凶悪犯罪者バトルロイヤル 第一話

 俗世で過ごした、あのめくるめく日々も、今では遠い渚のように思える。

 前代未聞、史上最大の凶悪犯罪。

 世紀末日本を襲った巨大なうねり。

 自分は間違いなくその中心にいた。

 松本智津夫。畳職人の両親が付けた名前である。

 この名前でも、二十代以上の人間のほとんどは、一度見たら忘れようがない長髪に髭面の顔をすぐに思い浮かべ、「ああ」と頷く。

 だが、より知られているのはこちらの名前だろう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐麻原彰晃‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 宗教団体「オウム真理教」の教祖にして、合計死者数26名、合計負傷者数約7000名を数える「オウム真理教事件」の主犯。

 自分はカリスマだった。全盛期には15000人近い信徒が、自分を崇めた。億の富をこの手におさめた。選挙にも出馬した。テーマソングも作った。芸能人と対談もした。

 新興宗教といえばまずオウムを思い浮かべ、テロリストといえばまず麻原の名を思い浮かべる。そんな時代が、確かにあった。

 いや、現在もそうなのかもしれない。方の華三法行、パナウェーブ、創価学会。酒鬼薔薇事件、大坂池田小事件、北九州監禁殺人事件。

 どれも巨大な宗教団体であり、巨大な事件であるが、自分が作った団体の威容と、自分が起こした事件のインパクトには、及ばないように思う。

 とはいえ獄に繋がれた身では、今現在の自分の世間での評判を知る術はない。また、興味もない。死刑判決からは、9年の月日が過ぎた。当局になにか思惑があるのか、いまだ執行される気配はないが、普通に考えれば、もはやいつ絞首台に引っ張られてもおかしくはない身である。

 自分に残された時間は長くない。自分に何が出来るとも思っていない。もはや、この終末の世を救う術はないのである。

 そう思っていた。今朝、自分の身に奇跡が起こるまでは。目が覚めたとき、股間に感じた違和感。ここ十年ほどトイレは使っておらず、糞尿はおむつの中に垂れ流しており、今朝もそうしようと思ったのだが、どうも尿がしにくい。股間に手をやってみると、陰茎が痛いくらいに膨張し、熱を発して脈打っている。

 朝勃ちである。57歳、間もなく還暦を迎えようかという自分が、朝勃ちである。逮捕当時の顔写真、宗教団体の元教祖というイメージからすれば、意外と若いと思われるかもしれないが、肉体的な衰えは日々感じている。朝勃ちなど、思い出せないほど久しぶりのことだ。

 肌にも張りがある。自殺防止のため、手に届く範囲に鏡はなく、肉眼で目視したわけではないのだが、掌で触れた感覚では、間違いなく若返っている。

 食事・・・おかずや汁ものを、全て丼茶碗にぶちまけて飯と一緒にしたものを、誤飲しても安全なでんぷん製のレンゲで食しているのだが、今朝はコメ粒一つ残さず食べても、満腹にならない。人並み外れた大食漢として鳴らした壮年期の食欲が戻っている。

 拘置所で食事管理をされ、痩せさらばえていたいた身体に、でっぷりと脂肪が戻っている。筋力、体力も回復している。刑務官の目を盗んでヨーガをしたくなるほど、体にエネルギーが横溢している。

 いったい、自分の体になにが起きたというのだろうか。

 なにかの前兆ではないだろうか。

 終末の近づく世を救い、今だ自分を信じる者を、全ての苦から解き放たれた涅槃、マハー・ニルヴァーナへと導くため。真理の御霊、最聖―――偉大なる導き手たる自分を排除した衆愚どもをポアするため。オウムの主催神、シヴァ大神が自分に力を与えたもうたのではないだろうか。

 しかし、刑務官の自分を見る目はいつも通りである。異変に気付いているのは、自分だけなのだろうか。誰かに確認したいのはやまやまだったが、自分にはそれができない事情がある。

 現在、自分は精神病で、意志疎通は不可能ということになっている。実際、この十年、言葉らしい言葉は一言も口にしてはいない。面会に現れた実娘の前で自慰行為をしてみたりもした。書籍にも触れていない。娯楽もたしなまない。日常生活すら、自分の判断では行わない。そんな日々を十年も過ごしている。

 詐病なのか、本当におかしくなってしまったのか。自分でもよくわからなくなってしまった。そんな自分が、突然に明瞭な口調で自分の体調の変化を訴えなどしたら、人々は仰天し、訝しがるだろう。そして・・・。死刑執行が早まりはしないか。恐怖はそこにあった。

 廊下から、複数人の刑務官が歩く靴音が聞こえる。靴音は、自分の房の前で止まった。

 食事の時間にはまだ早い。接見の予定はなかったはずだ。

 心臓が跳ねまわる。

 なんだ?なんだ?なんだ?

 まさか・・・・?

 解錠音がして、重い鉄扉が開けられた。

 屈強な刑務官たちが、物も言わずに自分の腕をつかみ、無理やりに立たせる。

「嫌だ!行きたくない!助けてくれ!」

 思わず、叫んでいた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

イチから読み直しています。

懐かしいです。
文章も流石に初々しい感じがしますね!
津島さんの新しい作品がupされるまでも、
読み直して感想を書きたいと思います。
やっぱり麻原ver.はギャグ路線が・・・
笑えますよね。
なかなかパロディーで思いつかないと思いますよ。数年ぶりに思いましたが、やはり発想が面白いです。

No title

改めて考えるとオウム真理教事件はとんでもない事件ですよね。
このような大規模な凶悪事件は今後起こらないでしょう。
オウムは他の宗教団体と比べても雲泥の差がありますね。
麻原自身後に死刑囚になり独房で糞尿垂れ流しの生活になってしまうとは思ってもみなかったでしょうね。
死刑囚は毎朝恐怖を強いられてしまいますね。
刑務官の靴音が一番怖いでしょうね。
死刑執行されるかもしれないという不安の描写がとてもいいと思います。
執行される時に生を乞い願うのはまだまともな神経だからこその行動でしょうね。
平然としているほうが精神がおかしくなっている状態なのかもしれませんね。

No title

seaskyさん

 記念すべき第一話は麻原以外には考えられませんでしたね。事件のインパクトも本人のインパクトもナンバー1といっていいと思います。

 あの宅間なども死刑執行の際には顔面蒼白だったといいますが、もう20年近く廃人とされている麻原は果たしてどうなるでしょうか。まあ、麻原執行が決まればサリン事件並みに報道されるでしょうね。

プロフィール

津島 博行

Author:津島 博行
1987年4月3日生 男性
相互リンク歓迎します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR