FC2ブログ

2021年 近況とこれから


 今年もこちらの方を更新していくにあたり、少し自分のことを話そうと思います。

 昨年に更新を再開した際にもお話しましたが、今現在は小説の執筆に費やす時間は減らし、自分の趣味の時間を増やしています。今年の秋からは、特にアウトドアに精を出していました。

 原稿に向かう時間はめっきり減ってしまいましたが、小説の執筆を最優先に考えるというスタイルでは6年以上もやってダメだったのですから、少し視野を広げてみるのも一興ではないかと思っています。キャンプや海釣りといったアウトドアはとにかく面白く、まだまだ世の中には自分の知らない楽しいことが色々あるのだと新鮮な気持ちです。

 仕事は順調に行っています。給料は低いですがそれに見合った内容で、激務や時間外労働はほとんどありません。休みも取りやすく、歳を取って体力が落ちても続けられそうです。何より大切な人間関係もまずまず。失敗にも寛容で、資格取得の支援も充実しており、やる気のある者は評価してくれるという環境です。

 一生をこのまま過ごすことにも不満はありません。そもそも私が小説を書き始めたのは、「偽善の国のアリス」時代の専門学校を出てから就職に失敗し、自分にはもう正社員になるチャンスはなく、まともな道では生きていけないと思ったからでしたが、いまの私は普通の会社で、正社員として普通に生きています。これしかないという悲壮感を持って小説を書く必要はなくなりました。20代までは濃厚にあった自己顕示欲的なものも薄れており、その他大勢であることを受け入れて生きることに疑問もなくなりました。

 いわば低位安定した今の生活に、なんら不満はありません。しかし、この平和な日々は、どこか生きている実感に乏しいことも事実ではあります。収入的にも、これ以上を諦めるにはまだ私の年齢は若いということもある。

 やはり私は書き続けたい。まともに生きる道を見つけたからといって、書くことを辞める必要はないし、生き方を変えたからこそ、書く上において大切なものが見えてくることも必ずある。

 比重は少し変わりましたが、自分の道の先にはまだ、書くことで生きていくという目標があります。自分の中に抱えたモヤモヤしたもの、マグマのようなドロドロとしたものを吐き出す手段は、書くことでしかありえません。

 マグマの正体もはっきりわかっていて、それはやはり「キレイゴト」に対する怒り、抵抗感というものだと思っています。ブログに私小説を二本アップしていますが、「偽善の国のアリス」はもとより、施設警備員時代に出会った折茂もことあるごとに「愛、友情」「絆」「この出会いは宝物」のようなことを口に出して言う男だった。

 本当に幸せを噛みしめている人間は、それをわざわざ口に出したりはしません。やたらめたらにキレイごとを口走るのは、なにか後ろめたいことがある人間、そのことに100%の自信がない人間だけ。

 最悪なのは、それに納得できていない人間を無理にキレイごとに丸め込もうとする行為で、それをされた人間は歪みます。罵倒を受けっぱなしならどこかで爆発して収まりますが(刑務所には入りますが)キレイごとで丸め込まれた人間は拳の振り上げどころもなく、ずっとモヤモヤとした不快な気持ちが燻り続けます。

 思い返せば、人に迷惑をかけることの多い前半生でした。親はまだしも、クラスメイトなどに対しても平気で酷いことをしてきました。若いということを言い訳にするのは簡単ですが、被害者の立場に立ってみれば、存在自体が害悪のような人間であったことは否定できません。そしてその通り、私は自業自得の冴えない青春を送りました。

 私という人間を鑑みますに、やはりどこかで痛い目をみるということは必要だったでしょう。何かの間違いであのまま私が充実した青春を送り、今ごろ高給取りにでもなっていたら、後ろめたさから常日頃「キレイごと」を言う人間になっていたに違いありません。あるいはこの期に及んでも己の過ちに気付かず、平気で人の好意を踏みにじり続けるとんでもない人間になっていたかもしれません。

 ただ、それにしても「警備員時代」と「偽善の国のアリス時代」に起きたことはいささか理不尽であり、折茂程度の男に洗脳されかけ、神山程度の女に侮辱を受けたのは、まったく災厄としか言いようのないことでした。社会というものに必要以上の不信感を抱き、引きこもることになってしまった、そのキッカケを作った出来事でした。

 自分自身も心の闇と戦っていた折茂に対しては恐怖はあっても恨みはないのですが、イケメンを吟味するだけの余裕がありながら、面白半分で私を侮辱してきた神山に対してはいまだに憎しみを抱き続けています。

 私自身に反省するところがなかったかといえば、それは大いにあります。もちろん、神山に対してではありません。

 そもそも神山に出会うよりも前の中学、高校時代には私自身が私に好意を寄せてくれた子に対して同じことをしていました。結局、のちに自分自身が容姿に拘らなくなったときに、そのときのことを後悔する羽目になりました。

 市橋達也の言うように、もっとはやく人に対しての感謝の気持ち、謙虚さというものを身に着けていれば、少なくとも女方面に関してはマシな青春を送れたでしょう。

 散々に人を傷つけ、自分自身チャンスを逃しながら、しかしそれでも、私は普通に女と付き合うことができ、結婚もちゃんとできた。だから、べつに神山という一人の女を本気で殺したいと思う必要はもうないのではないか。

 私が憎むのは、先に失礼なことをやってきたのは神山の方だったという前後関係を無視して悪いのは一方的に私の方だということにされ、何やかやも含めて、すべてキレイごとで丸め込もうとされたこと。私の中でまったく宝物ではないあんな連中との出会いを宝物のように思えというようなクソまみれのことを言われたあのときの不快な感覚は、忘れたくても忘れることはできません。

 恥多き己の若い頃を反省するにしても、あれほどの屈辱を受けたのではどこかひねくれてしまうのは仕方のないことです。記憶の中にある私は、高校の後半あたりですでに反省する方向に行っていた。因果応報といっても子供のころのことで、成人になってからあれほどの思いをしなくても良かった。若い頃の私が歪んでいたとしても、折茂や神山との出会いは完全に余計だった。

 どうしようもない自分への絶望と、それでも許せないヤツへの怒りと、運命への憎しみと、世の中への恨み。それを昇華させる手段はやはり書くことでしかありません。

 ただ、これまでは少し「己」が出過ぎてしまったことは反省し、客観的な読者の目に耐えられる、本当の「作品」を書いていきたいと思っています。

 その上でも最低限拘っていきたいのは、自分のルーツでもある人生八方ふさがりの人間をテーマにしていくこと、犯罪の描写を必ず入れること。

 子どものころから物語を書くのが大好きだというような人に比べ、私は創作という行為がそこまで好きというわけではありません。私が書く動機は、ただ自分の抱えたどうしようもないものを吐き出したいから。突然、作風をまったく違うものに変えたりといった器用なことはやろうと思っても不可能であり、自分と重なるところがまったくない人間のことを書きたいとも思えません。やはり私は犯罪や底辺を書くしかない。

 犯罪ということをテーマにするにあたって、実際に起きた事件を分析する犯罪者名鑑の方も続けていきたいと思います。これまでは私自身がもっとも多感な時期に起きた90年代後半~00年代の事件を取り上げていきましたが、時代の変化に合わせ、ここ10年ほどに起きた事件なども取り上げていきたいと思っています。

 直近の予定としましては、「犯罪者名鑑 北九州監禁殺人事件」「party people」、これを今年のGWを目途に完結させます。その二つは何が何でもやり遂げます。その後に関しては、現時点では未定となっています。

 こちらの運営を続けていくにあたり重視するのはやはりコメントになります。ブログを運営した経験のない方も少し考えてもらえばわかると思うのですが、読者からのリアクションが返ってこないのでは、人目に触れる場所で執筆をする意味がまったくありません。

 いまのところ記事を更新すれば少なくとも二つはコメントが入り、過去記事にも度々コメントを貰えるという状況ですが、これくらいであれば何とか運営を続けることはできると思います。この状況を続けられるよう、私も精進していきたいと思います。

 寒い季節に入り、アウトドアはオフシーズンとなりましたが、資格の勉強や部屋の片付けなどやることは沢山あります。時間をやり繰りし、執筆の方を続けていきたいと思います。

 今年もよろしくお願いいたします。

 
スポンサーサイト



犯罪者名鑑 市橋達也(予定)

 十日以上更新をサボってしまいました。最近勤務体系が変わったのと、ゲームに嵌まりすぎてしまった。

 思えば小さいころから色々なゲームをプレイしてきました。ゲームをする時間を活字に触れる時間に充てていたら、とも思いますが、ゲーム自体は子供の小遣いの範囲内でも十分に楽しめる良心的でコスパのいい遊びですし、面白いのだから仕方ない。

 ジャンルとしては歴史シミュレーションとRPGが多くなると思います。無難にビッグタイトルを好む傾向で、加藤智大のようにマニアックな方にはあまり行きません。

 近いうちに「犯罪者名鑑 市橋達也」が書けたら、と思っています。麻原の続きもやりたいのですが、選挙落選以降のストーリーは報道で知られていることが多いのでこのままでもいいのかな・・。まずは市橋の資料を取り寄せ、全3回くらいで書いていきたいです。

 よろしくお願いします。

親と子


 ある少年がお母さんに「死ね」という言葉を吐いたところ、お母さんが本当に自殺して死んでしまったというヤフーニュースの記事を目にしました。

 この少年は多分、誰がどんな言葉をかけても立ち直れないと思う。お母さんは元夫からのDVの被害で鬱状態に陥っていたそうですが、それでも、やはりこんな早まったことはするべきではなかった。思春期の少年が親に「死ね」と口走るなどよくあることで、それでこんな重い十字架を背負ったのではたまったものではありません。

 すべての基本となる親子関係が破綻していると人間は歪みます。犯罪者のルーツを辿っていくと、親子関係に問題があるケースがあまりにも多い。だからこそ、酒鬼薔薇の親や宅間の親のような、客観的に見てそこまで問題があるとは思えない親がマスコミにあることないことを書かれ、毒親扱いされることもある。

 親となるために必要なのは経済力や教養もそうですが、何より心の優しさと心の強さだと記事を読んで思いました。元はといえば優しさにかけた父親がDVを働いていたのがいけないのですが、強さに欠ける母親に育てられたのも不幸だった。

 山路悠紀夫の人生は母親を殺害した時点で事実上終わっていました。それ以前に、父が血まみれになって死ぬところを目の当たりにしたところから実質的に狂っていたと思う。親は何があっても、子供にトラウマを与えるべきではない。

 翻って、私自身は融通が利かない部分もあれど常識的で、平均を少しこえる経済力を持った親の庇護のもとで二十代後半までを過ごしていた。妻を傷つけたこともあるし、若い頃には他人を傷つけたこともある。動物好きではありますが、動物をちゃんと思いやれたかといえば疑問符がつく行動がある。ニート経験も、人を殺すことも考えたことのある、資質的に欠陥のある私が結婚も就職もできたのは、環境に恵まれたお陰であったことはまったく否定できません。

 産まれたことそのものをあまり嬉しく思っていないので、親に全面的に感謝できるかといえば答えはノーになりますが、あの親のお陰で最低の人生にはならずに済んでいるとは思っています。

 人の親となることは私には考えられません。自分の人生にも十分に責任が持てるとはいえない人間が他人の命を背負うことなどとても。

 責任感のあるちゃんとした親も見てきましたが彼らのようにはとてもなれませんし、子供がいるにも関わらず人から金を騙し取るようなとんでもない親も見ており、彼らのようにはなりたくない。

 まず自分自身が生活に足りる金を稼ぎ、余力の中から執筆の時間を捻出し、自分の本当の人生を手に入れていきたいと思う。

文量低下。自分が何を書くべきか。

  悔しい。100%自分自身の事情だし、仕方ないことだとしても。

 小説家になることだけを考えていた時期から集中力は大きな課題でしたが、近頃はそれが更に落ちている気がする。同じ時間があっても、当時の半分程度しか書けていません。

 いまは小説に拘りすぎず自分の人生を総合的に考えています。私が小説家を目指していることを知らない友人もいます。ですが、本当の私の心はあくまで小説にあります。どれだけ人によくされようが、私を本当に理解してくれるのは、こちらの読者さんだと思っています。

 その中で自分がどんなものを書くべきかといえばやはり犯罪者の人生しかない。デビューのため、官能にも手を出していますがそちらの方にも犯罪のエッセンスは取り入れていますし、最後には犯罪小説を書いて収入を得ていきたい。

 こういう状況だからこそ。自分がやれることが限られているからこそ、自分が書きたいもの、書けるものを見つめ直すことはやっていきたい。

 不謹慎とはいえ犯罪者の生涯は面白い。宅間守の破天荒ぶりには爽快感すら覚えるし、山地悠紀夫などは本人のルックスが絵になることも相まって芸術的ですらある。

 自分自身が犯罪を起こす危険性はいまはほとんどないと言えますが、犯罪者への純粋な興味は尽きません。知能犯や組織犯、また快楽殺人者も研究していきたいですが、やはり一番は自身のルーツでもある追い詰められて犯罪を起こす輩。それをいかにリアルに描写していくかが自分の一番やりたいことであり、自分がやれること。

 犯罪をメインテーマとして書いていく中で、自分自身の挫折、これまで抱えてきた懊悩、恋愛、仕事、趣味といった経験が生かされてくればいいと思っています。

 臥薪嘗胆。これまでもそうでしたが、今はとくにその時期だと思う。

最近の生活

 就職が決まってから一か月が過ぎました。

 仕事は失敗もありますが概ね順調にいっています。

 正社員で働くということは、ある種洗脳的ではあり、自分を殺さなければならない場面も確かに多い。しかし賃金はハケン時代よりも確実に増えた。以前であれば我慢できなかったことも、仕事の上でのことと割り切れるようになり、自分の中ではうまくやっていけそうな気はしています。

 本当なら専門学校を卒業した時点でこうなっているはずで、7年遅れて元のさやに納まったのかなという感じではあります。人生、ちょっとしたことで大きく変わってしまうんだなと実感しています。

 働き始めましたが、この一年で増えた体重は減りません。年齢的なものもあると思いますが、食事量も減ってないかも。もうすぐ33歳になろうとしていますが20代のときより確実に食っている。

 誰しも年齢とともに趣味、嗜好は変わると思いますが、体型が崩れることを知りながら食欲を抑えられないのは、今の自分がなりたい自分からかけ離れているからかもしれません。

 正社員になり、生活の見通しは立ったといっても、その人生は自分が思い描いていたものとは違う。働く上でのストレスもありますが、いま現在の自分がまったく好きになれないため、見た目を意識する気も起こらないというのが一番大きい気がします。

 小説は、現在は官能の方を進めています。一度だけ、二次選考を突破したにすぎませんがやはりそこが一番可能性としては高いので。文字数は仕事のある日で一日800文字前後。ひところ、一日2000~3000文字をこなしていたことを考えるとペースはかなり落ちました。

 それでも5月には目途が立つと思うので、6月からはこちらの方で、ながらく中断していたpartypeopleの続きを書いていこうと思っています。

 方針として、これから新しいものを書いていくというよりは、自分のこれまで書いてきた作品をもう一度洗い直して、リニューアルさせていこうと考えています。時間がないというのもありますが、自分のやってきたことを煮詰めるのが一番の近道だと思っています。
プロフィール

asdlkj43

Author:asdlkj43

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
凶悪犯罪者バトルロイヤル
凶悪犯罪者バトルロイヤル
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR