではないが、こっちだって、手を差し伸べられるような立場ではない。女としてはけして若くない年齢で、今現在、恵まれない立場にいる凜がこれから幸せをつかむには、村上のような男に同情などしていられないのだ。

 これから先、村上のような男たちの欲望を搔い潜って、凜は幸せを掴まなくてはならない。村上の家を脱出するのは、地獄の終わりではなく、新たな戦いの始まりなのだ。

 自分の幸せが、具体的な形として見えているわけではない。ただ、運というものが誰しも平等なら、こんなに酷い目に遭った自分には、これから揺り返しの効果で、物凄いチャンスが訪れるに違いない。今は禊を落としているのだ。

 そのように考えることによって、凜は悪夢の真っただ中にいる自分を支えていた。

 その夜、二十一時過ぎになって凜の部屋に入ってきた村上は、今日は「凜を食べる」ことなく、口数も少ないまま、部屋に運び込んできた自分の布団に包まってしまった。

「リンリンと、僕の体重が近づいてきた・・・。戦いを間近に控えて、ちょっとナーバスになっていてね。一人だと、眠れないんだ」

 やつれた顔で言う村上は、減量のピークにあるボクサーを気取っているかのようだが、村上の言う戦いとやらは、双方の合意の元に決まったのではなく、社会のルールを無視して、自分から勝手に仕掛けただけのものなのだから世話はない。

「リンリン・・僕の女神。ずっと傍にいて、僕を見つめておくれ」

 華奢なイケメンが言えば絵になる言葉でも、萎びたブサイクがいえば、気色悪いだけである。

 村上は疲れていたのか、布団に包まると、すぐに鼾をかき始めた。一方、昼も夜もない生活を送っている凜は、村上が寝静まってからもなかなか寝付けず、ポテトチップス二袋を空け、饅頭四個を食べながら、テレビを観て過ごしていた。

「ぐ・・・ぐぅぅぅ~っ」

 新聞配達のバイクの音が聞こえ始め、凜もそろそろ布団に入ろうかと思っていたころ、眠っていた村上が突然起きて、腹を抱えて苦しみ始めた。

 食欲増進剤が効いている凜が六時間以上食を断ったときと同じ、腹に穴が開いてしまいそうな空腹感に襲われているのだろう。そんなに腹が空いているなら、食べればいいだけなのに、村上は、枕元に山と積まれた食料に手を付けようとしない。

「僕が・・・苦しんでいるのは、お腹が空いているからじゃないんだ・・。僕が・・・苦しいのは・・・・ちんちんをシコシコするのを・・・我慢しているからなんだ・・・。食べられないことなんて・・・大した悩みじゃないんだ・・・」

 強がりにも程があるが、確かに、村上がブリーフを脱いで仰向けになった途端、朝勃ちした肉柱が天を向き、こちらの方の禁欲も限界に達しつつあるのは伺えた。

「ぬ・・・抜いちゃえば・・?」

 凜の冷静な提案に、村上は首を横に振った。

「い・・・いやだ・・・僕は、もうすぐ訪れるリンリンとの赤ちゃんづくりの瞬間まで、ちんちんシコシコは我慢するんだ・・。もちろん、仕事も休まずに行き続ける。肉体労働はダイエットになるし、仕事をすることは、空腹と性欲を紛らわせる、一番の方法だ・・・」

 村上が自分の肉体を極限まで追い込む様子からは、マゾヒズムというだけでは収まらない強固な意志、いや意地を感じる。いったい、何が彼をここまで駆り立てるのだろうか。

「小学校のころから女の子に相手にされなかった僕は、すっかりひねくれて、性癖が歪んでしまった。だからといって、僕は、イケメンに嫉妬などしていない。むしろ憐れんですらいる。妄想に明け暮れる暇もなく女が寄ってくるせいで、ただちんちんを出し入れするだけの、普通でつまらんセックスしか覚えられなかったイケメンは可哀そうだ。僕みたいにモテない方が、妄想が捗り、アブノーマルなエッチを色々思いついて、豊かなセックスライフを送れるんだ。僕はイケメンに、負けてはいない・・イケメンに負けてない証明をしなくちゃ、死んでも死にきれない・・」
 
 意味はわからないが、これまで散々、女性方面で苦い思いを味わってきた村上の鬱憤は、もはや普通に女性を強姦するだけでは晴れはしないことは伝わってきた。

 村上は氷水を入れたビニール袋にペニスを浸し、輪ゴムで結わえ付けることで、朝勃ちした熱棒を静めると、再び、すやすやと寝息を立て始めた。

 食欲に抗えず、日に日に肉付きがよくなっていく凜とは反対に、村上は脅威の精神力で減量を成し遂げつつある。あのグロテスクな肉の棒が、凜の体内に侵入する日は迫っている。だが、けして、希望の灯は絶やさない。

 毒を以て毒を制す――グロテスクな村上に完全征服される前に、偏執狂男の端本がきっと、凜をここから助け出しに来てくれる。

 端本は救世主、端本は英雄、端本は神様。

 神様は私利私欲で人助けをしないから神様なのだ。

 救出したお姫様を、王子様に届けるまでが、神様の仕事である。
 
 一瞬、頭に浮かんだ考えを振り払った。凜は炭水化物+炭水化物の焼きそばパンを、唸り声をあげる胃袋にかき入れた。


                             ☆



 木の葉は散り落ち、古びた家屋には、冷たい隙間風が吹き込むようになった。

 凜が悪魔の巣に連れてこられたのは、今から一か月ほど前のことだが、もっとずっと、気の遠くなるほどの月日が過ぎ去ったように感じる。

 成人女性の必須カロリーの倍を上回る食事を、毎日のように摂り続けてきた凜の肥満は目に見えて明らかで、座るとおなかが鏡餅のように段になり、尻や腿もパンパンに膨らんで、下着やスウェットは今にもはち切れそうである。

 こんな身体に欲情する男がいるとは信じられないのだが、今、凜の目の前に体重計を置く村上のズボンは、こぶし大のテントを張って、激しく自己主張をしている。

「六十一・四キロ・・・。長かった。ここまで、本当に長かった・・・」

 厳しい食制限を課しながら、工場のキツイ肉体労働を続けてきた村上の体重は、とうとう、一昨日に計測したときの凜の体重よりも減っていた。ストイックに身体を作り上げた村上の足はふらつき、体重計の上に立っているのもやっとという有様である。

 村上は凜を監禁するという犯罪行為をしながら、休まず仕事に行き、一か月で十キロ近くも体重を落としてみせた。一方の凜の身体は、欲望に負け続けた果てに、風船のように丸っこく膨らんでしまって、表皮から砂糖水が染み出すように、甘ったるい臭いの脂汗を流している。見た目だけを比べれば、どっちが被害者で加害者なのかわからない。

「さあ。リンリン、体重計に乗ってごらん」

「やぁだ・・・やぁや・・・」

 冗談じゃなかった。まっぴらごめんだった。村上に腕を引っ張られたのに抵抗しただけで、たぷるん、と、全身の肉が揺れてしまう今の凜が体重計に乗れば、悍ましい数字が表示されるのは目に見えているのだ。村上にヤラれる、ヤラれないではなく、女として、目にするのも悍ましい数字が・・。

「さぁ・・ほら早く」

 村上が、熱く、いきり立ったものを押し当てながら、無理やり立たせた凜を体重計に乗せた。踵だけで立ってみたり、上半身にくっと力を込めたり、無駄な抵抗をしてみるが、デジタル表示は無情にも、この一か月の凜の生活態度を数値に表す。野球のOPSと同じ――数字は、一切の嘘をつかない。

「六十二・一キロ・・・やった。とうとうやったんだね、リンリン」

 目の前が真っ暗になる。食べて食べて食べ続け、とうとう凜は、立派なマシュマロ系女子になってしまったのだ。

「あれだけパクパク食べれば、それは太るよね。リンリン、口では僕を嫌がっていたけど、本当は僕のちんちんが欲しかったんだね」

 こんなことになったのは自分のせい?そんなバカな。でも――。

 凜が監禁される以前の五倍を超えるお菓子を摂取し、醜く太ってしまったのは、村上のせいであることは疑いない。村上に監禁などされなければ、今までの生活リズムが崩れることもなかった。食欲増進剤など飲まされていなければ、午前だけでどんぶり三杯飯を軽々平らげるような、暴飲暴食に走ることはなかった。

 しかし――身体の自由を拘束されながらも、目の前の食糧を摂取しないという選択肢もあったのは事実だったのだ。もし、村上よりも太らなかったとして、村上が凛に手を出さないという約束を守ったかはわからないが、少なくとも、こんなことになったのを少しでも自分のせいだと思わされて、激しく惨めな気持ちになることはなかったはずだった。

 体重計のデジタル表示に叩き出された数字を眺める村上のテントが、ぐいぐいと張っていくのを眺めながら、凜どこか既視感を覚えていた。

 三年前に正社員の仕事を辞めて、ハケンの立場に堕ちたときの気持ちと同じ――圧倒的な力で、有無を言わさず底辺に叩き落されながら、どこかでそれを、自分のせいだと感じさせられている。最初は、納得したら負けだ、早く元の生活に戻らなきゃと思っていても、貧乏でもプレッシャーから解放された、のんびりした毎日を送っているうちに、牙を抜かれていく。

 お気楽な毎日はいつまでも続かず、ある日突然終わりを告げる。そのとき初めて目が覚めて、努力しなかったことを後悔する。いつかはこんなことになると、わかっていたはずなのに・・・。

「やわらかい・・。リンリンの身体、ふわふわたもたもして、クリームシューみたいにやわらかいよ。おまんこも、いい臭いになったね。このおダシが摂れるようになるためには、一か月間、我慢をしなければならなかった・・」

 村上は凜の着ているTシャツとパンツを脱がし、下着もはぎ取ると、締め付けるゴムの跡がくっきりと浮かぶ下腹を摘まみ、ギューッと引っ張ったり、ムニュムニュと揉んだりして弄んだ。こんなに醜く太った身体を、村上は愛おしそうに撫でまわし、一か月間も、濡れタオルで拭くことしかしていなかった脇、女性器、肛門を、嬉しそうに嗅ぎ、舐めまわっている。
 
「赤ちゃんづくりをする前に、先日、工場で撮れた、面白い動画を、リンリンにも観せてあげよう」

 村上が、愛撫を中断して差し出したスマホ。画面に映し出された異様な光景に、凛は瞠目した。

 産休明けの志保が、工場でおっぱいを出して、ベルトコンベアの上を流れる伊達巻に、ミルクをかけている。羽交い絞めにして止めている信一と、興奮している様子の及川、ショックの余り、へたり込んでいる塚田のてっちゃん。

 凜が、ついひと月前まで働いていた大丸食品の作業場に描かれた地獄絵図。なぜ、どうして、こんなことになったのか――まだ、工場の重い機械で誰かが足を潰したとか、誰かがフォークに撥ねられて全身を複雑骨折したという話ならわかるが、志保のやっていることは、凜の想像の域を遥かに越えていた。

「どうしたの、これ・・。村上さんが撮ったの?」

「僕じゃない。僕のすべてを理解してくれる、僕の同士さ。リンリンを太らせるまで、リンリンとのエッチを我慢することも、端本にリンリンの動画を見せてやるのも、もとは彼の発案だった。彼のお陰で、僕はここまで来れたようなものだ」 

 村上が、どうやら大丸食品の工場で働いているらしい「同士」への感謝の言葉を述べた。

 大丸食品の工場では、原則として、作業場にスマホは持ち込み禁止になっているが、わざわざ上から言わなくても、作業場は水気が多く、電子機器など持ち込めばすぐに汚れて故障してしまうため、ロッカーのカギと小銭以外のものを持ち込む人は誰もいない。

 ただし――リスクがあるのを知っての上で、なおスマホを持ち込む理由があるならば、話は別である。たとえば、村上が見せてきた動画の撮影者が、志保が作業場で破廉恥な行為に及ぶことを、あらかじめ知っていたとすれば――。

 撮影者――村上の「同士」というのが一体誰なのか、撮影者と志保はどういう関係にあるのか、気にならないではなかったが、今は凜自身が、村上の剛直で刺し貫かれそうになっているという危機的状況にあり、他人の心配をしている場合ではない。 

 村上はスマホをしまうと、凜に与える食料の入ったビニール袋の中から、哺乳瓶を取り出した。中には、おそらくは志保のものと思われる真っ白いミルクが、いっぱいに詰まっている。

「リンリン、太ったことで、おっぱいもこんなに大きくなっちゃって」

 村上が哺乳瓶を、監禁される前の八十三センチから一回りサイズアップした凜のバストにあてがった。

「母乳は脂質、タンパク質をはじめとする栄養の塊だ。災害などで遭難したとき、母乳を飲んで助かったという事例は、国内外で多数報告されている。赤ちゃんだけでなく、大人が飲んでもいいものなんだよ。ババアの志保から搾り取った乳などに興味はないが・・・こうすると、ほら。可愛いリンリンのおっぱいを飲んでいるみたいだろう」

「ひやっ・・・ひぃやぁっ」

 凛の乳首を口に含んだ村上が、哺乳瓶を握りしめると、生ぬるい志保の母乳が、凛の乳房を伝って、村上の口内に流れ込んでいく。村上は、舌先でテュパテュパ、チュパーッ、と音を立てて凛の乳首を転がしつつ、志保の母乳を口内で揺蕩わせた。

 初め、生ぬるかった志保のミルクが、村上の口内で温められて、乳首だけお風呂につかっているようだった。乳首から伝わるチリチリとした刺激と、ミルクの暖かさで、凛は不覚にも快感を覚え、下半身の力を失ってへたり込んだ。

「あれぇ?リンリン、感じてるんだぁ?僕に敏感なところ舐められて、感じてるんだぁ?」

 村上の言う通りだったのが悔しかった。自分をこんな目に遭わせた村上が許せない。こんな目に遭わせた村上の愛撫を受けて、気持ち良くなっている自分の身体が許せない。

 自分をぶち壊して、死んでしまいたいほどの状況だが、まだ、希望はあった。

「端本くんが、きっと助けに来てくれる!」

 端本――凜の救世主、凜の英雄、凛の神様。この数日、幾年も思った恋人のように、その顔を思い描き続けていた男。絶望的な状況下で、たった一つ差していた光。身体が肥大を続け、村上と結合が避けられなくなっても、凜は最後まで、奇跡を信じ続けていた。

 端本――凜に想いを寄せる端本が、きっとこの悪魔の巣から、凜を助け出しに来てくれる。

「端本・・?ああ、そういえば、ヤツからのメッセージを預かっていたんだ。リンリンにも見せてあげようかと思ってたんだけど、忘れていたよ。もともと、同士に言われて仕方なくやったことだったし、あいつのリアクションは、僕の予想通りだったからね」

 村上が面倒くさそうに差し出したスマホの画面に表示されたメールの内容を見て、凛は色を失った。

――村上さん、今までしつこくしたりして、申し訳ありませんでした。村上さんから送られてきた動画を見て、僕は、恋に恋をしていたことに気が付きました。僕は、凜さんが好きなのではなく、凜さんに恋をしている自分が好きだったんです。これからは、僕は希美さんを好きになります。

「いつ、これを・・?」

「さぁ。志保の母乳事件の起こる、二日か三日前くらいだったかな。たもたもになってしまったリンリンを見て、かなり幻滅した様子だったよ。ま、大口叩いてるわりに、あいつのリンリンへの愛は大したことがなかったわけだ。僕はどんなリンリンでも受け入れるのに」

 凛は天を仰いだ。希望などは、もうずっと前から、とっくに潰えていたのだ。

 端本――人の気持ちがまったくわからない男に期待などかけていたのが、そもそもの間違いだった?

 端本に救われながら、端本との交際を断る権利があると信じていた自分に、端本を責める資格があるのだろうか?

 端本を、平時はゴキブリやナメクジのように忌み嫌っておきながら、自分が窮地に陥るや、救世主として期待した罰?

 囚われのお姫様を、王子様の元に届けるのが、神様の役割――端本を自分の都合のためだけに利用することを考えた罰?

 村上はお兄ちゃんみたいな人で、身体の関係がなくても、自分を大事にしてくれる――男性を、自分の都合の良いように見ていた罰?

 積極的に抱かれたい男性、抱かれてもいい男性、絶対に抱かれたくない男――かのアイドルのように、自分はすべての男から平等に可愛がられて当然だと、心のどこかで思っていた罰?


 こんなことになって理不尽だという思いと、こんなことになったのはすべて自分のせいではないかという思いが、交互に襲ってくる。三年前、正社員から派遣に堕ちたときと同じ――。

「リンリン・・・僕もう、だめだ。我慢できない・・」

 口角から涎を垂らしながら、村上はズボンを下ろし、股間に黄色いシミのついたブリーフを脱いだ。勢いよく反り返ったものが、村上の六角形の凸凹が浮かぶ腹に、バチンと当たった。

「入れるからね。リンリンと赤ちゃん、作るからね」

 もじゃもじゃした繁茂から突き出た赤黒い肉塊が、下腹部にずぶりと突き刺さった。ゴキブリとナメクジが一斉に身体の中に侵入してきたはずなのに、なぜか、ちょっとだけ気持ちいい。つぴっ、つぴっ、と、刺激が股間から脊髄を伝って、頭を突き抜けていく感じ。目をつぶれば、一時期は本当に好きだった彼氏が入っているのと、あんまり変わらないかも・・・。

 レイプされるすべての女性の気持ちがわかった。いや、三年前のあのときから、ずっとこんな気持ちだったのかも――。

 理不尽な状況に落とされた最初のうちは必死に抗おうとしても、それが長く続いて、致命的な局面にまで至ると、もはやどうでもいいと思うようになる。抵抗を続けるより、現状を受け入れた方が楽だと気づく。そして、この暮らしも案外悪くないと、今の状況を、できるだけポジティブに捉えようとする。

 村上が腰を打ち付けるたびにラップ音が響く。腰回りの肉がタプンタプンと揺れているのがわかる。自分の波打つ腹を俯瞰して欣喜雀躍する村上の姿が、なにか他人事のように思えた。


 これから、いったい自分はどうなるのだろう。

 ずっと村上に監禁されたままで、毎日やられてしまうとしたら、いつかは本当に、赤ちゃんができてしまうかもしれない。苦しい思いして村上の赤ちゃんを産むなんて、まっぴらごめん。でも、さして美人でもなく、もう若くもない自分の――頭のおかしい端本にさえ見放された自分の、女としての商品価値が所詮それだけでしかないのなら、受け入れるしかないのかもしれない。子育てだけをして、外で働かなくて済むのなら、それもいいのかもしれない。

 もう、どうでもいい。どうせまともにやってもうまくいかないこんな人生、どうなったっていい・・・。

「リンリン、いくいくいくよっ」

 一か月もの間、凜の卵と会うの楽しみにしていた熱いオタマジャクシが、凜の子宮めがけて解き放たれた。

第三章 20××年 三月~十一月 信奉者

 いつも目を覚ますと同時に襲ってくる、ウッとした倦怠感。アラームに叩き起こされた及川雅也は、もそもそと芋虫のように、万年床から這い出した。

 今日は水曜日。勤めている食品加工工場、大丸食品の定休日だが、朝から先輩のライン作業者から呼び出しを受けており、急いで支度を済ませなければならない。ひりつく喉を水道水で潤し、昨晩のうちに買ってあったチキンかつ弁当を掻き込み、三日間履きっぱなしのパンツを履き替え、穴の開いたシャツの上から、糸のほつれたカーディガンを羽織ると、及川はアパートを出て、愛車のスバル・プレオに乗り込んだ。

 エイティーズを聞きながらステアリングを握り、半開きにしたウィンドウから流れ込む冷たい空気を浴びつつ、閑静な田舎の国道を走っていると、二十八年前、高校の掲示板に張り出されていた広告に応募して参加した、免許合宿を思い出す。

 目に映るすべてが、希望に満ち溢れていた。世間はバブル崩壊だと騒いでいても、自分にはまるで関係のない出来事のように思えた。何もかもが、光り輝いて見えていた。

 バイパス沿いに、忌々しいエテ公の看板が見えてくると、大切にしたい思い出から、見向きもしたくない現実に引き戻される。このまま通り過ぎたいのはやまやまだが、約束をすっぽかしたりしたら、明日の勤務日、ゴリラのようなあの男から、どんな仕打ちを受けるかわかったものではない。

 及川は、待ち人のセレナの隣に車を止め、パチンコ屋の中に入っていった。

 せせこましい都会では、建物は上に盛るという発想になるが、田舎の建物は土地を贅沢に使う。ボウリング場のようなだだっ広いホールを奥へ奥へと進んでいくと、スロットのコーナーに、咥えたばこでレバーを弾いている同僚の派遣社員、牛尾の姿を見つけることができた。

「おはようございます、牛尾師匠」

「おぅ及川ぁ。おせえじゃねえか。いい台取られちまったらどうすんだよ」

「すみません」

「お前もしかして、朝からオナニーしてたんじゃねえのか?朝から玉いじりに夢中になって、玉打ちに遅れたってか?いい年して嫁さんもいないオッサンが、寂しいことやってんじゃねえよ」

 こんな下品なギャンブルで輝いた気になり、寒気のするギャグを吐いて高笑いを決め込んでいるようでは、お前も同じ末路だ・・。及川は内心でせせら笑いながら、一回り年下の同僚の傍を離れ、トイレに立ち寄った。

 前から気になっていたのだが、パチンコ屋のトイレは、どうしてこんなにキレイなのだろう。国庫に金の入らぬ違法賭博屋が、たった一つ社会貢献できるところだから、掃除は真剣にやれという方針でもあるのだろうか。

 そういえば、ここ最近、トイレでは嫌な思いばかりしている。

 二年前に勤めていた家具製造工場で、及川はいつも、便器から三十センチ近くも離れたところから放尿するため、小便が便器から外れて、床はびちゃびちゃになってしまっていた。及川一人のために、トイレの床には、立ち位置を示す赤いビニールテープが貼られることになってしまったのだが、及川はそれでもまだ気づかず、トイレの床を汚し続けるため、とうとう派遣会社のスタッフを通じて直接注意されることになり、えらく恥ずかしい思いをした。

 また、家具製造工場のトイレにはエアーダスターがついておらず、及川はいつも、洗面所で洗った後の手を大きく振って水気を払っていたため、洗面所の周りを水滴だらけにしてしまっていた。その水滴を、備え付けの雑巾でふき取りもしないため、社員からのクレームが入り、またもや、派遣会社の担当者を通じて注意を受けることになってしまった。

 手を洗った後の濡れた手を、振ってはいけない――。言われたことを、よく頭に刻んだ及川は、それから、濡れた手を、備え付けの雑巾で拭くようになったのだが、どこの誰か知らないが、それも目ざとく見つけてチクリを入れる者がおり、担当者から三度目の注意を受ける羽目になった。

――及川さん。それは手を拭くためのタオルじゃなくて、洗面所をキレイにするためのタオルでしょ。そのタオルで拭くくらいだったら、自分の服で拭いた方がよくない?なんで自分を汚さずに、会社の方を汚していくの?そもそもさ、自分のハンカチをもってこようよ。小学生じゃないんだから、一から十まで言わせないでよ。
 
 もう、何もかも面倒くさくなった及川は、新しく入った大丸食品の工場では、とうとう、用を足した後の手を洗わずに出るようになったのだが、今度はそれが原因で、「赤ちゃん」などといったあだ名をつけられ、陰でコソコソ言われるようになる始末である。
 
 自分が、周りから侮蔑されていることくらいわかっている。生まれてこの方、誰かから必要とされたことなんてなかった。周りが当たり前にこなしている仕事を自分はできず、周りが当たり前に築いている人間関係を、自分は築けなかった。

 自分のような能無しでも、新人のうちは、ある程度多めに見てもらえる。派遣特有の、百パーセント減点方式のおかげで、数か月単位で職場を転々としていれば、必要以上に傷つかずに生きていられた。

 ひとつの職場に長くいることがないため、友達もできず、社会人としての教育をまともに受ける機会もない。四十六にしてトイレひとつ満足に使えない無能男が、そうして出来上がった。

 この先もずっとそうやって、何もできないまま、何一つ身につかないまま、無駄に馬齢を重ねていくものだと思っていた。

 それが、今の大丸食品の工場で、伊達巻のラインの作業者になってから、風向きが変わってきた。集団の中で、一定の存在価値を認められるということを、四十六にして初めて知った。

 能力を買われているのとは違う。見下されているという意味では、邪険にされていたころと変わらない。けして、本意な形ではない。ただ、自分はここにいていいんだと思える安心感は悪くない。

「よいしょっ・・と」

 用を足してブツを仕舞うと、管に残った尿がピュッと飛び出して、ブリーフを濡らした。

 若いころに比べて、小便のキレが悪くなっている。身体のあちこちにガタが来ている。休みの日はどこにも行かず、一日ゆっくりしていないと、仕事で持たない。こんな玉遊びなどは早く切り上げたいのだが、ほんの少しでも回した実績を残さないと、牛尾に何を言われるかわからない。

 トイレから出た及川は、職場での動きに輪をかけてスローな足取りで、一円パチンコのコーナーへと向かい、適当な台の前に腰を下ろした。

 二年前、格安の量販店で買った財布から千円札を抜き取って、野口英世の顔を、名残を惜しむように見つめる。千円あれば、カップ麺が八個も買えた。牛丼を二杯、みそ汁とサラダのセットつきで食べられた。エロサイトで旧作の動画を、三本も落とせた・・・。

 逃れられない運命。これもすべて、職場に留まるため、生きるために必要な出費なのだ。自分に言い聞かせ、未練を断ち切って千円札を挿入し、ハンドルを回して玉を打ち出した。

「ああ・・・」

 虎の子の千円は、ものの十五分で溶けていった。

 一円パチンコでも、終日回せば、万単位の負けになるのはザラである。取り返せる額が少ない分、等価よりも、ズルズルと泥沼に引きずり込まれていく感が強い。

「はぁ・・・・」

 妙なことになったが、たぶん、今の自分は充実している。少なくとも、派遣で働き始めたこの十数年の中では、一番マシだと思える程度には・・・。

                           ☆

 及川が、地元山口のハローワークで見つけた求人に応募し、はるばる中部地方の食品加工工場、大丸食品で働き始めたのは、今年の春先のことだった。

 入社してすぐに世話になった三十過ぎのラインリーダー、貞廣は仏のような男で、物覚えが悪く、作業も遅い及川に声を荒げたりすることもなく、よく面倒を見てくれた。

 上司に恵まれたと安心していたのは、しかし束の間。及川の入社から二か月ほどして、班長に昇格した貞廣の代わりに、貞廣の後輩の岡本涼子がラインリーダーに就任すると、状況が一変した。

「及川さん!ホースの水は飲んでもいいけど、飲むときは自分の口を下にしなきゃだめって、貞廣さんから言われませんでしたか!唾が入ったら、どうするんですか!」

 まだ、大学か専門を出たばかりくらいだろうか。自分とは親子ほども年の開きのあるこの娘に、及川は目の敵にされ、毎日耳元でキャンキャン怒鳴られていた。

 失敗をして叱られるのは仕方がない。しかし、涼子の及川へのあたり方は、明らかに、教育的指導の範疇を超えていた。

「伊崎さんみてて、あの人絶対あそこでミスするから。ミスするミスする・・・・。ほらミスした!も~ういい加減にしてくれないかな~」 

 ミスをしてから怒るのではなく、最初からミスをすると決めつけて、作業を監視してくる。本当にミスをしたとき、自分に直接注意をするならまだしも、同僚の正社員に向かって愚痴を吐く。もちろん、自分に聞こえているのを承知の上で、である。そんな状況で作業を強いられたのでは、誰だって集中力を乱し、手元が狂ってもおかしくはないではないか。

 涼子は仕事以前に、自分のことを人として嫌っており、一日でもはやくラインから追い出したがっている。そんなことくらいは、自分にだってわかっていた。

 自分が、女に好かれるようなご面相ではないことくらいわかっている。特に、どの勤め先にいっても、サイズの合う帽子を探すのに苦労する大きな頭蓋は、常に周囲の嘲笑の的となり、自分のどん臭さを際立たせてきた。

 若いころはまだ見れただろうが、いまは腹も突き出ているし、髪も薄くなった。涼子のような若い娘には、こんな醜い中年男の存在は、それこそ、ゴキブリやナメクジのようなものに見えているのだろう。

 それも仕方がない。四十六にもなると、色々と諦めの境地に入る。

 出世も結婚もできなかったが、どうにか今生きている。雨風凌げる家に住めて、三度のご飯が食べられているだけで十分じゃないか。

 今さら、何をどうしようと足掻く気もない。一切の努力を放棄するかわりに、言われるがままを受け入れる覚悟を決めた。

「別に、付き合うわけじゃないから、太ってるとかはいいんですけど・・・。毎日お風呂に入るとか、人として当たり前のことくらい、してきてほしいですよね。この前なんか、太い鼻毛が三本も飛び出してたんですよ。もうほんと、気持ち悪くて・・・」

 何を言われても気にしない。

 感性に紙やすりをかけるようにして、ナメクジのように、鈍く、鈍く生きていけば、人生は楽になる。
 
 自分のことだけを考える。どうせ人の気持ちなど、完璧にわかりはしないのだ。誰とも関わらない方が、楽でいい。

 一人でいい。このままずっと、これでいい・・。

                             ☆
 
「及川さん、お掃除”だけは”丁寧ですね~。いつもキレイにしてくれて、ありがとうございます!」

 ある日の清掃作業中、岡本涼子が、珍しく及川を褒めてくれたことがあった。

「いえ・・そんな・・あたりまえの仕事を、しているだけです」

 及川が照れ笑いを浮かべながら返事をすると、涼子はそれ以上は何も言わず、顔を引きつらせながら、リーダー机の方に帰っていった。

「ねえ、見てあの笑顔。あの人、子供みたいに喜んでる。岡本さんは嫌味でいってるのに、わからないのかね」

「二、三分で済ませればいい配管の清掃を、十分以上もかけて念入りにやって・・・。工場の機械をあんな丁寧に洗うなら、自分がお風呂に入ってこいって話だよね。あれじゃ、工場の機械は汚いけど、自分の身体はキレイだって言ってるようなもんじゃん」

 ようやく涼子に認められたのかと、無邪気に喜んでいた及川の後ろで、同じはんぺんラインの作業者、真崎志保と塚田哲太が、ひそひそと陰口を叩いているのが耳に入った。

 及川はリーダーの涼子だけでなく、はんぺんラインの作業者全員から嫌われていた。アラフォー女の真崎志保はまだマシだが、二十代半ばの塚田は陰険なヤツで、待機室で休憩するとき、及川が近くに腰を下ろすと、避けるようにスーッと立って、どこかへ行ってしまうということを平気でやる。

 こっちが気づいてないと思っているのか、気づいているのを承知の上で、わざとやっているのかはわからないが、いずれにしても、塚田には、年上の自分に対する敬意は欠片もなく、自分の心を傷つけることなど屁でもないのだろう。

 それも仕方がない。まったく、気にもならない。

 昭和前半生まれが好きな、辛い仕打ちを受けることで、心が鍛えられて強くなるというのは迷信だが、人生に一切の潤いが与えられないことで、心が枯れて、痛みも痒みも感じなくなるということはあると思う。

 これまで、学校や職場をやめても交流が続くような友人は、一人もできなかった。

 商売以外の女とは、付き合うのはおろか、手を繋いだことさえなかった。

 犬、猫にも、愛情を持つことはできなかった。

 四十六年もそんな生き方をしてきた生物.は、もう人間とは呼べないだろう。それこそ、ゴキブリやナメクジのようなもの。そういう生き方を自分で選んだのだと思えば、誰に何を言われようが気にもならない。

「あんな能力で、今までどうやって生きてきたんだろうね。ここに来る前は、ホームレスやってたりして」

 気にしない。何を言われても気にならない。

「及川さん!待機室で、コーヒーをすする音がうるさいって、私のところにクレームが来てます!ここは自分のうちじゃないんだから、もっと周りに配慮してください!」

「あぁ~」

 間の抜けた返事をするのは、相手の言うことを納得できたからではなく、ただ相手にそれ以上、何も言わせないため。

 右から左に聞き流す。たとえ相手の言うことが正しかったとしても、関係ない。

「及川さんは、もうこのラインの人じゃありません!伊達巻のラインの朝礼に参加してください!」

 娘のような年齢の上司に、散々嫌われて、罵られて、最後には追い出されるようにしてラインを移されても、まったく気にしない。傷ついたりはしない――。


                         ☆


「本当にそうか?及川さん、本当にそれでいいと思ってるのか?」

 自分は、一生負け組でいいですから――。じめじめとした梅雨のある日の勤務中、機械の動作不良で手が空いたとき、話の流れで及川が何となく口走った言葉に疑問を投げかけたのが、はんぺんのラインを移された先の、伊達巻ラインのリーダー、真崎信一であった。

「はぁ・・・。この年で、派遣の仕事なんかしてたら、誰だってそう思うんじゃないですかね」

 及川が投げやりに返すと、真崎は腕を組みながら、よく、死んだ魚のようだと陰口を叩かれる自分の目を、えらく熱のこもった眼差しで見つめてきた。

 派遣ながら、ラインリーダーを任されている真崎は、面倒見はよく、けして悪い人間ではないのだが、及川はこの男がどうも苦手だった。

「年齢や収入で、勝ち負けが決まるのか?そんなことより大事なことがあると、俺は思うぞ。自分が誰にも恥じない生き方をしているか。自分にとって、本当に大切な人が傍にいるか。それが一番、大事なんじゃないのか?」

 こういった具合に、やることなすこと、口から出る言葉、すべてが一々芝居がかっている。まるで己の生活すべてを劇場のように演出しているような感じが、ナルシストのようで気色悪いのだ。
 
「罪を犯すのが恥という意味なら、恥ずかしい人生は送っていないと思いますが、俺の存在自体が恥ずかしいようなもんですからね・・・。大切な人は、俺には一人もいませんしね」

「俺はどうなんだ?及川さんにとって、俺は大事じゃないのか?」

「え?いや・・・まぁ・・・・」

 まともな人なら赤面してしまうような言葉だが、真崎は至って真剣である。俺は大事じゃないのか?それを、一年二年と一緒に働いて、確かな信頼関係がある同僚に言うならわかるが、及川が真崎と一緒に働くようになってからは、まだ一週間しか経っていないのだ。

 それはまあ、世界の人を大事、大事じゃないの二種類にザックリ分ければ、大事な方に入れてもいいとは思うが、真崎が問いたいのは、おそらくそういうことではないのだろう。今、この時点で、真崎を長年に渡り指導を受けた恩師のように思っていなければ、ここで「はい」と返事をしてはいけないのだ。

「い、いやぁ、真崎さんとはまだ知り合ったばかりですし・・・大事というのは、ちょっと違うのかと・・・」

「そうか。わかった。俺は及川さんにとって、どうでもいい人なんだな」

 失礼な返答をしたとは思わなかった。だが、真崎は突然、嘘のように冷めた表情になり、翌日から、及川への当たりがキツくなっていった。

「あっあの・・・真崎さん。あそこの、私がやるあそこの仕事で使うあれは、あれをこう、こう動かしたほうがいいんでしょうか」

「・・・なに?何を言ってるのか、さっぱりわからないよ!人にものを伝えたいなら、もっとハッキリ喋れよ!」

「あっあの・・・あの、私、何かしてしまいしの・・あの・・・」

「だから、何言ってるかわかんないんだよ!仕事する前に、国語の勉強してこいよ。学校で何やってきたんだよ」

 真崎が変貌した理由はわかっていたが、真崎に嫌われなければいけない理由はわからなかった。

 たった一週間、一緒に働いただけの人間を、大事な恩師のように思えというのも理不尽だが、そもそも、それを聞いてきたのは真崎本人なのである。真崎は自爆の恥ずかしさを誤魔化すために、及川に八つ当たりをしているだけなのだ。

「なんだ及川ぁ。お前またなんかやらかしたのかぁ!お前いい加減にしろよなぁ!」

 及川が叱責を受けているのに気づいた同じ伊達巻のライン作業者、牛尾が飛んできて、追い打ちをかけるように、品のないガラガラ声で怒鳴り散らした。

 伊達巻のラインで前工程を担当している牛尾は、三十三歳の派遣社員。派遣で働く前は、鳶職や重量屋をやっていたとかで、上背は高くないが、いかにも肉体労働者といった、筋骨隆々の身体をしている。

 牛尾は体格がいいだけではなく、垂らした手が膝に付きそうなくらい腕が長いのが特徴で、それが掃除のとき、深い攪拌機の底に付いた汚れをこそぎ落とすときに重宝している。その見た目と、脳みそまで筋肉で出来ているような単細胞であることから、はんぺんのラインにいる塚田や、笹かまぼこの寺井などからは、陰で「ラリゴ」と呼ばれていた。

「及川ぁ!またバケツの汚れとれてねえじゃねえか!」

「は、はい。すみません」

「及川お前さぁ・・・・洗い物ってしたことある?」

「いや・・そりゃありますが・・家の洗い物と、工場の洗い物は、全然ちが、ちが」

「言い訳してんじゃねえ!とにかくお前は、常識がなってないんだよ!」

「はあ・・・すみません」

 工場で使う金属のバケツには、無数の小さな傷、へこみがあり、中に詰まってしまったカスを取り去るには、表面をブラシで撫でるだけではなく、腕の筋が浮くほど力を込めてこすらなくてはならない。言うまでもなく、一般家庭で使う食器を、そんなに力を入れて洗っていたら、あっという間に破損してしまう。

 ゴリラにとって、生まれ育ったジャングルが世界のすべてであるように、牛尾という男は、ド田舎の、ケチな食品工場の中での常識を、あたかも世間一般の常識であるかのように思い込んでいるのである。

 井の中の蛙――伊達巻のライン作業者、真崎と牛尾は、よく似たもの同士の二人。牛尾が及川に厳しく当たるようになったことにも、真崎と同じような経緯があった。

――及川さんが入社したのは、はんぺんの塚田と同じころだっけか。ここに来て三か月、及川さんも色々な人の仕事ぶりを見てきただろう。

――・・・はあ。

――その中で、及川さんは誰が、一番仕事ができると思った?

 真崎と同じ、質問をした時点で答えが出ている質問。言うまでもなく、牛尾は及川に、己の名を答えさせようとしているのである。

――まあ、自分より先に入った人は、みんな同じくらいじゃないですかねえ。

 歩合で給料をもらっているわけでもあるまいし、こんなライン作業で誰が一番できるかなど、知ったことではない。適当に答えたところで、激怒する人など誰もいないと思っていたのだが、違っていた。

「及川ぁ!この材料の置き方なんだよ!通り道ふさいじゃってるだろうがよ!おまえ仕事するとき、何にも考えてないんじゃないのか。だから、仕事ができるヤツとできないヤツの違いもわからないんだろ!もっと頭使って仕事しろよ!考える頭がねえのか、お前には!」

 なんとかの一つ覚えのように、「考えろ」を連呼する牛尾。この男、「精神論」を避けてさえいれば、普通のゴリラとは一味違うゴリラになった気になれるらしく、その無駄な威圧感だけでも、十分パワハラになることを知らないようである。

「こんな簡単な仕事、三日もやれば一人前のはずだぞ!なのにお前は、一週間経っても、全然できるようになってないじゃねえか!どういうことなんだ!」

 誰でもすぐマスターできる単純労働だと認めてしまうのなら、自分がその仕事に誇りを持っているというのもおかしな話になってしまうが、単細胞の牛尾は、とにかく相手を責め立てるという目的だけで論理を組み立てているので、矛盾に気付かないのである。

「信さん、もうこいつダメっすわ。使いモンにならん。班長にいって、もっとできる人とトレードしてもらいましょうよ」

「大丈夫。もう手は打ってある。明日から、こいつの代わりに、期待の新人が入ってくるから、みっちり鍛えて、年末に備えよう」

 はんぺんのラインから移されて二か月目のこと、及川は、新人と入れ替わる形で、伊達巻のラインも追い出されてしまった。

                           ☆

 
 伊達巻のラインからも追い出された及川が次に回されたのは、リーダー一人、作業者一人で回している、工場で一番短い、笹かまぼこのラインだった。

「あ、あの、よ、よろしくお願いいたします!じ、自分、二回も戦力外通知を受けましたが、心を入れ替え、頑張りますので、どうか、お願いします」

「ああ・・そんな緊張しないでください。ここはそういうのじゃないですから」

 すでに二つのラインを追い出され、後がなくなった及川は、初めの挨拶で、今度こそはという覚悟を示そうと思ったのだが、笹かまぼこのライン作業者、寺井は、涼しい顔をして及川の気合をやり過ごした。

「一緒に働くようになって一週間しか経ってない人に、俺のことは大事じゃないのかって、気持ち悪いジジイですね。ラリゴも相変わらずだ。こんなサルでもできる単純労働で、誰が一番もクソもないっつうのに。及川さんも災難でしたね。僕もあの二人のことは良く知ってるんで、及川さんの苦労はわかりますよ」

 元、伊達巻のラインで働いていたという寺井は、伊達巻のラインの二人から厳しく当たられた上、最後には追い出された及川に同情的だった。

「あいつらの言ってることは、ようは宗教なんですよ。報われない生活を無理やり納得して、自分の惨めな人生を、さも素晴らしいものかのように思い込もうとするための宗教。あいつらは自分の信仰を人にも押し付けて、信者を増やすことで、自分の考えは間違ってないって思いたいだけなんです」

 寺井は伊達巻ラインの二人、特に、リーダーの真崎がことのほか嫌いのようで、やることなすこと、考えることすべてに否定的だった。 

「うんこをうんこと認めずに、これは茶色いケーキなんだ、俺たちは恵まれているんだと痩せ我慢。バカなクソジジイですよね。そんなことやってたら、上の奴らから、あいつらはあれでいいんだと思われて、いいように利用されるだけなのに」

 物質的な豊かさよりも、心の清らかさや、人間同士の絆に絶対の価値を置こうとする真崎の生き方には、及川も疑問を覚える。真崎はそれを持ってさえいれば、貧乏人でも金持ちに負けていないかのように言うが、清らかさや人間の絆くらい、金持ちだって持っているではないか。むしろ、金持ちほど心が豊かになって周りに人が集まり、貧乏人ほど心が荒んで、孤独に生きているのが現実である。真崎の言っていることは、ただの負け惜しみにしか聞こえない。

「・・・でも、変に落ち込むよりは、いいんじゃないですかね。自分が前向きになるためだったら・・・」

 寺井の言っていること自体は、これまでの人生で、真崎や牛尾のような人種と一緒に働く中で、及川がぼんやり考えていたことと一致している。言語能力が著しく欠損している及川の考えを代弁してくれるのは助かるのだが、しかし、寺井の言葉はどこか冷めすぎている感じがして、つい反論したくなるのも事実だった。

 うんこと言われて否定されようが、及川にはもう、非正規の派遣を続けていく道しか残されていないのだ。

「だからって、あいつらの考え方じゃ、結局は自分の首を絞めることにしかなりませんよ。プロレスのタッグマッチってあるじゃないですか。シングルだとパッとしないけど、タッグになると抜群の相性を発揮して、凄いファイトを見せるっていうレスラーがたまにいるの、わかります?」

「あぁ・・・。なんとなく、わかります」

「一緒ですよ。貧困と社畜は、セットじゃなければそこまで大した問題じゃない。待遇が悪いのに、正社員並みに働こうとするから、割に合わないと感じるんです。だったら、変な責任感なんか捨てちゃえばいいのに、あいつらはわざわざ自分の足を鎖で繋ごうとするとするばかりか、それを人にも押し付けてこようとする。とんでもない奴らです。僕の予想が正しければ、あの伊達巻ラインに入ったカレ、一か月も持たずにやめると思いますよ」

「そうですかね」 

「ま、ここは仕事もキツクないし、残業もないし、こっちの希望もなるだけ聞いてくれるいいラインなんで。気楽に、のんびりやっていきましょう」

 寺井の言う通り、笹かまのラインでは、ミスをしても厳しく怒られたりせず、作業が遅くても、定時内に間に合う限りは、煽られるようなことはなかった。

 大丸食品に派遣されて初めて訪れた、安息の日々。できることなら、このラインにずっと腰を落ち着けていたかった。そこで及川は、自分のやる気をアピールするために、ある作業の工程で、独自の動きを取り入れる工夫を見せたのだが、そのとき、今までどんなミスをしても怒らなかった寺井が、初めて不快感を露にした。

「及川さん、なんですかその動きは。そんなの、リーダーにやれって言われましたか?」

「ああ、いえ。これは、俺のオリジナルです」

「教わってないことはやらなくていいんですよ。それで作業の効率が良くなるんだったらいいけど、遅くなってるだけじゃないですか。このペースじゃ、定時に間に合わないですよ」

「いや、でも、こうした方が安全だし、不良が出にくくなるかなと思って」

「僕らには何の得もないでしょ。僕らは大丸の人間じゃなくて、派遣なんですよ。極端な話、不良品が出回って、消費者が食中毒起こして死んだって痛くもかゆくもないし、僕らの責任でもないんだから」

「そんな・・・」

「いいですか及川さん。僕らは職人じゃなくて、作業員なんです。言われたことだけやって、時間内に個数を上げることだけ考えていればいいんです。創意工夫がしたいんだったら、家に帰って、自分の趣味でやってください」

「なん、なん、なん・・・」

 なんとにべもない言い方をする男だろう。確かに、真崎や牛尾のように、派遣の仕事を、あたかも人生の修行の場のように演出するのは行き過ぎだと及川も思うが、かといって寺井の言い分では、派遣の働く意欲が全否定されているようなものではないか。

 もちろん、寺井も同じ立場の派遣労働者だから、見下されている、というのとは違うとわかるのだが、なにか胸がモヤついて仕方がない。

 それに、及川がやる気をアピールしようとするのは、真崎や牛尾のように、ここの仕事に誇りをもっているから、というわけではないのだ。

「俺だって、残業はつらいですけど、給料がカツカツで、まったくなくなっても困るんですよ・・」

「なんでですか?この辺は家賃が安いんだから、残業なんてしなくたって余裕で生活できるでしょ」

 寺井の言う通り、及川が住んでいるのは人口十万規模の地方都市で、都会だと六、七万はする物件に、三万程度の家賃で住むことができる。物価に大差はないが、都会に比べて誘惑が少ない分、思わず羽目を外して散在するリスクは少ない。食事も特別贅沢をしているわけではなく、服装などは、もともと一番無頓着なところである。

 生活費のネックとなっているのは、車である。駅の駐車場代が月に三千円、自宅の駐車場代が五千円、ガソリン代が約五千円。月の手取りのうち、約十パーセントが、車のために消えている計算になる。

 辺鄙な田舎町。だが、車がなければ暮らしが成り立たないほど不便なわけではない。スーパーマーケット、コンビニ、ホームセンター、ファストフード店、書店、レンタルビデオ店。徒歩三十分圏内に、生活に必要な施設は一通り揃っている。通勤で車が必要になるのは、自宅から、送迎バスの来る駅前までの区間、約五キロ程度。車を手放して自転車に切り替えれば、コストも浮き、健康増進にもなって一石二鳥なのは、自分でもよくわかっている。だが・・・。

 昭和四十年代生まれ。自分の世代にとって、車は魂なのだ。武士の刀と同じ。いかに家計を圧迫しているのであれ、車から切り離される生活など考えられない。車に乗れなくなるくらいなら、餓死した方がはるかにマシである。

 出世も嫁も、友達も諦めた。だが、車だけは手放せない。ゴキブリやナメクジと変わらない、こんな自分が生きるただ一つの理由が、車なのだ。

「はっきり言って、僕は及川さんに付き合って残業なんて嫌なんで。もし、どうしてもっていうなら、ほかのラインに直談判して仕事もらってください」

「はあ・・・」

 それができれば、苦労はしない。

 すでに二回もラインを移されて、暗に辞めてくれと言われている立場で、自分から仕事をもらいたいなど、申し出られるはずもない。こんな誰でもできるライン作業ですら、必要ないと切り捨てられる能無しの気持ちは、寺井にはわからないのだ。


                           ☆

 
 寺井の予想通り、期待の新人と評判だった伊達巻ラインの新人は、わずか二週間足らずのうちに辞めてしまった。

「なんででしょうね。優秀そうな人で、真崎さんも、牛尾さんも、大事にしているみたいだったのに・・」

「だからでしょう。バカじゃないから、あのバカどもについていけなかったんですよ。それより聞きました?僕たち二人のうちどちらかが、伊達巻のラインに戻されるって」

 夏も過ぎ去り、おせちの出荷がピークとなる年末に向けて、生産のノルマは徐々にきつくなっている。本来なら、とっくにメンバーが固まっていなければいけない時期で、定着するかどうかもわからない新人を、これから教育している余裕はない。そこで、もともと伊達巻のラインにいて仕事のわかる、笹かまラインの作業者のうちどちらか一人が、伊達巻のラインに戻されることになったのだという。

「僕は絶対嫌ですね。あそこに戻されるんだったら、今すぐここを辞めさせてもらいます」

 朝礼で、笹かまのラインリーダーから会社の指示を聞かされるやいなや、寺井は表情を険しくし、伊達巻のラインに戻ることを徹底的に拒絶する構えを見せた。

「そう。じゃ、仕方ないね。それじゃ及川さん、お願いしてもいいかな」

「俺は・・・・まぁ・・・・戻っても、いいですけど・・・・」

 リーダーに頼まれて引き受ける体を装ったが、寺井が拒否した以上、及川には実質、選択肢はない。すでに二回もラインを移され、リーチがかかっている。おそらく、ここで配置転換を受け入れなければ、作業能力の著しい不足を理由に、契約自体を打ち切られてしまうのだ。

 それに、生活費のことがある。そもそも、及川が今の工場で働こうと思ったのは、求人広告の、月収例二十万~二十五万という文句に惹かれたからであるが、それは社会保険と年金を含む総支給で、残業代も込みの額である。

 同じ工場でも、生産量はラインによってまちまちで、今いる笹かまのラインはほとんど定時で終わってしまうから、月二十日働いたとしても、手取りは十五万にも満たない。いかに居心地がいいとはいえ、いつまでも笹かまのラインにいたのでは、そのうち消費者金融に走らなくてはならなくなりそうだった。

 決定はその日の午前中になされ、さっそく午後の作業から、及川は伊達巻のラインで働くことになった。

「おい。お前、笹かまのラインで、寺井と散々、俺たちの悪口言ってたらしいな。覚悟しとけよ」

 人が足りない状況で、少しは大事にしてくれるだろうという希望もあったのだが、甘かった。

 人の心を慰撫するはずの宗教が、しばしば争いの種になるのは世の常である。これまで、派遣に礼儀とか、滅私奉公といった日本社会的な精神性を一切持ち込ませまいとするドライな哲学を持った寺井と同じラインにいたことで、「異教徒」と見なされてしまったのか、伊達巻ラインに戻った及川に対する真崎と牛尾の苛烈さは、かつての数倍にも及ぶものであった。

「ああ~」

 あまりに精神的なショックが大きいと、自己防衛本能からか、一定期間、記憶が途切れたようになることがある。笹かまのラインから伊達巻のラインに戻された九月から十月の下旬までの一か月半、及川の記憶は定かではない。

 多分、生きる価値がないから死ねとか、親の顔が見てみたいとか、そんなことを何度も言われたのだと思う。もしかしたら、体罰もあったかもしれない。出るところに出れば、いくらか踏んだくれたのかもしれないが、どうでもよかった。

 どうでもいい。生きることも死ぬこともどうでもいいと思えれば、それも自分の成長だと思う。


                           ☆


 十一月の初旬、真崎と牛尾から、いつにも増して酷い罵倒を受けた日の夜。アパートの駐車場に車をとめてから、及川は突然過呼吸になって、まったく動けなくなった。二階までの階段を登っていくのがどうしようもなく億劫で、車から出る気がしなかった。

 過呼吸が収まると、後部座席に移って横になった。昼から何も食べていないが、腹は減っていなかった。

 おそらく、あの工場はもう限界だ。どこか別の働き口を探して、一から出直すしかない。今までもずっと、そうしてきた。だけど、それももう、限界に来ている気がする。

 辞めたところでどうなるものでもない。こんな自分がまともにこなせる仕事など、この世のどこを探してもありはしないのだ。

「俺だって・・・俺だって、頑張ってるんだ」

 努力が足りないと人は言う。だが、違うのだ。自分は頑張って頑張って、この結果なのである。それを周りが理解してくれない。まったく配慮してくれない。

「わからない。人の気持ちがわからない。考えられない」

 愛されない、ということは、能力のなさ以上に、生きづらさへと繋がる。気の利いたジョークも、世辞の一つもいえない。無意識のうちに、人の気持ちを逆なですることばかり言ってしまう。年を重ねるうち、見た目もすっかり醜怪に変貌してしまった。

「俺・・・もう無理だ」

 今思いついたわけじゃない。ずっと前から、考えていたこと。サラ金からできるだけ借金して、一時間六万円もする高級ソープに何度も行ってから、断崖絶壁のガードレールに突っ込んで死ぬ。

 コンビニで握り飯を万引きして、わざと捕まることも考えた。路上生活を始めることも考えた。だが、ムショに入ったところで、ホームレスになったところで、仕事からも、人からも逃げられないと知って諦めた。すべての抑圧から解放されるためには、もう死ぬしかないのだ。

 死。死、死死死死―――。

 やめておこう。仕事ができないくらいで死ぬなんて、やっぱり馬鹿げてる。自分の悩みは、死ぬほどじゃない。ハラキリ、殉死、特攻、大昔から自殺大好きのこの国では、大した悩みじゃなくても死ぬヤツは山ほどいるが、自分はそれほど、死を美徳と捉えていないのだ。

「俺、俺どうしたらいいんだろう・・」

 四十を過ぎたあたりで、考えるのをやめたはずだった。でも、それじゃダメだと気づいた。もう一度、ちゃんと考えてみないと、もう死ぬしかないところまで追いつめられていた。

「どこで道を間違えた?なにを仕事にしていれば、まともに生きることができた・・・?」

 自分が唯一、生きているのを実感できるのは、車を運転しているとき。好きで何十年も乗っている。運転だけは、人並み以上にこなせる自信がある。

 好きを仕事にしなかったのは、仕事で嫌な思いをしたら、好きな車も嫌いになってしまいそうだから。好きな車に乗るために、やりたくもない仕事をするしかなかった。

 どうせ手先の仕事をするなら、最初から大工か何かを目指していればよかった気もする。

 そういえば、山口の父親にもよく言われていた。

 見てくれも悪い。かけっこも遅い。頭もいいとこない。お前のようなヤツは、堅実に手に職をつけ、脇目も振らずに一つのことをやり続けるしかない。 

 若いころは、酷いことをいうオヤジだとばかり思っていた。自分の息子に、何も取り柄がないとわかっているのなら――そんな選択肢の少ない人生しかないと思うのなら、どうして自分を作った?

 父親に反発する形で、なんでもやってやろうと思って社会に出てみたが、結果的には、父親の言う通りになってしまった。

 職人の道――父親の言う通りにしていたら、違った道が開けていたのだろうか。こんな自分でも、脇目も振らず、何か一つのことをずっとやり続けていたら、誰かに必要とされ、一つのところにずっと納まれていただろうか。嫁さんももらって、人間らしい暮らしを送れていただろうか。

 父親の言い方が悪かった。もっと違った勧め方をしてくれたら、素直に職人になっていた。

 ずっと人のせいにし続けるのか?

 七十二歳。年金だけでは足りず、貯金を切り崩しながら生活していた父親は、この夏から警備員として働き始めた。これまでずっと、繋ぎのときには実家を頼っていたが、それも難しくなってきた。

 失業保険、生活保護。仕事が見つからなかったとき、食うための方法だけなら、いくらでもある。しかし、食っていくことと、生きることは違う。

 及川にとっての現実的な死は、車を失うことである。及川にとって、車は武士の刀。もう二万キロも走った中古のオンボロ車。しかし、無銘だろうが錆び付いていようが、刀は刀。車を失うのは、死ぬことと同じ。車を失わないために、できる限り、今の職場にしがみ付いていなければならない。

 無い頭で考えろ。できるだけシンプルに考えろ。

 自分が生きる唯一の理由は車。車に乗り続けるためには、手先の仕事をしなければならない。手先の仕事をするなら職人になれ。

――僕らは職人じゃなく、作業員なんですから。

――あいつらのやっていることは、宗教なんですよ。

 耳に残っている冷めた言葉を、全力で排除しろ。

 宗教の何が悪い。食い詰めて、生き場をなくした人間が最後にすがるものは宗教ではないか。

 お前のように、飄々と世渡りができれば苦労はしない。自分のような不器用な人間がまともに生きていくためには、それなりに不格好な真似をしなければならないのだ。

 寺井の言うことが正論だとしても、非正規のハケンにとっての正論は、非正規のハケンも務まらない自分には当てはまらない。

 ド田舎の、ケチな食品加工工場での人間関係に、あたかもキリストと使途のような崇高な結びつきを求めている男がいる。中学生でもできるライン作業で、本気で自己実現を目指そうとしている男がいる。自分が生きる唯一の道が、宗教であり職人ならば、このタイミングで、あの伊達巻のラインに戻されたことは、神の思し召しではないか。

 伊達巻ラインの連中に気に入られるために、最大限の努力をする。

 師匠。呼び方ひとつで、人の見る目が大きく変わることもある。

 師匠。もしかしたらそれが、自分の人生に、一番必要な存在だったのかもしれない。

「俺、ここで終わりたくない。車、手放したくない・・・」

 身の振り方を決めると、急に食欲が湧いてきた。車を出て部屋に入り、買い置きのカップラーメンを食べて腹が膨れると、すぐに眠気が襲ってきた。万年床に倒れ込み、泥のように眠った。


                            ☆


「真崎師匠!牛尾師匠!私・・・私には、わからないことが沢山あります。どうか、教えてください」

 翌朝、出勤してから、及川が開口一番放った言葉に、真崎と牛尾は呆気に取られていた。

「さあ、仕事を始めましょう!牛尾師匠!この、この作業をこうやるには、こう、これをこうした方がいいでしょうか?」

「なんだよ急に・・。なに言ってるか、わかんねえよ。お前はとにかく、言われた通りにやってくれればいいからさ・・・」

 及川の豹変に、真崎と牛尾は引き気味であったが、それが二、三日も続くと、次第にその熱意にほだされていったようだった。

「信さん。どうも、こいつの決意は本物みたいです。最初は期待してなかったんですが、どうやらモノになりそうですよ。いっちょ俺たちで、鍛えてやりましょうや」

 その日から、順調・・といえるのかはわからないが、少なくとも、及川の人生には今までなかった、暑苦しくもハリのある日々が始まった。
 
「なあ及川さん。こうやって理屈じゃなく、泥のようになって働くってのも、結構いいもんだろ」

「え、ええ・・・そうですね」

 真崎の言う通り、無心に汗を流すというのも、悪くはなかった。

 これまでの自分は、ない頭で余計なことを考えすぎていたような気がする。人ひとりが生きる上で必要な情報など、たかが知れている。ネットもテレビもなかった時代でも、人はちゃんと生きていたではないか。

 必要以上に情報を集めても、使いこなす頭がなければ、ただの娯楽にしかならない。井の中の蛙――視野を狭くし、目の前のことだけに夢中になる生き方は、自分にうまくハマっているかもしれなかった。

「俺は及川さんや牛尾くんと、このラインで一緒になれたことは、けして偶然なんかじゃないと思ってる。辛いことがあったら、何でも相談してくれ。ここが及川さんの居場所だから」

 師匠――真崎と牛尾のことを、全面的に好きになれたわけではない。いつまで経っても馴染めないのが、いちいち芝居がかった言動である。

「俺を師匠と呼ぶからには、及川さんも、ようやくわかったのかな。この職場で誰についていったらいいか、誰を目標にしたらいいかが」

「及川ぁ、お前最近仕事のとき、俺のことじーっと見てるよな。俺の動き、参考にしようと思ってるんだろ?」

 いかにも他人のことを思っているようだが、彼らが結局言いたいのは、「俺を見てくれ」なのである。承認欲求が悪いのではなく、それが透けて見えるのが嫌なのだ。

「及川さんも俺たちみたいに、この工場で仕事ができると認められれば、どんどん人の輪が広がっていくぞ。俺たちが仲良くしている社員さんたちは、みんなすごい人たちばかりだ。性格もあるから、みんなと話せとは言わないけど、俺たちとの関係は大事にした方がいいぞ」

 本当に交友関係が充実している人間は、それを誇示したりしない。いかにも対等のように言っているが、実際には社員にゴマをすっているだけで、寺井の言うように、いいように利用されているだけなのだろう。彼らも本当は、寂しい人間なのだ。そのように思えば、多少の不快感は我慢できた。

 似たもの同士の割に――似た者同士だからそうなるのかもしれないが、真崎と牛尾はプライベートでの交流はなく、職場の中でも、一定の距離感が存在するようだった。彼らが常に傍に置きたがるのは、もっぱら、確固とした自分を持っていない、自分の好きな色に染められる人間である。

「及川ぁ。お前、今度の水曜空いてるか?」

「え?ええ。まあ・・・」

「そうか。じゃあ、ちょっと俺に付き合えよ。お前に、職場にいるときとは、また一味違う俺を見せるからよ」

 プライベートの誘いを受けたのは思い出せないほど久々のことだったが、なぜか、嫌な予感しかしなかった。あとでそれが、牛尾とパチンコを一緒に打つ誘いだったときいて、嫌な予感は当たっていたことがわかった。

                             ☆


 その牛尾が、十一月の半ばに入ったころ、突然、風邪でダウンした。朝、及川が待機所に顔を出したとき、ロングソファに牛尾が横たわり、みんなに自分の苦し気な姿を見せつけるように、うんうん唸っていたのである。

「そんな状態じゃ、とても仕事は無理だろ。誰かに言って、家まで車で送っていかせるから」

「いえ、そんなことしていただくわけにはいきません。タクシーでも呼んで、一人で帰ります。会社に迷惑はかけませんから」

 総務の部長に心配され、声をかけられる牛尾は、どこか誇らしげである。

 立つこともままならないほど具合が悪いのなら、朝、家を出る前の段階で異変に気付いていただろうに、わざわざ衛生面が命の食品加工工場に、風邪の菌をばら撒きにやってくるとは。会社に無駄なやる気をアピールするためのパフォーマンスであることは、及川にもお見通しだった。

「ほんとにバカですね、あのラリゴは。バカのくせに風邪引いてんじゃねえよ」

 倒れた牛尾の代わりに、伊達巻のラインに応援に行かされた寺井は不満たらたらである。

 それでも、牛尾が帰ってくるまでという条件で、我慢して働いていた寺井がとうとう爆発したのが、朝のミーティングで、真崎がノルマの遅れを取り戻すため、昼休みを十五分削って「サービス昼残」をするのを決めたときのことだった。

「別に、あなたがやるのは勝手ですけど、僕は関係ないですからね。時間外手当が出るならまだしも、無給で働くなんて、どうかしてますよ」

「そういうわけにはいかん。前が止まれば、後ろに材料が回らなくなるんだから。いまは伊達巻の作業者なんだから、やってもらわないと困るよ。喋っている時間ももったいないから、とにかくやってくれ」

 寺井は真崎に食ってかかったが、真崎は強気の態度を崩さず、話し合いにも応じなかった。

 昼休みに入ると、寺井は持ち場である前工程を離れ、中工程の及川のところにやってきて、ともに真崎に反抗することを持ちかけてきた。

「あのクソ野郎、正社員の話が出てるからって、上にアピールしようと張り切りやがって。誰のおかげだと思ってやがる。及川さんは納得してるんですか?嫌だったら、一緒に派遣会社に報告しましょうよ。僕はラリゴが戻ってきたら抜けられるけど、及川さんはずっと真崎のオナニーに付き合わなきゃいけないんだから」

 真崎が、正社員に?ならば、真崎に気に入られれば、この工場での自分の立場は保障される。及川は、自分を味方だと思ってボヤく寺井の前に、ずいと歩み寄った。

「文句があるなら、やめてしまえ・・・お前の代わりなど、いくらでもいる・・」

 よもや、及川に上から目線でモノを言われるとは思っていなかった寺井が目を丸くした。

 虎の威を借る狐の快感。寺井は真崎を虎とは思っていないだろうが、少なくとも、いま、この伊達巻のラインの中では、正義は自分にあるのである。

「ああ。及川さん、そっち行っちゃったんですね」

「やる気がないなら、帰っていいぞ。理屈ばっかりで、使い物にならないヤツはいらないからな・・・」

「はいはい、わかりましたよ」

 及川の言葉が効いたのかわからないが、寺井は苦笑して前工程に戻り、ほかのラインの連中が続々と食堂に引き上げていく中、黙々と作業に取り組み始めた。

 それからは目立ったトラブルもなく、寺井も牛尾の穴をよく埋めてくれているようだったが、寺井が来てから四日目のこと、問題となった「サービス昼残」の真っ最中に、事件が起きた。

 産休で工場を休んでいた、真崎の妻、志保。非正規の派遣社員で、若くもないのに子供なんか作って、これからどうするんだろうと思っていた志保が、及川が担当する中工程の機械に歩み寄ると、突然、胸元をはだけ、パンパンにはった乳房――ちょっと垂れているけど、ミルクが詰まって、痛そうなくらいはった乳房を、ポロンと露出させたのである。

 女の乳。風俗以外で初めてみた、女の生乳。乳、乳、チチチチチチチチチ・・・。おっぱいだけでも刺激が強いのに、乳首の先から、真っ白な母乳がぴゅーっと噴き出して、伊達巻の上にかかっちゃって・・・。

 人はあまりに強いショックを受けると、一定期間、記憶が途切れたようになってしまうことがある。でも、これはショックの質が違う。今、目の前で起きてる光景は、何がなんでも目に焼き付けておかなくてはならない。尊敬する師匠の妻の乳。だが、関係ない。もっと間近で見てみたい。できれば、どさくさに紛れて、揉んじゃったりなんかしてみたい。

 優柔不断は、及川の重大な欠点である。及川が志保の乳に手を出せず、うじうじしているうちに、夫の真崎がやってきて、妻、志保のはだけた胸を隠すと、中工程の機械を止めて、志保を休憩室へ押しやってしまった。もう二度とみられないかもしれない、貴重な生おっぱいを、持っていかれてしまった・・。

 作業場に帰ってきた真崎は、志保のミルクがかかったとおぼしき材料を片っ端から取り除き、廃棄のゴミ箱に捨て始めた。すでに昼休みに入ってから三十分が経過しており、寺井はとっくに食堂に引き上げていた。

「あ。あ。真崎師匠。だ、大丈夫なんでしょうか」

「わからん。さすがに、昼から流した分、全部廃棄にするわけにはいかないからな。あとはもう、幸運を祈るしか・・・。及川さんにも迷惑をかけて申し訳ないが、この件は見なかったことにしてくれないか。俺だけじゃなく、工場で働くみんなのために、頼む、どうかそうしてほしい」

 工場で生産された製品は、出荷前にもう一度検査を受け、異物や菌が混入していないかが確認される。成分から、伊達巻に人の母乳がかけられていたかどうかまで分かるとは思えないが、もし、コトが公になれば、真崎の正社員の話がなくなることは明白だった。

 検査の段階で問題が発覚すればまだいい方で、もし、不良品が市場に出回ってからすべてが明らかとなった場合、事件は全国ニュースで大きく取り上げられ、工場は最悪、閉鎖となる。

 もはや、及川の関知できるレベルを超えている。真崎の言う通り、すべて忘れ、なかったことにして、今まで通り、普通に勤務を続けるしかないようだった。

「お、おい、寺井。もっとしっかりやれ・・。牛尾師匠は、そんなんじゃなかったぞ・・」

「はいはい、叱咤激励ありがとうございます、及川先生」

 志保の狂態について、寺井は何かを知っている様子だったが、敢えて詮索はしないことに決めた。生きる上で必要のない余計なことは、知らないに限るのである。

「及川さん、最近絶好調みたいですね~。はんぺんのラインのときとは大違い。よっぽど、真崎さんと牛尾さんが大好きなんですね。ラブラブなんですね~」

 及川が伊達巻のラインに受け入れられたことは、岡本涼子などから見ると、賞賛ではなく、むしろおかしなことのようだったが、嘲笑を受けたところで、痛くもかゆくもなかった。

「お、おお、涼子殿。あ、あの頃は、お主とは口を利くのもおこがましいと思っていたが、い、今は同じ仕事に誇りを持つ者として、対等の立場だ・・・。お、お主のラインには、負けませんぞ・・・」

 及川のその一言で、嫌味を言いに来たらしい涼子は、及川を、全裸で歩き回る変質者を見るような目で見て去っていった。

 バカな小娘。自分がやられっぱなしで何もできない無能者だと思ったら大間違いだ。お前がいくら見下そうが、こっちは、脱衣所から密かにくすねてきた、お前の使用済み衛生服を持ち帰って、夜ごとの慰みものにしているのだ。 


                            ☆


 志保の一件があってから、とくに不良が出たという報告もなく、何事もなかったかのように、時は過ぎていった。強いて変わったことを上げるとしたら、かつてはんぺんのラインで一緒だった、塚田の様子がおかしくなっていったことだろうか。

「おう、たけおか。うんうん。今?元気でやってるよ。お前の方こそどうなの?そうか。じゃ、今度、久々に会ってみるか」

 塚田はいつも待機所や食堂で、誰かに電話をしているようなのだが、それが傍目から見ても明らかに、通話状態になっていないスマホに話しかけているだけの、嘘の電話とわかるのである。

 及川も、近頃の塚田が、かつて仲良しだった、寺井や村上、あるいは真崎たちと、うまくいかなくなっているのは知っていた。真崎との関係に関しては、どうやら自分が一つの原因らしいのだが・・。

 嘘電話をする理由は、おそらく、自分が孤独ではない、自分を心配してくれる人は何人もいるんだと、周囲に、そして自分自身に証明することが目的だろう。塚田の電話が嘘であることは、及川でさえ気づくほどバレバレなのだが、みんな、敢えて気づかないフリをしてあげているようだった。

「あ。林常務。ええ、元気にやってますよ。え?こんど、正社員の枠がひとつ空くから、こっちに来ないかって?そ、そうですか。でも、今の工場も、これから繁忙期で大変になるもんで、自分がいないとラインがまずいことになるんですよ。はい。はい・・考えてみます」

 まだ若いし、派遣でいいなら仕事はいくらでもあるのだから、こんな、親が見たら泣いてしまうような恥ずかしいパフォーマンスをするくらいなら、さっさと辞めて次に行けばいいではないかと第三者は思ってしまうのだが、工場の友達関係をモチベーションにしていたらしい塚田には、引くに引けない事情があるのかもしれない。

 本人が聞いたら怒るだろうが、今の塚田の姿に、及川はどこか親近感を覚えていた。

 唯一の生きがい、車を守るために、尊敬してもいない男を師匠などと呼んで。言われたことだけやればいいライン作業で、職人の真似事をして。ただの同僚のご機嫌を取るために、行きたくもないパチンコに付き合う約束をして。

 こんな工場にしがみ付くために――生きるために自分を捨てて、本当の自分が何なのかわからなくなっている。今の塚田と自分は、よく似ている。

 いつまでこれが続くんだろう。俺たちはいったい、どこに行くんだろう。


                             ☆


「牛尾師匠・・・・あの、私、なにかしましたしたでしょうか・・」

 倒れた翌週から、勤務に無事復帰した牛尾は、かなりご機嫌斜めな様子だった。

「・・・・お前、待機所で俺が倒れてるとき、全然心配してなさそうだったよな。声もかけてこないし。お前あのとき、俺があのまま死ねばいいと思ってただろ?」

 牛尾の面倒くささは呆れるほどだったが、「弟子入り」から一か月あまりで、及川もこういう場面の切り抜け方を学習している。

「いえ、あの、その、普段はキャップを被って、衛生服を着ているので、あのときは、誰かわからなかったんですよ。あとで真崎さんから詳しいお話を聞いて、すごく心配しましたよ」

 男気を売りにする真崎と牛尾の下で培われたのは、言い訳のうまさだけであった。

「・・・まあいい。ところで、お前、今度の予定は覚えているか?」

 牛尾と一緒に、パチンコ屋に行くという予定のことである。

「あ、あの牛尾師匠・・。自分はパチンコは数えるほどしかやったことがありませんし、今月もカツカツなので、一円ぱちんこで勝負をしたいんですが・・・」

「なに?お前本気で言ってる?一ぱちなんて、暇なおばさんがやるヤツだろうが。まあいい。等価で勝負に出る前に、一ぱちで徐々に勝負勘を養っておくというのもありだろう。じゃあ、今週の水曜日な」

 本当は、適当な理由をつけて逃げたかったのだが、ゴリラを怒らせると後が怖い。この男の胴間声は、耳元でカンカン鐘が鳴らされたように響くのだ。

「及川さん、牛尾くんとパチスロに行くんだって?いいなあ、大事にされてるなあ」

 他人事だと思って、真崎が呑気に言う。そんなにいいと思うなら、代わりに行ってほしかった。それか、牛尾にもう一度、熱を出して倒れて欲しかった。

 熱出て倒れろ、熱出て倒れろ、熱出て倒れろ――。

 及川の祈りもむなしく、牛尾はピンピンしたまま、当日の朝はやってきてしまった。
                         
                          ☆

「あ~、激熱予告外して、お前も引き運が弱いねえ」

 パチンコを打ち始めてから数時間、食事から帰ってきた牛尾が、及川の傍を通りがかって言った。
 
 打つ台も離れ、昼も別々。これで一緒に行く意味があるとは思えないのだが、牛尾にとっては、とにかく同じ日に、同じ予定を消化したという事実が重要らしい。

「ところでさ・・・。お前、ヤニは吸わねえのか?」

「は?」

「前から気になってたんだけどよ。お前、タバコ吸わねえから、十分休憩のとき、喫煙所にいる俺と信さんと喋れねえだろ。今時タバコなんて、時代の流れに逆らうから、無理に勧めるわけじゃねえけど・・・。お前は、それでいいのか?」

 金もかかるし、時代の流れにも逆らう。おまけにみっともないし、周りに迷惑もかける。敢えてそれをすることで、連帯感を確かめ合おうとする人種がいる。牛尾の思考は、一昔前の暴走族と大差ない。

「か・・買ってきます」

 断れば、陰湿なイジメが待っている。牛尾は及川の自主性に任せる風に問いかけているが、事実上、選択肢はないのだ。

 牛尾からタスポを借りた及川は、自動販売機の前に立って愕然とした。いまは国産の安いタバコでも三百円近く、海外産となると四百円を超す。自分が二十歳のときに比べ、倍近くも増額している。手取り十五万の派遣労働者が、こんな価格で、依存性もある嗜好品に手を出すのは、狂気の沙汰としか思えなかった。

 タバコを吹かしたせいでべとついた口の中を流すのに、飲み物が必要になる。飲み物だけでは腹の中がガポガポになって、お菓子が食べたくなる。バカモノ同士が連帯感を確かめ合うために、金がどんどん消えていく。

 頃合いを見計らって切り上げなくては、破産してしまう。及川は、大当たりを二、三度引いて出した玉を使い果たしたところで、台からカードを抜き、パチスロのコーナーで渋い顔をしている牛尾のところに向かった。

「あ、あの牛尾師匠・・・。自分、予算を使い果たしてしまいましたので、今日はこれでお暇させていただいて構わないでしょうか。明日の勤務のため、少しでも休んでおきたいのもありますし・・」

「あ?まだ昼過ぎじゃねーか。まあいい。初めはこんなもんだろ。じゃあ、帰ってゆっくりしとけ」

 牛尾から解放されて、スバル・プレオに乗り込んだ及川は、恐る恐る、財布の中身を確かめてみた。千円札が二枚、百円硬貨が三枚。十円、五円、一円がたくさん・・・。持ち寄った予算の五千円から、どうにかこれだけの損害で収まった。

 しかし、牛尾の口ぶりでは、おそらくこれから何度も、パチンコ屋に連れていかれることになるのだろう。たまには勝つこともあるかもしれないが、長い目でみれば負けが込んでいくはずだ。

 毎週水曜日、パチンコ屋に行かなくてはならないとして、月単位でいったいどれだけ金が消えていく?大損をしてしまったら、それを取り返すために、どれだけ働かなくてはならない?

 真崎に言われた通り、無心になって働くのも、意外といいものだと思ったのは事実だった。しかし、それは会社に拘束されている時間だけの神話なのだ。帰りにコンビニに寄って、ATMの預金残高をみれば、たちまち現実に引き戻される。

 こんなことをして、本当に車を守り抜けるのだろうか。しばしの間、倹約で乗り切り、新しい仕事に移った方がいい気がしてきた。でも、どうせ次の職場でも、同じようなことの繰り返しになるのなら、せっかく受け入れられている今の環境を大事にした方がいい気もする。

 頭がごちゃごちゃする。考えなくちゃいけないのに、考えられない。考えたくない、考えられない、考えたくない・・・。

「ああ~」

 今日はもう、これから頭も体も使わず、ずっと、布団に包まっていよう。その方が、腹も空かなくて済む。

 これでいいのだ。たぶん、これでいいのだ。少なくとも、これまでよりはずっと、マシなのだから・・・。


 
プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR